スマートロックの仕組み

・ 商品によって機能に多少の差はあるが、スマートロックでできることは次の通り。

1.スマートフォンのアプリから、解錠/施錠ができる
2.アプリを操作せずに、スマートフォンを近づけるだけでも解錠できる
3.解錠後一定時間経過すると自動的に施錠する(オートロック)
4.許可した人にLINEやメールなどで一時的に鍵をシェアする
5.入退室履歴を記録する

(引用元:SUUMOジャーナル|『スマホが家の鍵になる』2015年注目のスマートロックとは?

・ スマートロックで鍵が開け閉めできるのは、次のような仕組みに基づいている。

‐ スマートロックの機器を、玄関の内側のサムターン部分にかぶせ、専用の粘着テープで貼り付ける。

‐ スマートフォンに専用のアプリをインストールし、必要な設定を行う。スマートロックの機器とスマートフォンはBluetooth等の通信によって接続する。玄関の開錠・施錠時のアプリ操作に合わせ、スマートロックの機器が玄関ドアの鍵を回し、開け閉めを行う。

‐ アプリを手で操作するだけでなく、スマートフォンを持って近づくだけで鍵を開けることもできる。

・ 2015年にはいくつかのスマートロックが発売され、スマートロック元年と呼ばれた。代表的な商品は、「Qrio Smart Lock」「NinjaLock」「Akerun」など。

スマートロックの目的とメリット

・ スマートロックの利用が見込まれるのは、以下のような場面。

‐ 鍵の共有

個人宅に出入りするベビーシッタ―やハウスキーパー、近年注目が高まる民泊の利用者に、メールなどで鍵のパスコードやURLを送り、有効期限付きの鍵権限を渡せば、実物の鍵の受け渡しをすることなく、鍵の開錠・施錠をさせることができる。開錠・施錠の記録も残るので、管理も可能。

また、共有オフィスやレンタルスペース、シェアハウスの利用者間での鍵の権限の共有や、不動産物件の内覧用の合鍵管理にも活用できる。

‐ 一般家庭での利用
複数人の間での鍵の共有のほか、家族の人数が多い場合には、ドアから遠い部屋にいるときにも玄関の鍵を開けられる機能が有効活用できる。スマートフォンを持って近づくだけで鍵が開く設定にしておけば、両手がふさがっていて鍵を取り出せないときでも鍵が開けられる。

‐ 防犯
オートロック機能を活用して、閉め忘れを防ぐことが可能。

yamamoto-800-ec
60日でTOEIC300点アップ! パーソナルトレーナーが教えた「あなたが」最速で結果を出すための英語学習法
人気記事

スマートロックの注意点

・ スマートロックの権限を持ったスマートフォン端末を落としてしまうと危険。鍵ならば、紛失しても家の場所を特定されることは少ないが、スマートフォンをなくした場合、家の場所を容易に特定されかねない。そのため、スマホ端末自体にロックをかけておいたり、紛失に備えて遠隔ロック操作ができるサービスに加入しておいたりするなど、セキュリティ対策をする必要がある。
(スマホ紛失時には、Webやコールセンター経由でアカウントを停止する機能もある)

・ 使う人によっては、アプリを操作するより、鍵使って開けたほうが早いと感じる場合がある。最先端の機能を扱う商品であるがゆえ、使用感には個人差があることを理解しておく必要がある。

・ 古い玄関の鍵だと利用できない可能性がある。自宅の玄関ドアのサムターンとスマートフォンが対応しているか、あらかじめ確認する必要がある。

(参考)
SUUMOジャーナル|『スマホが家の鍵になる』2015年注目のスマートロックとは?
RBB TODAY|【深掘り!#002】カギ業界の最新トレンド「スマートロックの今」
セキュリティソフト比較サイト|未来の「鍵」 スマートロックとは?
Wikipedia|スマートロック
TECHWAVE|スマートロック Qrio(キュリオ)について誤解しておりました 【@maskin】
TechCrunch|スマートロックで「不動産×IT」を開拓するライナフが資金調達、三菱地所と業務提携へ
monograph|スマホで家の鍵をサクッと開閉!スマートロック「akerun」が便利すぎてもう震えが止まらない。