タイムバンキングとは

・ タイムバンキングとは、自分の所有する「時間」に価値をつけ、特定のコミュニティ内でやりとりするサービス。世界中にさまざまなタイムバンキング団体があり、システムは団体ごとに異なる。

・ 2017年7月18日、ITを用いた金融事業などを手がける株式会社メタップスによって、新サービス「タイムバンク」が発表され、ビジネスに敏感な人たちのあいだで話題となっている。「タイムバンク」は「『時間』の取引所」を名乗っており、「10秒単位で時間をリアルタイムに売買できる仕組みを通じて経済と時間の再発明を目指」すという。タイムバンキングのリリースは初秋の予定。

メタップスの「タイムバンク」

・ メタップスの「タイムバンク」の利用者は、時間を販売する側の「専門家」と、時間を購入する側の「消費者」に分かれる。消費者は、専門家によって販売されている時間について、以下のことが行える。

1)時間を買う:興味のある専門家が発行(販売)する時間を購入できます。
2)時間を使う:購入した時間は指定された用途で使用することができます。
3)時間を売る:買ったけど使わない時間は欲しい人に売ることができます。
4)時間を持つ:時間発行者を長期的に応援したい場合は時間を持ち続けることもできます。

(引用元:Timebank

・ メタップスによれば、専門家が「タイムバンク」で自身の時間を販売することのメリットは「自分のもっとも得意な領域で使える時間を販売することで、隙間時間から収益を得ることができる」点にあるという。消費者が専門家から購入した時間の使用例としては「事業の相談」「講演の依頼」「チャットで質問」などが提示されており、専門家が自身の専門知識を活用して収入を得られる構造だと考えられる。

・ 消費者が購入した時間を株式のように保有しつづけられることも、「タイムバンク」の特徴である。消費者は、活動を応援したい専門家の時間を購入・保有する。専門家の時間には「市場価格」(専門家の時間価値)がつけられ、専門家は売却した時間の売上を元手とし、自身の価値を高めるための活動に専念することができる。

・ 「まだ東京で消耗してるの?」で有名なブロガーのイケダハヤト氏は、上記のような「タイムバンク」のシステムに強い興味を示し、リリースが発表された18日当日に専門家としての登録を申請したという。登録を申請するには、FacebookやYoutubeなどのソーシャルメディアのアカウントと「タイムバンク」を連携し、システムが自動で算出する「オンライン上の影響力」が一定値以上でなければならない。イケダハヤト氏のスコアは76点で、基準を満たしていた。イケダハヤト氏は、「タイムバンク」を通じて講演やコンサルティングの依頼を受けることを考えていると話した。

shinobu-ec
10年以上のブランクから56日でTOEIC920点! パーソナルトレーナーと走り抜けた英語学習の "最短距離"
人気記事

国内外におけるその他のタイムバンキング

・ 日本における他のタイムバンキングサービスには、webメディア事業などを手がける株式会社グローバルウェイの「TimeTicket」がある。「TimeTicket」は「私の30分、売りはじめます。」をキャッチコピーとし、利用者は自身の時間を「チケット」として販売したり、販売されているチケットを購入したりできる。「プロフィール写真や家族写真楽しく撮影します!」「※FX(投資)非常識でなければならない裏側をお伝えします。」など、「TimeTicket」ではさまざまなチケットが販売されている。

・ 海外のタイムバンキングは、金銭のやりとりをせず相互扶助的な役割があるという特徴を持つ。米国には地域別に200以上のタイムバンキング団体があり、各団体では「Time Credits」や「Time Dollars」と呼ばれるものが通貨の役割を果たしている。タイムバンキングの利用者は、ほかの利用者から依頼された仕事に1時間従事することで、「Time Credits」を1つ得る。利用者がほかの利用者に仕事を依頼したいときには、この「Time Credits」を報酬に設定するのである。提供されている仕事は、編み物を教えたり、子どもやペットの世話をしたり、庭の手入れをしたりと多岐に渡っている。仕事の内容が専門的か非専門的かにかかわらず、1時間の仕事につき1つの「Time Credits」が得られるこのようなタイムバンキングは、自身ができる範囲で他者を助けるという考えに基づいており、提供された時間にそれぞれ値段をつけている日本のタイムバンキングと大きく異なっている。

(参考)
Timebank
メタップス|時間をリアルタイムに売買できる時間取引所「タイムバンク」の 開設に向け、時間の発行者(販売者)の事前募集を開始
CNET JAPAN|“時間”を売り買いする経済システム「タイムバンキング」
日経ウーマンオンライン|“時間の銀行”で労働を貸し借りするのがイタリアキャリアウーマンの新常識
まだ東京で消耗してるの?|また破壊的な感じの評価経済サービスきた!「タイムバンク」やばい!
TimeBanks USA