交渉術

巻き込み力とは? 全社会人必見の能力が明らかに!

現代のリーダーに必要な巻き込み力とは? 巻き込み力の高め方や、オススメの本を紹介します。

最新研究が証明「空腹だと勝負強くなる」――ランチ前には “これ” をするべき

「腹が減っては戦はできぬ」という言葉は、私たちが仕事の手を止めて「食べること」を正当化してくれます。ところが、どうやら腹が減っても戦うことはできるようです。それどころか、負け知らずになる可能性もあるのだとか。 意外な最新研究をもとに、ランチ…

“疲れるだけの話し合い” にうんざり? 「成果が出る議論」たったひとつのコツ、教えます

グループワークでメンバーと意見が対立し、言い争いになってしまった。会議で自分の意見を通そうと思うあまり、相手を強く否定してしまった。意見を主張し合ったわりに結論が出ず、残ったのは疲労だけ……。 このような経験はないでしょうか? 相手の粗探しを…

“助けられ上手” は絶妙な言い回しでお願いしている。「催眠言語」の驚くべき効果

「ほかの人に頼むのは申し訳ない」と感じてひとりで仕事をたくさん抱えてしまったり、「どうお願いすればいいかわからない」と誰も頼れなかったりして、困ってはいませんか? 自分だけですべてをこなそうとするとストレスになりますし、仕事の進捗にも影響が…

心理学の「フレーミング効果」とは? 豊富な例で即理解!

行動経済学・心理学のフレーミング効果とは何か、論文をもとに豊富な例で説明。プロスペクト理論との関係も。

デキる人への第一歩。まずは「3つの数字」を覚えなさい

ビジネスのプロフェッショナルたちは、数字に強くなることの有効性をこぞって説いています。その際に、しばしば目にするのは「3つの数字」という言葉。 どうやら、デキるビジネスパーソンへの第一歩は、3つの数字を覚えることから始まるようです。数字で考え…

プロスペクト理論とは? 行動経済学をビジネスに応用する方法

行動経済学におけるプロスペクト理論とは何か、わかりやすく解説。フィア・アピールやフレーミング効果をビジネスで実践してみましょう。おすすめ本の紹介も。

あなたの提案が通らないのは、○○が足りていないから? 「人を動かせない人」の特徴とは

一生懸命にアイデアを出しても、全く採用されない……。企画書を通してもらえない……。 そんな鬱憤を抱えている人も多いはず。「人を動かせない」のは、いったいなぜなのでしょうか。今回は、「グロービス学び放題」BtoC事業責任者の下道陽平(しもみち・ようへ…

バンドワゴン効果とは? 販売成績を上げる3つのテクニック

バンドワゴン効果の意味と実践的な活用方法を、どこよりもわかりやすく解説します。

イエスバット法はもはや時代遅れかも。「そうだね、でも…」連発だと結局なにも生まれない

「たしかにそうですよね。しかし、私はこう思います」と、相手の意見に対して「Yes,」と肯定したあと、「but」と否定し自分の意見を述べる話法をYES,BUT法といいます。 相手の気分を害することなく反論したい場合に役立つとされていますが、この話法の取り扱…

プライミング効果の意味とは? 仕事・勉強に応用する方法3つ

プライミング効果の意味や、記憶にどう作用するかをわかりやすく解説します。

宮本武蔵も言っていたビジネスパーソン必携の心得「勉強せよ。実践だけでは学びは浅い」

ビジネスの世界では、「失敗してもやり直せばいい、何度も挑戦することが大事だ」とよく言われます。けれども、できることなら失敗したくはありませんよね。たとえば、営業やプレゼンであなたの一言で全てが決まるという場面において、「失敗しても、次の機…

悪い感情は書きなぐり、良かったことは3つ書き出す――“2つのノート習慣” で心を整理しよう

「嫌なことが起きてイライラしている……」「不安で頭がいっぱいだ……」「理由ははっきりしないけれどもなんだか楽しくない……」そんなとき、みなさんはどうしているでしょうか。何もしないままでは、その状態はなかなか好転していきませんよね。 そこでおすすめ…

「新近効果」と「初頭効果」の違いは? 使い分けを丁寧に解説!

新近効果とは? 初頭効果との違い・使い分け方を解説します。使いこなしてプレゼン・商談を成功させましょう!

