キャリア・ライフプラン

最高のリーダーが “たった2分” で決断できるカラクリ。「自分の軸」がないと何も決まらない。

部下を抱えて判断を求められる立場になったものの、いざ意思決定の場面になるとつい迷ってしまう――。経験が浅いうちは誰もが通る道でしょう。 ですが、リーダーに求められる重要な資質として「即断即決する力」を挙げるのはプレゼンテーションクリエイターの…

海外大学が証明「外国語の勉強」の意外すぎるメリット。13か月続けると “海馬が発達” するらしい。

みなさんは現在、外国語の勉強をしていますか? 学生時代には英語やドイツ語を学んでいたけれども、社会人になってからはパッタリ……という人も多いはず。仕事で外国語を使ったり、外資系の会社への転職を望んだりしていない限り、外国語を今さら学び直す必要…

偉大な宇宙飛行士2人から学ぶ “控えめなリーダーシップ” の強み。「目立とうとしないリーダー」はなぜ優れているのか?

成果をあげるリーダーに必要なものは野心だ。これに尽きる。リーダーたる者、誰よりも目立って、皆の上に立つべきだ。 もしあなたがリーダーとして、あるいはこれからリーダーを目指す人としてそのように考えているのでしたら、それはあまりにも偏った考え方…

“暗記重視” がキケンな理由。自分の頭で考えられる人になるための「ハーバード式勉強法」

パロアルトインサイトCEO兼AIビジネスデザイナーとして、日本企業へのAI導入を手がけている石角友愛(いしずみ・ともえ)さん。 石角さんは16歳で日本を飛び出し単身渡米すると、ボーディングスクール、オクシデンタル・カレッジ、ハーバード・ビジネススク…

新卒でいきなりマネジメント。成長しないわけがない「グーグル式仕事術」のすごさ。

これまでに数々のイノベーションを起こし、世界中の誰もが知る巨大テクノロジー企業「Google」。アメリカにある本社に若くして入社した日本人女性が石角友愛(いしずみ・ともえ)さんです。現在はパロアルトインサイトCEO兼AIビジネスデザイナー として独立…

“ハーバードMBA→グーグル→会社経営” の私が思う、このAI時代で「日本人に足りない2つの視点」

16歳で単身渡米、ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得し、Google本社でストラテジストとして数々のAIプロジェクトを担当した日本人女性がいます。その石角友愛(いしずみ・ともえ)さんは現在、パロアルトインサイトCEO兼AIビジネスデザイナーとして独…

「勉強はできた」のに「仕事ができない」に成り下がる理由。“疑う習慣” 足りていますか?

学生時代は優秀だといわれてきたものの、社会人になってみたら仕事で満足のいく評価を得られず挫折を味わう……という人は意外と多いものです。いわゆる “勉強はできるけれども仕事ができない人” ですね。皆さんの中にも、自分がそうではないかと悩んでいる人…

なぜ「やりたいこと」を仕事にしないほうがいいのか?

多くの人が「やりたいこと」「好きなこと」を仕事にできれば仕事がより充実すると考えます。でも、「そうではなく『向いていること』を仕事にすべき」と語るのは松本利明さん。 大手外資系コンサルティング会社を渡り歩き、現在は人事・戦略コンサルタントと…

仕事が出来る人の特徴14選&仕事が出来る人になる方法4つ

「仕事が出来る人」の特徴を一挙紹介! あなたはいくつ当てはまっていますか? そして、仕事が出来る人間になるにはどうすれば?

“自分はすごい” アピールは全然響かない。転職活動でうまくいく人が自己PRで使う「2つのキー要素」

「自分はいまの会社に合っていないのではないか?」「いまの会社の将来に期待できない」――。そんなふうに感じて、転職を考える人も多いでしょう。ですが、転職活動の武器にできるような実績がない人の場合はどうすればいいのでしょうか。 アドバイスをしてく…

「ひとつの会社にしがみつく」のがマズい理由。“なんちゃって昇進” にだまされていませんか?

「終身雇用制度を維持するのは厳しい」と経団連が明言する一方で、現在は「空前の転職売り手市場」ともいわれます。とはいえ、特に有名な大企業に勤める人なら、ついついその会社にしがみつきたくなるもの。 ただ、そういう姿勢に対して、大手外資系コンサル…

あえて “普通から外れる” とデキる人に見られる可能性(※やりすぎ注意)

職場で、大学で、大事な取引先や初対面の人に会ったとき……あなたは自分をどんなふうにアプローチしていますか? 今回は、セルフプロデュースに役立ち、あなたの成功を後押ししてくれそうな「赤いスニーカー効果」と、取り入れるコツを紹介します。 賢く成功…

「なでしこジャパン」歓喜の優勝から8年。佐々木則夫氏 “ゆるゆるマネジメント” のすごさを振り返る。

2019年の女子ワールドカップが開幕しました。初戦のアルゼンチン戦はスコアレスドロー。第2戦以降の日本代表の活躍に期待です。 さて、時はさかのぼって8年前の2011年。「なでしこジャパン」がアジア勢初の女子ワールドカップ優勝を成し遂げた、あの歓喜の瞬…

「全部教えてしまう上司」はなぜ二流なのか? いい上司ほど “考えさせる質問” をする。

皆さんは、自分の「教え方」に自信はありますか? 職場で部下を指導する立場にある方は多いはず。適切な指導をすれば優れた人材が育つはずですが、「適切な指導」とは具体的にどのようなものなのでしょう。 今回は、「正しい指導方法を知りたい!」というビ…

仕事は結局ひとりじゃできない。このAI時代に最も合理的なのは「協働」という働き方だ。

社会が変化していくにしたがって、今後は仕事においても求められるスキルの中身が少しずつ変わっていきます。ただ、社会学者の鈴木謙介先生は、そんな先の見えない状況のなかでも仕事でしっかりと成果を出し、イノベーションさえ生み出せる合理的な「働き方…

週 “数千件” の情報収集を20年「学び続けることは最高の自己投資になる」

これからの時代では、ただひとつのスキルに特化してそれを磨いていれば安心できたり、ある資格を取れば「一生大丈夫」などと考えたりすることが難しくなっていきます。そういったことを踏まえ、社会学者の鈴木謙介先生は、自分がやっていて「楽しい」と感じ…

「AIで仕事がなくなる」は大げさ。“自分は変われる” というマインドがあれば生き抜いていける。

AIをはじめとするテクノロジーが飛躍的な変化を遂げ、わたしたちが生きる近い将来には、「AIで多くの仕事がなくなる」とまでいわれます。でも、社会学者の鈴木謙介先生は、そうしたことで多くの人がイメージする「失業者が増える」などの現象は起こり得ない…

なぜ “ボス猿タイプ” は危険なのか。 これからは「謙虚で気取らないリーダー」が必要とされる。

いま企業にとって、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)が重要だといわれています。また、その文化を受け入れ、企業が成功するには、インクルーシブ(包括的)・リーダーの存在が不可欠なのだとか。インクルーシブ・リーダーの特徴と、「包括的な文化を…

自分の可能性を狭めるダメな思考習慣。「“運命頼り” だと成功しにくい」というエビデンスあり。

大きな挫折を経験したとき、あまりにも悲しいことが起きたとき、前に進むため「これが運命なのだ」と受け入れることもあるでしょう。それは、仕方がないことです。 しかし、たとえば仕事や勉強などで多少の努力が必要なときに、「運命だから無理に変えようと…

部下の泣き顔にひるむ上司は “成長の機会” を奪っている。

部下や後輩を注意しなくてはいけない立場だとしたら、「上手に注意」できる自信がありますか? 例えば、あなたが部下に重要な書類の作成を依頼したとします。その書類の書式は厳密に定められており、すでに研修で学んでいるはずのもの。しかし、部下が作っ…

アパホテル元谷芙美子社長の経営手腕がすごい理由。“学び続けられる人” はやっぱり違った。

ビジネスやプロスポーツの世界は栄枯盛衰。以前は隆盛を極めていた人物が現在は没落していることも珍しくありません。 そんな中で、成功してから年月が経ってもなお第一線で活躍し続けている成功者たちも存在します。 彼らは日々学習して時代の潮流に乗って…

「やりたいことを仕事にする」は本当に正しいのか? 仕事を選びすぎると大損する可能性あり。

今の仕事が好きというわけではない。かといって明確にやりたいことがあるわけではないから、別にキャリアチェンジする必要もない。仕事において特に努力しなくても解雇されることもないし、与えられた仕事をこなすだけでも生きていける。でも、はたしてこれ…

スキルのない凡人でも「自己ブランディング」で大化けできる可能性。4ステップで唯一無二の人材へ。

日々仕事に励んではいるけれども、自分には何ら秀でたスキルはない。やっぱり、大きな仕事を任せてもらうには、MBAの学位や高い英語力がないとダメなのだろうか……。 自分とスキルのレベルにそう変わりない同期が、大プロジェクトのメンバーに抜擢されたのは…

アマゾン流「最強の仕事人」は “同意できない決定” にも全力を尽くす。文句ばかり言い続けるのは二流の証だ。

仕事はチームで進めるもの。自分はその歯車のひとつにすぎないから、“突き抜けた人材になる” ことなど到底できるはずはない……。そうお思いの方は、個人的な成果ばかりを追い求めることから、チームへの貢献度合いを上げることへとシフトしてはいかがでしょう…

“3つの質問” でEQ(感情的知性)の高低がまるわかり。「自分の弱点」言えますか?

AI 時代を迎えた今、ますます感情的知性(EI)の必要性が高まっています。しかし、たとえば採用面接時などに、その能力の高低を判断するのは難しいのだとか。 そんななか、専門家が感情的知性を評価するための“3つの質問”を考案したそう。採用担当者のみなら…

コクヨがアイデア出し会議を “7人以下” で行なう深いワケ。成果が出る会議はここが違った。

社会人になり、何度も会議に参加してきたビジネスパーソンであれば、一度は心の中でつぶやいたことがあるのではないでしょうか。 「この会議って意味あるのかな?」 「何の進展もないどころか、結局時間を浪費しただけだった」 「もっと有意義な会議ができれ…

普段は質素な一流たちに共通する「お金の使い方」。“常識にとらわれない” が彼らの常識だった。

経営コンサルティングやメガベンチャー企業のCEOなど、事業で大成功を収め、一般的な人よりはるかに多くの収入を得ている「一流」たち。金銭感覚も並外れているのかと思いきや、じつは普段の生活は “質素” という人も少なくないのだそう。しかし、ある特定の…

「口下手で寡黙」なのになぜか評価が高い人は何をしているのか?

「口下手で寡黙な人」は意思の疎通がうまくいかず、周囲から勘違いされたり、職場でやや孤立ぎみになったりする——これが、世間一般的な印象かと思います。しかし一方で、皆さんのまわりには、口数はあまり多くないにもかかわらず、なぜか上司から厚い信頼を…

誰もが知る偉人たちが、成功のために “絶対にやらなかった” 4つのこと。

松下幸之助や豊臣秀吉、マーク・トウェインにスティーブ・ジョブズなど、誰もが知る偉人たちは、「あんなこと」や「こんなこと」を決してしません。もちろん、一度はそれを行い、失敗したこともあるでしょう。しかし、もう二度としなかったからこそ成功でき…

やりたいことなんて無理に見つける必要ナシ。9割の “夢がない人” のための「天職との出会い方」

みなさんは、ご自身のビジネスパーソンとしてのキャリアについてどのように考えていますか? 「やりたいことはこれだ」というはっきりした“行動の軸”を持ち、将来の展望は明るいと感じている方は素晴らしいですね。一方で、目の前の仕事を忙しくこなしてはい…

「君の頭は腐っている」と言われたエジソンが、それでもへこたれずに成功をつかめた深い理由。

すいぶん冴えない時代、どん底の時代を経て、後に大成功をおさめた人々がいます。彼らのエピソードは、現在「あまり評価されていない」と悩む人の励みになるだけではなく、成功するための大きなヒントとなるでしょう。今回は、19世紀、20世紀、そして21世紀…

「成功をつかめない人」は、この “4つの基本” ができていない。

テレビでよく見るあの人は、ネットで話題のあの人は、ベストセラー作家のあの人は、想像以上に出世した友人は、なぜそこまで成功できたのだろう。彼らと自分は、いったい何が違うのだろうか……? その違いは、あることを“している”か、“していない”か、かもし…

“答えのない問題” をどう問い続けるか? 目の前の現実を変えるには「7つの知性」が必要だ。

終身雇用制度が崩壊し、日本人の人生モデルは大きく変わった。近い将来、AIに多くの仕事が奪われるかもしれない――。そんな話を多くの人が飽きるほど耳にしていることでしょう。では、これからの時代、われわれは社会人としてどのような力を身につけて生きて…

優秀なのに成長できない “残念な人” が陥るふたつの落とし穴

東京教育大学附属高校(現・筑波大学附属高校)から東京大学に進学し、民間企業や米国シンクタンクを経て、現在は全国から5,000名の経営者やリーダーが集まる「田坂塾」の塾長も務める多摩大学大学院教授の田坂広志(たさか・ひろし)先生。シンクタンク・ソ…

「黒字でも倒産」を経験しかけた元経営者が『学び直し』を激しくすすめる理由。

ビジネスパーソンが大学や専門学校に通い直したり、通信教育やオンライン講座を受けたり、書籍を使って独学したり——「学び直し」という言葉が最近のトレンドになってきています。 では、実際に学び直しをできている人はどれくらいいるのでしょう。「人生100…

出世する人が “絶対に使わない” 言葉。相手の愚痴に「そうですね」と同調する人は要注意。

アメリカで活躍した著述家ジョセフ・マーフィーは、世界的ベストセラー『成功の哲学』の中で、次のような言葉を記しています。 幸福な人生を歩んでいる人は、言葉の使い方を知っています。言葉は選んで使いなさい。言葉の選択一つで、人生は明るくも暗くもな…

部下を成長させるリーダーは会話で「どうしたら」を好んで使う。

個人のビジネススキルがどんなに秀でていても、リーダーとしての資質に欠けていれば、会社組織のなかで高い評価を得ることはできないでしょう。では、いまの時代にはどんなリーダーが求められているのでしょうか。 建設会社の総務経理担当部長を務めながら、…

「動いてくれて当たり前」は危険。人を全然動かせない人には “配慮” が圧倒的に欠けている。

仕事は個人戦ではなくチーム戦です。人を上手に動かしチームとして成果をあげられる人と、人を動かすのが下手で成果をあげられない人には、どんな違いがあるのでしょうか。調べてみると、「人を動かせない人」には3つの致命的な特徴があることがわかりました…

いつも怒っている “あの人” とうまく関わる心理テク。気分屋上司も「パターン」がわかれば怖くない。

いつ顔を合わせてもイライラしている人が、あなたのまわりにもいるかもしれません。プライベートの世界であれば付き合わなければいいだけですが、会社の人間となるとそうはいきません。そういう人とどう付き合うべきか――。 アドバイスをくれたのは、怒りと上…

怒りの感情と上手に付き合う! 欧米トップ経営者の常識「アンガーマネジメント」入門

「怒る」というのは、大きなエネルギーを消費する行動です。もちろん、怒ることで人間関係がこじれることを心配する人もいるはずですが、きっと多くの人が、なるべく怒ることなく日々を過ごしたいと考えているでしょう。 そこで、怒りをコントロールするメソ…

学びのアンテナが広い人は “この3つ” をやっている。「やればできる」のマインドも意外と大事だった。

知識が豊富でいつもユニークな提案をする同僚がいる一方で、自分の意見はパッとしないものばかり。「ビジネスでは多様な視点を持つことが大切だ」「物事はいろいろな角度の切り口から考えるべきだ」とは言うけれど、新しい視点なんてどうすれば得られるのだ…

「サイコパス」を演じたほうが仕事で大活躍できるワケ。

“サイコパス” という言葉を聞くと、皆さんはどんな人を想像しますか。「良心が欠けている」「罪悪を感じない」「プライドが高い」「責任感がない」「自分の過ちを認めない」など、ネガティブな印象を持っている方が多いのではないでしょうか。自分はそうはな…

「ありがとう」さえ言えない人に回ってくる5つのツケ。出世できないのも納得だった。

シドニー大学のニック・エンフィールド教授の研究によると、人は日常で90秒に1回は何らかの頼み事をしているのだそう。確かに「ペンを貸して」「ちょっと後ろを通らせて」といった簡単な頼み事は、無意識のうちにしてしまっていますよね。 一方、食品メーカ…

なぜ「年収1億円男」はいつも電卓を持ち歩くのか? 成功者たちの奇妙な行動習慣。

毎朝、鏡の中の自分に問いかける——これは、Apple創業者のスティーブ・ジョブス氏が毎日行なっていた習慣です。 ジョブズに限らず、一流のビジネスパーソンたちは、普通の人にとっては “ちょっと意外な” 習慣を持っていることも少なくありません。今回は、そ…

最高に優秀なリーダーは、部下の前で必ず “暇そうにする” という法則。

バブル期に世界を席巻した日本の企業も、いまはかつてのような勢いを完全に失いました。加速度的に速まる時代の流れのなか、日本の企業は過渡期にあります。そういう時代にあって、人の上に立つ人間はどうあるべきなのでしょうか。 日本IBMに勤めながら、各…

いつも動いてくれない “あの人” が動きだす魔法のセリフ。“あの5文字” を必ず最初に添えなさい。

物事が循環しているのは、必ず“誰かのおかげ”があるからですよね。しかし、ときにその“誰か”は、こうしてくれたら「うまくいく・助かる・安心できる」のに、どうしても望みどおりに動いてくれないことがあります。

あたりまえを疑える「変な人」になるべき理由。“普通すぎる” と絶対損する。

大手外資系IT企業に勤めるビジネスパーソンでありながら、琉球大学客員教授や複数のスタートアップ企業の顧問、NPOのメンターなどさまざまな顔を持つ澤円(さわ・まどか)さん。ビジネスシーンでは「世界ナンバーワン・プレゼンター」としても知られます。

「最悪なマネージャー」に共通する3つのこと。“部下と競争” はなぜマズいのか?

大手外資系IT企業に勤めるビジネスパーソンでありながら、琉球大学客員教授や複数のスタートアップ企業の顧問、NPOのメンターなどさまざまな顔を持つ澤円(さわ・まどか)さん。ビジネスシーンでは「世界ナンバーワン・プレゼンター」としても知られます。

年収2,000万社員と500万社員の違いは “住む場所” だった。デキる人がオフィス街に住む納得の理由。

仕事がデキる人はいったいどんな場所に住んでいるのか、気になりますよね。調べてみると、彼らの“住む場所”の選び方にはこだわりがあることが分かりました。一流と呼ばれる人や高年収を得ているビジネスパーソンが住みたがる場所とは――? 早速ご紹介しましょ…

「最強のエリート」が “エリートになる前に” していた4つのこと。

経営者や、世界を股にかけて活躍するビジネスパーソン。彼ら「最強のエリート」と呼ばれる人たちも、最初から“超一流”だったわけではありません。「最強のエリートがエリートになる前にしていたこと」から、一流へと近づくためのヒントを学びましょう。 1. …

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら