「テッキー」の由来、英語の”techie”について

・ 英語”techie”の辞書的な意味は、

いくつかの専門的なフィールド(特にコンピューティング)について非常に熟達していて熱心である技術者

(引用元:Weblio 辞書 英和辞典・和英辞典|techie

・ スラングとして使われる”techie”は、テクノロジーオタク、マニアという意味で、

「1日中ほとんどパソコンと向かい合っていて、人付き合いの苦手な独身男性で付き合っても面白みが少ない人」

(引用元:アメリカの高校生が学ぶ経済学|テッキー君

という意味が込められている場合がある。2000年代にはすでに使われていた言葉。

・ ある調査によると、アメリカ国民が選んだ優秀なtechieの第1位がビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)、第2位がヘンリー・フォード(自動車会社フォード・モーター創設者)、第3位がライト兄弟(動力飛行機発明者)だった。

テッキーは新しもの好き

・ テッキーは、技術的な知識が豊富であるがゆえに新しもの好きという特徴がある。キャズム理論というマーケティング理論を解説する書籍『キャズム Ver.2』(ジェフリー・ムーア著、川又 政治訳、2014、翔泳社)では、次のように述べられている。

いかなるテクノロジー関連の新製品も、その初期の顧客は主としてイノベーターとアーリー・アドプターである。ハイテク業界では、イノベーターはしばしばテクノロジー・マニアあるいはテッキーと呼ばれる
(中略)
新製品の可能性を誰よりも早く理解できるのはイノベーターである。このことから、ハイテク・マーケティングでまず対象にしなければならないのがイノベーター、つまりテッキーであることがわかる。

※新製品を一番初めに受け入れる層をイノベーター、次に受け入れる層をアーリー・アドプター(アダプター)と呼ぶ。

(引用元:Googleブックス|キャズム Ver.2 [増補改訂版](プレビュー)

・ こうした意味から、「テッキーな人におすすめ」といった触れ込みで、IT系の新製品が紹介されていることがある。

kamijo-45days-ec
45日でTOEIC825点に到達! 外資コンサルが選んだ、パーソナルトレーニングという英語学習の形。
人気記事

「技術」「テクノロジー」を指して使われる「テッキー」

・ ハイテク技術者、ハイテクオタクとは違う意味で、テクノロジー(技術)のことや、技術力が高いことを指して「テッキー」と言う使い方もある。起業家を増やすためにどうしたらよいか、というインタビュー記事の中で、次のように言及されている。

分野的に言うと(研究開発に莫大な費用が掛かる)ヘビーサイエンス、本格テッキーな分野については国のサポートが必要なんですよ。結構カネもかかるし、相当ハイスペックな研究者も関わらなければ進まない。ここには国のサポートはあったほうがいい。

(引用元:東洋経済ONLINE|東大生は、今でも絶望的なほど保守的だ

(参考)
コトバンク|テッキー
Weblio 辞書 英和辞典・和英辞典|techie
ITpro|マニアックは英語圏では“狂人”に? ──英訳しにくい日本語を集めてみた
いっしきまさひこBLOG|テッキー(techie)って何?
アメリカの高校生が学ぶ経済学|テッキー君
Googleブックス|キャズム Ver.2 [増補改訂版](プレビュー)
日経トレンディネット|【戸田覚厳選】夏のボーナスで買いたいデジモノベスト10
東洋経済ONLINE|東大生は、今でも絶望的なほど保守的だ