イエスバット法とは? 会話の基本テクニックを丁寧に解説。

イエスバット法とは、相手を不快にさせないための会話術。意味や使い方を解説するので、さっそく実践してみましょう!

返報性の法則とは? 交渉の定番メソッドを使いこなそう!

返報性の法則を知ることはビジネスの基本。特に小売りの現場で接客する人やセールス担当者には必須のテクニックです。豊富な事例とともに、返報性の法則の基本と応用法を丁寧に解説します。

ピーク・エンドの法則とは? 活用する3つの方法

ピーク・エンドの法則とは何か、多数の例とともに解説。仕事や生活で活用する方法も紹介します。

“負け” から成長できる人とできない人の決定的な差。一流営業パーソンは失敗しても○○を言わない。

営業職のノルマ達成におけるプレッシャーは、とても大きいと言われています。そんな状況下で、常に優秀な成績を残しているトップ営業パーソンには、どんな共通点があるのでしょう。 いま営業成績の伸び悩みを感じている、あるいは営業職を目指している、とい…

スリーパー効果とは? ビジネスでの活用法を丁寧に解説

スリーパー効果とは、情報は覚えていても情報源を忘れてしまう心理現象。うまく利用すれば、ビジネスで優位に立てますよ。

クローズドクエスチョンとオープンクエスチョンの違いは? どう使い分ける?

クローズドクエスチョンとは何か、オープンクエスチョンとの違いを解説。それぞれのメリット・デメリットと使い分け方も紹介します。

思考がぐんぐん磨かれる「ピラミッド・ストラクチャ―」がすごい。続ければ絶対に “説得上手” になれる!

「ピラミッド・ストラクチャー」は、論理展開に役立つツールです。考えを磨き上げ、思考プロセスの矛盾を発見することができます。 それに、物事をわかりやすく伝える際にも欠かせません。 今回は、「説明がいまひとつ苦手だ」と感じている方に、わかりやす…

「口数の少ない人」が交渉で成功するための “たった3つ” の秘訣

取引先への営業やクライアントとの打ち合わせなど、ビジネスの場において交渉をする機会は多々ありますよね。口数が多い人や緊張しづらいタイプの人に比べて、寡黙な人や物怖じしやすい人は、交渉の場で自分の意見をうまく伝えられなかった経験も多いのでは…

説得が致命的に下手な人の盲点。「イエス」と言わせる方法は意外にシンプルだった。

「この商品を売り込みたい」「自分のアイデアを採用してほしい」その一心で懸命に説明をしたのに、うまくいかなかった……。そんな経験はありませんか? その失敗の原因はもしかしたら、あなたの説明が「自分本位」なものになっていたからかもしれませんよ。 …

難しい言葉を使いたがる人が最悪な理由。「伝え上手」が絶対に押さえている3つのポイント

言っている内容はほぼ同じはずなのに、自分とあの人とで、受け手に与える印象が全然違う……。なぜ自分の話は受け入れてもらえないのだろうか……。こうお悩みの方はいませんか? 営業やプレゼンテーションなどで成果が出ないとお悩みの方は、伝え方をほんの少し…

会話で「相手の名前」を呼ぶ習慣がない人は “6つの損” をしている。

「人の名前はその人自身にとって最も甘美で重要なサウンドだ。それがどんな言葉であっても(A person’s name is to him or her the sweetest and most important sound in any language.)」と述べたのは、歴史的ベストセラー『人を動かす』の著者デール・カ…

“あの同僚” がサボる理由を「ゲーム理論」で考察してみた。

誰かに手伝ってもらわないと仕事ができない同僚に困った経験はありませんか? たとえば、翌日に大きなイベントが控えているとき。資料作成やら会場のセッティングやらやることがたくさんあるなかで、自分から「私、会場のセッティングに回りますね」と言える…

「断れない」がもたらす負の連鎖が恐ろしすぎる。どうすれば「NO」と言えるのか?

忙しいのに急な差し込み案件を頼まれた。上司から無理難題を課せられた。こんなとき、なかなか「NO」と断れず、自分を追い込んでしまう人はいませんか。 断る勇気を持つこと、そして実際に断ることは、決して悪ではありません。今回は、他者からの無理な頼み…

あえて “普通から外れる” とデキる人に見られる可能性(※やりすぎ注意)

職場で、大学で、大事な取引先や初対面の人に会ったとき……あなたは自分をどんなふうにアプローチしていますか? 今回は、セルフプロデュースに役立ち、あなたの成功を後押ししてくれそうな「赤いスニーカー効果」と、取り入れるコツを紹介します。 賢く成功…

仕事を楽しむ人の特徴6つ。あなたはいくつ当てはまる?

どうすれば楽しく仕事をできるようになるのでしょう? 仕事を楽しむ人の特徴、仕事を楽しむ方法、仕事が楽しくなってくる名言・本を紹介します。

相手を逆なでする最悪な謝罪には “6つのステップ” が欠けている。「ごめんなさい」は最初に言わないのが吉。

私たちは様々なことを学び、多かれ少なかれ日々成長していますが、「謝罪の仕方」について深く学ぶ経験は少ないかもしれません。何かしらのミスを犯し、「どう謝罪すればいいのだろう?」と悩んだ挙句、結局うまく謝ることができず、その相手との関係がギク…

どんなに「口下手」でも本気で伝えるためにできる4つの工夫。“ズバリ発想法” で印象が段違いに!

頭の中で考えていることはたくさんあるのに、いざ会議で話そうとすると言葉がでてこない。上司や取引先の人と上手に会話ができない。「あの時ああ言えばよかった」の繰り返し……。 そんな、話すのが不得意なことで悩むビジネスパーソンのために、たとえ口下手…

「本音で話せない会議」なんて時間のムダ。優秀な人は “このフレーズ” で議論を前進させている。

時間が進むにつれ話題がずれていくディスカッションや、発言者が少なく話が止まってしまう会議に、もううんざり……! そんなお悩みを抱えるビジネスパーソンのみなさんに、「行き詰まった議論を一歩前進させられる言葉」を3つご紹介します。あなたが会議中に…

「深層対話力」が欠けている人は、コミュニケーションの8割を無駄にする。

どんな職業に就いている人でも、上司や先輩に口を酸っぱくして言われることのひとつが「コミュニケーション能力」の重要性ではないでしょうか。ただ、全国から5,000名を超える経営者やリーダーが集まる「田坂塾」の塾長でもある多摩大学大学院教授の田坂広志…

4秒以上の笑顔は “愛想笑い” の可能性。建前に惑わされない「本音を見抜く」7つのテク。

社会生活をズムーズに送るためには、本音と建前の使い分けが必要だといいます。だからこそ、相手の気持ちが分からず、対応に悩むこともあるでしょう。 そこで今回は、相手の本音を引き出す「会話術」と、「微表情を読み取るポイント」を紹介します。 相手が…

いつも動いてくれない “あの人” が動きだす魔法のセリフ。“あの5文字” を必ず最初に添えなさい。

物事が循環しているのは、必ず“誰かのおかげ”があるからですよね。しかし、ときにその“誰か”は、こうしてくれたら「うまくいく・助かる・安心できる」のに、どうしても望みどおりに動いてくれないことがあります。

評価を「上げる人」「下げる人」の話し方。プレゼン順番の黄金法則 “PREP” ってなに?

「あなたは結局、何が言いたいの?」 商品の説明をしたあなたに、取引先からこのような一言を言われたことはありませんか? 必死に説明したつもりなのに、自分の言いたいことが相手に伝わっていないと、つらいですよね。

“本当の顧客数” が今の300倍いることに気づけてますか? 結果を残せない「ダメ営業マン」に欠けている3つのこと

「営業成績が上がらない」 「ルーティン営業なら何とかなるが、新規営業は大の苦手」 「客のニーズがいまいちつかめない」 このように「営業がうまくいかない」という悩みをお持ちの方は多いと思います。ではなぜ、あなたの営業はうまくいかないのでしょう?…

その言い方、損してない? 人気コピーライター直伝「結果が変わる伝え方」

仕事の依頼、企画の提案、取引先とのコミュニケーション、友人関係や恋人関係など。ビジネスにおいてもプライベートにおいても、私たちは “いかにうまく言葉を伝えられるか” がモノを言う世の中を生きています。

京大式・議論で絶対ヘコまないための4つの鉄則「空気は読めなくていいんです」

社会人はもちろん、大学生にもなれば、さまざまな場面で「議論」をする機会は多いと思います。しかし、誰かから議論の仕方を教えてもらったことがあるという人はかなり少ないのではないでしょうか。議論の仕方が分からない、議論が恐い、といった理由で、議…

“強気な交渉” を可能にする、たった2つの大原則。

交渉を行い、自分と相手の中でより良い妥協点を見つける。そんな局面が、人生の様々な場面において必ず付きまとってきます。勤務先で給料の引き上げ要求を行うこと。ビジネスを行う際に仲間との分け前を決めること。パートナーと子育てや家事を分担すること……

誰でもなれる! 「サーバントリーダー」という新たなリーダーのカタチ

リーダーシップのある人の特徴とはどのようなものでしょうか? そう聞かれたとき、「カリスマ性がある」「堂々としている」「組織をまとめる力がある」などの回答をする方が多いのではないでしょうか。このように、リーダーは「部下を引っ張る」ものだ、とイ…

「論理」と「情熱」の両輪をまわす! “採用される企画書” の書き方

仕事や学校での活動において、時間をかけて企画書を作成したにもかかわらず、あっさりとボツになってしまった……そんな経験はありませんか。なかなかつらいものがありますよね。 アイデアを実現させるには、企画内容さえ良ければ充分だ、ということはありませ…

人を通して本を知る、本を通して人を知る。最強のプレゼントレーニング「ビブリオバトル」

心に響くプレゼンテーションを行うには、説得力のある話し方や、効果的なジェスチャー、アイコンタクトなどのテクニックが必要です。実は、それらをトレーニングできる楽しいゲームがあるのです。「ビブリオバトル」と名づけられた、本を用いて行うゲームで…

“自己焦点” を心がけろ! 相手が予想外の行動を起こしたときの心理学的対処法

人間には、自分の経験を増やし、他者を理解するため、無意識のうちに人と同じような行動をとってしまうメカニズムがあります。また、他者の次の動きを予測したり、心の状態を推測したりする機能も持ち合わせています。これらはすべて、私たちの行動に大きな…

コミュニケーション力=数学力。「数学コトバ」でロジカルな思考回路を手に入れろ!

論理的思考を身につけようと努力はしているが、なかなか身につかず、説明下手も改善しないという方。もっとシンプルで、効果的な方法を取り入れてみてはいかがでしょう。深沢真太郎氏の「数学コトバ」を参考に、数学的な言葉で思考回路を変えていくコツを紹…

パワースフィアにマジカルナンバー! 印象に残るプレゼンを叶えるための3つのヒント

みなさんは、プレゼンをするのが得意でしょうか? プレゼンの表現方法は人それぞれであり、正解は決まっていません。ただ準備に追われる中で、どうすれば自分のプレゼンを最後まで興味を持って聞いてもらえるのか苦悩することもしばしばあるのではないでしょ…

“見える化”でデキるビジネスパーソンに! メリットたくさんの「数字化」の技術。

みなさんは、自分が数字に強いと思いますか? もしかすると「数字を目にするのさえ嫌だ」という方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、仕事において数字を扱えることがビジネスパーソンにとっては必要不可欠です。

信頼される話し方のポイントは3つだけ——佐藤委子『ビジネスシーンで役に立つ「伝える技術」』第2回

就職活動での面接や仕事でのプレゼンなどで、「話す内容」ばかり意識している人は多いかもしれません。しかし、人の第一印象は、5割が「見た目」、4割が「話し方」、そして残りの1割が「話す内容」と言われています。 その人を印象づけるのにとても大切な要…

「一方通行の話し方」していませんか? 建設的な議論のための『会話の知能指数』の高め方

みなさんは、実のある会話を普段から心がけていますか。例えば、会議中に同僚と激しく主張し合ってしまい、話がかみ合わなくなった、という経験はないでしょうか。その結果、何も決まらない、また何も学びを得られないような時間を過ごすことになってしまっ…

あなたはいつもだまされている? 「行動経済学」で日常に潜む罠を暴け。

疑似科学やトンデモ統計といったものの存在が常識となったこの頃。因果関係と相関関係の混同を避けるように意識し、グラフの軸や単位を気にしている人にとって、「あなたは数字にだまされている」と言われても実感はないでしょう。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら