YouTube Kidsとは

・ YouTube Kidsとは、米Google社によって提供されている、子ども向けスマートフォン専用アプリケーション。YouTube Kidsにはペアレンタルコントロールの機能が備わっており、子どもがYouTubeを利用する時間や、YouTubeで視聴する動画の種類を親が制限できる。YouTube Kidsは2015年に米国で提供が始まり、2017年5月31日に日本でリリースされると、多くの人の注目を集めている。

・ 13歳未満の児童がYouTubeのアカウントを取得することは規約で禁止されているものの、動画の視聴は原則として誰にでもできる。そこで、子どもがスマートフォンでYouTubeを利用するのを親が制限したい場合、YouTube Kidsを利用することで、子どもが動画を長時間視聴しつづけたり、教育上不適切だと思われる動画を視聴したりすることを防げる。

YouTube Kidsの機能

・ YouTube Kidsを起動すると、「アニメ・ドラマ」「おんがく」「まなぶ」「はっけん」という4つのカテゴリー名が大きな文字で表示され、子どもが動画を探しやすくなっている。「YouTube Kids Parental Guide ヘルプ」によると、それぞれのカテゴリー内では以下のような動画を視聴することができる。これらのカテゴリー内で表示される動画は、自動システムと一部人間による審査に合格し、子どもにとって安全だと判断されたものに限られる。

・アニメ・ドラマ:「日本や海外の選りすぐりのアニメ、絵本読み聞かせ動画や知育動画、実写のドラマまで、ファミリーで楽しめる動画」
・おんがく:「童謡や手遊びの歌、人気アニメのテーマソングから知育に役立つオリジナルの動画まで、楽しい音楽動画」
・まなぶ:「読み書きや英語、算数、地理、理科など、お子様の学びに役立つさまざまな動画」
・はっけん:「お子様の多様な好奇心に応える動画」

・ また、保護者が検索機能をオンに設定すれば、文字・音声によって入力したキーワードで動画を検索することもできる。ただし、性的・暴力的な動画が表示される恐れのあるキーワードを検索すると、「ほかのことをさがしてみよう」というエラーメッセージが表示され、検索結果は表示されない。

・ 保護者がYouTube Kidsのタイマーを設定することで、子どもが動画を長時間視聴するのを防ぐこともできる。タイマーは最長で120分まで設定でき、子どもの利用時間が制限時間に達すると、「時間だよ、またね!」というメッセージが表示され、YouTube Kidsを操作することができなくなる。

takashima-ec
苦手だったリスニングを克服し、90日でTOEIC845点ゲット! リスニング練習の「質」を変えた、プロトレーナーのトレーニングメソッド
人気記事

YouTube Kidsへの反応

・ YouTube Kids日本版のリリースがYahoo!ニュースで配信されると、コメント欄には多くの意見が寄せられたが、多くはYouTube Kidsに対して否定的なものだった。「大人が子供に与えるべきは、コレじゃない」「学習に役立つものならいいが、正直避けたい」など、そもそも子どもにスマートフォンやYouTubeを利用させたくないと言う人や、「実際使うのはキッズでないYouTubeでしょ」「わざわざkids用使うかよ」など、子どもがYouTube Kidsではなく通常のYouTubeを使うことで、ペアレンタルコントロールをすり抜けられると指摘する人がいた。

・ Twitter上では、さまざまなキーワードを入力して検索し、どのようなキーワードによる検索結果が非表示になるのか試してみる人もいた。また、実際に子どもにYouTube Kidsを使わせてみたところ、すでに通常のYouTubeに慣れていたため「使いづらい」と苦言を呈されたと話す人や、子どもが通常のYouTubeに慣れてしまっているため、YouTube Kidsを使わせるには手遅れだと嘆く人もいた。

(参考)
YouTube Kids
YouTube|YouTube Kids Parental Guide ヘルプ
YouTube|YouTube ヘルプセンター
ねとらぼ|子ども向け公式アプリ「YouTube Kids」リリース “エロマンガ先生”で検索すると何もヒットしない健全さ
ASCII.jp|世界合計300億視聴「YouTube Kids」日本上陸、パパママ朗報!
Yahoo!ニュース|YouTube、子供向けアプリ「YouTube Kids」日本展開。人気絵本“おしりたんてい”アニメ