スーパーグローバル大学とは

・ スーパーグローバル大学とは、文部科学省が2014年に創設した「スーパーグローバル大学創成支援事業」により財政支援を受けている大学のこと。支援を受ける大学は、国外の大学との連携などを通じ国際化を進め、世界に通用する教育研究に取り組む。

・ 文部科学省の資料によると、スーパーグローバル大学創成支援事業の概要は次のとおりである。

徹底した「大学改革」と「国際化」を断行し、我が国の高等教育の国際通用性、ひいては国際競争力強化の実現を図り、優れた能力を持つ人材を育成する環境基盤を整備する。
【事業概要】
世界トップレベルの大学との交流・連携を実現、加速するための新たな取組や、人事・教務システムの改革、学生のグローバル対応力育成のための体制強化など、国際化を徹底して進める大学を重点支援。

(引用元:文部科学省|スーパーグローバル大学創成支援事業

・ スーパーグローバル大学は、世界大学ランキング100位以内を目指す「トップ型」と、これまでの実績を基に新たな取り組みに挑戦することで日本のグローバル化を牽引する役割を担う「グローバル化牽引型」の2タイプに分けられる。外国人教員の人件費や、海外大学との教育連携のための経費に使うことができる費用として、トップ型には年間約4.2億円、グローバル化牽引型には年間約1.7億円が、2023年度までの10年間にわたり補助される。

・ 2014年の公募には、全国の国公私立大学104校が応募し、そのうち以下の37校がスーパーグローバル大学に選ばれた。特にグローバル化牽引型は、応募した93大学の中から選抜されたのは24大学のみであり選抜は狭き門だった。

トップ型(4億2千万円補助)
北海道大、東北大、筑波大、東京大、東京医科歯科大、東京工業大、名古屋大、京都大、大阪大、広島大、九州大、慶応義塾大、早稲田大
グローバル化けん引型(1億7千万円補助)
千葉大、東京外国語大、東京芸術大、長岡技術科学大、金沢大、豊橋技術科学大、京都工芸繊維大、奈良先端科学技術大学院大、岡山大、熊本大、国際教養大、会津大、国際基督教大、芝浦工業大、上智大、東洋大、法政大、明治大、立教大、創価大、国際大、立命館大、関西学院大、立命館アジア太平洋大

(引用元:日本経済新聞|スーパーグローバル大学に37校 国際化へ文科省選定

スーパーグローバル大学創成支援の目的

・ スーパーグローバル大学を支援する事業が創設された目的は、大学教育のグローバル化を進めることにより国内の大学の国際競争力を高め、グローバルに活躍できる人材を育成すること。

・ イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」が毎年発表している「THE世界大学ランキング」の2013年版を見ると、アジア勢の躍進が目立つ中、日本勢で100位以内に入った大学は東京大学(23位)と京都大学(52位)のみであった。日本の大学教育は、海外大学に比べて外国人教員や留学生の数、海外との共著論文が少ないことなどから、グローバル化が遅れていると言われる。そのため、政府が進める教育再生実行会議は2013年に、今後大学ランキングのトップ100に10校以上をランクインさせることを目標とし、日本の大学の国際的な存在感を高めるよう取り組むべきだと提言していた。

asazawa-805-ec
外資系の同僚が驚いた! 3ヶ月でTOEIC大幅アップの秘密を、本人&トレーナーに直撃インタビュー
人気記事

スーパーグローバル大学の取り組み内容

・ グローバル化牽引型に選ばれた芝浦工業大学は、以下のような取り組み目標を掲げている。(記載数値は、平成25年度実績→平成35年度目標)

- 全学生に占める外国人留学生の割合:1.5%(123名)→29.4%(2,820名)
- 留学経験者の割合:1.7%(138名)→100%(在学中の海外留学経験者数)
- 外国語での開講科目(学部):4科目→1,200科目
- 教員に占める外国人等の割合:25.2%(76名)→60%(180名)

・ トップ型に採択された慶應義塾大学では、事業の構想責任者を務める國領二郎教授によると、2015年の1年間で次のような成果があった。

計画の中で今年最も成果の得られたものとして、國領教授は外国人教員の増強を挙げた。当初予定していたよりも多い64人の外国人教員は、大学院で博士論文などの指導にあたっている。
(中略)
また、海外協定校は新たに30加わり、291となった。交換留学の機会が増え、日本から海外へ行く学生はもちろん、慶大に来る外国人学生もさらに増えることが見込まれる。慶大と協定校からそれぞれ学位を得られるダブルディグリー・プログラムもより一層整備を進め、プログラム数は、国内最多だった23件からさらに28件に拡大した。

来年度からは日吉の国際化を目指して新たなコース、GIC(Global Interdisciplinary Course)が始動する。全学部共通の外国語プログラムで、すべて英語で授業を行う。来年度は春・秋学期合わせて約80もの授業が新設される予定だ。

(引用元:JUKUSHIN.COM慶應塾生新聞会|スーパーグローバル大学 「トップ型」採択から1年

・ 事業が始まってから時間の経過がまだ十分でないことから、目立った成果は報告されていないが、スーパーグローバル大学の取り組みの今後の進展が期待される。

(参考)
文部科学省|スーパーグローバル大学創成支援事業
Wikipedia|スーパーグローバル大学
日本経済新聞|スーパーグローバル大学に37校 国際化へ文科省選定
dot.|年間5億円のサポートも「スーパーグローバル大学」とは?
JUKUSHIN.COM慶應塾生新聞会|スーパーグローバル大学 「トップ型」採択から1年
芝浦工業大学|スーパーグローバル大学ってなんだろう? – 学長メッセージ