スタディクーポンとは

・ スタディクーポンとは、貧困世帯の子どもが学習塾などで使用し、教育支援を受けられるクーポン。2017年10月12日、文部科学省において記者会見が行われ、NPOや企業によって結成された団体「スタディクーポン・イニシアティブ」と渋谷区が協働して、渋谷区内の中学生にスタディクーポンを配布する施策を始めると発表された。この試みは各地の新聞で一斉に報じられ、インターネット上でも著名人らが紹介した。

・ スタディクーポン・イニシアティブの代表を務めるのは、子どもの教育格差解消を目的とする公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンの代表理事・今井悠介氏。今井氏によれば、親の収入が少ないほど、子どもの塾にかけられる予算も少なくなるため、低所得家庭の子どもは将来の選択肢が少なくなってしまう。この「塾代格差」を解消し、「不平等の連鎖」を断ち切るには、「高校受験を控えた中学3年生」というタイミングが重要なのだという。そこで、2018年4月に中学3年生となる貧困家庭の子どもにスタディクーポンを配布することで、親の収入から生じる教育格差を少しでも埋めようと、今井氏は考えている。

スタディクーポンのシステム

・ スタディクーポンに必要な資金は、クラウドファンディングによって集められる。目標額は2017年11月30日までに1,000万円。達成できれば、1人あたり20万円分のスタディクーポンが33人の中学生に配られるという。10月12日現在、およそ120万円が寄付されている。

・ スタディクーポンは、賛同する学習塾や家庭教師のもとで子どもが学習支援を受ける際、お金の代わりに使うことができる。使用できる期間は、2018年4月から1年間。スタディクーポンを受け取った学習塾や家庭教師には、スタディクーポン・イニシアティブが授業料を支払う。

・ スタディクーポン給付の対象となるのは、渋谷区内に居住する、2018年4月に中学3年生となる低所得世帯の子ども。渋谷区では、国公立の小中学校に通う子どもを持つ低所得世帯に対して就学援助のための補助金を支給しており、このような家庭の子どもがスタディクーポン給付の対象になると思われる。

takashimasama-wata
60日でTOEIC920点。"ビジネスレベル" のスピードと正確さを身につけた90日の英語パーソナルトレーニング
人気記事

スタディクーポンに関する意見

・ プロのブロガーとして著名なイケダハヤト氏は、スタディクーポンの話題を誰よりも早くTwitter上で取り上げ、「素晴らしい取り組み」と称賛した。また、子どもに関する問題全般に取り組むNPO法人フローレンス代表理事・駒崎弘樹氏も、Twitter上でスタディクーポン・イニシアティブを紹介し、自身もパトロンになったと述べた

・ スタディクーポン・イニシアティブに賛同する人は多いものの、この取り組みに疑念を示す人も少なくない模様だ。ソーシャルメディア上では、「塾って通わないといけないものなの?」「塾なんか行く必要ない」と、学習塾の必要性を否定する人や、「自治体として塾の存在を前提にした支援をやってはいけない」「塾に行かなくてもいいように、学校の先生の教えるレベルを上げればいい」と、教育格差は別の方法で埋めるべきだと主張する人などが見られる。

(参考)
CAMPFIRE|お金がなくて塾に通えない中学生に、みんなの力で「スタディクーポン」を届けたい!
ハフポスト|私だって塾に行きたい。貧困世帯の高校受験生に「スタディクーポン」 どういう仕組み?
オルタナ|全国初、渋谷区で貧困世帯に「スタディクーポン」配布へ
日本経済新聞 電子版|貧困家庭に塾クーポン 渋谷区、来年度から
Twitter|今井 悠介
渋谷区|渋谷区就学援助及び特別支援教育就学奨励に関する補助金支給要綱
Yahoo!ニュース|貧困家庭に“塾代クーポン”提供へ 渋谷区