勉強・学習

本を読んでも「へぇ」で終わる人におすすめ。 “読書×◯◯” の合わせ技が最強だった話

みなさんは、次のような読書をしているという心当たりはありませんか? 「本はいいものだから何冊読んでもいい」という、目的のない読書 「ベストセラーだから読もう」という、本選びに主体性がない読書 読み終わっても「へぇ」で終わってしまう、成長につな…

英語学習者を悩ませる「可算名詞」「不可算名詞」の区別。“これ” を知れば正体がわかる!

「可算名詞と不可算名詞の区別は難しい」「日本語では数えられる名詞が、英語だと不可算名詞になるのはなぜ? 」そんなお悩みや疑問をもっていませんか。日本語では区別がない「可算名詞」と「不可算名詞」。どうしたら両者を区別できるのでしょうか。 その…

勉強や読書を重視するのは危険!? キャリアアップのための「しなくていい努力」とは

将来をきちんと見据えているまじめな人ほど、キャリアアップのため、勉強や読書などに熱心に取り組んでいるものです。一見、すばらしいことのように見えますが、「勉強や読書は、キャリアアップのための『しなくていい努力』になってしまう可能性もある」と…

すぐ誘惑に負ける人はこの3つを心がけて。「自制心」はこうすれば保てる

「大事な試験が近いのに、気づけばスマートフォンを触ってしまっている」「仕事になかなか身が入らず、愚痴ばかり出てしまう」自分の行動を自分の意思でコントロールすることは、そう簡単ではありませんよね。 しかし、まわりを見回してみると、自分の行動を…

脳科学者が提唱「やる気を出す脳」の育て方。“4つの習慣” で脳の重要部位を刺激せよ

「勉強しようと一度は決めたのに、やる気が出なくて始められない」「自分で目標を決めたはずなのに、いつも三日坊主になってしまう」このように、勉強になかなか取りかかれず困っている方はいませんか? モチベーションは、気持ちだけでは決して維持できない…

「7つの悪癖」無意識のうちにしてませんか? 直したいならこうするべき

誰にも「ついやりがちな癖」や「何も考えずにしている習慣」というのはあるはず。でも知らないうちに、それらがあなたに悪影響を及ぼしているかもしれませんよ。見直すべき「7つの悪癖」と改善策を提案しましょう。 【NG1】大音量のアラーム音で起きている …

あなたは知らぬ間に「無能」になっているかも。限界を打破するために実行すべき3つのこと

一生懸命働いているけれど、なかなか結果が出ない。自己評価とまわりからの評価が一致しない。 あなたがもしそんな状態に陥っているのだとしたら、それは、気づかないうちに「無能」になっているサインかもしれません……! 今回は、人が無能化するメカニズム…

「記憶力日本一」が提唱する2つの記憶術をやってみた結果。脳が覚えてくれるのも納得!

「参考書を読むのは好きだけれど、読み終わると内容をたいてい忘れている……」「試験勉強をしているときは覚えていても、いざ本番になると思い出せない……」このような悩みを抱えていませんか。せっかく勉強するなら、その内容をずっと覚えていたいもの。 そん…

「英語を教わるならネイティブから」はキケン!? 彼らには説明できないこともある

「英語はやっぱりネイティブに教わったほうがいいの?」「自分に合っている英語講師の選び方が知りたい!」そんな方はいませんか? 語学の学習において、先生選びはとても大切。効率よく学ぶためには、ネイティブと日本人、どちらの講師を選ぶべき? いまの…

【朗報】“これ” を知っておけば英語長文を読むのが楽になる

「リーディングテストが時間内に解き終わらない」「英文の語数の多さにいつも圧倒される」 そうお困りではありませんか? TOEICなどの試験では、限られた時間のなかで長文を読む必要があるため、内容の理解にてこずると時間オーバーになってしまいがち。また…

“会話下手” を克服できる良書って? 社会人の雑談力を真に高める本、厳選4冊をご紹介

社会人にとって重要な「雑談」。雑談力があれば、うまくアイスブレイクができるだけでなく、相手と信頼関係を築けたり、よりよい評価を得られたりと、ビジネス上手にもなれます。 そんな雑談は、重要ではあるもののこれといった正解のない分野。雑談に関する…

「英語がペラペラになる人」5つの特徴。あなたはいくつ当てはまる?

