実行力・決断力

「頑張りが空回りする人」4つの最悪習慣。“あきらめて寝る” が意外とおすすめなワケ。

自分ではけっこう頑張っているつもりなのに、なぜあまり結果を出せないのだろう? ――と悩むあなたは、頑張っているからこそ、悪い状況に陥っている可能性があります。さっそく説明しましょう。 1.収穫逓減の法則が働いている 経済学用語の「収穫逓減(しゅ…

なぜ「年収1億円男」はいつも電卓を持ち歩くのか? 成功者たちの奇妙な行動習慣。

毎朝、鏡の中の自分に問いかける——これは、Apple創業者のスティーブ・ジョブス氏が毎日行なっていた習慣です。 ジョブズに限らず、一流のビジネスパーソンたちは、普通の人にとっては “ちょっと意外な” 習慣を持っていることも少なくありません。今回は、そ…

怒りをぶつけまくる迷惑な人は「メンタルの自己分析」ができていない。

仕事の能力は秀でているのに、なかなか成果につながらない。あるいは、周囲から評価されない……。そういう人は、もしかしたら「感情的すぎる」「感情の浮き沈みが激しい」といった面で損しているのかもしれません。

ポテンシャルを発揮しまくれる人は、“あの言葉” を口癖に仕事をドライブさせている。

大手広告会社、外資系コンサルティングファームを経て、現在は日本IBMに勤めながら、各種の組織・人材系支援サービスをおこなう株式会社Eight Arrowsの代表取締役でもあり、数多くのビジネス書の執筆も手がける河野英太郎(こうの・えいたろう)さん。現在45…

「サボってるわけじゃないんです」頑張らずに成果を出せる人の “省エネ仕事術” がすごい。

どんな仕事も高い完成度をめざし、丁寧に取り組んでいる。仕事はいつも全力投球。自分は、誰よりも頑張っているはず! だけど……成果はごく平凡で、評価も普通。自分よりも頑張っていないように見える人が成果を出して出世していく。いったいどうして!? そ…

同じミスばかりの人は「前頭前野」を鍛えなさい。“10分散歩” と “紙の辞書” が脳に効く。

何度も失敗したはずなのに、またもやリスクを冒し、再び同じ失敗をしてしまう……。きっと自分はチャレンジ精神が旺盛で、めげない性格なのかも? ――前向きなのはいいことですが、何度も同じリスクを冒してしまうのは、脳の前頭前野が働いていないからかもしれ…

「高速脳」が手に入る、超シンプルな “1日10分のメモ書き” トレーニングがすごい。

「自分は頭の回転が遅い」 「決断力がない」 「意見が出てこない」 このようなコンプレックスを抱いていませんか? 周りが要領良く仕事をこなしているのに自分だけ時間がかかってしまったり、ミーティングで活発に意見を交わすことができなかったり。劣等感…

「最強のエリート」が “エリートになる前に” していた4つのこと。

経営者や、世界を股にかけて活躍するビジネスパーソン。彼ら「最強のエリート」と呼ばれる人たちも、最初から“超一流”だったわけではありません。「最強のエリートがエリートになる前にしていたこと」から、一流へと近づくためのヒントを学びましょう。 1. …

仕事が効率よく進む3つの黄金比「6:3:1」「3:7」「25:5」がすごい。

仕事には常に効率のよさが求められます。多くのビジネスパーソンが、効率よく仕事を進めるための方法を模索しては、実践を繰り返していることでしょう。がむしゃらになれば、一時的に「能率」を上げることは可能かもしれません。でも、それでは長続きしませ…

“大失敗” が可能にした4つの「大逆転ストーリー」。ディズニーの著作権はなぜあんなに厳しいのか?

人は失敗してこそ成長する——。多くの偉人たちも失敗を乗り越えて大きな成功を手にしている。そんなことは頭ではわかっていても、実際に失敗をすると落ち込み、引きずってしまうもの。すると、失敗を恐れて会議での発言を控えるなど消極的になり、大きな失敗…

“先延ばし癖” に悩む人に朗報。秒速で行動したくなる超シンプルな2つのルール、教えます。

やりたいことがあるから少しずつ情報は集めているけれど、なかなか行動には移せていない……。このような経験をしたことはありませんか? なんだかんだ忙しかったり、踏ん切りがつかなかったりして、できていないということは多いですよね。せっかく情報を集め…

「なぜか評価されない人」の残念すぎる行動習慣。“デキるふり” も意外と大事だった。

いっさい手を抜かず全力で仕事に取り組んでいるはずなのに、いまいち評価されない人。傍目にはそれほど頑張っているようには見えないものの、なぜか高い評価を受ける人。その違いはどこにあるのでしょうか? 努力の方向を一歩間違えるだけで、あなたは “評価…

成功と高年収をつかみ取るために必要な、知性 “以外” の大切なもの。

成功するには「知性」だけではなく、「非認知能力」も重要だといいます。AI社会を生き抜くためにも必要なのだとか。それを示す最新の研究や、数十年にわたる追跡調査、「非認知能力」を鍛える方法などをご紹介します。 「非認知能力」とは? 「非認知能力」…

“紙1枚” から始められる言語化トレーニング。「言葉にできない」解消のための4ステップ。

自分の考えをうまく言葉にできないと、新しいアイデアのイメージが浮かんでも上手に提案できず、思いを100%伝達できないことが多くなり、どんどんストレスを溜め込んでしまいます。そうなる前に「言語化トレーニング」を始めましょう! 「言葉で言えない」…

「たった3分」で先延ばし癖を解消。“すぐやる” ための3つの行動習慣。

仕事のちょっとしたタスク、連絡や返信に、何かの申し込みや家事などを、いつもつい「あとでやればいいか」と思ってしまう。そして結局は、時間がなくなって焦ったり、忘れたりする……。 もちろんこれは反省すべきことですが、そうなってしまうのも仕方があり…

「人の意見に流されやすい人」がするべき4つの簡単トレーニング。“本の選び方” で意思決定力が高まる!

誰でも一度や二度くらい、多数派の意見に流されてしまったことがあるでしょう。でも、だからといって落ち込む必要はありません。そもそも人は流されやすい生き物なのです。今回は、さまざまな研究から「人の流されやすさ」を理解し、それでも周囲に流されな…

大坂なおみのメンタルを激変させた “セキュア・ベース” のすごすぎるメリット

チャレンジをするのが怖い。もし失敗したら、もしうまくいかなかったら……と思うと不安で、チャレンジできない。新しい環境に身を置く、未知の分野の勉強を始める、などの新たなチャレンジに、こうした不安はつきものですよね。いざチャレンジしようとしても…

いつまでも目標達成できない人が知らない「20%の法則」。最小の労力で最大の成果を生む方法とは?

「自分の理想と現状にギャップがある」 「どうしたら、目標を現実のものにできるのだろう」 そんな悩みを抱えていませんか? 目標を達成できない原因は、「正しいステップを踏めていないから」かもしれません。目標を達成するには、踏むべきステップがありま…

1週間の予定を月曜日に立ててはいけない理由とは?――時間に追われない「賢い仕事術」

最小限の努力で高い評価を得て、プライベートも充実させたい。誰しも、「ラクして速く」仕事を終えたいのが本音でしょう。そのために重要となるのがスケジュール管理。 お話を聞いたのは、著書『ラクして速いが一番すごい』(ダイヤモンド社)がヒットしてい…

無駄な仕事はとことん切り捨てる! ラクして速く仕事を終わらせるための「捨てる技術」

最小限の努力で高い評価を得て、プライベートも充実させたい。誰しも、「ラクして速く」仕事を終えたいのが本音でしょう。そのためには無駄を「切り捨てる力」が必要です。無駄な仕事をいかにして洗い出すべきか。

“憧れの上司” を持つほど仕事がデキる人になれる理由。

あなたには、憧れている人がいますか? 有名なスポーツ選手に感銘を受けた、自分が働く業界の著名人を尊敬している、職場のできる上司がかっこいい……。誰しもそのような憧れを抱き、そして憧れの人のようになりたいと願うものでしょう。 実は、ある方法を実…

NASAやアメリカ軍も重視する! 最強チームを作る「フォロワーシップ」は次世代リーダー必須スキルだ。

どうすれば組織の中で頭角を現し、出世できるのか? どうすれば組織に大きく貢献できるのか? 今は若手でも、近い将来必ずリーダーになりたいと思う人なら、だれでも一度は考えるであろうこのテーマ。

「まじめで一生懸命」は非効率! 「ラクして速く」仕事を進めるための2つの極意。

最小限の努力で高い評価を得て、プライベートも充実させたい。誰しも、「ラクして速く」仕事を終えたいのが本音でしょう。 そのコツを聞いたのは、『ラクして速いが一番すごい』(ダイヤモンド社)という、そのままずばりの著書がヒットしている松本利明(ま…

仕事ができない人の身だしなみはなぜパッとしないのか? 「外見戦略」が理に適っている絶対的根拠。

働き方改革が進められるなか、「ノー残業デー」のほかに「リモートワーク」というキーワードをよく見聞きするようになりました。 もしも、あなたがリモートワーカーで、「出勤日は服装に気を配るが、リモートワークのときは人に会わないので特に気にしていな…

仕事の生産性が低すぎる人の特徴5つ。「とりあえずメールチェック」は要注意。

決められた時間内にがりがりと仕事ができる同僚や先輩たちと、そうではない自分との違いは、いったい何なのだろう? それを理解し、改善していけば生産性の高いビジネスパーソンになれるかもしれない。常につきまとう劣等感も消え去るはず……! 自分の改善す…

“失敗を恐れる人” が言いがちなセリフとは? 7段階で意識を変えて『踏み出す力』を手に入れろ。

みなさんは、普段から自発的に行動していますか。初対面の人に自分から話しかけてみたり、会議で積極的に発言をしたり……。筆者自身は、正直なところあまり積極的に行動する方ではなく、まずは様子を見るところから始めることが多くあります。

無意識のうちに “色眼鏡” をかけてない? バイアスを意識して「ミスゼロ」を目指せ!

皆さんは、ミスなく仕事ができていますか? 少しずつ経験を積み仕事は徐々に覚えてきたのに、見直せば防ぐことのできたようなケアレスミスや、冷静に判断すれば生じることのなかったような判断ミスを繰り返してしまう……。自分はミスをしやすいのではないか………

“計画通りに行かない” は普通!? ノーベル経済学賞受賞者が教える「正しい計画の立て方」

何かをやろうとして計画通りにいかなかったとき、みなさんはおそらく、取り組み方を見直したり怠け具合を反省したりすることでしょう。 それにもかかわらず、計画が破綻し続けてしまう。 反省を活かせていないわけではないのに改善されない。

人間は “合理的に” 不合理である。組織経済学で明らかになった「失敗のメカニズム」

研究や仕事をするうえで欠かせないのが、チームを組んで仲間と協力することです。チームを組むというのは、業務を分担して効率化したり、メンバーそれぞれの得意・不得意をうまく組み合わせて補い合ったり、さまざまな角度から議論を進めたりするうえで非常…

サンクコストに囚われる人ほど仕事も勉強も失敗するワケ

経済学には「サンクコスト」という言葉があります。これは埋没した費用を意味しますが、実は経済のみならず、仕事や勉強、日常生活においても活用できる言葉なんですよ。よりよい未来を目指すために、「サンクコストを忘れるべき理由」について説明します。

これからの時代に求められるのは「変な人」——人材採用アドバイザー・米田靖之さんインタビュー【第1回】

多くの人間が働く企業では、周囲と協調してスムーズに仕事を進められる常識人こそ求められそうなものです。ところが、日本たばこ産業(JT)の元執行役員で、長く採用に関わってきた米田靖之さんは「これからの時代に活躍するのは『変な人』だ」と断言します…

自信をセルフコントロールせよ! “勝負強さ” が身につく2つのメンタルトレーニング

みなさんは、ここ一番の勝負に強い方でしょうか。学生なら試験や部活動の大会など、社会人の方なら仕事で大事な取引を成立させたい時など、「ここぞ!」というときにプレッシャーに負けてしまって、本来の実力が出せなかったという経験をされたことが、もし…

結果を導く働き方——“世界ナンバーワン・プレゼンター” 澤円さんインタビュー【第3回】

働くこと、努力していることそのものによろこびを感じる人もいるでしょう。でも、どうせ働くのなら、きちんと結果を出して大きな評価を得たいものです。生産性が低いと指摘されることも多い日本人の働き方は、外資系企業上層部の人の目にはどう映っているの…

成功するプレゼンと失敗するプレゼンにはどんなちがいがある?——“世界ナンバーワン・プレゼンター” 澤円さんインタビュー【第2回】

社内、社外を問わず、プレゼンテーションを行う機会が多いビジネスパーソン。そして、プレゼンテーションが大の苦手だというビジネスパーソンも少なくないでしょう。 その上達法についてお話を伺ったのは、マイクロソフトテクノロジーセンターのセンター長・…

組織のなかで活躍するための思考法——“世界ナンバーワン・プレゼンター” 澤円さんインタビュー【第1回】

ビジネスパーソンはもちろん、フリーランスの人間であっても、なんらかの組織と関わりながら働いていることでしょう。組織のなかで力を発揮するには何が必要なのか——。 プログラマーとしてキャリアをスタートし、現在はマイクロソフトテクノロジーセンターの…

優れたリーダーになるために「今日からすぐにできる」こと【元東レ経営研究所社長 佐々木常夫さん「リーダーになるために必要なこと」part3】

リーダーになる日は、いくら願っても急にはやって来ません。優れたリーダーたちは、リーダーになるずっと以前から、自分ができるベストな行動をコツコツと積み重ねてきた人たちなのです。今回は、東レ時代に同期最年少役員になった経歴を持つ佐々木常夫さん…

良きリーダーは「世のため人のため」に働く【元東レ経営研究所社長 佐々木常夫さん「リーダーになるために必要なこと」part2】

将来に良きリーダーとなるためには、やはり良きリーダーに多くを学ぶことが必要です。東レ時代に3代の社長に仕え、自身も東レ経営研究所社長としての職務を経験した佐々木常夫さんに、理想のリーダー像や、良きリーダーはどのように自分の仕事や周囲との人間…

「良い習慣」は才能を超える! 謙虚に学びハードに働く【元東レ経営研究所社長 佐々木常夫さん「リーダーになるために必要なこと」part1】

優れたリーダーたちは、リーダーになる前の若いころにどのような姿勢で毎日の仕事に取り組み、いかなる方法で周囲から認められる成果を挙げてきたのでしょうか。 東レ株式会社取締役および株式会社東レ経営研究所社長を経て、現在は経営者育成事業をはじめ、…

“冷たい物” “硬い物” を触っていると冷淡になる!? 環境が引き起こす「誤判断」を避ける4つのヒント

わたしたちは、日々さまざまなことを判断しています。たとえば今日着ていく服を決めるため、天気予報などで後々の天気と気温を判断したり、どの路線で行くと到着が早いか判断したり、どのランチを選択すると満足感が高いか判断したりなどです。そういった判…

生産性が高い人に共通する6つの行動と、生産性を高めるための6つのヒント

日本のGDPは世界第3位(2017年時点)でありながら、1人あたりのGDPで見ると、2014年が24位、2015年が27位、2016年には30位と、年々低下しているのだそう。生産性の向上は、企業の利益拡大につながり、従業員の賃金を上昇させる原資にもなるといいます。 生産…

自分も含めてすべての人間を疑うことで、どんな局面にも冷静に対処できる【小林弘幸『カリスマの言葉』第8回】

人は、「社会」という他者との関わりのなかで生きています。どんなに孤高に見える人だって、けっしてひとりでは生きていけません。ましてや、周囲の多くの人たちと協力・協働しながら仕事を進め成果を出していく社会人であればなおさらでしょう。 大きなプロ…

「自分はデキる!」には罠がある。根拠のない自信を生み出す “自己中心性バイアス” の回避策。

「プレゼンで勝てると思っていたのに、なぜか勝てなかった」「自信はあったはずなのに、相手のほうが一枚上手だった」こういった経験はありませんか。 このようなとき、もしかしたらその自信には根拠がなかったのかもしれません。根拠のない自信であったがゆ…

行動経済学で明らかになった「先延ばし」のメカニズム。どうすれば “すぐやる人” になれるのか?

やるべきことはたくさんあるのに、いつも先延ばしして後で苦しい思いをする。そういった経験を、誰もが持っているものと思います。 子どものころ、夏休みの宿題に最後の最後まで手をつけず、提出が遅れて先生に怒られたことがある方であれば、「自分はそうい…

“他者のため” は必ず自分に返ってくる! 『外与』の創業者精神に学ぶ「成長のためのヒント」

ビジネスパーソンとしてもっと成長したい。将来のために自らをスキルアップさせておきたい。でも、何をすればいいのかわからない……。成長志向にあふれた人でも、時として、こう悩んでしまうかもしれませんね。 総合繊維商社「外与」の創業者精神に、解決のた…

情報を集めても使えなければ意味がない。イノベーションが生まれる「2R2Aサイクル」を意識せよ!

みなさんは、普段の仕事において膨大な情報を扱うことがありますか。 上司から大量のデータを渡され「これ、まとめておいて」と言われたけれど、どうすればいいかわからない。 膨大な顧客アンケート。集めたのはいいけれど、次につなげるにはどうしたらいい…

東大卒・医学部編入・書籍出版。夢を実現し続けてきた筆者が送る、飛躍のための3つのヒント

ビジネスパーソンとして頑張っているけれど、大学院で勉強をして修士号を取ったり、海外でMBAを取得したりして、ビジネスパーソンとは別の肩書きを手に入れたい。でも、実際どうやって行動を起こしていけばいいのだろう……。 仕事でへとへとな毎日。どうにか…

論理的思考だけでは非効率!? 仕事が高速で進む「ヒューリスティクス」という考え方。

仕事の質には一定の評価があるけれど、迅速さに欠けるとお悩みの方は、完璧主義、あるいは論理的思考になり過ぎているかもしれません。仕事の効率を上げたいなら、取り入れるべきは「優先順位主義」と「ヒューリスティクス」です。その理由を説明しましょう。

米長邦雄 勝ち続ける人には理由がある 覚悟の強さが生み出す「勝者の思考」【棋士たちの言葉 第6回】

誰よりも勝利を望む気持ちが強い者だけが生き残るのが、プロフェッショナルの世界。どんな分野でも「勝負強い」人というのは、並大抵ではない覚悟を持って戦いの場に臨んでいると、かつて米長邦雄さんは言いました。 今回は、将棋界に数々の伝説を打ち立てた…

自ら壁を創り出し、自ら壁を乗り越えよ。“成長のための行動” を『リクルート』に学ぶ。

毎日が似たような仕事の繰り返し。業務に慣れてきて成長の実感が得られない。入社・異動・転職などの環境変化があったとしても、1年や2年も経過してしまえば、このような感覚に悩まされることも決して少なくはないはずです。 この状態を “安住” ととらえて守…

加藤一二三 選択に迷ったときほど役に立つ!? ひふみんが頼りにする究極の「決断力」【棋士たちの言葉 第5回】

なにかを選択するときに迷ってしまうのは、誰しもが経験することです。試験でも解答するのに迷いに迷って、いろいろ考えた末に選んだ答えが間違っていた……そんな経験をしたことがあるかもしれません。 そんなとき、棋士の加藤一二三さんはある指針に従って判…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら