ティポトルタとは

・ ティポトルタとは、東京ディズニーリゾート内のディズニーランドおよびディズニーシーで販売されているオリジナルの菓子。細長い筒状のパイ生地のなかにクリームが入っている。2017年2月現在、「スウィートポテト」と「チョコレート」の2種類が販売されている。各360円(税込)。

・ ティポトルタのフレーバーおよびラッピングは期間によって変わる。過去には「キャラメル&カスタード」「アールグレイ&ラズベリー」「ヘーゼルナッツ」「紫イモ」「ストロベリーミルク」など多様なフレーバーがあり、ディズニーリゾートを繰り返し訪れる客を飽きさせない工夫がされている。また、ラッピングはイースターやクリスマスなどのイベントに合わせ、華やかにデザインされている。そのため、ディズニーリゾートで遊ぶ際にティポトルタの写真を撮ってSNSに投稿する若い女性が少なくない。

ティポトルタを買える場所

・ ティポトルタが販売されているのは、レストランではなくワゴン(屋台)である。ディズニーリゾート内に点在するワゴンには、それぞれ名前がつけられており、ティポトルタは2カ所のワゴンで扱われている。

・ ディズニーランド内では「ファンタジーランド」というエリアの「ビレッジペイストリー」というワゴンでティポトルタを購入することができる。このワゴンは定番アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」の正面にあり、行列ができていることが多い。

・ ディズニーシー内では「アメリカンウォーターフロント」というエリアの「ハイタイド・トリート」というワゴンで購入できる。このワゴンは、隣接エリア「ポートディスカバリー」「ミステリアスアイランド」との境界近くにあり、比較的人が少ない場所に位置している。

erina-840-ec
就活に向けてTOEIC840点獲得! 単語暗記が大嫌いでも3ヶ月で240点アップしたワケ。
人気記事

ティポトルタとチュロスの違い

・ ディズニーリゾート内で購入できる細長い焼き菓子といえば、ティポトルタのほかにチュロス(税込310~380円)も販売されている。この2つは形状が似ているが、いくつかの点で異なっている。まず、ティポトルタはディズニーリゾートのオリジナル商品である一方、チュロスはスペイン発祥の伝統菓子である。また、ティポトルタの断面は丸いが、チュロスの断面は基本的に星型であることに加え、チュロスにはクリームが入っていないことも大きな違いである。

・ さらに、売り場所も異なる。ティポトルタはディズニーランドとディズニーシーでそれぞれ1カ所ずつの販売だが、チュロスはディズニーランドの「パークサイドワゴン」「ラケッティのラクーンサルーン」、ディズニーシーの「リフレッシュメント・ステーション」「オープンセサミ」など、多くの場所で買うことができる。そのため、チュロスは様々な店で購入できる「定番」商品である一方、ティポトルタのような「レア感」がないともいえる。このような理由も背景にあり、味とデザインのバリエーションの多さに加え、オリジナリティも相まって、ティポトルタはディズニーリゾートの人気スイーツになったといえる。

(参考)
東京ディズニーリゾート|ビレッジペイストリー
東京ディズニーリゾート|ビレッジペイストリー 店舗別レストランメニュー
東京ディズニーリゾート|ハイタイド・トリート
Twitter|#ティポトルタ
ウレぴあ総研|【TDLイースター】チュロスからティポトルタまで! イースター限定 “絶品”食べ歩きスウィーツ4つ
モデルプレス|ディズニークリスマス、限定フードにオラフが初登場<試食レポ>
ニュースWalker|暑さを吹き飛ばす!東京ディズニーリゾートの冷たいデザート
Tokyo Disney Resort Now|ディズニー・ハロウィーンスペシャルスナック
CASTEL|大人気!ディズニーランドの食べ歩きおすすめランキングBEST11
Otajo|可愛すぎて食べられない!? ダッフィーのイースターフェアで限定フードメニュー登場!【ディズニー・イースター】
livedoor NEWS|Disneyの注目ハロウィーングルメ
ぐるなび WEBマガジン|クリスマスディズニーを1000倍楽しむ!ディズニーファンに聞いたディズニーデートを楽しむたった7つのポイント
Barcelona Walker|【特集】 チュロス ~スペイン発の庶民の人気お菓子~