水素水とは? 流行の理由

・ 水素水は、近年の健康志向の中で、体に良い水であるとして注目されるようになった。水素水と名の付く水や水素水を生成する器具が数多く販売されており、健康効果を期待して購入する人が多い。ネット上の検索数は、2015年以降上昇傾向が続いている(Google Trends調べ)。

・ 水素水は、水に水素を溶け込ませて作る。「水素水H2」を販売する伊藤園では、天然水に圧力をかけて水素を溶け込ませて水素水を作り、アルミボトル缶に充填して商品化している。

・ 水素水は、2007年に発表された論文がきっかけで流行し始めた。この論文は、ラットでの研究から、水素ガスにはがんや生活習慣病を引き起こす原因となる活性酸素を効率的に除去する効能があることを明らかにしたもの。その後、水素が健康に良さそうだと話題になると、水素水の力をアピールした情報サイトや商品が多くみられるようになった。なお、水素水自体は医薬品ではないので、商品の宣伝文句として具体的な健康への効能は表示されていない。

・ また、水素水には美容効果やダイエット効果もありそうだと言われている。水素水が除去するといわれる活性酸素とは、体の酸化、具体的には肌トラブルや老化を招くものである。その対策として取り入れるべき抗酸化作用のある飲み物が水素水であり、血流を改善し皮膚細胞に水分や栄養分が行き渡らせ肌のトラブルを解消するといった美肌効果が期待できると言われている。また、水素水には脂肪代謝を促進する働きがあるとも言われ、ダイエットにも良いとされている。

水素水の人体への健康効能は、実はよく分かっていない

・ 水素の人体に対する健康効果については、真偽は別にして、一般の消費者が「効果があった」と言う声が多くみられる。しかし科学的には、現在様々な研究が行われているものの、具体的な健康効果を示す研究成果はまだない。

・ 上記のような健康効果については、ラットでの研究から判明した水素ガスの効能を安易に人体への健康効果に結びつけてしまったものであり、明治大学情報コミュニケーション学部の石川幹人教授は、水素水の健康効果は「疑似科学だ」と結論付け、次のように述べている。

「仮にヒトに対しての抗酸化作用があったとしても、そこから健康効果に結びつけるためにはまだいくつもの段階を経る必要があり、仮説検証を繰り返し行わなければならない。具体的な疾患への効果などは『まだよく分からない』とするのが妥当」

(引用元:産経ニュース|美容、ダイエットと何かと話題の「水素水」 実はかつてブームを巻き起こした「あの水」と同じだった…

・ 水素水の健康への効能については、以前からも懐疑的な声が見られていた。2016年に入り、上記の石川教授が水素水を「疑似科学」と公表したことに加え、2016年3月、国民生活センターが、ある2つの業者が訪問販売している水素水生成器について消費者に次のような内容の注意を呼びかけた。

・ 国民生活センターが公表した悪質な販売手口によると、水素水の健康効果は「人体への効果を示すものではない」と説明書に但し書きしているにも関わらず、販売過程において口頭で「ガンが治る」と言って販売されていた。国民生活センターは、水素水生成器が活性酸素を抑制する機能は人体への健康効果を示すものではないので、慎重に判断して購入するようにと求めている。

(参考)
Business Journal|バカ売れの水素水生成器、「健康効果なし」と国が警告…商品を医師も推奨コメント
産経ニュース|美容、ダイエットと何かと話題の「水素水」 実はかつてブームを巻き起こした「あの水」と同じだった…
ねとらぼ|伊藤園「高濃度水素水」販売で物議 ネットでは「伊藤園はもう買わない」など“不買表明”も
伊藤園|水素水H2
ヘルスケア大学|いつ飲めばいい?水素水の効果的な飲み方
ヘルスケア大学|水素水の美容効果