「あの人、英語がペラペラなんだって」「同僚の○○さんがこの前、中国語で商談してたよ」そう聞いて「すごいなあ! 自分には無理だ......」と思うことはありませんか? 日本では、複数の言語が使えることが、何か特別のことのように思われているふしがありま…

「英語の勉強がつまらない」を解消できるシンプルな方法。◯◯を取り入れてみて!

「英語の勉強は “座学” というイメージしかないから、つまらない……」「単語も文法もできなくていつも嫌になる。でも練習しないと……」 そう悩んでいる人はいませんか。英語学習でつまらない経験を味わったり、自分の苦手なところばかりに向き合っていたりする…

【チャートですぐわかる】いまのあなたに最適な「記憶術」はどれ?

資格や試験の勉強をする際に、参考書を広げて「記憶力が悪いから、なかなか覚えられない……」と途方もない気持ちになったことはありませんか。もしかしたらそれは、記憶力そのものではなく「記憶の仕方」に原因があるのかもしれません。自分に合った記憶の仕…

あなたはどのタイプ? 普通に読むのはもう飽きた人におすすめ「ワンランク上の読書術」3選

読書を習慣にしているみなさん。こんなふうに考えることはありませんか? 「もっと、効率的にたくさんの本を読みたい」「本のなかから、欲しい情報をサクッと見つけ出したい」「せっかく読んだ本の内容を忘れたくない」 これらが叶う3つの読書術を紹介します…

本を「3倍」速く読む方法。「心のなかで音読してしまうクセ」どうすればなくせるか

「本を読む時間をなかなか確保できない……」「1冊の本を読むのに時間がかかってしまう……」そんな悩みを抱える人にとって、「速読」は憧れでしょう。日本人の平均読書スピードは、1分あたり500~700文字。それを凌駕するスピードで本を読めるようになったら、…

デスクも部屋も “この3大原則” でスッキリ! 整理整頓の黄金比「7:5:1」知っていますか

勉強や仕事にまじめに取り組んでいるつもりなのに、いまいちはかどらない……。なんとなくイライラや不安を感じて、集中力が続かない……。そんなときは、自分の作業スペースや部屋を見渡してみてください。めちゃくちゃに散らかっていませんか? 身のまわりの整…

5分の「スキマ時間」が生まれたらやってほしい7つのこと。あなたはどれを選ぶ?

毎日を過ごしていると、いわゆる「スキマ時間」は無数に存在します。朝起きて準備に取りかかるまでの時間、電車に乗っている最中、作業と作業のあいだ、夜寝る直前などなど。そして、「少し時間ができると、すぐにスマートフォンをいじってしまう」「ついダ…

記憶のプロが絶賛する「感情入り」のノート術。やってみたら○○が増えて××が減った

「自分が書いたノートを見返しても、内容を思い出せない。これってどういう話だったんだっけ……」 そう困りがちな人におすすめなのは、「感情入りのノート」を作成すること。記憶のプロたちもやっている覚えやすくて思い出しやすいノート作成術について、筆者…

英語習得に「手遅れ」はある? 臨界期仮説の新たな真実

「英語がなかなかうまくならないのは年齢のせい?」「小さい頃から英語学習を始めていれば.......」そう感じている方はいませんか。 巷では「臨界期仮説」が注目され、幼少期からの英語学習の重要性が説かれています。なかには「英語は大人になってからでは…

英語学習法「多読」には2つの重要ポイントがあった! 単にたくさん読めばいいわけじゃない

みなさんは「多読」を英語学習に取り入れていますか? 多読とは、辞書に頼らずに、題材を楽しみながら大量に読むこと。多読には、語彙力はもちろん、リーディングやリスニングのスキルを高める効果もあるため、総合的な英語力の向上が期待できますよ。 今回…

英単語を覚えたいときに「ひたすら書く」が遠回りなワケ。デキる人は “この2つ” の方法を実践している

「英単語の意味を思い出せず、スムーズにリーディングができない……」「覚えた英単語をいざ使ってみると、なぜか通じないことが多い……」 そう悩んでいる人はいませんか。「読む・聞く・話す・書く」すべての技能の土台となる単語力。どうすれば効率よく鍛えて…

ほかの人と差をつけたいあなたへ。「朝にやるべき3つの習慣」と「夜にやるべき3つの習慣」

みなさんは、有意義な毎日を送ることができていますか。「朝起きてすぐ」や「夜寝る前」のちょっとした空き時間を有効活用したいのに、何をしてよいかわからず無駄に過ごしてしまう……そんな人もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、1日を有意義に過ご…

英語力アップに効く! 知られざる「aとthe」の本当の姿

”the” はいつも「その」と訳している。「ほかの〜」と言いたいときは毎回 ”other” を使っている。そんな方はいませんか? 簡単そうに見えて、じつはほとんど知られていない、a と the の意味とその違い。日本語ではどれも「ほかの、別の〜」と訳されるため難…

いい休日を過ごしたい人に知ってほしい3つの黄金比。勉強するなら「20:8:2」を守って

せっかくの休日なのに、だらだら過ごしているうちに時間が過ぎ、気がつけば夕方になっている……。週末たっぷりと寝ているのに、休み明けはいつもだるくて仕方がない……。 そんな “休み下手” な方が知るべきなのは、正しい休み方の指針となる3つの黄金比。あな…

読んだ本を記録しないなんてもったいない! ノートやアプリを使って読書をもっと有意義に。

本を読んだらそのままにしていませんか。この記事では、読んだ本について記録するメリットに加え、「読書ノート」や「アプリケーション・WEBサービス」を用いた効果的な記録の仕方をご紹介します。

あなたの◯◯を下げる「最悪なノートのとり方」。いますぐ直したほうがいい

研修や会議で、ホワイトボードに書かれることをそのままノートに写す。資格の勉強をするとき、ノートに箇条書きでまとめる。 もしこのようなノートのとり方をしているのなら、それはあなたの仕事や勉強に大きな悪影響を与えているかもしれません。 いますぐ…

「Walk bike」ってどういう意味? ネイティブの “キモチ” を知れば自然な英語を使いこなせるようになる

「ネイティブのように英語を使いこなせる気がしない」「英単語や英文法を学んでも、さらっと自然に使えない」そうお悩みの方はいませんか? これは「勉強が足りない」からでも「才能がない」からでもなく、単に学び方の問題かもしれません。 言語には人間の…

勉強が「できる」とは「楽に、楽しめる」こと。シンプルに、学ぶことを “好き” になればいい

社会人になって以降、会社から指示されたこと以外の勉強はしないという人もいるかもしれません。でも、だからこそ自発的な勉強の必要性が出てきます。自ら進んで勉強ができるかどうか――それこそが、社会人としての成長を大きく左右するでしょう。そうである…

読書が続かない人には “この3つ” が欠けている! 本を読み始める前に◯◯を決めなさい

「流行っている本を友人にすすめられて買ってはみたものの、読みきる自信がない」「シリーズの初巻だけは頑張って読み終えたが、次へ続かない」読書において、こうした悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。一説には、書籍1冊の平均文字数は、およそ10…

勉強の基本は “国語力” がすべて。高めるコツはたったひとつ「丁寧に読む」こと

「学力向上の鍵は『国語力』向上にある」とは、多くの教育者がそろって唱えることです。理系教科を学ぶにしても、その内容を理解するためには教科書や参考書を読まなければなりません。人間が言葉を使って物事を考え理解することを思えば、その主張ももっと…

あなたの学びは「よろこび」に到達しているか? 勉強がいつまでもつらいのは、それが「義務」でしかないから

「勉強がつらい」――。子どもの頃から、学校や家で勉強することを強いられ育ってきた人にとって、そう感じるのは当然のことかもしれません。でも、信州大学特任准教授・山口真由(やまぐち・まゆ)さんとの共著『「超」勉強力』(プレジデント社)を上梓した…

【最新メタ分析で判明】認知機能を改善する運動はこれだ!【家でできる】

最新のメタ分析研究で、どんな運動を、どの程度、どんなふうに行なえば、認知機能が改善するかわかったそうです。 「いまひとつ頭が働かないので運動したいが、疲れるのは嫌だ」という人が喜ぶ内容かもしれません。運動が及ぼす影響について掘り下げつつ、紹…

「ケタの大きい数字が英語で読めない」問題を解決できるシンプルな方法

「桁が大きい数字はどうしたら瞬時に読めるの?」「英語の数字はさっぱり聞き取れない」 そんなお悩みや疑問を持っていませんか? 英語の数字表現の聞き取りや発音は、慣れていないと苦戦してしまいますよね。 今回は、英語の数字表現の苦手意識を克服するた…

「英英辞典」使わないなんてもったいない! wear と put on の違いを説明できますか?

みなさんは「英英辞典」を使ったことはありますか? 「全部英語で書かれているから使いづらそう」と避けてきた人もいることでしょう。 じつは英英辞典は、「日常的な英文なら理解できる」「英文を読むのにある程度慣れてきた」という学習者にとっては欠かせ…

なぜ日本人は「英語の前置詞」がこれほど苦手なのか? 安直に「~の」=of と思ってはいけない

”of” は「〜の」という意味だと思っている。at と in、to と for、over と above などの使い分け方がわからない。そんな方はいませんか? 前置詞は、日本人英語学習者の苦手な文法項目上位の定番。どうすれば ”苦手” を ”得意” に変え、ネイティブのように使…

勉強が続かない人は「◯◯」を紙に書いて貼りなさい――勉強のお悩み解決 “心理テク” 教えます

勉強の必要性は重々理解しているのに続かない……集中できなくて困っている……暗記が苦手……。勉強に関する悩みは枚挙にいとまがありませんよね。でも、それらを解決できるかもしれない心理学的方法があることをご存じですか? 今回ご紹介するのは、「プライミン…

モチベーションが下がっても続けられる!? 科学的根拠あり「英語学習の習慣化」3つのコツ

「将来のキャリアのために英語をきちんと勉強していきたい」「あの芸能人のように英語をペラペラ話せるようになりたい」こう思い立ったとき、多くの人は「毎日200単語覚えるぞ!」「毎週オンライン英会話を続けるぞ!」と最初に気合いを入れることでしょう。…

「散らかった勉強机」は脳に最悪。まず排除するべき5つのもの

「勉強中にすぐ気が散ってしまう……」「集中できなくて勉強がスムーズに続かない……」資格や学校の試験を控えて、いざ勉強しようと机に向かったものの、そんなふうにつまずいたことはありませんか? もしそうだとしたら、勉強机の上を一度確認してみてください…

【英語聞き取りコツまとめ】リスニング力が確実にアップする超効率的な学習法

英語の聞き取りにはいくつかのコツがあります。リスニング力が必ずアップする“超効率的”英語学習法をまとめました。英語聞き取り力アップに効果的な映画・ドラマや、リスニング力を伸ばすためのアプリも紹介。アメリカ英語とオーストラリア英語の違いについ…

「孤独」の意外なメリットが研究で明らかに。“ひとり時間” が仕事やメンタルにもたらす重要なこと

最近は「テレワーク」「オンライン授業」が一般的になりつつあり、ひとりで在宅勤務や勉強をしている人も増えてきています。他者とのコミュニケーションが減ってしまい、作業中に孤独を感じることも多いかもしれませんね。 しかし、孤独な環境は悪いことばか…

暗記が苦手ならば◯◯をすればいい。記憶力アップに効く身近すぎる習慣

みなさんは、暗記や記憶力に自信はありますか。「子どもの頃は暗記が得意だったのに、いまはなかなか記憶に定着しない……」という人も多いはず。 記憶をつかさどる脳の海馬は、1年に1%ずつ小さくなっていくのだそう。しかし、この海馬の萎縮を止め、記憶力を…

国によって全然異なる英語の発音……どうすれば聞き取れるようになる?

「話し手によって英語の理解度が左右される」「イギリス英語やオーストラリア英語、ニュージーランド英語が聞き取れない」そうお困りの方はいませんか。どうすれば、国ごとに違うさまざま英語を聞き取れるようになるのでしょう? そんなお悩みを解消すべく、…

あなたの頭の働きが鈍っているのは “この4つ” が原因だった。「認知機能の低下」どうすれば防げる?

「自分はあまり集中力がないほうだ」「最近、仕事のミスが多い」「複雑なことを考えるのは面倒」「難しい問題には目を背けたくなる」 仕事や勉強へのやる気はあるのに、いざ向き合おうとすると集中力が発揮されなかったり、複雑な問題に直面すると投げ出した…

「書く&話す」勉強術の極め方。アウトプットの目的は“理解の確認と再インプット”にあり!

名門・開成高校から現役で東大に進学し、経営コンサルティング会社を経て起業した小林尚(こばやし・しょう)さん。その著書『開成流ロジカル勉強法』(クロスメディア・パブリッシング)では、勉強の効率をアップさせるには、「『読む』『聞く』『書く』『…

趣味を学びに! 「洋楽×英語学習」3つのメリットと秘伝の勉強術

「洋楽が好きでよく聞いているけれど、英語学習に効果はある?」「英語の歌を使った効果的な勉強法が知りたい」そうお考えの方はいませんか。 音楽ファンで、洋楽もよく聞いている。せっかくだから英語の勉強につなげたいけれど、具体的に何をすればいいかわ…

インプットの精度が上がる! 勉強の深い理解に役立つ「開成流・ロジカルに読む&聞く」方法

勉強の効率をアップさせるには、「『読む』『聞く』『書く』『話す』という『4技能』のポイントを押さえて、その精度を上げていくことが大切」だと語るのは、著書『開成流ロジカル勉強法』(クロスメディア・パブリッシング)が話題となっている小林尚(こば…

“開成流ロジカル勉強法”の提唱者が語る「○○を意識すれば、勉強の効率は劇的に高まる」

ビジネスパーソンとして成長していくには、日々の勉強が欠かせません。新型コロナウイルスの感染拡大によって在宅ワークが推奨されているいまなら、自宅で勉強に励んでいる人も多いでしょう。通勤していたときより多少の時間的余裕があるとはいえ、効率化を…

どんどん短くなる英語との上手な付き合い方(スラング編)

「ネイティブのスラングについていけない」「海外ドラマやSNSで目にする英語表現がわからない」そうお困りの方はいませんか? せっかくテキストや英単語帳で語彙を増やしても、日々刻々と変化する英語圏の最新スラングには対応できません。ネイティブと話す…

1日 “たった20分” で心が軽くなる。ハーバード大教授が提唱「downtime」のすごい効果

「気分が落ち込んでしまい、仕事がなかなか手につかない……」「毎日ストレスだらけで、ふさぎがちになってしまう……」このように、精神的な疲れを感じている人はいませんか? この現代社会、ストレスは付き物。しかし、そのストレスに左右されて仕事や体の調子…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら