スキルアップ・仕事

相手を逆なでする最悪な謝罪には “6つのステップ” が欠けている。「ごめんなさい」は最初に言わないのが吉。

私たちは様々なことを学び、多かれ少なかれ日々成長していますが、「謝罪の仕方」について深く学ぶ経験は少ないかもしれません。何かしらのミスを犯し、「どう謝罪すればいいのだろう?」と悩んだ挙句、結局うまく謝ることができず、その相手との関係がギク…

人々はなぜシェアしたがるのか。“感情トリガー” から考える「バズるコンテンツ」のつくりかた。

何万リツイートもされる宣伝や、思わず目を引くPR……。企画を考えたり商品をPRしたりする立場にある人の多くは、そんな「バズる」コンテンツを生み出すべく、日々アイデアを練っていることと思います。 では、魅力的なコンテンツを創造するには、どのようなポ…

「寡黙なのに結果を残せる人」がこっそりしている3つのこと。内向型人間は “思考の整理” がうまい。

「あの人は、別に喋りがうまいわけではないし、バリバリ仕事をしている感じでもない。あまり目立たない、“おとなしめ”な印象の人だ。でも、なぜか結果だけは、常にしっかりと残している。どんな秘訣があるのだろう?」そう感じてしまう対象となる人が、こっ…

“創造力の才能” を持つのはたった5%!? だからこそ95%の凡人は「アート」を学ぶべきだ。

周囲よりも一歩進んで一目置かれたいという思いや、革命的なアイデアをどんどん思いついてみたいという思いは、成長意欲の高いビジネスパーソンの方なら誰にでもあると思います。 驚くべき発想をどんどん生み出すには、当然のことながら創造性が必要です。し…

“3つの質問” でEQ(感情的知性)の高低がまるわかり。「自分の弱点」言えますか?

AI 時代を迎えた今、ますます感情的知性(EI)の必要性が高まっています。しかし、たとえば採用面接時などに、その能力の高低を判断するのは難しいのだとか。 そんななか、専門家が感情的知性を評価するための“3つの質問”を考案したそう。採用担当者のみなら…

二流は「やらないこと」を決められない。“コトの断捨離” で時間はいくらでも生み出せる。

「今日は朝からメールを確認して、午前中いっぱいは打ち合わせ。午後は取引先を訪問して、夕方帰社したら夜まで資料作り……」ビジネスパーソンの1日は、このように仕事の予定でいっぱいなことでしょう。それらをすべてこなすだけでも大変ですよね。 しかしな…

“ぼんやり思考” の解像度を爆上げする「T字型思考法」がすごい。

漠然としたイメージやアイデアは持っているものの、はっきりとした形にならない。考えが、まるで雲のように頭の中に浮かんでいるばかりで、上手に言語化できない。そうお悩みの方はいませんか? 『「言葉にできる」は武器になる。』を著書に持つ、株式会社電…

「やる気が出ない」は1枚の紙で解消可能。“9つの過去” を書き出すだけで行動力がみなぎるワケ。

やる気を出すには過去に注目する――。そのメソッドを教えてくれたのは、「目標実現の専門家」である、メンタルコーチの大平信孝(おおひら・のぶたか)さん。現在進行形である目の前のタスクに精力的に取り組むための方法としては少し意外な気もします。いっ…

どんなに「口下手」でも本気で伝えるためにできる4つの工夫。“ズバリ発想法” で印象が段違いに!

頭の中で考えていることはたくさんあるのに、いざ会議で話そうとすると言葉がでてこない。上司や取引先の人と上手に会話ができない。「あの時ああ言えばよかった」の繰り返し……。 そんな、話すのが不得意なことで悩むビジネスパーソンのために、たとえ口下手…

一流シェフが “道端の雑草” をみて新メニューを思いつくカラクリ。「発想のスパーク」はどうすれば生まれるのか?

仕事で成果を出すには「勘」「ひらめき」「感情」を重視することが大切――。かつて、ボストン・コンサルティング・グループの日本代表を務めた早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成(うちだ・かずなり)先生はそう語ります(『“ロジック頼り” では感動は…

“ロジック頼り” では感動は生まれない。一流が「勘」と「ひらめき」をとても大切にする理由。

アイデアの正当性を裏づけるデータを求められる――ビジネスの場ではよくあることですが、その理由は、ビジネスの現場では「論理的思考」が大切だとされるからです。ところが、かつてボストン・コンサルティング・グループの日本代表を務めた早稲田大学ビジネ…

「本音で話せない会議」なんて時間のムダ。優秀な人は “このフレーズ” で議論を前進させている。

時間が進むにつれ話題がずれていくディスカッションや、発言者が少なく話が止まってしまう会議に、もううんざり……! そんなお悩みを抱えるビジネスパーソンのみなさんに、「行き詰まった議論を一歩前進させられる言葉」を3つご紹介します。あなたが会議中に…

「言語能力が高い人」がやっている4つの習慣。“10歳児にもわかるように” 説明できますか?

みなさんは「話したいことや伝えたいことがまとまらない」と悩むことはありませんか? 話題が豊富で話し上手な友人や、理路整然とした説明ができる仕事仲間を見ては、「どうして彼らのように自在に言葉を操ることができないんだろう」と落ち込むことはありま…

やる気ゼロ状態から “たった5分で” さくさく行動にできるようになる方法。

大学のテストや資格試験のための勉強、仕事で必要な “ちょっと大変そうな” 資料の作成など、やらなければいけない大切なことがあるにもかかわらず、やる気が湧いてこず重たい腰が全然上がらない……そんなこと、ありませんか? そういうときは、「やる気を出す…

世界のスタンダードは「デザイン思考」だ。“まずはやる” 人が仕事で絶対に得をする3つの理由

「ある程度資料が完成してから、上司に見せようか」「考えがまとまっていないから、まだお客様に連絡できない」など、色々と考えてしまい、なかなか仕事が前に進まなくて悩んだ経験はないでしょうか? 悩みに悩んで、時間をかけて完成させたのに、「イメージ…

一流外科医が「準備」に全力を注ぐ理由。成功を引き寄せられる人は何が違うのか?

仕事と切っても切れないもののひとつに、「準備」があります。出勤後、1日の仕事をスタートする準備にはじまり、会議の準備、商談の準備、プレゼンの準備……。仕事とは、準備の連続といっても過言ではありません。もちろん、誰もがその重要性は知るところでし…

無意識のうちにやってませんか? 改善すべき3つの「成果がみのらない最悪な努力」

必死になって仕事に打ち込んでいるのに、なかなか結果が出ない。自分では頑張っているつもりなのに、イマイチ手応えを感じない。そんな状態に陥っている人はいませんか。それは努力の方向性を間違えているからかもしれませんよ。 皆さんは “成果がみのらない…

「口下手で寡黙」なのになぜか評価が高い人は何をしているのか?

「口下手で寡黙な人」は意思の疎通がうまくいかず、周囲から勘違いされたり、職場でやや孤立ぎみになったりする——これが、世間一般的な印象かと思います。しかし一方で、皆さんのまわりには、口数はあまり多くないにもかかわらず、なぜか上司から厚い信頼を…

誰もが知る偉人たちが、成功のために “絶対にやらなかった” 4つのこと。

松下幸之助や豊臣秀吉、マーク・トウェインにスティーブ・ジョブズなど、誰もが知る偉人たちは、「あんなこと」や「こんなこと」を決してしません。もちろん、一度はそれを行い、失敗したこともあるでしょう。しかし、もう二度としなかったからこそ成功でき…

ジョブズのiPhoneプレゼンには “7秒の沈黙” があった。「えーと」が口癖ならば “沈黙の練習” をするべき理由。

企画のプレゼンテーションや式の挨拶など、誰しも人前で話す機会があると思います。そんなときに「あまりうまく伝わらなかったな」と感じたことはありませんか? もしかしたらそれには、多くの人の口癖になっているであろう“ある言葉”が大きく影響しているか…

知らず知らずのうちに脳を疲れさせている3つの最悪行動。“効率を重視しすぎ” はかえってキケン。

規則正しい生活を心がけているのに、いまひとつ気分が優れず仕事が捗らない。仕事に集中できず、考えもまとまらない……。 それは、脳が疲れているせいかもしれません。自分の脳に、無理なことを強いてはいませんか? いますぐ「脳を疲れさせる最悪行動」を改…

伝え上手が “最初の3分30秒” に全力を注ぐのはなぜなのか。「伝える技術」基本3箇条

大人数を前にしたプレゼンや、転職や昇格のための面接、新規受注がかかった商談……。このような大事な場面で、緊張のあまりうまく話せなくなってしまったことはありませんか? しどろもどろになるうちについ話が冗長になり、自分が話すべき大事なポイントが見…

外資系エリートが「手書きノート」をとても大事にするワケ。

大手外資系企業に勤めるようないわゆる「エリート」というと、スマートにパソコンを使いこなしているようなイメージがあります。でも、そんな人こそ「手書きを大事にしている」のだとか。そう語るのは、フリーライターの太田あやさん。「ノート術」に造詣が…

仕事力の根幹「前頭前野」を鍛える3つの方法。脳は “知らない人との会話” で活性化しまくる。

集中力が続かない、最近なんだか忘れっぽい、注意力が散漫になる……。そのようなお悩みを持つ方は、ぜひ脳の「前頭前野」の機能を高める習慣を身につけてみませんか? 脳の最前部にある前頭前野は、島根大学医学部山口助教授らによれば「ヒトにおいて最も発達…

デキる人が “当たり前に” やっている4つの習慣。結局は「やるか」「やらないか」が明暗を分ける。

仕事で成功を収めた “デキる人たち” の習慣、気になりますよね。彼らは、普段から何か特別な行ないをしているのでしょうか? もちろん、成功の陰に、私たちの想像が及ばない多大な努力があったことは言うまでもないでしょう。しかし、少しだけ次元を下げて調…

1日10枚 “A4用紙へのメモ書き” で「地頭力」のベースが鍛えられる。

「同じ課題をこなしているのに、どうして“あの人”は誰よりも処理能力が速くて正確なんだろう」 「問題解決に向けて議論しているとき、的確な解決法を提案するのはいつも同じ“あの人”」 このような人たちは『地頭が良い』と言われているはずです。 一般的に、…

“答えのない問題” をどう問い続けるか? 目の前の現実を変えるには「7つの知性」が必要だ。

終身雇用制度が崩壊し、日本人の人生モデルは大きく変わった。近い将来、AIに多くの仕事が奪われるかもしれない――。そんな話を多くの人が飽きるほど耳にしていることでしょう。では、これからの時代、われわれは社会人としてどのような力を身につけて生きて…

「深層対話力」が欠けている人は、コミュニケーションの8割を無駄にする。

どんな職業に就いている人でも、上司や先輩に口を酸っぱくして言われることのひとつが「コミュニケーション能力」の重要性ではないでしょうか。ただ、全国から5,000名を超える経営者やリーダーが集まる「田坂塾」の塾長でもある多摩大学大学院教授の田坂広志…

優秀なのに成長できない “残念な人” が陥るふたつの落とし穴

東京教育大学附属高校(現・筑波大学附属高校)から東京大学に進学し、民間企業や米国シンクタンクを経て、現在は全国から5,000名の経営者やリーダーが集まる「田坂塾」の塾長も務める多摩大学大学院教授の田坂広志(たさか・ひろし)先生。シンクタンク・ソ…

ウォーレン・バフェットの “確実に知識が積み上がる” 情報収集術がすごい。

――日々、情報収集に明け暮れているが、うまく仕事に活かせていない気がする―― それは、もしかして、期限が短い最新情報ばかりを追いかけているせいかもしれません。まずは一息ついて、世界で最も成功した投資家といわれる、ウォーレン・バフェット氏に学んで…

1日 “最低1時間” 勉強するにはどうすればいいのか? 「マンダラート」で考察してみた。

みなさんは、「勉強」を日々の習慣にすることはできているでしょうか。漠然と「勉強しなければ」とは思っているものの、そもそも勉強時間をうまく捻出できなかったり、気分に左右されて勉強が捗らなかったり……こんな悩みを抱えている人も多いはずです。 勉強…

「黒字でも倒産」を経験しかけた元経営者が『学び直し』を激しくすすめる理由。

ビジネスパーソンが大学や専門学校に通い直したり、通信教育やオンライン講座を受けたり、書籍を使って独学したり——「学び直し」という言葉が最近のトレンドになってきています。 では、実際に学び直しをできている人はどれくらいいるのでしょう。「人生100…

4秒以上の笑顔は “愛想笑い” の可能性。建前に惑わされない「本音を見抜く」7つのテク。

社会生活をズムーズに送るためには、本音と建前の使い分けが必要だといいます。だからこそ、相手の気持ちが分からず、対応に悩むこともあるでしょう。 そこで今回は、相手の本音を引き出す「会話術」と、「微表情を読み取るポイント」を紹介します。 相手が…

後回し癖をすっと解消できる「アイスピック仕事術」がすごい。

重要で骨が折れる仕事は、「早くやらなければ」と思いながらもつい後回しにしてしまいがちです。でも、そういった仕事もいつの間にか終わらせることができる方法があるのだそう。 そのテクニックである「アイスピック仕事術」を提唱するのは、建設会社の総務…

人は意外と「論理」では動かない。「感情」を揺さぶれるかどうかがキモ。

時間をかけて考え抜いたものほど「意外にパッとしなかった」ということはありませんか? それは、もしかして、論理的に考えすぎた、あるいは論理的に説明しすぎたせいかもしれません。人を動かすのは「論理」ではなく「感情」だといいます。 世界的に有名なC…

通勤時間で「読書PDCA」を回せ。

多忙な毎日を送る社会人にとって、いかに効率的に仕事を進めるかということは、常についてまわる最大の課題といっていいでしょう。仕事ができる、仕事が速い人は、どういうふうに日々の業務をこなしているのでしょうか。 アドバイスをくれたのは石川和男(い…

目標達成「マンダラート」は何がすごいのか? / 「Question Matrix」で課題を見える化【2019年人気記事】

2019年が始まって1ヶ月が経ちましたが、皆さんの学びは捗っていますか? 新年の意気込みを忘れつつあるあなたのために、ここ1ヶ月でヒットした記事の上位5傑をピックアップ、その内容をダイジェストでご紹介します。ヒット書籍が最近連発しているテーマ「メ…

「説明できない」は「理解していない」と同じ。理解が圧倒的に深まる3大法則。

「頭の中では分かっているつもりなのに、いざ人に説明したり言語化したりしようとすると、うまくできないことが多い……」 物事をうまく説明できないのは、あなた自身がしっかりと理解していないせいかもしれません。物事に対する理解の深め方と、説明のコツを…

行動できない人に共通する「4つの口癖」。“やらない言い訳” は絶対NG。

注意深く、軽はずみな行動をとらないよう注意することは大切です。しかし、理由を並べて何もしないのは、“慎重さ”ではありません。単に行動することから逃げているだけ。それを無意識に繰り返している人が、何も結果を出せないまま時間を浪費しないよう、「…

“不利な手” を指すと可能性は広がる。成功するには「少数派」であり続けよ。

“失敗しないとわかっている”ことにしか取り組めない……。いつも多数派になびいてしまう……。その選択は安全である一方、損をしている可能性もあります。あえて “不利な手” を指すと起こる、さまざまな“良いこと”について説明しましょう。 「安全・安定」ばかり…

自己啓発本が役に立たない不思議。“残念な読み方” を解消する3つのヒント 

自己啓発本をよく読むが、仕事にうまく役立てられている実感がない……。 読んでいる最中には「面白い!」と思っても、読んだ後にはきれいさっぱり忘れてしまう……。 自己啓発本には、果たして本当に意味があるのだろうか? 自己啓発本を読む方の多くは、「成長…

学びのアンテナが広い人は “この3つ” をやっている。「やればできる」のマインドも意外と大事だった。

知識が豊富でいつもユニークな提案をする同僚がいる一方で、自分の意見はパッとしないものばかり。「ビジネスでは多様な視点を持つことが大切だ」「物事はいろいろな角度の切り口から考えるべきだ」とは言うけれど、新しい視点なんてどうすれば得られるのだ…

なぜ一流は「どうでもよさそうな知識」をわざわざ仕入れるのか?

「仕事仕事!」と前のめりになりすぎて、毎日仕事のことしか考えていないという方。 一流と呼ばれる人ほど、仕事とは関係ない“どうでも良さそうな知識”のために、わざわざ時間を割いているとご存知ですか? 実は、その“どうでも良さそうな知識”とは、さまざ…

「サイコパス」を演じたほうが仕事で大活躍できるワケ。

“サイコパス” という言葉を聞くと、皆さんはどんな人を想像しますか。「良心が欠けている」「罪悪を感じない」「プライドが高い」「責任感がない」「自分の過ちを認めない」など、ネガティブな印象を持っている方が多いのではないでしょうか。自分はそうはな…

頭の回転を速くする3つのトレーニング法。「100文字日記」で脳は活性化する。

ミーティングで次々とアイデアが出てくる人や、突然のトラブルにも動じずにとっさの対応ができる人を見ると、頭の回転の速さに驚かされます。それに比べて自分は……と落ち込む人もいることでしょう。 しかし、頭の回転が速い人は、必ずしも特別な才能や能力を…

アイデアに詰まったら「退屈」になろう。海外研究で明らかになった “退屈な時間” の意外すぎる効能。

先進5ヵ国を対象にアドビシステムズが行った2012年の調査によると、日本の印象は「もっともクリエイティブな国」だったそう。――にもかかわらず、「自分自身を表す言葉」で“クリエイティブ”を選択した人は、日本がもっとも少なかったのだとか。 この結果は、…

行動力がない人に足りないのは「アドリブ」のスキルだった。

世のなかには、フットワークが軽い人、いわゆる「行動力」にあふれた人がいます。また、行動を維持する力や、行動を起こすモチベーションを高める力も、行動力に含まれるものでしょう。 ビジネスの場において、行動力は大きな武器となります。新商品・新規事…

成長速度を爆上げする「6×5のマトリクス」がすごい。課題ポイントを一気に発見できる!

自分は頑張って仕事をしているつもりなのに、いつも周りとしゃべってばかりの職場の同期のほうが、自分よりも早く出世してゆく。そんなとき、ふと頭をよぎる「自分には才能がないのだろうか」「あの人は上司のお気に入りだから」という思い。努力が報われな…

同じ情報から「1しか得られない人」と「10も得られる人」は何が違うのか?

いま、スマートフォンにはニュースアプリやSNSなどからひっきりなしに新着通知が届きます。メディアに携わる者だけでなく、ありとあらゆる個人が発信者となれる情報過多時代にあって、どのように情報収集すればいいのでしょうか。 新商品・新規事業開発から…

「週1日は “仕事をしない日” をつくる」チャンスを確実にモノにできる人がやっていること。

いい仕事をするには、とにかくがむしゃらに全力で臨む——。それもひとつの考え方でしょう。でも、それだけでは本当に大きな成果につながる仕事はなかなかできない……。そう語るのは、大手化学メーカー・花王の研究開発職を経て、現在は商品開発コンサルタント…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら