糖質制限の歴史、近年の流行の背景

・ 糖質制限がアメリカで流行したのは2000年代の初め頃。医師らが糖質制限による独自の食事法を提唱したことから、その後食事療法、ダイエット法として欧米に定着した。

・ 日本で糖質制限による食事法が一般に知られるようになったのは2005年頃から。その年に出版された『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』がそのきっかけとなった。著者である医師・江部康二氏は、糖尿病治療を専門に行う高雄病院の理事長で、患者の糖尿病治療の経験から書籍を執筆した。その後2009年に出版された『我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。 ――現代病を治す糖質制限食』がベストセラーになると、糖質制限が広く浸透した。

・ 糖質制限は糖尿病の治療や予防を目的とするところから始まったものだが、江部氏らがダイエット法としても推奨したことから、一般にはダイエット法として急速に流行した。低糖質ダイエット、低炭水化物ダイエットなどとも呼ばれ広く浸透し、インターネット上ではダイエット法の詳しい紹介や体験談など多くの情報が掲載されている。ただし、その効果については賛否両論がある。劇的に痩せられたという成功体験談がある一方で、健康に支障をきたしたという声や、糖質のみを極端に制限する食事法は科学的に安全とは言えないとする学会発表も出されている。その後も糖質制限の是非をめぐる研究・議論が続けられている。

糖質制限のメカニズム

・ 糖質制限で摂取を控える糖質とは、主食となる炭水化物(米やパン、麺類)、甘いデザート、菓子類。減らすのは糖質のみで、カロリー摂取量や食事の回数(1日3食)は減らさず、肉や魚、野菜類については摂取に制限はない。

・ 糖質制限で痩せるメカニズムは次の通り。

人間の体は糖質の摂取を減らすとエネルギーが足りなくなり、脂肪を分解して補おうとする。そのため、脂肪が減り体重が落ちる。
また、三大栄養素のうち、食後の血糖値を上昇させるのは糖質だけだ。血糖値が上昇すると、それを下げるホルモンであるインスリンが分泌される。インスリンには余った糖を脂肪に変えて脂肪細胞に蓄える働きがあるため、糖質の摂取を控えてインスリンの分泌を抑えると太りにくくなるのだ。

(引用元:日経グッデイ| あなたの糖質制限はここが間違っていた!

・ 体験談によると、糖質制限により血糖値の変動が抑えられることで、食後の眠気を催さなくなるという効果もある。

kamijo-45days-ec
45日でTOEIC825点に到達! 外資コンサルが選んだ、パーソナルトレーニングという英語学習の形。
人気記事

糖質制限のデメリット

・ 糖質制限による体への悪影響を、専門家らが次々と指摘している。

‐ 筋力の低下

糖質を制限してしまうと、代わりにタンパク質を構成しているアミノ酸を、肝臓が糖に作り変えるというシステムが働き始めます。タンパク質を糖に変えられるなら、肉を食べれば問題ないのではないかと思う方もいるでしょう。しかし、人体の維持に必要なエネルギーをタンパク質や脂質でまかなおうと思ったら、毎日大量の肉を食べなければなりません。数kgもの肉を毎日食べ続けることは現実的に不可能です。糖エネルギーが不足すると、それを補うために、体は自分の筋肉を分解してアミノ酸に変えていきます。結果、筋肉量がどんどん減っていってしまうのです

(引用元:現代ビジネス|専門家が警告 大ブームの「食事は炭水化物抜き」が一番危ない 糖質制限ダイエットで「寝たきり」が続出中!

‐ 動脈硬化

一般的に、糖質制限をするとカロリーを補うために脂質やタンパク質を大量に摂るようになります。すると、血管に悪玉コレステロールが溜まっていく。その結果、血管が傷んだり老化が進んだりして、脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性がどんどん高まっていくんです。

(引用元:同上)

‐ リバウンド

急激に減量すると、脂肪だけでなく筋肉がやせてしまい基礎代謝がグッと落ちます。また、脳が命の危険を感じ、消費エネルギーを抑えて体重を維持しようとするため、やせにくく太りやすい体質になってしまうのです。減量とリバウンドを繰り返すことを“ウエイトサイクリング”といいますが、極端な糖質制限はこの状態を招きやすいので要注意です。

(引用元:日経グッデイ| あなたの糖質制限はここが間違っていた!

・ 2014年に出された研究発表によると、ゆるやかな糖質制限を行った被験者は、腎機能や脂質代謝機能の悪化が見られなかった。急激な糖質制限ではなく、ゆるやかな糖質制限の安全性を裏付けた研究として注目された。

(参考)
日経グッデイ| あなたの糖質制限はここが間違っていた!
現代ビジネス|専門家が警告 大ブームの「食事は炭水化物抜き」が一番危ない 糖質制限ダイエットで「寝たきり」が続出中!
Fitness Junkie|糖質制限ダイエットの効果、メリットとデメリット、実践方法
日経電子版|「主食」抜き「おかず」だけ… 糖質制限食、是非巡り議論
日経電子版|主食減らして減量「糖質制限食」 利用の注意点
Daily News Online|”糖質制限ダイエット”第一人者の訃報に歓喜する「過激ヴィーガン」の大暴走
Wikipedia|低炭水化物ダイエット
mimot.|【糖質制限】ダイエット効果だけじゃない! 実践してわかった“スゴいメリット”5