「やりがい搾取」とはどんな概念か

・ 「やりがい搾取」という言葉を作ったのは、若者と職業にまつわる社会問題を研究する社会学者の本田由紀氏。本田氏は、2007年前後に新聞や雑誌などで展開してきた主張の中で、若者による働き過ぎの背景に「やりがいの搾取」があると説明し、この言葉を使い始めた。

・ 従来、働き過ぎの原因は、会社や上司からの圧力によって長時間労働を強いられるからだと言われてきた。しかし本田氏は、新たな視点として「自己実現系のワーカホリック」に焦点を当てた。そして、この自己実現系のワーカホリックこそが、やりがい搾取という問題を生み出している、と主張している。

自分の好きなことを仕事にし、仕事にのめり込んでいく若者たちは、働き過ぎではあっても充実しているし幸福であるかのように見える。しかし実際は経営者側が仕事の中に仕掛けたゲーム性・カルト性・奉仕性などのからくりによって、若者たちは巧妙にワーカホリックへと動かされていく、これは”やりがいの搾取”だと著者(※)は言う。

(※著者とは本田氏のこと)
(引用元:珈琲Time|『やりがいの搾取』本田由紀(『世界』3月号)

従業員に、好きなことを仕事にさせることで、自発的に自己実現に向かわせているように見えても、実はその裏には、企業側が少ない賃金で最大限の労働効率を引き出そうというからくりがある。これが、やりがい搾取という問題の実情である。

「やりがい搾取」の問題点

・ やりがい搾取とセットで語られるのが、ブラック企業という存在である。安い給料で従業員を長時間労働させるブラック企業にとって、やりがいは、従業員を酷使するために利用するキーワード。

ブラックバイトなどの問題が生じているのは、「使える労働力」を「やりがいをえさにして、本人の望まない長時間労働をさせる」点にあります。
(中略)
使用者側が被用者の意思を事実上抑圧して、本人の望まない長時間労働を強いることが多いのが現状で、それこそが本当に問題となるところです。

(引用元:All About News Dig|「やりがい搾取」の問題点はどこにあるのか?

・ 本田氏がやりがい搾取の要素の一つであると指摘するカルト性。この具体例が、飲食店・居酒屋などのアルバイトに見られる。宗教的な熱のこもった朝礼や、従業員の「夢」や「成長」を強烈に後押しする標語、修行と呼ばれる研修などを通じ、従業員を仕事にのめり込ませるケースが一例。

従業員本人たちが、労働を通じて自発的に自己実現に取り組んでおり、やりがい搾取に巻き込まれている自覚は無い場合でも、過酷な労働条件のもと低賃金で働いていれば、結果的にはやりがい搾取となりかねない。

・ やりがい搾取をしている企業なのかどうかを見分けるポイントとして、プロブロガーのイケダハヤト氏は、次のポイントを挙げている。

・経営陣は積極的に賃金を上げようと努力してくれているか?
・経営陣は安定した雇用を実現するための努力をしてくれているか?
・経営陣のお金の使い方は常識的か?
・経営陣は問題解決に喜びを感じているか?
・顧客を「金のなる木」として見ていないか?
・経営陣は「あなた」を見ているか?私生活を考慮してくれているか?

(引用元:まだ東京で消耗してるの?|若者よ、「やりがい搾取」に気をつけろ

miyauchi-980
TOEIC980点獲得! 「読むのが遅い」を乗り越えるために、トレーナーが課した意外な方法。
人気記事

「やりがい搾取」の奨励と誤解され……Twitter炎上騒動

・ 2016年3月、「やりがい搾取」という言葉が注目を集める出来事があった。経済番組「ガイアの夜明け」(テレビ東京系)が、Twitter上で番組内容を紹介するツイートをしたところ、番組の内容が「やりがい搾取の推奨」だと多くのユーザーから勘違いされ、番組のTwitter公式アカウントが炎上した、という騒動。

・ 番組の内容は、ソーシャルビジネスに取り組む若者について。安定した職を辞め、社会貢献のために新たに起業した若者が、やりがいや誇りをもって働いている様子を取材した特集であり、番組紹介のツイートは以下のようなものだった。

「良い給与に、安定した生活…。そんなものは『後回し』という人が、増えてきているんだそうです。『社会の役に立ちたい』という思いで仕事を探す人たち。働くことを通じて、一体なにを掴もうとしているのでしょうか。今夜のガイアは、人生『やりがい』探しの旅。あなたも改めて、考えてみませんか?」

(引用元:Yahoo!ニュース|「高収入よりやりがい」に「そんな奴いねぇよ」 「ガイアの夜明け」公式アカ炎上のワケ

・ Twitter上では、「やりがい」という言葉に誤った注目が集まってしまい、番組内容を誤解したユーザーから、やりがいだけでいい人などいない、という主旨の批判のリプライが集中し、炎上する騒ぎとなった。

(参考)
珈琲Time|『やりがいの搾取』本田由紀(『世界』3月号)
見もの・読みもの日記|働きすぎの罠/軋む社会(本田由紀)
Hatena Keyword|やりがい搾取
まだ東京で消耗してるの?|若者よ、「やりがい搾取」に気をつけろ
All About News Dig|「やりがい搾取」の問題点はどこにあるのか?
東洋経済ONLINE|「やりがいある仕事を探せ」というムチャ振り
Business Journal|宗教的「やりがい搾取」の罠~気持ち悪い、洗脳…居酒屋甲子園騒動から考察
FREEDOM PLAN-世界で働く、自由に働く-|やりがい搾取の罠
Yahoo!ニュース|「高収入よりやりがい」に「そんな奴いねぇよ」 「ガイアの夜明け」公式アカ炎上のワケ