スキルアップ・仕事

いい文章を書けない人は「6つの基本」ができていない。“形容詞封印” で文章の解像度が格段に上がる!

いったい何を伝えたいのだろう……。言葉足らずでなかなか理解できない……。そんな「わかりにくい文章」は、ビジネスの世界では敬遠されます。それはわかっているけれども、文章を書くのがどうも苦手……そう悩んでいる方はいませんか? 最近では、メールやチャッ…

夢の実現には「感謝」が不可欠! 「ありがとうロード」「ありがとうノート」とはなに?

夢を実現するには何が必要でしょうか? ぶれない情熱や具体的な計画なども大切でしょう。 ただ、著書『言葉の力を高めると、夢はかなう』(サンマーク出版)が話題となっている経営コンサルタントの渡邊康弘(わたなべ・やすひろ)さんは、「夢をかなえるに…

「言葉のマネジメント」で夢の実現に近づける――ネガティブな口ぐせ、事象、思考とのつき合い方

夢をかなえるといっても、人生はいいことばかりが続くわけではありません。ネガティブなこととのつき合いも不可欠です。では、夢をかなえるためにネガティブ要素とどのようにつき合っていけばいのでしょうか? 著書『言葉の力を高めると、夢はかなう』(サン…

言葉にして手書きすると夢はかなう――「MUSEの法則」とはなにか?

誰しもにひとつやふたつは夢があるものでしょう。でも、現実を見て「かなえるのは無理かな……」と、半ば諦めてしまっている人もいるはずです。でも、「言葉にして手書きすると夢はかなう」と言われたらどうでしょうか? 著書『言葉の力を高めると、夢はかなう…

あなたが「勝負に弱い」致命的理由。勝つための “脳の使い方” していますか?

“勝負の世界” に生きるのはアスリートだけではありません。「顧客獲得のためにプレゼンを成功させたい!」「絶対に資格試験に合格したい!」など、ビジネスパーソンもさまざまな場面で勝負をしています。そして、勝負に勝って次々と成果をあげている人もいれ…

仕事が捗らないと感じたら……チャートですぐわかる「あなたに最適な仕事ノート術」

「いいアイデアが思い浮かばない……」「ミスが減らずに困っている……」「もっと効率よく仕事を進めるにはどうすればいいのだろう……」こんな悩みや疑問を持っているビジネスパーソンも少なくないはず。もしかしたら「ノート術」でうまく改善できるかもしれませ…

バンドワゴン効果とは? 販売成績を上げる3つのテクニック

バンドワゴン効果の意味と実践的な活用方法を、どこよりもわかりやすく解説します。

「アイデアは才能で生まれる」は半分間違い。発想の確率を高めていく方法があった!

常に新しいアイデアを求められるけれども、いいものがいまいち思い浮かばない……。どうしてあの人は、自分と違ってあんなにぽんぽんアイデアが浮かぶのだろう……。そんなふうに悩んでいる人はいませんか? アイデアは天から突然降ってくるもの、天賦の才能が生…

「脳にいい習慣」生活に取り入れてますか? 頭が冴えないのは○○不足が原因かもしれない

「最近、何となく頭がぼんやりしている」「記憶力や集中力が低下した気がする」「疲れていて、思考力があまりない」 このような状態では、仕事がままならなくなり、ビジネスパーソンにとって致命的。 東北大学加齢医学研究所の瀧靖之教授の研究によると、脳…

企画力とは? 『ハリー・ポッター』がベストセラーになったワケ

企画力とは何か、意味をわかりやすく説明。企画力がある人がやっている習慣や、おすすめの本も紹介。企画力を向上するトレーニングを実践し、仕事でもっと活躍しましょう!

「自分はいつも運が悪い。運が良くなる方法ってないの?」科学的に考えてみました

傘を持たずに外に出かけると、いつも雨が降ってくる。レビューを信じて星が多いレストランに行ったのに、どこか満足できなかった。コツコツやっていた投資の負けを取り戻そうとして、大失敗した。 「なんて自分は運が悪いんだろう……」 このように日常の一幕…

いつも同じ失敗をするのはなぜ? 「失敗まんだら」で原因分析すると自分の弱点に気づける

仕事で同じような失敗を繰り返してしまう……そうお悩みの方はいませんか? 頭ではわかっているはずなのに……注意しているはずなのに……それでも失敗が繰り返されるのは「分析が足りていない」ことが原因かも。 今回は、失敗の分析に役立つ「失敗まんだら」につ…

脳力アップに効く「通勤電車の過ごし方」があった。車内広告や吊り革が意外と役に立つ!?

オフィスまで向かう通勤電車の中、あなたは何をして過ごしていますか? メッセージのやり取り、SNS、それとも動画サイトの閲覧でしょうか? ビジネスパーソンのスキルアップを支援する株式会社オンラインスクールが、電車通勤をしている1都3県在住ビジネスパ…

10の行動、習慣にしたいならこうすべき! あなたの「続かない」は「続く」に変えられます

早起きしてのランニングや部屋の片付け、節約、日記……。これらの取り組みは、やったほうがいいことはわかっていても、いざ始めてみるとどうにも面倒に感じてしまい、なかなか習慣化できないことが多いですよね? 今回は、「つい三日坊主になってしまうけれど…

「概念化」の意味とは? 概念化能力のトレーニング法3選

「概念化」の意味や「抽象化」との違いをわかりやすく解説。概念化能力をトレーニングする方法も。

ナレッジマネジメントの意味とは? 成功事例&失敗事例でサクッと把握!

ナレッジマネジメントとは何か、成功事例&失敗事例とともに説明します。便利な有料・無料ツールの紹介も。

イエスバット法はもはや時代遅れかも。「そうだね、でも…」連発だと結局なにも生まれない

「たしかにそうですよね。しかし、私はこう思います」と、相手の意見に対して「Yes,」と肯定したあと、「but」と否定し自分の意見を述べる話法をYES,BUT法といいます。 相手の気分を害することなく反論したい場合に役立つとされていますが、この話法の取り扱…

ビジネススキルを格段に押し上げる「観察力」の高め方。“ホームズ並み” も夢ではない!?

「毎日使っている階段の段数を覚えていますか?」 意外と難しいかもしれませんね。通勤中にいつも使っている階段。オフィス内の階段。自宅にある階段。毎日使っているはずなのに、記憶できていないのではないでしょうか? それはもしかしたら、あなたに「観…

「なんでも思い通りにならないと気がすまない」なんて窮屈。たまには「まあいいか」で許すのも大事です

「なんでも思い通りにならないと気が済まない」「何事も完璧にこなさないと気持ちが悪い」こんな考え方を持っている人も多いのではないでしょうか? 徹底的にこだわり抜き、常にパーフェクトを求める――たしかに、よりよいアウトプットを生み出すためには必要…

最初から頑張りすぎる人はいずれコケる。まず「○○思考」を捨てなさい

職場が変わった。部署が変わった。あるいは、あまり面識のない人たちとチームを組んでひとつのプロジェクトを進めていくことになった、など――仕事をしていれば、“新しい環境” に我が身が置かれるという機会が少なからずあるはず。 環境がガラリと変化し、周…

プライミング効果の意味とは? 仕事・勉強に応用する方法3つ

プライミング効果の意味や、記憶にどう作用するかをわかりやすく解説します。

最強の振り返りメソッド「KPT法」で、失敗を反省するどころか、長所も希望も見つかった話

日々の失敗を反省し改善していくことで、人は成長できるわけですが、なかには「失敗するとひどく落ち込んでしまい、反省するのがつらい」という人もいるはず。ですが、そんな人でも「KPT法」という振り返りのフレームワークを使えば、前向きに日々の振り返り…

残念なプレゼンしかできない人は “この3つ” をやってしまっている。

あなたは、プレゼンのしかたを誰かから教わった経験はありますか? 「スライド資料の上手な作り方がわからない……」「人前で話すのが得意ではない……」など、プレゼンに苦手意識を持っている人も多いことでしょう。あるいは、「自分が伝えたいことは聴衆に伝わ…

世界のGoogleが導き出した「成果を出すチーム」5つの条件。あなたのチームはいくつ当てはまる?

企業に勤めるビジネスパーソンの中で、一匹狼のようなポジションにいる人はそうはいないでしょう。みなさんの多くも、チームに所属して仕事をしているはずです。 ただ、複数の人間が所属するチームだからこそ、その在り方次第で大きな成果をあげられることも…

トヨタ社員が大事にする2つのキーワード。「なぜ?」と「たとえば」がもたらす効果がすごい

世界に冠たる日本の大企業・トヨタ。その独自の仕事術は、「トヨタ式」として、アマゾンのジェフ・ベゾス氏やアップルのスティーブ・ジョブズ氏にティム・クック氏、テスラのイーロン・マスク氏など、世界的な経営者にも多くのファンを持ちます。 そのトヨタ…

トヨタ社員が最後の最後で「あと5分だけ考え抜く」深すぎる理由

過去にはなかったたくさんのツールの登場や労働力不足などもあり、ビジネスパーソンひとりあたりの仕事がどんどん増えていると言われています。一方で、「働き方改革」が浸透し始め、仕事にかける時間を増やすことはできません。そうなると、何より効率化を…

“たった5分” で理想の自分に近づける。「朝の3行日記」がイメトレと脳活性化に最高だった!

スキージャンプ選手として20年以上のキャリアを持ち、史上最多計8回の冬季オリンピックに出場した葛西紀明選手は、理想の自分を思い浮かべて成功体験をくり返し脳に記憶させる「イメージトレーニング」を取り入れていたといいます。この有効性は、同選手の活…

「決断力がない人」のほうが成功するかもしれない理由。判断力を上げるには “あの音楽” を聴くべき

最近、著名な起業家の決断力の高さが注目されたり、決断力を高める方法を記した本が数多く出版されたりしているため、即断即決できる人のほうがビジネスパーソンとして成功するというイメージを持っている人が多いかもしれません。「決断力がない人は、時間…

フィッシュボーンチャートとは? 初心者でも3ステップで完成!

フィッシュボーンチャートの作り方&活用方法を、画像でどこよりもわかりやすく解説

“1時間で100個” も楽勝!? ノートとペンだけでアイデアがさくさく湧き出る「エクスカーション法」をやってみた。

このサイトでライターとして活動している筆者ですが、悩みがあります。それは、記事のテーマがなかなか思いつかないということ。記事ネタを考える際、「これは共感できるだろうか?」「編集部の人は納得してくれるだろうか?」などと、ついつい考えすぎてし…

「視座」の意味&視座を高める2大メソッド

「視座」の意味、視座と視点の違いをわかりやすく解説! 視座を高めるメリット、視座を上げる方法も具体的に紹介します。

失敗から学ぶこととは? 天才たちの名言・格言まとめ

失敗から学ぶことの大切さを、有名人の例とともに解説。仕事の失敗に関する名言・格言も豊富に紹介します。

いい人に見られたい――その無駄な欲求があなたの成長を阻んでいる可能性

「成長したい」と考えたとき、たとえば「ビジネス書を読むべき」といったように、つい「○○すべき」という思考にとらわれがちです。でも、「○○しない」という思考も大切だと言うのは、大手化学メーカー・花王の研究開発職を経て、現在は商品開発コンサルタン…

アイデア出しに「方眼ノート」がかなり向いてる理由。コツは “放射状” と “3分割”!

使い勝手のよさが人気の「方眼ノート」は、自律神経を整え、機能的に脳のワーキングメモリを働かせてくれるといいます。そんな効果があるならば、アイデアも出しやすくなるかもしれません。そこで今回は、方眼ノートを使ってアイデアを出してみました。 方眼…

仕事の停滞を生む “5つの原因” をなくす! いつも「言い訳ばかり」の人は要注意

仕事が行き詰まっている状況には、当然ながらそうさせている「原因」があります。 大手化学メーカー・花王の研究開発職を経て、現在は商品開発コンサルタント、ビジネス書作家、講演家として幅広く活躍する美崎栄一郎(みさき・えいいちろう)さんによれば、…

自尊心低めの私が「リフレーミングノート」で自分の長所を探してみました。

「自分は能力が低いから……」「本当にわたしってダメだなぁ……」などと自分を卑下したり、人と比べては「どうせわたしなんて……」「あの人は〇〇なのに、自分には何もない」などと悲観したりしてはいませんか? 自分の悪い面ばかりを気にしても、何もいいことは…

長時間労働は知的好奇心を削ぐ。IQに並ぶほど重要な「CQ」とは

皆さんは、好奇心を失っていませんか? 毎日同じ人と顔を合わせ、同じ人にメールを送り、同じ会議に出席し……。仕事に慣れるのはいいことですが、それと同時に楽しみや好奇心を失ってしまう事態は避けたいもの。 そこで今回は、「好奇心を失う」ことがどのよ…

人は「いつもと同じこと」をしたがる。だからこそ「普段しないこと」をあえてするのが脳に良い。

ここ1週間、何か新しいことをしましたか?最近、新しい人との出会いはありましたか?――特に何も思い浮かばなかった人は、知らず知らずのうちに生活がマンネリ化している可能性があります。 私たちは、ついつい「いつもと同じこと」をしてしまいがちですよね…

PSM分析とは? 初心者のためのエクセル講座

PSM分析をどこよりもわかりやすく解説。エクセルを使った分析法も画像で説明します。

宮本武蔵も言っていたビジネスパーソン必携の心得「勉強せよ。実践だけでは学びは浅い」

ビジネスの世界では、「失敗してもやり直せばいい、何度も挑戦することが大事だ」とよく言われます。けれども、できることなら失敗したくはありませんよね。たとえば、営業やプレゼンであなたの一言で全てが決まるという場面において、「失敗しても、次の機…

「不安解消」にまつわる大いなる誤解。コントロールすべきは “感情そのもの” ではなく “○○” である。

19世紀の哲学者キェルケゴールは、「不安は自由のめまいである」という言葉を残したとか。そう聞くと、なんだか格好いいイメージですが、「不安」は少々厄介な存在です。しかし、不安そのものをコントロールすることはできないのだそう。 そこで今回は、不安…

脳のウォーミングアップに役立つ「朝のルーティン」と、ストレス解消に効く「夜のルーティン」

元プロ野球選手のイチロー氏による「バットを縦に構える動作」や、ラグビーの五郎丸歩選手による「キック前の五郎丸ポーズ」など、ある状況で決まった動きをすることを「ルーティン」といいます。 じつはこれ、アスリートのみならず、ビジネスパーソンにも有…

先延ばし癖を少しずつなくしていくための「10のしないこと」――脳はどうすればやる気になる?

「ギリギリになるまで作業に取りかかれない……」「何でも後回しにしてしまう……」こうした先延ばし癖がある人の中には、「自分はなんて意志が弱いのだろう……」と落ち込む人も多いかもしれません。 しかし、医学博士の吉田たかよし氏は、「先延ばし癖は心の弱さ…

なぜかミスが多い人は “この4つ” に原因がある。

人がミスや失敗をする原因は本当にさまざまですが、「学習不足」もそのひとつだと言うのは、著書『ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?』(日経BP)が注目を集める、NPO失敗学会副会長の飯野謙次(いいの・けんじ)先生です。 では、どうすれば学…

もう同じ過ちを繰り返さない! 原因分析が捗る「失敗まんだら」ってどんなもの?

人の思考や行動のパターンは、ある程度決まっているもの。そのため、「同じ過ちを繰り返す」ということが起きがちです。でも、そのときに「またやっちゃった……」とただ落ち込んでいるだけでは、何も変わりません。どうすれば、同じ失敗を繰り返さないように…

「失敗しても評価が高い人」が失敗したときにしている大切なこと

ビジネスでもプライベートでも、わざわざ失敗したいという人はいないでしょう。でも、失敗は起きてしまうもの。なるべく失敗のない人生を歩んでいくにはどうすればいいのでしょうか。 著書『ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?』(日経BP)が注目…

「自分会議」実施マニュアル。思考力を鍛え、意見を言える人間になろう!

思考力・判断力を高め、アイデアをたくさん出せる人間になるための「自分会議」のやり方を解説します。

愛情ホルモン「オキシトシン」のパワーが偉大すぎる! 記憶力向上やストレス緩和にも効く

「オキシトシン」とは、脳内で分泌される神経伝達物質のひとつです。女性の母乳分泌を促すなど、出産や子育てに関する働きを持つほか、愛おしいものと触れ合うことで分泌が促進されることから、「愛情ホルモン」や「幸せホルモン」とも呼ばれています。 この…

「固定概念」の意味とは? 固定観念・既成概念との違いを解説。

「固定概念」の意味をわかりやすく解説。固定観念・既成概念など類語との違い、使い方の例も。固定概念にとらわれることなくアイデアを生み出せる方法も紹介。

イラっとしたらチャンス到来! 「イラっとノート」で怒りを成長に変えられる。

心底激しく怒っているわけではないが、笑って受け流すほど軽い怒りでもない。そのときのあなたを表現すると、「イラっとした」になるのではないでしょうか。 「新しい靴を踏まれた」「店員の感じが悪かった」「電車が遅れた」と、見ず知らずの人や交通機関に…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら