効率化・ライフハック

“なぜか余裕に見える人” が必ず知っている3つの原則。一流は「やらない」という選択肢を持つ。

大手外資系IT企業に勤めるビジネスパーソンでありながら、琉球大学客員教授や複数のスタートアップ企業の顧問、NPOのメンターなどさまざまな顔を持つ澤円(さわ・まどか)さん。ビジネスシーンでは「世界ナンバーワン・プレゼンター」としても知られます。

「サボってるわけじゃないんです」頑張らずに成果を出せる人の “省エネ仕事術” がすごい。

どんな仕事も高い完成度をめざし、丁寧に取り組んでいる。仕事はいつも全力投球。自分は、誰よりも頑張っているはず! だけど……成果はごく平凡で、評価も普通。自分よりも頑張っていないように見える人が成果を出して出世していく。いったいどうして!? そ…

【年収1,500万 vs 年収500万】“1,000万円の差” を生む「時間の使い方」決定的な4つの違い

優れた成果をあげて高年収を実現している一流ビジネスパーソンと、ごく平均的な収入の普通のビジネスパーソン。両者の間には「時間の使い方」に決定的な違いがあるようです。 時間の使い方を少し変えるだけで、自分の収入をコントロールできる可能性がある。…

「高速脳」が手に入る、超シンプルな “1日10分のメモ書き” トレーニングがすごい。

「自分は頭の回転が遅い」 「決断力がない」 「意見が出てこない」 このようなコンプレックスを抱いていませんか? 周りが要領良く仕事をこなしているのに自分だけ時間がかかってしまったり、ミーティングで活発に意見を交わすことができなかったり。劣等感…

デキる人がやっている「夜のリセット習慣」。帰宅後の “カバン放置” は絶対にやめなさい。

1日の仕事を終えて夜に帰宅する頃には、心身ともに疲れきった状態であるに違いありません。カバンを放り投げてソファにダイブし、テレビやスマートフォンを観ながら寝るまでごろごろ——こんな夜時間の過ごし方をしている人も多いのではないでしょうか。 でも…

1年で “3,600分以上” の時間を無駄にしているかも。「片づけられない人」は仕事がデキない裏事情

頭の中がごちゃごちゃして、いつも考えがまとまらない。 仕事の要領が悪い。もっとスピーディに仕事をこなしたい。 そう思っているのであれば、「片づけ」をマスターしませんか? 意外かもしれませんが、実は身の回りの整理整頓が仕事力アップに効くのです。…

「夕方のラストスパート」は脳に最悪。定時直前に焦らない人は “この3つ” をやっている。

朝の時点では、「定時までに今日の仕事を終えよう!」と張り切っていたのに、このぶんじゃ、とても終わりそうにない。焦って夕方にラストスパートをかけようとすると、今度はイライラしたり、集中力が続かなかったりする。時間が経過するほど、その状況は悪…

デキる人ほど “良い意味で” よくサボっている。あの人がいつも余裕そうに見える納得のカラクリ。

「デキる人ほどサボり上手だ」 こう言われたら、多くの人が耳を疑うでしょう。 でも、“サボる” という言葉を額面通りに捉えてはいけませんよ。ここで言う “サボる” とは、本当に大事な仕事で成果をあげるために、エネルギーを温存する工夫をしたり、不要な無…

「朝10分のノート習慣」が脳に最高なワケ。日記は “朝に3行だけ” つけなさい。

二度寝の誘惑に後ろ髪を引かれながらも、なんとかベッドから這い出て、「今日も仕事か……」と陰鬱な気持ちを抱えたまま出社の準備を始める——こんな朝の過ごし方をしていては、その後の1日が捗るはずもありません。 ぜひ朝のうちに、感情の “整理整頓” と “お…

デキる人が「水曜日」を大切にする深い理由。1週間の予定は必ず “週の真ん中” で立てなさい。

水曜日は気持ちが緩んで中だるみする……。疲れがたまって、やる気が起きない……。まだ休みまで2日もあってウンザリ……。そんな声が方々から聞こえてきますが、「水曜日」はとても大切だということをご存知ですか? デキるビジネスパーソンが、水曜日を大切にす…

“最強の知将” 野村克也はメモ魔だった。「紙に書く」がスキルアップに効く納得の理由。

1990年代、プロ野球チーム・ヤクルトの監督としてデータを駆使した「ID野球」を提唱し、チームの全盛期を築いた野村克也さん。 球界きっての知将として知られますが、その野村克也さんとて最初から知将だったわけではありません。選手、監督として生涯を通じ…

帰宅後19時半から始める “夜のルーティン” が仕事力アップに効く。

仕事から帰ったらスーツのままソファに沈み込み、しばらくテレビをボーっと見る。適当に夕食を済ませたら再びダラダラ。ドラマを見ているうちに遅い時間になってしまったので、シャワーを浴びて寝る……。多くのビジネスパーソンにとって、よくある帰宅後の過…

いつも “余裕に見える” 人が普段こっそりやっている4つのこと。

いつも時間に追われ、焦っている皆さん、「いつでも “余裕たっぷりに見える” 人」が、こっそりやっていることを知りたくありませんか? 実は驚くほど単純なことばかりなんです。さっそく説明しましょう。 1.ToDoリストに所要時間を書く 数多くのビジネス書…

脳科学が警告。“効率悪すぎ” “脳にも危険” な4つの最悪仕事習慣。

「自分は常に仕事の効率だけを考えている」と前のめりになっていませんか? その仕事の進め方、実はかなり危険かもしれません。知らず知らずのうちに、むしろ仕事の効率を下げている可能性があります。脳科学ほか、さまざまな専門家が警告する「NGな仕事の進…

「生産性の低すぎる人」が絶対に知らない、4つの超効率的仕事術。

もしも、「自分の仕事のやり方は、効率が悪いのではないだろうか……」と悩んでいるなら、「生産性の高い人がしている4つのこと」を行ってみてください。さっそく紹介しましょう! 1.生産性が高い人は「核」となる仕事に労力を注いでいる 経済学者の野口悠紀…

最高の仕事をするための、「“朝15分だけ” メールを見ない」という習慣。

目の前にあるタスクを整理し、優先順位の高い仕事から着手する――。これが仕事の要諦であることには、多くの人にとって異論がないと思います。しかし、実際のところは……雑用や他者から依頼された緊急性が高い仕事から手をつけてしまうというパターンで1日がは…

マルチタスクが脳に及ぼす悪影響とは? 4つのデメリット

マルチタスクとは、仕事などで同時に2つの作業を行うこと。効率的なようですが、実は脳に深刻な影響を及ぼします。「自分はマルチタスク能力がある」と思っている方は、「シングルタスク」に切り替えてみては?

“仕事がデキる人” はなぜ土日にメールを見ないのか? 3つの「ダメな休日の過ごし方」

平日は怒涛のように働いているから、休日は家でダラダラ過ごすと決めている。 休みの日でもメールチェックは欠かさず、時には電話対応なんかもしてしまう。 あるいは、スキルアップするべく自宅にこもって勉強に明け暮れる……。 休日をそんな風に過ごしている…

夜の過ごし方でバレる「二流止まり」の人。なぜ二次会に行きたがる人は出世できないのか?

ビジネスパーソンであれば、誰もが一流を目指して頑張っていることでしょう。しかし、目指すべき場所になかなか到達できずに「このまま二流で終わってしまうのか……」と諦めてしまいそうになることもあるはずです。そんなときは、自身の『夜の過ごし方』を振…

「いつも時間がない人」の残念すぎる行動習慣。タイムマネジメントは “この4つ” を押さえなさい。

やるべきタスクに追われる状況が常態化し、いつも「時間がない」と感じている。だが原因が分からず、「業務量が多すぎるせい」という結論に帰着してしまう……。 これでは、いつまで経っても「時間がない人」です。だからこそ、これだけは抑えておきましょう。…

今すぐ変えたい “非効率すぎる” 勉強法。高級ノートを使いたがる人はなぜマズイのか?

もしあなたが信じて続けている勉強法が、実はまったく意味のないものだったらどうしますか? どんなに「何事も続けることが大事」だと言っても、いくら続けても一向に結果に結びつかず、ただただ時間を浪費しているのであれば、今すぐにでもその勉強法を見直…

「生産性が低すぎる人」がしている3つのこと。

長時間働いた人のほうが偉い」という考えが頭のどこかにある方は、今すぐ払拭したほうがいいかもしれません。なぜならば、それは “生産性への意識” が明らかに欠如しているから。仕事第一の企業戦士もよいのですが、今の時代は “効率よくスマートに” がトレ…

あなたの仕事から取り除くべき「3つの無駄」。“頑張りすぎな人” が成果に恵まれない致命的理由とは?

毎日毎日仕事のことばかり考えて頑張っているのに、結果がついてこない。誰よりも働いているはずなのに、周りのほうが優秀。「自分は能力がないから努力で補わなければ」と、タスクで真っ黒なスケジュール表や人一倍分厚い報告書を抱えて奮闘してはいません…

結果が出る人、出ない人の4つの違い。「最強のエリート」に学ぶ「最強の勉強法」

学校の試験に資格試験、仕事のための読書……。どのような目的であれ、勉強するからには結果を出したいものですよね。しかし実際には、勉強して結果が出る人とそうでない人がいます。両者の勉強法の間には、大きな差があるのです。 勉学で結果を出し続けてきた…

「スマホ中毒者」でも一流に近づける。本よりも “スマホで” ビジネススキルを学んだほうが効率が良い理由。

暇な時間があると、いつもスマートフォンをいじってしまう……。そんな自分に罪悪感を感じてはいませんか? でも、筆者はあえて言います。「スマートフォンはどんどん使いましょう」と。 今回は、私たちの生活で当たり前の存在となっているスマートフォンに注…

たった5分 “ぼーっとする” だけで仕事が倍速で進むワケ。

毎日が忙しく、気の休まる時間がほとんどない。仕事を早く終わらせるため、常に焦っている。それなのに、思うほど成果が上がらない……。 そうお悩みならば、いまあなたに一番必要なのは「空白」です。それがなければ仕事がよくならない理由と、「空白」をつく…

休憩がずるずると長引く「サボり人間」は、今すぐToDoリストの作り方を変えなさい。

仕事の途中でトイレへ行くために席を立ち、「ついでにコーヒーを買ってこよう」と自動販売機へ。そして「せっかくだからコーヒーを飲みながら、人と会話をしよう」と思いつき、ずるずる休憩時間が延びてゆく……。みなさんは、このような経験をしたことはあり…

1週間の予定を月曜日に立ててはいけない理由とは?――時間に追われない「賢い仕事術」

最小限の努力で高い評価を得て、プライベートも充実させたい。誰しも、「ラクして速く」仕事を終えたいのが本音でしょう。そのために重要となるのがスケジュール管理。 お話を聞いたのは、著書『ラクして速いが一番すごい』(ダイヤモンド社)がヒットしてい…

無駄な仕事はとことん切り捨てる! ラクして速く仕事を終わらせるための「捨てる技術」

最小限の努力で高い評価を得て、プライベートも充実させたい。誰しも、「ラクして速く」仕事を終えたいのが本音でしょう。そのためには無駄を「切り捨てる力」が必要です。無駄な仕事をいかにして洗い出すべきか。

「まじめで一生懸命」は非効率! 「ラクして速く」仕事を進めるための2つの極意。

最小限の努力で高い評価を得て、プライベートも充実させたい。誰しも、「ラクして速く」仕事を終えたいのが本音でしょう。 そのコツを聞いたのは、『ラクして速いが一番すごい』(ダイヤモンド社)という、そのままずばりの著書がヒットしている松本利明(ま…

知的な作業は「午前中の3時間」で終わらせる! 没頭状態を生み出す『ディープワーク』入門。

皆さんは、仕事での企画書づくりや大学のレポートなど、頭を使う作業に時間をかけすぎてはいませんか? 時間をかければ良いものができると思っている人は多いかもしれません。 しかし、時間をかけてもただダラダラと作業をしただけで、結局出来上がったのは…

「自分無しでは職場が回らぬ」と思い上がっている人は、今すぐ “休日の過ごし方” を見直しなさい。

「ワーカホリック」「ブラック企業」「社畜」といった言葉が当たり前に使われる現代社会において、働きすぎのビジネスパーソンは少なくないのではないでしょうか。これを読んでくださっている方の中にも、働きすぎている方がいらっしゃるかもしれません。

仕事の生産性が低すぎる人の特徴5つ。「とりあえずメールチェック」は要注意。

決められた時間内にがりがりと仕事ができる同僚や先輩たちと、そうではない自分との違いは、いったい何なのだろう? それを理解し、改善していけば生産性の高いビジネスパーソンになれるかもしれない。常につきまとう劣等感も消え去るはず……! 自分の改善す…

仕事がデキない人の机はなぜ散らかり放題なのか? 時間と意志力を温存する “トヨタ式” 整理整頓術。

皆さんは、職場のデスクや自宅の勉強机を、うまく片付けることができていますか? 物が多くていつも雑然としている。片付けようとしても物が捨てられず整理しきれない。そんな状態になってはいませんか? 実は、デスクの環境は、仕事や勉強の効率に影響を与…

医学部生が教える「早起き実践法」。“最高の目覚め” を手に入れる、朝と夜の大切な習慣。

「早起きは三文の徳」という言葉があるように、一般的に早起きは良いものだと昔から言い伝えられています。しかし、それを毎日実践することはそれほどたやすくありません。 実は、科学的根拠に基づいた方法をとれば、早起きが苦手な人でも得意になることは可…

スマホもコーヒーもやめられない! それでも良質な睡眠を確保する方法。

昨夜は充分に眠れましたか? 良質な睡眠を確保することは、仕事や勉強に集中して取り組むための基本です。読者の皆さんには、「夕方以降はコーヒーを飲まない」「寝る前にスマートフォンを見ない」など、睡眠の質を下げないよう工夫している人が多いかもしれ…

仕事がデキる人の3つの特徴。仕事がデキる人は「○○○○」と言わない

皆さんの周りには、「仕事がデキる人」が1人や2人はいるでしょう。自分もあの人のように、仕事がデキる人になりたい。けれど何をどうやって真似ればいいの? どんな風に行動すれば、仕事がデキる人になれるのだろうか……? そうお思いの方に、仕事がデキる人…

水分不足は脳に悪影響! 仕事のパフォーマンスを下げる「オフィス脱水」リスクと対処法

仕事中、「どうも頭が働かない……」「ミスばかりしている」と感じたら、もしかしたら「オフィス脱水」かもしれません。わたしたちは、知らず知らずのうちに脱水しやすい環境のなかで、脱水しやすい習慣を持ち、脳の状態や活動を変化させている可能性がありま…

学力向上は生活習慣の確立と時間の使い方で勝負が決まる——東大首席卒・NY州弁護士 山口真由さんインタビュー【第2回】

勉強で十分な結果を出すためには、ただ勉強法を磨いているだけでは足りません。勉強する人の体質や生活パターンに合わせた、勉強の効果を最大限に発揮できる生活習慣の確立こそが大切なのです。 数々の難関試験に合格してきた、文筆業やコメンテーターとして…

仕事を効率化する14のアイデア。毎日の “小さな工夫” で「仕事がデキる人」になる!

「仕事の効率が悪い」とお悩みの方に、仕事効率化につながる14のヒントをお届けします。上手なタスク管理の方法、仕事がスピーディーに進む思考法、作業が捗る環境の整え方、脳の集中を促す休息法などなど。小さな工夫を積み重ねて、仕事がデキる人になりま…

今やる! すぐ終わらせる! “期限ギリギリ” に悩まない「前倒し仕事術」9個のアイデア

「いつも締め切りや期限に追われている」という人は、焦りから生じるミスで後々痛い目にあうことも多いのではないでしょうか。もっと余裕をもって仕事をしたいなら、「前倒しで仕事を進めるコツ」をつかみましょう!

先延ばしの癖、もうやめませんか? 「すぐやる人」に変身する3つのコツ

例えばあなたが学生で、それなりに分量のあるレポートの締切を1か月後に設定された場合、いつごろにレポートを完成させますか? すぐに取り掛かって最初の1週間で終わらせるという人もいれば、締切1週間前に終わらせる人もいるでしょう。しかし、おそらくこ…

『睡眠の質』は日中の行動パターンに左右される! 良い睡眠のための「朝・昼・夜」の過ごし方。

仕事であれ勉強であれ、質の高いパフォーマンスを発揮するためには、しっかりと睡眠をとることが重要です。ところで皆さんは、睡眠の質を上げるためには、寝る直前だけではなく、その日の朝からの行動が重要なことをご存じですか? 実は、その日の睡眠の質は…

“完了バイアス”を利用して生産性アップ! 新しい時間管理術「 INOテクニック」

日々の仕事がたくさんありすぎて、気がついたら大きな仕事が手付かずのまま締め切り直前になってしまっていた、という経験はありませんか? 大事な仕事を優先しなければいけないのはわかっているのに、いろいろなタスクに追われて、大事なことが後回し……。そ…

無理して朝活する必要なし! 「朝が苦手」な人に激しくおすすめしたい『夜活』ほんとうの魅力。

みなさんは、朝型の生活と夜型の生活、どちらが自分に合っていると思いますか? ここ数年、注目を浴び続けている活動に「朝活」がありますよね。でも、夜型の人にとっては、朝活のために早朝に起きるのはかなりつらいはず。 じつは、国立精神・神経医療研究…

良質な眠りのカギは『睡眠五感』アプローチ! 眠れる「からだ」と「こころ」と「脳」をつくろう——友野なお『できる大人の「やすみかた」』第7回

皆さんは、毎日 “ぐっすり” と眠れていますか? ぐっすり眠るためには、私たちの「視覚」「聴覚」「嗅覚」「温熱感覚」「触覚」という五感が深く関わっています。“ストンと眠って朝まで熟睡” のシナリオを作り上げるためには、この5つのセンサーひとつひとつ…

『付箋ノート』で仕事も勉強も効率アップ! 実例で学ぶ「最強のノート術」の活用法

インスタで話題沸騰! 「付箋ノート術」のやり方・使い方を紹介します。色分けされてかわいいだけでなく、仕事でも勉強でもメリットたっぷりです。

日本人のスマホ時間は1日3時間超。「デジタル・デトックス」で失われた時間を取り戻せ!

「時間がないから、やりたいことが全然できない……」と考えている方、果たして本当にそうでしょうか? もしかしたらあなたの身近にあるスマートフォンなどの情報機器が、重大な時間泥棒になっているかもしれません。今回は主にスマートフォンに注目し、情報機…

なぜ遅い? 「アイビー・リー・メソッド」と「1%ルール」であなたの仕事をスピードアップ!

仕事が遅く、ここのところ残業続き。周りの同僚はどんどん仕事をこなしているのに、どうして自分はこんなにも出来が悪いのだろう……。そんな風に落ち込んではいませんか? 仕事が早い人と仕事が遅い人の間にはいくつかの明確な違いがあります。それらの違いを…

実現できない計画なんて意味がない! “破綻しない計画” の立て方

みなさんは仕事や勉強などにおいて、計画通りにものごとを進めることができていますか? 順序立てて計画を立てたつもりでも、想定外の仕事が入ってきたり、急な用事が入ったり……。タスクを計画通りに終わらせるのは、簡単なようで案外難しいことですよね。イ…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら