対人関係

アマゾン流「最強の仕事人」は “同意できない決定” にも全力を尽くす。文句ばかり言い続けるのは二流の証だ。

仕事はチームで進めるもの。自分はその歯車のひとつにすぎないから、“突き抜けた人材になる” ことなど到底できるはずはない……。そうお思いの方は、個人的な成果ばかりを追い求めることから、チームへの貢献度合いを上げることへとシフトしてはいかがでしょう…

「自己肯定感の低い人」が夜にするべき大切な習慣。“過小評価” 思考はペンと紙で克服できる。

あなたは普段、人から褒められたときや何かのプロジェクトで成功を収めたときに、どのように感じますか? 「たまたま運が良かっただけ」「自分は何もしていない」と謙虚に受け止める人が多いかもしれません。 謙虚でいることは良いことですが、さらに「自分…

“個人主義” は損だらけ。仲間を集めたほうが高パフォーマンスを発揮できる脳科学的理由。

仕事熱心だし、よく勉強するし、何でも努力する自分は、結構優秀なほうだと思う。しかし、どうもいまひとつ突き抜けられない。 そう感じているあなたが、「大勢で作業するのは得意じゃない」「ひとりでやったほうが速いし確実」「足を引っ張られたくない」と…

AI時代に大活躍できるのは「心の動き」を読める人。建前に惑わされないための大切な思考習慣

有識者は「すべてのビジネスが、“人間の心”を対象としたものだ」といいます。そんななか、感情を読みとる AI の基礎にもなっているエクマン理論が、日本人において通用しないことが明らかになりました。その事実からも、「心奥(心の奥底)に秘めた思いを感…

謙虚すぎると疎まれる。まわりから “ちょっと面倒な人” と思われがちな4大NG行動

「コンプライアンスを甘く見るとだめですよ」 「〇〇するべきです」 職場で何気なくこのような言葉を使ったことはありませんか? 一見何の変哲もない言葉ですが、もしかしたら相手を不快にさせて仕事仲間の士気を下げているかもしれません。 まわりから「面…

「動いてくれて当たり前」は危険。人を全然動かせない人には “配慮” が圧倒的に欠けている。

仕事は個人戦ではなくチーム戦です。では、人を上手に動かしチームとして成果をあげられる人と、人を動かすのが下手で成果をあげられない人には、どこに違いがあるのでしょうか。調べてみると、「人を動かせない人」には3つの致命的な特徴があることがわかり…

「怒ってばかりの人」は損だらけ。でも「怒れない人」も絶対に損をしている。

どんなことにもすぐに怒る人もいれば、一方で普通であれば怒るようなことにもまるで怒らない人もいます。対照的な両者ですが、ともに「人生で大きな損をしている」と、怒りと上手に付き合う心理トレーニングである「アンガーマネジメント」の第一人者・安藤…

やたらと「敵意をむき出してくる人」には “プライドくすぐり作戦” が効く。

「理由は知らないが嫌われている気がする」「やたら不機嫌な表情を見せてくる」「必ず意見や好みを否定される」――そんな人物が近くにいると困りますよね。いっそのこと問い詰めて、白黒ハッキリさせようと考える人もいるでしょう。 しかし、自分に敵意を向け…

いつも怒っている “あの人” とうまく関わる心理テク。気分屋上司も「パターン」がわかれば怖くない。

いつ顔を合わせてもイライラしている人が、あなたのまわりにもいるかもしれません。プライベートの世界であれば付き合わなければいいだけですが、会社の人間となるとそうはいきません。そういう人とどう付き合うべきか――。 アドバイスをくれたのは、怒りと上…

「苦手な人」のせいで仕事が捗らないなんてもったいない。タイプ別の対処法を考えてみた。

みなさんは、職場に苦手だと感じる人はいますか。仕事自体は楽しくても、そこで関わっている同僚や上司の中にあまり好きになれない人がいて、大変な思いをしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 苦手な人がいると、仕事をなかなか自分の思う…

