スキルアップ・仕事

仕事がつらい人に多い “思考の悪癖”……「0か100か」の考えに染まってませんか?

「一度意見が衝突しただけで、この人とは合わないと決めつけてしまう」「頑張ってきた語学の勉強も、1日休んだだけでやる気がなくなった」 このように「白か黒か、0か100か」で物事を考えがちな人は、「二極化思考」の癖がついてしまっているのかもしれませ…

あなたも絶対やっている「時代遅れ」な4つの仕事テク。アップデートしないと取り残される!

あなたが当たり前だと思って使っているビジネススキル。じつはもう「古い」可能性があります。従来のやり方にしがみついたままでは、いつまでもデキる人にはなれませんよ。 この記事では、時代遅れなビジネススキルを4つ取り上げ、代わりに実践すべきテクニ…

巻き込み力とは? 全社会人必見の能力が明らかに!

現代のリーダーに必要な巻き込み力とは? 巻き込み力の高め方や、オススメの本を紹介します。

最新研究が証明「空腹だと勝負強くなる」――ランチ前には “これ” をするべき

「腹が減っては戦はできぬ」という言葉は、私たちが仕事の手を止めて「食べること」を正当化してくれます。ところが、どうやら腹が減っても戦うことはできるようです。それどころか、負け知らずになる可能性もあるのだとか。 意外な最新研究をもとに、ランチ…

重要「7つの能力」を鍛えるための脳科学的アプローチ。仕事力はこうして上げる!

仕事をするうえで、脳をうまく機能させることは重要です。「仕事で成果が上がらない……」と嘆く人には、脳に気を配った生活をおくることを提案します。あなたの能力を鍛えるための “脳科学的アプローチ” を7つご紹介しましょう。 【1】判断力を鍛えるならば「…

「脳が疲れている人」がやっている5つの習慣。当てはまるものがあったら即改善!

仕事の失敗で落ち込んでしまうとなかなか立ち直れない……。明日に持ち越してしまった仕事が気になって仕方がない……。こうしたことがよくある人は、じつは「脳」がとても疲れているかもしれません。 脳の疲れを放っておくのは非常に危険。なぜならば、休んでも…

あなたのストレス、軽くしたいならこうすべき。「7つの習慣」で仕事と勉強に心地よさを

対人関係がうまくいかない、仕事や勉強に集中できない、毎日やることが多すぎてつらい……。日常のなかでストレスを感じる瞬間を数え出せばキリがありませんよね。今回は、日々のストレス軽減に役立つ習慣を、シーン別に7個紹介します。ぜひ自分にピッタリなも…

インプットから「1しか得られない人」と「10も得られる人」の決定的違い。 “振り返り” できていますか?

「せっかくセミナーに参加したのに、仕事で実践できなかった……」「これまでの経験を新しい仕事に活かせずミスばかりしている……」みなさんにも思い当たる節があるのではないでしょうか。 グロービス経営大学院経営研究科副研究科長の村尾佳子氏は、たとえ質の…

家でも快適に働ける人とそうでない人の違い。「気づいたらこんな時間…」が絶対NGなワケ

新型コロナウイルスの影響で、家で仕事をする機会が増えたという人は多いはず。しかし、「満員電車に乗る必要がなくなった」「まわりが静かなので仕事がはかどるようになった」などポジティブな意見がある一方で、「生産性が下がってしまった」「生活リズム…

ひどく落ち込んだときにしてほしい5つのこと。すぐ立ち直れる人は「自己分析」がうまい

もしもあなたが「書類を忘れて上司に怒られた」「プレゼンがグタグタだった」など、仕事の失敗体験で頻繁に気持ちをへこましているなら、ビジネスパーソンが落ち込んだときに効く5つの行動を紹介しましょう。 ストレスを受けたあとの心理メカニズム 明治学院…

一流の仕事人が説く「7個の心得」。若手のあなたが実践できそうなのはどれ?

これを読んでいるあなたはきっと、一流の人材になりたいと考え、勉強や仕事に日々励んでいることでしょう。ただ、一流と呼ばれる人はほんの一握り。彼らのようになりたくとも、どうすればいいのかはそう簡単にはわからないものですよね。 今回は、一流の仕事…

“デスクは2つ” が最強!? 「集中できない、ひらめかない」がなくなる仕事環境の整え方

集中力がすぐに途切れる。アイデアがなかなかひらめかない。その悩みは、もしかしたら仕事をする「デスク」を考察することで解決できるかもしれません。自分にピッタリの環境を整えて、仕事の効率を上げまくりましょう。 集中できないのは、場所選びが悪いか…

発想力は “疲れた夕方” にこそ開花する!? 科学が証明「最強のタイムスケジュール」とは

「もっと生産性を上げたい」「早く仕事を終わらせて、好きなことに時間を使いたい」 生産性を上げ、早く仕事を終わらせるには、自分の集中力・決断力・クリエイティビティなどが一番高いタイミングを利用して、効率のよい働き方をしたいところ。 近年、多く…

「文字で伝えるのがうまい人」は “この6つ” を意識している。

新型コロナウイルスの影響で、仕事のデジタルシフトが急加速しています。オフィスで顔を合わせて気軽に会話する機会は減り、メールやチャットなどテキストでコミュニケーションする場面が増えてきたのではないでしょうか。 相手の表情が見えず文字だけでやり…

読書の質を左右する超重要「黄金の方程式」ここにあり! “この3つ” 意識できてますか?

「仕事がデキる人は読書を怠らない……」「ビジネスパーソンにとっては良質な書籍との出会いが大事……」「頭のいい人はインプット量が違う……」このようなことを一度は聞いたことがあるはず。とはいえ、「まねしたいけれども具体的な方法がわからない」という方…

あなたの意志が長続きしない根本原因。重要なのは◯◯を整えることだった

「スキルアップのために目標を立てたのに、いつの間にか勉強をやめていた」「生活リズムを改善しようと強く決意しても、いつも結果につながらない」このように、自分で決めたはずのことが達成できていない状況に悩んでいる人はいませんか? いままでの自分を…

刺激に敏感な「内向型」のあなたでも、“これ” をすれば悩むことなく仕事ができる

世の仕事のほとんどは、さまざまな人と関わりながら進めなければなりません。そのため、人との関わりが得意ではない内向的な人のなかには、「いまの仕事ではあまり活躍できていない気がする……」「この先、成功できるか不安だ……」といった悩みを抱えている人…

内向型に対する3つの「間違った思い込み」。あの一流経営者もじつは内向的!

「血液型がA型の人は几帳面」だとか「関西の人はノリがよくておもしろい」といったことがよく言われます。もちろん、そういう傾向がまったくないとは言えませんが、なかにはただの「思い込み」もあるでしょう。 それは、「内向型」の人に対する評価にも言え…

「内向的」でも「デキる人」になれる。間違いなく仕事で生かせる “内向型の4つの強み”

仕事が「デキる人」というと、どんな人をイメージするでしょうか? 多くの人が、「周囲の人を巻き込みながら、バリバリと活動的にスピーディーに動ける人」といった「外向的」な人をイメージするはずです。一方、「内向的」な人は仕事の成果を挙げづらいとも…

ここで差がつく「コロナ禍に勝つ人と負ける人」――あなたは “自分軸” をもてているか?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、私たちの日常は大きく変わりました。それまで当たり前だったことが当たり前でなくなり、働き方にもさまざまな変革が求められてきています。このコロナ禍のなか、私たちはどう変わっていけばいいのでしょうか。そして、…

「世界の大富豪」7個の共通点。なかでも若手がまねすべきは “この3つ”

誰もが認める大成功を収め、巨万の富を築き上げた大富豪たち。彼らのような大金持ちになりたいとまでは言わなくても、ビジネスパーソンとして大成するためのエッセンスは、ぜひ学び取りたいものですよね。 そこで、世界の大富豪たちの成功を支える共通点を探…

段取りがいい人になるための5つの「しないこと」。じつは “あの行動” が生産性を下げていた

段取りが悪い人と段取りがいい人は、当然ながらその行動に大きな違いがあります。そこで、講師派遣型の社員研修を行なっている鈴木真理子(すずき・まりこ)さんに、「段取りが悪い人がやってしまいがちで、段取りがいい人は決してやらないこと」を教えても…

仕事の成果を下げる「段取りが悪い人の口癖」4選。言いがちなものがあったら要注意

段取りが悪い人と段取りがいい人は、それぞれまったく別の思考をもっています。そして、その思考が最もよく表れるものが「口癖」だと言うのは、講師派遣型の社員研修を行なっている鈴木真理子(すずき・まりこ)さん。 ここでは、いくつかの共通するシチュエ…

まじめなのに仕事がデキない「段取り下手」の4つの特徴。あなたは当てはまる?

世界的に見ても「日本の企業は生産性が低い」ということがよく指摘されるなか、大切なのはビジネスパーソンひとりひとりの生産性を上げていくこと。そのためにはどうすればいいのでしょうか? 講師派遣型の社員研修を行なっている鈴木真理子(すずき・まりこ…

“疲れるだけの話し合い” にうんざり? 「成果が出る議論」たったひとつのコツ、教えます

グループワークでメンバーと意見が対立し、言い争いになってしまった。会議で自分の意見を通そうと思うあまり、相手を強く否定してしまった。意見を主張し合ったわりに結論が出ず、残ったのは疲労だけ……。 このような経験はないでしょうか? 相手の粗探しを…

「まずやってみる」が理にかなっている脳科学的理由。“経験の蓄積” が小脳をブーストさせる!

「新しいことをやってみる勇気が出ない」「マニュアル通りに進まないとすくんでしまう」――そんな悩みをもつ自分自身に「まずはやってみよう」と言い聞かせるべき脳科学的な理由を説明します。 経営の神様も言った「まずはやってみる」 事前にあれこれ時間を…

優柔不断な自分を変えるための「10のしないこと」。“デスクの片づけ” が第一歩!?

「頼まれごとを引き受けるか迷っていたら、ズルズルと任されてしまった」「新しいプロジェクトに誘われたけれど、参加する決心ができない」 このように、優柔不断は仕事に悪い影響を及ぼすことがあります。みなさんのなかには、優柔不断なせいでチャンスを逃…

「口数が少ない」のに「信頼される人」がしている3つの工夫。彼らは “空気を読む” のが格段にうまい

自分は話すのが得意じゃないから、仕事で成功をつかめるはずがない……。そう思っている人、ちょっと待ってください。どちらかと言うと寡黙で口数が少ないタイプなのに、なぜか周囲から絶大な信頼を得ている――そんな人が身近にいないでしょうか。 他人に評価さ…

「働きすぎ」が脳機能を低下させている。“疲れているのに眠れない” 人がいますぐ生活を見直すべき理由

「仕事に追われてほぼ毎日残業している」「休む時間がなかなかとれない」こんなふうに、生活が仕事一辺倒になっている人は要注意。なぜならば、脳が悪影響を受けたり、そのせいで仕事の生産性が下がったりするからです。 今回は、働きすぎることの弊害を指摘…

元パワポ事業責任者「失敗する資料と成功する資料は、決定的に “ココ” が違うんです」

ビジネスパーソンの労働時間のうち、大きな割合を占める業務のひとつが「資料作成」。でも、「どんな資料がいい資料なのか?」という疑問に対して、「これが正解だ!」と明確に答えられる人は少ないはずです。 そこでお話を聞いたのは、かつて日本マイクロソ…

業務時間の43%を占める “あの” 無駄な仕事。省くには「45分設定」が最強だ

「日本の企業には『無駄な会議』が多い」――。メディア等を通じて頻繁にそう指摘されます。では、どんな会議が無駄で、どうすればその無駄な会議をなくせるのでしょうか。企業の働き方改革支援などで幅広く活躍する越川慎司(こしかわ・しんじ)さんがおすす…

「わかる」と「できる」は全然違う。“本当に使える知識” はインプットだけでは身につかない

みなさんは、とにかくたくさん本を読めば仕事のスキルが身につくと考えてはいませんか。あるいは、ビジネスに関連した動画を毎日観ているからといって、それだけで仕事がデキるようになると思ってはいないでしょうか。 たしかにインプットは大切です。しかし…

仕事の無駄をなくす方法。「1週間に15分○○する」だけで、労働時間が11%もダウン!

「働き方改革」によって労働時間の上限が定められたことで、多くの企業で進められている「時短」。時短の意味は、もちろん「労働時間を減らすこと」です。ところが、「ただ労働時間を減らせばいいわけではない」と言うのは、企業の働き方改革支援などで幅広…

「ビジネス書が好き」なのに「仕事はデキない」人がやっている、5つの残念な読み方

ビジネス書をたくさん読んでいるのに、仕事に活きてこない……本を読んだ直後はモチベーションが上がるけれど、時間が経つと結局いつも通り……。 ビジネス書が好きで、多くの本を読んでいるみなさんほど、こんな悩みを抱える瞬間があるのではないでしょうか。も…

あなたが「なぜかチームワークを苦手に感じる」3つの意外な理由

「ひとりでやる仕事は問題なくできるのに、チームだとなぜかうまくいかない」「チームで仕事をする際、協調性がおざなりになりがち」このように、チームでほかの人と一緒に仕事をすることが苦手な人はいませんか? チームで仕事をすることが苦手なのは、消極…

「9つの性格タイプ」あなたに当てはまるのはどれ? 仕事や人生が不調な原因もこれでわかる

みなさんは「エニアグラム」という言葉を聞いたことがありますか。エニアグラムとは、人間の性格タイプを9つに分類したもの。それぞれの性格タイプごとに、大切にしている考え方や思考の癖、行動パターンといった “傾向” が解析されています。 とはいえ、た…

「デキない人ほど自信たっぷり」という残念な事実。本当にデキる人は意外と「自信がない」

「あの人はいいなぁ。仕事ができて自信に満ちあふれている。私は自信がないから仕事もできない……」 いやいや、自信と実力は異なるものです。その人は内なる不安を隠し、自信があるように見せているだけかもしれません。あなたの自己評価もあてになりませんよ…

脳を過信してると “うっかり忘れ” は永遠に続く。あなたが習慣にするべき「3つの忘れない努力」

「今日が資格試験申し込みの締め切りだったのに……」「頼まれていた仕事があったのに……」こんなふうに、予定や用事をうっかり忘れた経験がある人はたくさんいるはず。「忘れていた」というケースを放置していると、時に深刻な事態を引き起こしてしまいますよ…

超重要「7つの能力」を鍛えるならばこれをするべき! 脳科学的に考えてみた

仕事をするにも勉強をするにも、脳をうまく機能させることはとても重要です。「仕事で成果が上がらない……」「なぜか勉強がはかどらない……」という人には、脳に気を配った生活をおくることを提案します。 あなたの能力を鍛えるための “脳科学的アプローチ” を…

「結局、地頭ってどうすればよくなるの?」あなたの地頭力が高まる本、厳選4冊をご紹介

ビジネスパーソンが「読むべきだ」と言われる本は、世の中に数多くあります。読書に精を出すみなさんほど、どの本から読めばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。 そこで今回は、「これからの時代を生き抜くために必須の『地頭力』が高まる本」にテー…

テレワーク疲れを “脳” から解消する3つの秘策。「4-6-11の法則」で仕事効率アップ!

新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、ビジネスシーンではテレワークが急激に広がりました。そのなかで「テレワークに疲れた……」と感じる人が増えているという報道も目にします。 では、どうすれば「テレワーク疲れ」を解消できるのでしょうか。作業…

マルチタスクによる脳への負担を減らす方法。「○○を正す」のが意外と効果的

仕事上のミスを減らすには、「覚えた情報を次の行動に反映させる」ことに役立つ「ワーキングメモリ」をうまく働かせなければならない――そう語るのは、作業療法士であり、脳の機能を生かした人材開発を行なっている菅原洋平(すがわら・ようへい)さん(『仕…

なぜか成長できない人は「学びのサイクル」を回せてない。“インプットして満足” は危険すぎる

仕事が「デキる人」と「デキない人」。その明暗は、“日頃から効果的に学び続けているかどうか” で分かれてきます。 自分のスキルに自信をもてていますか?日々の学びを仕事の成果に活かせていますか?手当たり次第に勉強していませんか? ビジネスパーソンと…

仕事のミスを誘発する「ワーキングメモリ」低下のサイン。あなたはいくつ当てはまる?

仕事のミスはないに越したことはありませんが、「気をつけているつもりなのに、どうもちょっとしたミスを続けてしまう……」「自分には注意力が足りないのかも……」と悩んでいる人も少なからずいるでしょう。 ただ、その原因は、注意力が低下していることではな…

頼みを断れない「優しすぎる人」は、こうすれば楽になれる

頼まれ事をなかなか断れない――そんな人はいませんか。嫌われるのが怖くて……上手な断り方がわからなくて……理由はさまざまあると思いますが、時間も労力も限りがあるなか、あらゆる頼まれ事を引き受けるのは現実的ではありませんよね。 「断る」とは、すなわち…

「不可能」を「可能」にする思考法があった! “一見無理そう” でも、諦めるのはまだ早い

「こうしたい」と思ったことを、「いや、できるわけがない」と諦めたことはありませんか? たとえば、成績を一気に上げたい。誰かを助けたい。夢を叶えたい。でも、いまの自分の実力では難しい、と。 実現不可能だ。そう割りきってしまう前に、考え方を変え…

「知性が高い人ほどスマホを使わない」という事実。デジタル頼みはあなたを “仕事のデキない人” にする

「スマートフォンは、常に手元に置いておく」「メールやSNSの通知があると、すぐにチェックする」「テレビを観ながらスマホチェックするなど、“ながら行動” が多い」現代人の多くが、1日中スマートフォンやパソコンと共に過ごしていることでしょう。 デジタ…

“助けられ上手” は絶妙な言い回しでお願いしている。「催眠言語」の驚くべき効果

「ほかの人に頼むのは申し訳ない」と感じてひとりで仕事をたくさん抱えてしまったり、「どうお願いすればいいかわからない」と誰も頼れなかったりして、困ってはいませんか? 自分だけですべてをこなそうとするとストレスになりますし、仕事の進捗にも影響が…

勉強や読書を重視するのは危険!? キャリアアップのための「しなくていい努力」とは

将来をきちんと見据えているまじめな人ほど、キャリアアップのため、勉強や読書などに熱心に取り組んでいるものです。一見、すばらしいことのように見えますが、「勉強や読書は、キャリアアップのための『しなくていい努力』になってしまう可能性もある」と…

「ほめられたい、認められたい」と願う人がしている大きな間違い。あなたは当てはまる?

仕事をする以上、その成果や仕事ぶりを通じて、周囲からほめられたり認められたり好かれたりしたいと思うのは当然のことです。そうして承認されることが、さらなるモチベーションにつながるという面もあると思います。 しかし、企業研修講師として活躍する堀…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら