思考法・発想法

“失敗を恐れる人” に表れる3つの危ない思考習慣。「成功か失敗か」だけの判断は偏りすぎている。

「失敗が怖くて思い切って動けません……」という悩みは、大人であっても非常に多いものです。実際、習慣化コンサルタントとして活動していると、そのような悩みを耳にします。 会社組織で見た場合、社会人の先輩の観点から「失敗を恐れるな! 失敗は成功の元…

「頭が切れる」の正体は『質問力』だった。“最高の質問術” には3つの重要原則がある。

入社して数年経ち、後輩もできて指導をする立場になったけれど、なかなかうまくいかないなと感じているあなた。最近、同期に営業成績や上司からの評価で差をつけられ始めていると感じているあなた。「自分は不器用だから」「アイツは頭が切れるから」と嘆き…

「孤独を愛する人」が強い8つの理由。“ひとり好き” は無理に友だちを作らなくていい。

「孤独」という言葉には、ネガティブなイメージがつきまといます。それゆえに、新しい環境に足を踏み入れる際は、「溶け込まなければ」「友達をつくらなければ」と、プレッシャーを感じる人も多いのではないでしょうか。 あまり社交的ではない人には、大きな…

「趣味ナシ」だとお金も仕事も損だらけ。デキる人が趣味時間を死守する納得の理由。

多くの時間を仕事に費やし、自分の趣味を“ないがしろ”にしてはいませんか? 「今は仕事の成果をあげることだけで精一杯。のんびり趣味を楽しむのは引退してからでいい」と考えるのは間違いかもしれません。むしろ趣味に没頭するほうが、仕事のパフォーマンス…

“落書き” するだけで脳血流が増える!? 賢い脳をつくる3つの習慣。

賢い脳ほど、血に飢えている――。そう聞くと訝しく思う人もいるかもしれませんが、実はこれはれっきとした事実。『海外研究「賢い脳は “血” に飢えている」——脳血流を増やす最高の3習慣』で伝えられている通り、2016年に発表された海外研究において、人間は進…

人々はなぜシェアしたがるのか。“感情トリガー” から考える「バズるコンテンツ」のつくりかた。

何万リツイートもされる宣伝や、思わず目を引くPR……。企画を考えたり商品をPRしたりする立場にある人の多くは、そんな「バズる」コンテンツを生み出すべく、日々アイデアを練っていることと思います。 では、魅力的なコンテンツを創造するには、どのようなポ…

“創造力の才能” を持つのはたった5%!? だからこそ95%の凡人は「アート」を学ぶべきだ。

周囲よりも一歩進んで一目置かれたいという思いや、革命的なアイデアをどんどん思いついてみたいという思いは、成長意欲の高いビジネスパーソンの方なら誰にでもあると思います。 驚くべき発想をどんどん生み出すには、当然のことながら創造性が必要です。し…

“3つの質問” でEQ(感情的知性)の高低がまるわかり。「自分の弱点」言えますか?

AI 時代を迎えた今、ますます感情的知性(EI)の必要性が高まっています。しかし、たとえば採用面接時などに、その能力の高低を判断するのは難しいのだとか。 そんななか、専門家が感情的知性を評価するための“3つの質問”を考案したそう。採用担当者のみなら…

“ぼんやり思考” の解像度を爆上げする「T字型思考法」がすごい。

漠然としたイメージやアイデアは持っているものの、はっきりとした形にならない。考えが、まるで雲のように頭の中に浮かんでいるばかりで、上手に言語化できない。そうお悩みの方はいませんか? 『「言葉にできる」は武器になる。』を著書に持つ、株式会社電…

一流シェフが “道端の雑草” をみて新メニューを思いつくカラクリ。「発想のスパーク」はどうすれば生まれるのか?

仕事で成果を出すには「勘」「ひらめき」「感情」を重視することが大切――。かつて、ボストン・コンサルティング・グループの日本代表を務めた早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成(うちだ・かずなり)先生はそう語ります(『“ロジック頼り” では感動は…

“ロジック頼り” では感動は生まれない。一流が「勘」と「ひらめき」をとても大切にする理由。

アイデアの正当性を裏づけるデータを求められる――ビジネスの場ではよくあることですが、その理由は、ビジネスの現場では「論理的思考」が大切だとされるからです。ところが、かつてボストン・コンサルティング・グループの日本代表を務めた早稲田大学ビジネ…

「言語能力が高い人」がやっている4つの習慣。“10歳児にもわかるように” 説明できますか?

みなさんは「話したいことや伝えたいことがまとまらない」と悩むことはありませんか? 話題が豊富で話し上手な友人や、理路整然とした説明ができる仕事仲間を見ては、「どうして彼らのように自在に言葉を操ることができないんだろう」と落ち込むことはありま…

世界のスタンダードは「デザイン思考」だ。“まずはやる” 人が仕事で絶対に得をする3つの理由

「ある程度資料が完成してから、上司に見せようか」「考えがまとまっていないから、まだお客様に連絡できない」など、色々と考えてしまい、なかなか仕事が前に進まなくて悩んだ経験はないでしょうか? 悩みに悩んで、時間をかけて完成させたのに、「イメージ…

外資系エリートが「手書きノート」をとても大事にするワケ。

大手外資系企業に勤めるようないわゆる「エリート」というと、スマートにパソコンを使いこなしているようなイメージがあります。でも、そんな人こそ「手書きを大事にしている」のだとか。そう語るのは、フリーライターの太田あやさん。「ノート術」に造詣が…

1日10枚 “A4用紙へのメモ書き” で「地頭力」のベースが鍛えられる。

「同じ課題をこなしているのに、どうして“あの人”は誰よりも処理能力が速くて正確なんだろう」 「問題解決に向けて議論しているとき、的確な解決法を提案するのはいつも同じ“あの人”」 このような人たちは『地頭が良い』と言われているはずです。 一般的に、…

1日 “最低1時間” 勉強するにはどうすればいいのか? 「マンダラート」で考察してみた。

みなさんは、「勉強」を日々の習慣にすることはできているでしょうか。漠然と「勉強しなければ」とは思っているものの、そもそも勉強時間をうまく捻出できなかったり、気分に左右されて勉強が捗らなかったり……こんな悩みを抱えている人も多いはずです。 勉強…

人は意外と「論理」では動かない。「感情」を揺さぶれるかどうかがキモ。

時間をかけて考え抜いたものほど「意外にパッとしなかった」ということはありませんか? それは、もしかして、論理的に考えすぎた、あるいは論理的に説明しすぎたせいかもしれません。人を動かすのは「論理」ではなく「感情」だといいます。 世界的に有名なC…

目標達成「マンダラート」は何がすごいのか? / 「Question Matrix」で課題を見える化【2019年人気記事】

2019年が始まって1ヶ月が経ちましたが、皆さんの学びは捗っていますか? 新年の意気込みを忘れつつあるあなたのために、ここ1ヶ月でヒットした記事の上位5傑をピックアップ、その内容をダイジェストでご紹介します。ヒット書籍が最近連発しているテーマ「メ…

頭の回転を速くする3つのトレーニング法。「100文字日記」で脳は活性化する。

ミーティングで次々とアイデアが出てくる人や、突然のトラブルにも動じずにとっさの対応ができる人を見ると、頭の回転の速さに驚かされます。それに比べて自分は……と落ち込む人もいることでしょう。 しかし、頭の回転が速い人は、必ずしも特別な才能や能力を…

アイデアに詰まったら「退屈」になろう。海外研究で明らかになった “退屈な時間” の意外すぎる効能。

先進5ヵ国を対象にアドビシステムズが行った2012年の調査によると、日本の印象は「もっともクリエイティブな国」だったそう。――にもかかわらず、「自分自身を表す言葉」で“クリエイティブ”を選択した人は、日本がもっとも少なかったのだとか。 この結果は、…

成長速度を爆上げする「6×5のマトリクス」がすごい。課題ポイントを一気に発見できる!

自分は頑張って仕事をしているつもりなのに、いつも周りとしゃべってばかりの職場の同期のほうが、自分よりも早く出世してゆく。そんなとき、ふと頭をよぎる「自分には才能がないのだろうか」「あの人は上司のお気に入りだから」という思い。努力が報われな…

「週1日は “仕事をしない日” をつくる」チャンスを確実にモノにできる人がやっていること。

いい仕事をするには、とにかくがむしゃらに全力で臨む——。それもひとつの考え方でしょう。でも、それだけでは本当に大きな成果につながる仕事はなかなかできない……。そう語るのは、大手化学メーカー・花王の研究開発職を経て、現在は商品開発コンサルタント…

「PDCA」を回しまくっている人が時代遅れなワケ。世界は “まずはやる” 方式にシフトしている。

「PDCA」という言葉。知らない人はいないと言えるほど、日本のビジネスにおいて広く浸透している言葉ですよね。 でも、このPDCAはもう時代遅れかもしれません。なぜならば、世界では今、それに代わる「デザイン思考」が主流になりつつあるからです。いつもPD…

「考えがいつも浅すぎる人」に欠けていたのは “手書きの習慣” だった。

自分の周りにいる人は、優れたアイデアを出したり、物事を多面的に考えたりするのが得意に見える。自分はどれも苦手なので、ついつい劣等感を抱いてしまう。ストレスを感じることも多い……。 そんなことばかり考えるのは、思考力をアップさせる「3つの習慣」…

【最新脳研究で判明】ほろ苦い失敗体験は “くつろげるカフェ” での一人反省会で克服できる

面接で失敗したら、「面接」という言葉を見聞きするだけで不安を感じるようになった。プレゼンテーションでうまく喋れなかったので、「プレゼン」と聞くだけでゾッとする……。 そんなとき、嫌な体験を忘れようと “心地よい情景や音” で頭のなかをいっぱいにし…

「高速脳」が手に入る、超シンプルな “1日10分のメモ書き” トレーニングがすごい。

「自分は頭の回転が遅い」 「決断力がない」 「意見が出てこない」 このようなコンプレックスを抱いていませんか? 周りが要領良く仕事をこなしているのに自分だけ時間がかかってしまったり、ミーティングで活発に意見を交わすことができなかったり。劣等感…

“大失敗” が可能にした4つの「大逆転ストーリー」。ディズニーの著作権はなぜあんなに厳しいのか?

人は失敗してこそ成長する——。多くの偉人たちも失敗を乗り越えて大きな成功を手にしている。そんなことは頭ではわかっていても、実際に失敗をすると落ち込み、引きずってしまうもの。すると、失敗を恐れて会議での発言を控えるなど消極的になり、大きな失敗…

成長し続ける一流、失敗を繰り返す二流……決定的な差を生む2つの思考習慣。

プロ野球選手として、また、監督として数々の金字塔を打ち立ててきた野村克也さん。たとえ野球ファンではなくとも、その名を知らない人はいないでしょう。まさに、一流中の一流と呼べる人物です。 いま、みなさんが身を置いているのはプロ野球のような華々し…

「去年から1ミリも成長できない人」がやりがちな4つの悪習慣

今の自分は1年前に比べてどれぐらい成長したか、いまいちピンとこない。同期は高い評価を得て出世していくのに、自分は進歩できている実感がない。 ビジネスパーソンとしての成長実感をあまり得られていないのは、悪い習慣が身についてしまっているからかも…

ノート1冊でできる。“東大式” 違和感をひらめきに変える簡単トレーニング

ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏や、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏らが大絶賛しているという世界的ベストセラー『ホモ・デウス』が、日本でも発売(2018年9月)され話題になっています。 しかし、そのなかには、著者でイスラエル人歴史…

デスクで考え続ける「自称 “思考家”」な人ほど、良いアイデアを生み出せないワケ。

あなたは、自分にクリエイティビティがあると思いますか? 決められた仕事をこなすのは容易でも、何か新しいものを考える作業、例えば新製品のアイデアを出したり、課題の解決策を探ったりするのは苦手だと思う人は多いかもしれません。自分で考えようとして…

失敗続きの人は「なぜ」を5回繰り返しなさい。二度と同じミスに泣かない “トヨタ式” 原因究明法。

皆さんは、仕事をしていてモヤモヤしてしまうことはありませんか? 自分なりに原因を特定し、解決策を講じたとしても、「この問題の原因はこれでいいのだろうか?」「この解決方法でよかったのだろうか?」と不安になることがありますよね。これは自分の中で…

仕事の生産性が低すぎる人の特徴5つ。「とりあえずメールチェック」は要注意。

決められた時間内にがりがりと仕事ができる同僚や先輩たちと、そうではない自分との違いは、いったい何なのだろう? それを理解し、改善していけば生産性の高いビジネスパーソンになれるかもしれない。常につきまとう劣等感も消え去るはず……! 自分の改善す…

名言は作れる! 人気コピーライターが語る、“心を動かす” 言葉とアイデアの生み出し方

インターネットが普及し、誰もがメディア側になれる現代。自分の言葉やアイデアに自信がない人は、“情報の洪水” とも呼ばれるこの世の中に、自信をなくしたり辟易したりしているかもしれません。 しかし、誰もがアウトプットできるこの時代について、ベスト…

あの「ポスト・イット」誕生の裏側にあったもの。失敗を成功に変える『リフレーミング』という思考法。

失敗して落ち込んだり、自分の悪いところに悩んだりすることはありませんか? 落ち込んだらずるずると引きずってしまって、またうまくいかなくなる……。そんなこともあるかもしれません。ネガティブな考えからは早く抜け出したいですよね。 そんな時に役立つ…

不安解消は「たった10分」あればいい。心をすっと楽にする3つの方法。

仕事やテスト、人間関係、将来への漠然とした不安などで精神的ストレスを抱えている皆さん。自律神経を整える呼吸法など、イライラ解消法を紹介します。

ポジティブ vs ネガティブ——理解力&独創性で比べてみたら、意外な結果が待っていた。

ポジティブでいることが幸せにつながる鍵である――。そう書かれた本が多数書店に積まれているのを見て、ため息をついている人はいませんか。「ポジティブにならなければならない」「ネガティブな考えを変えなきゃ」というプレッシャーを感じつつも、ネガティ…

もやもやする頭の中を “3つの視点” でスッキリさせる! 「メタモデル発想法」入門

問題にはまり込んでしまって、なかなか抜け出せない。考えが凝り固まって、問題の答えが浮かばない。そんなとき、視点をちょっとでも変えることができたら、考えもつかなかった解決策が見つかるかもしれませんよね。しかし、その「視点を変える」ということ…

仕事がデキる人の3つの特徴。仕事がデキる人は「○○○○」と言わない

皆さんの周りには、「仕事がデキる人」が1人や2人はいるでしょう。自分もあの人のように、仕事がデキる人になりたい。けれど何をどうやって真似ればいいの? どんな風に行動すれば、仕事がデキる人になれるのだろうか……? そうお思いの方に、仕事がデキる人…

「何も考えつかない」は卒業せよ。アイデアが不思議と生まれる “発想の方程式”

新商品の開発のために何か斬新なアイデアが欲しいという場面で、良いアイデアが全く生まれなかった、という経験はありませんか? おもしろいアイデアを出そうとすればするほど、焦るばかりで柔軟な発想ができなくなってしまいますよね。そこで今回は、なぜア…

創造性は “憧れ” から育つ。イノベーションの芽を伸ばす、上手な「模倣の仕方」

自身の創造性を高めたいと願うなら、まずは「憧れの対象」をつくり、まねることから始めてみてはいかがでしょう。創造と模倣は相反するようでいて、実はつながっているのだとか。「模倣こそが創造の母」とさえいわれています。それに、理解系の脳機能も強化…

私たちの判断は “4つのイドラ” に惑わされる。思い込みから脱出する「強い思考法」とは?

自分が正しいと思ったことにとらわれてしまう。そうした傾向を誰しも持っています。一度思い込みにとらわれると、思い込みはどんどん強固なものになっていき、そこから抜け出すのには大変な労力を要するもの。 分かりやすい例として、次のような状況が挙げら…

仕事で大きな成果を導く「俯瞰力」——東大首席卒・NY州弁護士 山口真由さんインタビュー【第3回】

「正しい勉強法を確立すれば、仕事で結果を出すためにも役に立つ」と、数々の難関試験に合格してきた山口真由さんは言います。自分に合った勉強法は、自ずと自分に合った正しい努力の方法や方向も示してくれるもの。 今回は、実際に山口さんが仕事での失敗や…

あなたに『挫折力』はありますか? 挫折を “価値ある経験” に昇華させる「強い心」の身につけ方。

ミスをしたり、ちょっと注意されたりするだけで落ち込んでしまう人がいる一方、何があってもへこたれない人がいます。その違いは、「挫折に対する抗体」と「切り替えるテクニック」を持っているか否か。打たれ強くなりたいなら、その2つを手に入れましょう。…

マイナス思考の元凶を断つ! 「紙に書き出す」が “認知の歪み” 矯正に効く理由。

ちょっとしたミスや難しい人付き合いなど、私たちの日常生活には落ち込んでしまうポイントがたくさんあります。ときには、ネガティブな気持ちにとらわれて何にも手をつけられなくなったり、気持ちの切り替えが全くできなくなったりしてしまうこともあるので…

東大の物理学者が教える! 問題の本質を浮かび上がらせる「地図メソッド」がすごい

難題に直面した。解決の糸口さえ見えない……。そんなとき、あなたならその困難にどうアプローチしますか? 突然ですが、筆者が学んでいる物理学は、さまざまな数学を駆使し、マクロな宇宙からミクロな素粒子まであらゆる自然現象を明らかにしていく学問です。…

「絶対解」はもう古い! 正解のない時代を生き抜くための「納得解」の求め方。

私たちは今、めまぐるしく変化し続ける社会の中で生きています。科学技術は日々進歩し、高度に発達したAIは近い将来私たちの仕事の一部を奪うだろうとまで言われています。また、インターネットをはじめとする技術の進歩により、社会問題はますます顕在化。…

仕事を効率化する14のアイデア。毎日の “小さな工夫” で「仕事がデキる人」になる!

「仕事の効率が悪い」とお悩みの方に、仕事効率化につながる14のヒントをお届けします。上手なタスク管理の方法、仕事がスピーディーに進む思考法、作業が捗る環境の整え方、脳の集中を促す休息法などなど。小さな工夫を積み重ねて、仕事がデキる人になりま…

デキる人は数字を使う! 「数字力」を磨く大切な習慣——“ビジネス数学の専門家” 深沢真太郎さんインタビュー【第2回】

「数字に強い」と聞くと、皆さんはどんな人を思い浮かべるでしょうか。高等数学に精通している人? 数学の試験で高得点をとれる人? 圧倒的な計算力を持っている人? 学生時代までであれば、たしかにそのとおりかもしれません。 でもビジネスの世界では、「…

誰でもクリエイティブになれる!? 「制限」の力を利用したアイデア発想法。

アイディアがなかなか出せずにいつも困る。 アイディアが浮かんだとしても、広がりすぎて収束できない。 このように、アイディアを出すことが苦手な人や、アイディアを出せたとしてもまとめることが苦手で最も良い結論が分からない人は、少なくないのではな…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら