ストレングスファインダーとは

・ ストレングスファインダーとは、Web上で自分の才能(資質)を診断することができるツール。ストレングスファインダーに関するセミナーや、その活用法についてワークショップなどを行っている団体「ストレングスラボ」は、ストレングスファインダーを次のように紹介している。

ストレングスファインダー®は、アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールです。Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。
開発にあたってギャラップ社では、強みの源泉となる才能をみつけていくために、人がもつ様々な能力をあらゆる角度から抽出して分類し、最終的には34種類の才能分野=資質を特定しました。ストレングスファインダーの診断結果で画面に現れるのは、その34種類の中で、あなたに最も強く表れている5つの資質です。

(引用元:ストレングスラボ|ストレングスファインダー®

・ ストレングスファインダーでわかる自分の才能・資質は、次の34個。テスト結果では、34の才能分類のうち上位5つの才能が表示される。ストレングスファインダーの診断結果は「自分だけのもの」と言われる。その理由は、34の才能のうち、1位から5位まで順番に選ぶと、他者と診断結果が同じになる確率は約3,300万分の1となり、世界の人口約70億人とすると、自分と同じ才能の持ち主は世界で20人ほどしかいない計算となるため。

strength-finder02

(筆者とは野村総合研究所の伊藤利江子氏)
(画像引用元:ITmedia エンタープライズ|己の才能を知り、使いこなす――ストレングス・ファインダーで最強の“自分”をつくる

・ ストレングスファインダーを受けるためには、1人につき1IDのみ有効なアクセスコードが付属している書籍『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』(1,728円)を購入するか、ギャラップ社のサイトで直接アクセスコードを購入する($15.00)。なお、34のすべての才能を順位形式で診断してくれるプラン($89.00)もある。また、すでに5つの才能を確認した人向けのアップグレードプラン($74.00)を購入すれば、6~34位の才能順位を追加で診断することができる。テスト全体の所要時間は30分程度。

・ ストレングスファインダーは、書籍『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』(2001年、マーカス バッキンガム著、ドナルド・O. クリフトン著、田口俊樹訳)がベストセラーになり、自己分析ツールとして知られるようになった。この書籍は、主に社会人が自分の強みを知る目的で利用されており、「Amazonランキング大賞2015」のビジネス・経済部門の本で第3位になるなど、多くの人に読まれ続けている。

ストレングスファインダーの活用について

・ ストレングスファインダーは、自分の才能や向き不向きを正しく理解するために役立つツールとして使われている。才能は、診断のタイミングによって多少変わり得るため、年数の経過や仕事環境、ライフステージの変化に応じて再度受検し、自らの状況を確認し直すことも有効である。

・ ストレングスファインダーは心理テストのように気軽に受けられる側面もあるが、その診断結果に驚いたり一喜一憂したりするだけではあまり意味がなく、それを適切に活用することが求められる。上述のストレングスラボは、ストレングスファインダーの結果を活かすには、自分の才能を強く意識することが必要だと解説している。

● 自分の資質について認識できてきたら、次に、それが日々の仕事や生活の中で、どんな時に使われているか、意識してみてください。無意識のうちに行動していたことを、「ここで○○○が使われているんだな」と認識する。
● その時に、自分の資質が、効果的に使われているか、もったいない使い方になっていないか、意識してみてください。自分の資質を、自分が使いこなせる「武器」として意識してみてください。

(引用元:ストレングスラボ|ストレングスファインダー®

・ また、キャリア関連情報を扱うメディアCarrer Theoryでは、受検の目的と受検結果の活用場面をしっかり考えておくことが重要であるとしている。目的については、「面白そうだから」「薦められたから」などと受け身の受検になっていないか。結果の活用場面については、

例えば、「仕事で今まで以上に活躍したい」事を目的にしても、ただ受検しただけではあなたの成長に繋がりません。「仕事で今まで以上に活躍したい」ために、「来月から始まるプロジェクトを、ストレングスファインダーで見えた自身の◯◯という強みを生かして引っ張っていきたい」と活用場面まで意識する事が大切です。

(引用元:Carrer Theory|ストレングスファインダーを受ける前に知っておくべき全知識

・ ストレングスファインダーは、個人だけでなく、企業の人事施策の一環としても活用されている。例えば、Webサービスの制作を手掛ける合同会社リベラルアーツでは、ストレングスファインダーを業務上の向き不向きや価値観を把握するのに役立て、適材適所やメンバー同士の業務補完、価値観の相互理解などの助けとしている。また、漫画家や小説家などクリエイターのエージェント業を行う株式会社コルクでは、社内の多様性を実現するためにストレングスファインダーを利用している。

それ(ストレングスファインダー)を社員に実施すると、たとえば、うちだと「内省」とか「着想」とか「戦略性」とか、じっくり考えるのが好きな人間ばっかり集まっちゃってることがわかるんです。

うちの商品をしっかり売っていける「活発性」や、組織力を高める「指令性」がある人間がいないんですよ。(中略)今後は、コンテンツは順調に作っていけるから、それを売って行く人間を入れないとダメだなとかっていうふうにして、組織のダイバーシティを保とうと、考えているんです。

(引用元:ダイヤモンド社書籍オンライン|【入山章栄×佐渡島庸平】未来のエンターテイメントのビジネスモデルを考える

(参考)
ITmedia エンタープライズ|己の才能を知り、使いこなす――ストレングス・ファインダーで最強の“自分”をつくる
マイナビニュース|ピケティ『21世紀の資本』、Amazon大賞2015 ビジネス・経済書部門で2位に
ストレングスラボ|ストレングスファインダー®
GALLUP STRENGTHS CENTER|GALLUP STRENGTHS CENTER STORE
ダ・ヴィンチニュース|「弱点克服」は成長の邪魔でしかない! 自分の“強み=才能”を見つけるための3つのポイント
日経Bizアカデミー|自分らしい「思考・感情・行動のパターン」が分かる診断テスト
Carrer Theory|ストレングスファインダーを受ける前に知っておくべき全知識
リベラルアーツ|社内コミュニケーション
ダイヤモンド社書籍オンライン|【入山章栄×佐渡島庸平】未来のエンターテイメントのビジネスモデルを考える
シゴタノ!|ストレングス・ファインダーを11年ぶりにやってみて、改めてその活かし方を考えてみた