ホワイト企業が注目される理由

・ 「ホワイト企業」とは、2010年頃から使われるようになった言葉。2000年代後半から存在が指摘されるようになった「ブラック企業」に対して、社員が安心して働ける企業を表す言葉として生まれたもの。

・ 経済産業省が、2012年度以降「ダイバーシティ経営企業100選」の表彰を行いホワイト企業の認知向上に取り組んでいるほか、書籍や雑誌などでも、ホワイト企業ランキングが数多く特集されている。ホワイト企業を独自に選んで表彰している団体もある。

・ とりわけ、就職活動を行う大学生にとって、志望する企業がホワイト企業かどうかは大きな関心事。就職人気企業ランキングにランクインする大手企業は、ホワイト企業ランキングにも名を連ねている。

・ 2013年頃から、大手アパレル企業や居酒屋チェーンをはじめとするブラック企業報道が社会問題化し、ホワイト企業への注目が高まった。それに加えて、2016年春入社向けの就職活動は、採用活動時期の繰り下げのあおりを受けて短期決戦化。就職活動生らは情報収集を含めた十分な活動期間を取ることができず、ホワイト企業を志望する傾向が強まった。

ホワイト企業の条件

・ インターネット上には、主に就職活動・転職活動をする人向けに、ホワイト企業ランキング、ホワイト企業リストのほか、ホワイト企業の見分け方などの情報が多く公開されている。また、ホワイト企業に特化した求人を取り扱う求人サービスもある。本当にホワイト企業かどうかは実際に入社して働いてみないと分からないことも多いため、就職希望者らはインターネット上の口コミも大いに参考にしている模様。

・ ホワイト企業の条件は様々だが、共通するのは「社員を大事にする」という点。例として次のような特徴が挙げられる。

‐ 新卒3年以内の離職率が低い。定着率90%以上。勤続年数が長い。
‐ 福利厚生が充実している(住宅補助、社員食堂、祝い金制度など)
‐ 労働時間が安定している。
‐ 給与が安定している。平均年収が高い。残業代が支給される。
‐ 週休2日、有給、代休、各種休暇(産休・育休・介護休暇など)などの休みが取れる。
‐ 研修制度が充実している。
‐ 結婚・出産後も女性が働きやすい(育児と両立できる、時短勤務制度や在宅勤務、フレックス勤務など)。
‐ 管理職の女性比率が高い。
‐ マタハラやセクハラが発生しない。

・ 土日が休みで、有給取得率が高く、定着率も高いことから、メーカー企業はホワイト企業と言われることが多い。メーカー以外には、電気・ガス、情報・通信業界の企業も挙げられる。

sakamaki-ec
90日でTOEIC525点が810点に! 超多忙でも英語力が劇的に変わった、英語の "パーソナルトレーニング"
人気記事

ホワイト企業に注目が集まることについての意見

・ ホワイト企業か、ブラック企業か、そこだけを見ていては意味がない。

新卒の3年内離職率でいうと4割や5割を超える企業もサービス業では珍しくないですが、それは良し悪しではなくもうそういうものだと考えてください。小売りの人事部長などで「最近は少しでも新人の離職率が高いとブラックだなんだと言われるけど、製造業と比較されたらかなわんよ」と言っている人がよくいますけど、筆者(※)も同感ですね。

自分の人生を一社に捧げ尽くしたいという人は大手製造業に就職し、もう少し幅のあるキャリアをいろいろ経験したいという人はサービス業に就職する、くらいのスタンスでいいだろうというのが筆者の意見です。「この会社は新人の定着率が低いからブラックに違いない!」という安直な発想は、かえってキャリアの選択肢を狭める結果になるでしょう。

(※筆者=人事コンサルタント城繁幸氏)

(引用元:BLOGOS|3年後の定着率が高い会社って本当にホワイト企業なの?と思った時に読む話

・ ホワイト企業志向は安定志向。ホワイト企業を選びたがるような人は、会社にとって魅力的な人材ではない。

「離職率が低い会社――ホワイト企業」を率先して選ぶ、という就活生は、”変化を嫌う”傾向にあるとも言えます。

変化を嫌う人は、コマ不足を補うために募集する会社には行けるかもしれませんが、長く働いていると、必ず1度や2度の大きな変化を体現するはずです。いざ環境が変化し、その変化についていけないのであれば、会社の中で干されるだけです。

(引用元:Yahoo!ニュース|日本の就活生は「ブラック企業」だの「ホワイト企業」だのと騒いでいる場合じゃない

(参考)
コトバンク|ホワイト企業
コトバンク|ブラック企業
ぼくらの就活面接|ホワイト企業を探そう
キャリアパーク!|ホワイト企業に共通する4つの特徴と見分け方
ブラック企業を見極めろ!|ホワイト企業
Business Journal|「警告文送付」またブラック企業報道のユニクロ、ワタミと、超ホワイト企業はなまるうどん
東洋経済ONLINE|新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ300
PRESIDENT Online|ホワイト企業志向! 2015年就職人気企業ランキング100
就職偏差値ランキング委員会|2017卒用 ホワイト企業ランキング の記事
BLOGOS|3年後の定着率が高い会社って本当にホワイト企業なの?と思った時に読む話
Yahoo!ニュース|日本の就活生は「ブラック企業」だの「ホワイト企業」だのと騒いでいる場合じゃない