スマートトイとは

・ スマートトイとは、スマートフォンやタブレットと連携することで楽しめる、次世代の玩具。専用のアプリケーションをスマートフォンやタブレットにインストールすることによって、従来の玩具にない多くの機能を発揮できるため、遊びを楽しむだけでなく、子どもへの知育効果も期待されている。

・ スマートトイの一例としては、米スフィロ社のスマートトイ「BB-8 by スフィロ」がある。これは、2015年に公開された映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で初登場した雪だるま型のロボットであるBB-8をモチーフにしており、高さは約11cm。スマートフォンやタブレットからの操作で走行したり、ユーザーの声に反応したりするなど、「BB-8 by スフィロ」は多くの機能を持っている。

・ 2017年4月には、「BB-8 by スフィロ」の機能のひとつ「一緒に映画を観よう」の対象となる映画に『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が追加されることが発表され、人気SF映画シリーズ『スター・ウォーズ』のファンのあいだで話題となった。この機能は、「BB-8 by スフィロ」を充電スタンドに設置し、テレビやスマートフォンなどで映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』または『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を再生すると、「BB-8 by スフィロ」が映画に合わせて動いたりしゃべったりするというもの。BB-8と一緒に映画を観ている気分を味わうことができるという。

Sphero 2.0

・ 「BB-8 by スフィロ」の原型は、スフィロ社のスマートトイ「Sphero 2.0」である。「Sphero 2.0」は、スマートフォンやタブレットで操作できる球体型ラジコンで、直径148mm、重さ165g。防水仕様に加えて頑丈な素材が使われているため、屋外で転がすことも可能であり、「Sphero 2.0」を「冒険」させることができる。

・ 「Sphero 2.0」と連携することのできるアプリケーションは30種類以上提供されており、これらをスマートフォンやタブレットにインストールすることで、さまざまな機能を「Sphero 2.0」に追加することができる。たとえば「Sphero Companion」(※英語のみ対応)では、音声認識機能を用い、「Sphero 2.0」に時間を尋ねたり、ユーザーの名前を覚えさせたりすることが可能。「Sphero 2.0」は音声で返事をする。また、「Sphero 2.0」に内蔵されているLEDを指定の色で発光させたり、動く方向や距離を音声で指示したりすることもできる。

kumiko895-ec
10年ぶり英語への挑戦で、TOEIC895点。秘訣は「毎日続けること」への科学的アプローチ
人気記事

Ubooly

・ 4~8歳の子ども向けスマートトイ「Ubooly」は、クラウドファンディングを通じてアイザック・スクワイアズ氏とカーリー・グロッジ氏によって開発された。「Ubooly」は、顔の部分に穴が開いている、くまに似たぬいぐるみで、内部にスマートフォンを入れることにより、スマートフォンの液晶画面に「Ubooly」の表情が映し出される。色はオレンジ・ピンク・グリーンの3種。

・ 「Ubooly」は自らしゃべり出すほか、音声認識(日本語に対応)によってユーザーと会話することもできる。「Ubooly」は「ジョーク」を言うことを特徴のひとつとしており、これは「右脳に働きかけ、子供たちの創造力やイマジネーションに刺激を与え」、「子供が笑いながら、身体を動かして学べる」ように工夫されているのだという。「Ubooly」は、音声で指示されることで、昔話を語り聞かせる機能もあり、知育玩具として人気を博している。

(参考)
ソフトバンクセレクション|スマホ・タブレットで遊ぶ! SMART TOY
sphero|BB-8
マイナビニュース|スマートトイ「BB-8 by スフィロ」に「ローグ・ワン」を一緒に見る機能
Amazon|【日本正規代理店品】Sphero スター・ウォーズ エピソード7(スター・ウォーズ/フォースの覚醒) BB-8 (ドライブ/ホログラム機能) R001ROW
AV Watch|「ローグ・ワン」Blu-rayを見せると感情表現、スフィロのオモチャ「BB-8」が機能強化
マイナビニュース|つかもうぜ! 「Sphero」ボール
日経トレンディネット|スマホやタブレットで楽しめる玩具「スマートトイ」は普及するか?