ソーダ税とは

・ ソーダ税とは、糖分入りの炭酸飲料(ソーダ)に課される税のこと。糖分の多いソーダに税を課し商品価格を引き上げれば、消費量の抑制が見込めるため、肥満や糖尿病、虫歯など糖分の取り過ぎが原因による病気の患者を減らすことができる。このことから、世界各国で導入や導入検討が進められているもので、2016年10月11日にWHO(世界保健機関)が加盟国・地域に対しソーダ税の検討を呼び掛け、話題となった。

・ 糖分の多い飲料とは、砂糖を加えたり、濃縮果汁を含んだりする飲料で、炭酸飲料(ソーダ)、果汁入り飲料、加糖アイスティーやレモネード、スポーツドリンク、エナジードリンクなどのこと。砂糖に対し課税する砂糖税の主な対象がソーダであることから、砂糖税の別名がソーダ税と言われることもある。

・ これまで、健康上の問題から、糖入り飲料は飲み過ぎに注意しなければならないとする研究結果が多く出されていた。WHOの研究によれば、糖入り飲料には1缶あたり平均ティースプーン10杯分の砂糖が含まれており、糖分の取り過ぎは飲料に起因することが多い。WHOは、糖分摂取と健康の関係について、次のようにまとめている。

WHO指針は、糖分を1日に摂取するカロリーの10%未満に抑えるよう推奨している。5%未満なら健康増進効果がある。成人の場合、前者はティースプーン12杯分の砂糖、後者は同6杯分ほどになる。
糖分の多い飲料を1日1缶以上飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて、2型糖尿病になるリスクが26%高い。2型糖尿病は、食べ過ぎや運動不足などによる影響が大きいとされ、日本人の糖尿病の大部分を占める。

(引用元:BuzzFeed|「糖分多い飲料に課税を」WHO呼びかけ 世界に広がるソーダ税 日本は沈黙

・ また、課税により飲料価格が2割上昇すると消費量は2割以上減るという試算結果や、全米で10年間、糖分を多く含む飲料1オンスにつき1セント(約30mlにつき約1円)課税すると、170億ドル以上の医療費削減と130億ドルの税収になるという研究結果もある。ソーダ税は、健康増進に伴う医療費削減と税収の活用までをも踏まえたものである。

・ 世界では、タバコやアルコールなど健康を阻害する可能性のあるものに対する課税が進んでいる。ソーダ税、砂糖税は、この発想を砂糖に当てはめたもの。ソーダ税以外には、脂肪税(デンマーク)、ポテトチップス税(ハンガリー)、ジャンクフード税(ルーマニア)などが導入されている。

世界におけるソーダ税の導入例

・ メキシコでは、2014年1月からソーダ税が導入されている。メキシコで供給される水は安全面で問題があることから、多くの人がソーダなどの飲料を飲んでいるほか、温暖なため1日の水分摂取量が多い。そのため、メキシコでは成人も子どもも肥満が深刻化している。商品価格を1割値上げするソーダ税の導入により、課税された飲料の購買量が減少したほか、ミネラルウォーターを中心とする非課税の飲料の購買量が増加したという効果が見られた。税収は、学校の水飲み場の整備などに使われている。

・ アメリカでは、2015年3月、カリフォルニア州バークレー市がアメリカ初のソーダ税を導入した。1オンス当たり1セントの課税により、低所得世帯の清涼飲料の消費量は21%減少。また、ボトル入りの水や水道水の消費量は64%増加し、ソーダ税が多くの人を不健康な飲料から健康に害のない飲料にシフトさせる役割があることを初めて実証した。また、2017年1月からは、ペンシルベニア州フィラデルフィア市で、アメリカ2例目となるソーダ税が導入される。1オンス当たり1.5セントの課税で、税収は教育や公園、図書館などに充てられる予定。

・ ソーダ税の導入に関しては、飲料メーカーなどからの反発が強い。糖分に課税するならソーダだけでなくすべての糖入り飲料に課税すべきだなどとして、アメリカではソーダ税の導入が飲料業界の反発によって阻まれている。2017年からソーダ税が導入されるフィラデルフィア市では、差別的な課税だとして飲料業界がソーダ税廃止に向け法的措置を講じる構え。しかし、大手メーカーではソーダに含む砂糖の量を減らす動きも見られる。アメリカの清涼飲料大手ペプシコでは、2025年までに飲料に使う砂糖の量を大幅に減らす。ソーダ税導入の動きに対処したもので、今後低カロリー製品に注力することとなる。

・ 日本では2015年6月に、厚生労働省が、砂糖やたばこ、アルコールなど健康を阻害するものへの課税を検討すべきだとする提言を出し、国内でも糖分摂取と不健康との関連性については危機感が高まっている。しかし、日本は欧米に比べて肥満の人の割合が少ない。近年、健診の推進やダイエットなど健康志向は高まっているが、ソーダ税のような課税にまで踏み込んだ具体的な取り組みには、いまだ至っていないのが現状である。

(参考)
ZUU online|WHOが呼び掛け「ソーダ税」とはどういうものか
BuzzFeed|「糖分多い飲料に課税を」WHO呼びかけ 世界に広がるソーダ税 日本は沈黙
J-CASTニュース|米ペプシコ、「ソーダ税」にらみ「砂糖減らします」
CNN.co.jp|米フィラデルフィア市、ソーダ税導入へ 業界から反発も
Forbes JAPAN|米バークレーの「ソーダ税」に予想以上の効果、課税の力が立証される
日本経済新聞|「ソーダ税」米でじわり 税収増・医療費抑制狙う 
Wikipedia|肥満税