スマートスピーカーとは

・ スマートスピーカーとは、音声入力によって音楽を再生したり、ニュースや天気予報などの情報を提供したり、家電製品を操作したりできる多機能スピーカー。米国で2014年に「Amazon Echo」が発売されたのを皮切りに、2016年に「Google Home」が発売され、2017年にはApple社が「HomePod」を発表するなど、大企業が次々にスマートスピーカーを開発・発売している。米国ではスマートスピーカーが家庭に普及しつつあり、日本でもスマートスピーカーの上陸が待ち望まれている。

・ 上述した米国の大企業によるスマートスピーカーは、日本語での音声入力に対応する難しさなどの理由から、2017年7月現在、いずれも日本で発売されていない。そのため、日本で発売される最初のスマートスピーカーは、SNS「LINE」を運営するLINE社の「WAVE」ということになる。「WAVE」(税込15,000円)の発売は2017年秋の予定だが、機能を制限した「先行体験版」(税込10,000円)の予約販売が7月14日に始まった。スマートスピーカーの日本での発売を待ち望んでいた人は多く、多くの注文を受け、7月19日にLINE社は完売を発表した。7月下旬から発送が始まるという。「WAVE」の本格的な販売以降、スマートスピーカーは日本でもさらに話題を集めるとみられる。

スマートスピーカー市場における競争

・ 米国のリサーチ会社であるeMarketerが2017年5月に発表したところによると、米国におけるスマートスピーカーのシェアは、「Amazon Echo」が70.6%、「Google Home」が23.4%だった。また、7月11日に米Amazonで行われた「プライムデー」セールでは、「Amazon Echo」の約7分の1の大きさである廉価版スマートスピーカー「Echo dot」が定価から3割引の34.99ドルという低価格で、「Amazon Echo」は半額の89.99ドルで販売された。「Echo dot」は2017年の「プライムデー」において最も売れた商品となり、Amazon製スマートスピーカーのシェアをさらに拡大したと考えられている。

・ 米国におけるスマートスピーカーのシェアで第2位のGoogleは、前述したAmazonの「プライムデー」に対抗し、「Google Home」を約2割引で販売した。AmazonやGoogleをはじめとした各社がスマートスピーカーのシェア拡大に取り組むのは、スマートスピーカーを通して自社のAIを普及させるためである。Amazonは「Alexa」、Googleは「Google Assistant」、LINEは「Clova」と、各社は独自のAIを開発し、スマートスピーカーに搭載している。スマートスピーカーが家庭で利用されれば、スマートスピーカーは多くの音声データを集められるようになり、AIの能力向上につながる。それだけではなく、特定AIのシェアが拡大すれば、家電製品や自動車を製造する企業は、そのAIを搭載するようになる。これによってさらに特定AIのシェアが広がるのである。

yoko815
苦手の文法を克服! TOEIC815点を獲得し、国際会議でスピーチ。英語力を大きく変えた3ヶ月の科学的トレーニング。
人気記事

各社のスマートスピーカー

・ 米国でシェア1位のスマートスピーカー「Amazon Echo」は、高さ23.5cmの円筒形で、色は「ブラック」と「ホワイト」の2種類。特徴的なのは、スマートフォンでいうところのアプリケーションに相当する「スキル」を導入することで、内蔵AIの「Alexa」に新たな機能を追加できることである。2017年6月時点で15,000以上のスキルが配布されており、これらを利用すれば、「Amazon Echo」に話しかけることで「ドミノ・ピザ」からピザを宅配してもらったり、スマートフォンでも使われているアプリケーション「Uber」で配車を依頼したりといったことが可能となる。

・ 日本で初登場することになったスマートスピーカーである「WAVE」は、末広がりになった円筒形で、高さ約20cm。色は「ネイビー」のみである。LINEの関連企業が運営する音楽配信サービス「LINE MUSIC」を利用することで、4,000万以上の楽曲を再生することが可能となり、音声で曲名やアーティスト名を指定できるほか、「その時の雰囲気やユーザーの気分に合った曲」を「WAVE」に推薦してもらうこともできるという。また、高度なノイズキャンセリング機能が搭載されたことで、5m離れた場所からも指示音声が認識できるとLINE株式会社取締役・舛田淳氏は話している。

(参考)
Study Hacker|WAVE
iPhone Mania|米AmazonプライムデーセールでAIスピーカーEchoがバカ売れ
日刊工業新聞|【電子版】デジタル編集部から(56)スマートスピーカー戦争から、「どこでも音声AI」の時代へ
ASCII.jp|スマートスピーカーの市場シェア、Amazon Echo が 70%超
LINE Corporation|スマートスピーカー「WAVE」先行体験版、10,000円(税込)にて本日より予約販売を開始
Apple (日本)|HomePod、家庭での音楽の楽しみ方を再発明
eMarketer|Alexa, Say What?! Voice-Enabled Speaker Usage to Grow Nearly 130% This Year
日本経済新聞 電子版|盛況のアマゾン特売、勝者は「音声AI」か