会社の面倒くさすぎる人を上手にかわす最強武器「ジョーカーの笑顔」

いろいろなことが気になって目の前の仕事に集中できない、つい他人の顔色をうかがって思い切ったチャレンジができない……。「もっと鈍感になれたら」と考えている人に向けて、著書『スルースキル “あえて鈍感”になって人生をラクにする方法』(ワニブックス)…

「サイコパス」を演じたほうが仕事で大活躍できるワケ。

“サイコパス” という言葉を聞くと、皆さんはどんな人を想像しますか。「良心が欠けている」「罪悪を感じない」「プライドが高い」「責任感がない」「自分の過ちを認めない」など、ネガティブな印象を持っている方が多いのではないでしょうか。自分はそうはな…

「頭がいい人の話し方」3大原則。相槌は “とりあえず打つ” ものではない。

皆さんの職場には、「この人、頭いいな」「この人は信頼できるな」と思わせられるような人はいるでしょうか? “これまで築き上げてきた実績” や “普段の立ち居振る舞い” は、その人が知性的で信頼に足る人物かどうかを判断する大切な指標です。なかでも「話…

職場にひそむ “隠れナルシスト” に注意せよ。気づかぬうちに仕事を邪魔されている可能性あり。

夢を実現したい、仕事で成果を上げたいと、日々頑張るあなたのそばに、その行動すべてを“ひそかに”邪魔する人物がいるかもしれません。その人物とは、「隠れナルシスト」のこと。今回は、専門家が警鐘を鳴らす「隠れナルシスト」について、一般的なナルシス…

7割が「行きたくない」と思っているが……“参加すべき二次会” の判断基準はこれだ!

仕事と割り切りやすい取引先との二次会ならまだしも、職場関係の飲み会のあと、二次会に参加するかどうか迷うビジネスパーソンは多いはず。 「行きたくない」「行く義務はない」「断ったら嫌われるかも」「断ったら出世できないかも」などと、いろんな考えを…

「週1日は “仕事をしない日” をつくる」チャンスを確実にモノにできる人がやっていること。

いい仕事をするには、とにかくがむしゃらに全力で臨む——。それもひとつの考え方でしょう。でも、それだけでは本当に大きな成果につながる仕事はなかなかできない……。そう語るのは、大手化学メーカー・花王の研究開発職を経て、現在は商品開発コンサルタント…

「ありがとう」さえ言えない人に回ってくる5つのツケ。出世できないのも納得だった。

シドニー大学のニック・エンフィールド教授の研究によると、人は日常で90秒に1回は何らかの頼み事をしているのだそう。確かに「ペンを貸して」「ちょっと後ろを通らせて」といった簡単な頼み事は、無意識のうちにしてしまっていますよね。 一方、食品メーカ…

失敗を詫びるだけでは二流。信頼される一流は「その先の一手」を絶対に忘れない。

社会生活に「信頼」は不可欠です。しかし、築くのは決して簡単ではありません。世界的な文豪や、ビジネスシーンで活躍する人々の言葉をヒントに導き出した、信頼を勝ちとるために役立つ5つのテクニックを紹介します。 信頼を勝ちとるテク1:「周囲の期待を少…

嫌いな相手とうまく付き合うには、まず「本を貸して」とお願いするのがいい。

反りが合わない人が全くいないという環境は、この世に存在しません。だからこそ、いま少し「嫌い」を理解してみてはいかがでしょう。嫌いの正体を探り、嫌いな人とうまく仕事をするコツを紹介します。 嫌いの正体1「認知的不協和」とアドバイス 【嫌いと言え…

エセ “仕事がデキる人” の残念すぎる特徴「全部ひとりでやりたがる」

みなさんは、仕事をする際にひとりでなんでもかんでもやろうとしてはいませんか。「他の人がどうも頼りなくて、自分でやってしまった方が早い」「仕事を頼んだら、その人に迷惑がかかってしまうのではないか」。こういった理由で、なかなか人を頼れない方も…

いつも動いてくれない “あの人” が動きだす魔法のセリフ。“あの5文字” を必ず最初に添えなさい。

物事が循環しているのは、必ず“誰かのおかげ”があるからですよね。しかし、ときにその“誰か”は、こうしてくれたら「うまくいく・助かる・安心できる」のに、どうしても望みどおりに動いてくれないことがあります。 とはいえ、他人の心は操作することができな…

「評価されていない」は杞憂に過ぎない。アドラー心理学が教えてくれた “心が楽になる” 対人関係のヒント。

「同僚は、自分のことをどう思っているんだろう?」「自分が考えるより、仲間は自分を評価していないかもしれない……」 もしかして、それは、取り越し苦労かもしれません。最新の研究結果では、多くの人が持つとされている「優越の錯覚」が否定されています。…

「友だちゼロ人」最強説。なぜ “群れたがる人” は一流になりきれないのか?

「“ぼっち” なんて嫌だから、とにかく友だちが欲しい」 「SNSで多くの人とつながっていないと不安だ」 「嫌われたくないから周囲に合わせよう」 こんな息苦しい生き方をしている人はいませんか? 人付き合いがそれほど得意ではないにもかかわらず、無理に他…

良質な人間関係は “昼12時” から始まる。口下手でも人脈が築ける「アライアンスランチ入門」

ビジネスにおける人脈の重要性は痛いほど感じていたとしても、なにかと時間に追われる社会人にとって、そのための時間を割くのはそう簡単ではありません。でも、大企業を中心としたクライアントを相手に、経営コンサルタントとして活躍する平野敦士カールさ…

「なぜか信用されない人」の意外な共通点。“あの5文字” を言えないのが最悪原因だった。

相手からすぐに信用を得られる人、なかなか信用されない残念な人、その違いはどこにあるのでしょうか? 信用される人には、じつは意外な共通点があります。ある場面では本心を包み隠さず話し、ある場面ではデキる人を演じ、ある場面では “あの言葉” を積極的…

ヒントはYouTubeにあり。自分に強みがなくても “最強人脈” を築く方法

先行きの見えないこれからの時代を生きるうえで、もっとも重要な財産というとなにをイメージしますか? 大企業を中心としたクライアントを相手に経営コンサルタントとして活躍する平野敦士カールさんは、「それは人脈だ」と断言します。その根拠とはどんなも…

「人脈を築けない人」2つの致命的欠陥。異業種パーティーより大切にしなければいけないこと。

「人脈」というものに、多少なりとも嫌悪感を持っている人もいるかもしれません。ただ、ビジネスにおいてそれが大きな力を発揮するのは事実です。では、どうすればより強い人脈を築くことができるのでしょうか。 お話を聞いたのは、大企業を中心としたクライ…

「会話が原因で嫌われる人」がやっている4つのこと。“興味がない” は意外とすぐバレる。

「あ、この人とは関わりたくないな……」 「なんだか好きになれないな……」 普段のちょっとした会話が原因で、こう思われてしまう危険性があります。 残念なコミュニケーションを取る人に共通する4つのNG会話法をまとめました。自分に当てはまっているものがな…

“恋人さえ大切にできない人” に欠けている「SQ」という知性。

知能を指数化したIQ(知能指数)のほか、近年は感情を指数化したEQ(心の知能指数)や、逆境への対応力を指数化したAQ(逆境指数)なども重要視されるようになりました。 そして、もうひとつ注目を集めているのは、「SQ」と呼ばれる「社会的知性」です。この…

「敵意むき出し人間」がコロッと味方に変わる魔法の心理テク。“あの頼みごと” が効果的だった。

上司に先輩、同僚に同級生、あるいは後輩に、どうもいまひとつ好かれていない気がする……。そう感じるときは、ちょっとした心理テクニックを活用してみましょう。あなたの働きかけで「認知的不協和」を起こした敵は、きっとあなたの支援者へと変化するはず。…

10年後に「一流になれる人」「二流止まりの人」。決定的な差を生む5つの行動習慣。

仕事をしていると、ふと「今のままでいいのかな」と将来に対して漠然とした不安を覚えることはありませんか? もし明確な将来のビジョンを思い描けずに、ただなんとなく毎日を過ごしているとしたら要注意です。 若いうちは大抵のミスも「若いから」「経験が…

「人の悪口を言わない人間」を絶対に信用してはいけないワケ。

プロ野球界を代表する名将・野村克也さん。データを駆使した「ID野球」の他、歯に衣着せぬ物言いでもおなじみです。 プロ野球チーム・楽天の監督を務めた2009年を最後に一線から退いたものの、いまも多くの野球ファンから厚い支持を集めるのが野球解説者とし…

「初対面で失敗する人」の3大共通NG。すべての命運は “最初の5秒” にかかっている。

みなさんは、初対面の相手に良い印象を持ってもらえる自信がありますか。 例えば、就職・転職・異動などの機会に新しい組織に加わる際や、営業や接客の仕事をしている場合には、初対面の人と会う機会が多いと思います。初対面の相手に良い印象を与えることが…

いつも助けてくれない “あの人” が協力してくれる魔法のセリフ。「すぐやって」は絶対NG!

ビジネスの現場では、周囲が協力的であればあるほど物事がスムーズに運びます。だからといって、自分よりも他者の利益を優先する利他的な人ばかりが周囲にいればいい、というわけでもないようです。 2017年の研究では、利他主義者も、利己主義者も、「時間」…

朝のエレベーターでは必ず挨拶をしなさい——自分が最高に得する「気くばり」のしかた。

向上心を持ち仕事で成果を出したいと思う反面、月曜日の朝が憂鬱だという人もいるでしょう。仕事嫌いとまでは言わないまでも、それが多くの人の本音ではないでしょうか。 しかし、あるものによって職場環境が快適に変わるそう。あるものとは、「気くばり」で…

「落語」が雑談力アップに効く意外な理由。どうすれば “超一流の雑談力” が身につくのか?

何気ない会話や「雑談」が、人間関係、そして仕事の可能性を大きく広げることもあります。「雑談力」を磨きたいと思いながらも、雑談自体があまりに日常的なものであるがゆえに、その方法が思いつかないという人もいるでしょう。 お話を聞いたのは、約1700社…

雑談上手は「2:8」を意識する。初対面で相手の心をつかむためのシンプルなルール。

メールはもとより、数多くのSNSの登場もあってコミュニケーションツールは広がり続けています。一方、直接会うか電話くらいしか他人とコミュニケーションする手段がなかった時代に比べると、会話が苦手という人も増えているのではないでしょうか。 そういう…

上司がサイコパスか判断できる5つのチェックポイント。“気分屋上司” とうまく関わるには?

あなたの近くに、トークがうまくて自信に満ちあふれた上司はいますか? しかも、発言がコロコロ変わり、真実ではないことを、あたかも本当のことのように平気で話します。また、弱みを見つけられたら最後、その部分を徹底的に攻撃してくるのです。 それでい…

「嫌われているかも」は思い違い。自分を過小評価しがちな人が、もっと自信を持っていい理由。

新しい職場や学校で、あるいは初めて参加した活動の場で、もしくは、いつも接している目の前の相手が「わたしに興味がないのかも……」「あまり好かれていないかも……」と感じたことはありますか? あると答えた方は、「それは自信が持てないからだ」と考えるか…

もしも部下同士が喧嘩を始めたら……こじれた人間関係はどうすれば修復できるのか?

さまざまな人が集まる職場では、仕事への取り組み方や態度は人それぞれ。このような仕事における価値観の違いが原因で、「相手のことが気にいらない、話もしたくない」と、時に人間関係がこじれます。人間関係のこじれがひどくなると、お互い冷静に意見を聞…

仕事相手が「サイコパス」だったときの5つの対処法。“口達者な嘘つき” とどう関わればいいのか?

「サイコパス」と聞くと、映画などに出てくる犯罪者をイメージする人が多いのではないでしょうか。でも実は、一般社会にも多く紛れ込んでいるそうですよ!? もしも、あなたの頭を悩ます存在がサイコパスであれば、「きっと分かってくれる」が通用しません。…

その言い方、損してない? 人気コピーライター直伝「結果が変わる伝え方」

仕事の依頼、企画の提案、取引先とのコミュニケーション、友人関係や恋人関係など。ビジネスにおいてもプライベートにおいても、私たちは “いかにうまく言葉を伝えられるか” がモノを言う世の中を生きています。 依頼が通らない、言葉足らずで誤解されやすい…

“断り下手” な人はなぜ仕事で失敗するのか? 信頼を落とさない「上手な断り方」

「この仕事、お願いしてもいいかな?」 「今度〇〇に付き合ってほしいんだけど……」 ビジネスにおいても、プライベートにおいても、仕事を振られたり頼み事をされたりすることは多々ありますよね。余裕がない時や、自分にとってキャパオーバーな時には断りた…

誰でもなれる! 「サーバントリーダー」という新たなリーダーのカタチ

リーダーシップのある人の特徴とはどのようなものでしょうか? そう聞かれたとき、「カリスマ性がある」「堂々としている」「組織をまとめる力がある」などの回答をする方が多いのではないでしょうか。このように、リーダーは「部下を引っ張る」ものだ、とイ…

「孤独」も「大勢」もちょっと危険!? 仕事の生産性を高めるには『人間関係の幅』をコントロールせよ。

みなさんは、ひとりで黙々と作業をしているときに仕事が捗るタイプですか? それとも、誰かと一緒に頑張っているときに捗るタイプでしょうか? 職種にもよりますが、自分の仕事スタイルと合わない環境で作業をしなければならない場合、やる気があまり出ない…

意外と遠慮は必要ない!? 『DESI』のステップで頼み上手になれる。

みなさんは、気兼ねなく誰かに頼みごとをすることはできますか。もしかすると、「頼んで断られたら気まずい」「忙しいときに頼むのは迷惑かも」などと考えてしまい、誰かに頼みごとをするのに苦手意識を持ってしまっている方もいらっしゃるかもしれませんね…

“自己焦点” を心がけろ! 相手が予想外の行動を起こしたときの心理学的対処法

人間には、自分の経験を増やし、他者を理解するため、無意識のうちに人と同じような行動をとってしまうメカニズムがあります。また、他者の次の動きを予測したり、心の状態を推測したりする機能も持ち合わせています。これらはすべて、私たちの行動に大きな…

「now that 報酬」で相手のやる気を引き出せる! “本当に正しい褒め方” 3つのきほん。

仕事仲間がプロジェクトを成功させたとき、子どもがテストでいい点数を取ったとき、部下が仕事で良い成果を上げたとき……そんなときに、相手をうまく褒められていますか? 褒めるという行為は相手の良い行動に対する一種の報酬であり、適切に行えばモチベーシ…

自分も含めてすべての人間を疑うことで、どんな局面にも冷静に対処できる【小林弘幸『カリスマの言葉』第8回】

人は、「社会」という他者との関わりのなかで生きています。どんなに孤高に見える人だって、けっしてひとりでは生きていけません。ましてや、周囲の多くの人たちと協力・協働しながら仕事を進め成果を出していく社会人であればなおさらでしょう。 大きなプロ…

新人は “対話” を求めている。「後輩社員の育て方」守っておきたい3か条。

職場に新入社員が配属された、はじめて仕事の後輩を持つことになった、新人の教育係に任命された――。このようなとき、多くの人が気にするのが「後輩社員の育て方」ではないでしょうか。 先輩としていいところを見せたいけれど、後輩指導って、いったい何をど…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら