文章術

研修感想文の書き方とは? 豊富な例文でわかりやすく解説!

新人研修、リーダー研修など社員研修の感想文の書き方で困っていませんか?豊富な例文でわかりやすく説明します。

デキる人が “文字で伝える” ときに守っている3つの黄金比「5:2」「20:1」「2:1」

文字で伝えるビジネスコミュニケーションといえば、メール。あなたはビジネスメールのうまさに自信はありますか? メールがうまいと「デキる人だ」と思われやすくなるもの。でも、自分のメールのどこをどう直せばいいメールになるのか、なかなか判断がつきま…

うまい文章を書くために超重要な「7つの能力」。高めるには “これ” をして!

文章が書けずに悩んでいませんか? メールや企画書、社内報に社外向けブログなど、ビジネスには文章力が不可欠です。読みやすくておもしろい文章、書きたいですよね。今回は、あなたの文章を格段にレベルアップさせる7つの力と、その高め方をお伝えします。 …

文章は9割が「素材」でできている。書き始める前に “この3要素” に着目せよ!

「文章は『素材』が9割」。そう言いきるのは、数々のベストセラーを生み出し、「ブックライター塾」も開講しているブックライターの上阪徹(うえさか・とおる)さん。上阪さんによれば、どんなに文章力がある人も、素材がなければ文章は書けないとのこと。 …

いい文章を書こうとして失敗する人の残念な特徴。「うまく書きたい」という思いは捨てなさい

「いい文章を書きたい」——。その願望は、仕事で文章を書く機会が多いビジネスパーソンにとって共通するものでしょう。 ところが、数々のベストセラーを生み出し、「ブックライター塾」も開講しているブックライターの上阪徹(うえさか・とおる)さんは、「い…

「文章が下手な人」に決定的に欠けていること。あなたに読み手への “サービス精神” はあるか?

ビジネスに欠かせないスキルのひとつである「文章術」。日々のメールはもちろん、各種のビジネス文書の作成など、仕事と文章は切っても切れない関係にあります。でも、「書くのが嫌い」「書くのは苦手」と、苦手意識をもっている人はかなり多いのではないで…

うまい文章を「書ける人」と「書けない人」の決定的違い。あなたは “3つのNG” に陥っていないか?

メールを書くとき。企画書をつくるとき。状況を文書で報告するとき。ビジネスのあらゆる場面で必要とされるのが「文章力」です。うまい文章を書きたいけれど、文章がすらすら出てこない、時間をかけるわりには全然進まない……そんな「書けない」あなたが陥っ…

「文字で伝えるのがうまい人」がいつも当たり前に守っている “5つのルール”

新型コロナウイルスの影響で、ビジネスシーンにおいては直接会って話すことが減り、文字でコミュニケーションをとることが多くなりました。そんななか、 「文字で伝えると何度もやり取りが必要で、電話したほうが早い……」「会って話せばうまく伝わることも、…

「印象のよい文章を書ける人」は “この4つ” を押さえている。

社内文書や会議でのプレゼンテーション資料、取引先へのメールなど、毎日何かしらの文章を書くなかで、自分はそんなつもりがなかったにもかかわらず相手へ不快感を抱かせてしまった経験はありませんか? 書き方ひとつで印象が大きく変わるのが文章というもの…

うまい文章を書くための3つの黄金比。「3:7」「1:1」「8:2」であなたの文は一皮むける

文章をうまく書きたいけれど、具体的にどんな工夫をしたらいいのかわからない。そう思っている方はいませんか? うまく書こう、うまく書こうとただ頑張っても、本当に効果的な方法をとらなければ、あなたの文章は何も変わりません。 そこで今回は、確実にう…

「うまい文章」を書く5つのコツ / 記憶力日本一が提唱「2つの記憶術」【2020年人気記事4位~6位】

コロナウイルス禍によって社会に大きな変化のあった2020年。働き方や仕事に変化をせまられた人。そしてその変化にとても苦労した人は、多かったのではないでしょうか。 だからこそ「今年は巻き返したい」「さらなる飛躍を目指したい」「新しいことを始めたい…

「うまい文章を書ける人」は “この3つ” を決してやらない。

日々のメールに大事な企画書。ビジネスのあらゆる場面で必要とされるのが文章力です。書き方ひとつで知的な印象を与えたり、相手を納得させることができたりと、文章がうまい人には多くのメリットがもたらされます。 しかし、うまい文章を書きたくてもどうす…

「文章力がない」社会人必見! 簡単トレーニング4選

文章力がない…と悩む社会人必見!手軽にできる練習法を紹介します。

「うまい文章を書ける人」には “この3つ” をする習慣がある。

伝えたいことがいろいろとありすぎて、結局まとまらない。自分の文章なのに、何を言いたいのかわからない文になる。でも、どうすればうまい文章を書けるのかわからない……。 そのような人に紹介したいのは、「書いた文章を削る」という少し意外な文章メソッド…

語彙力とは? 意味&鍛える方法まとめ

語彙力とは何か、意味をわかりやすく解説。おすすめ本の紹介や、語彙力を鍛える方法も。

【文章のプロも実践】文の組み立てが圧倒的にうまくなるテクニックはこれだ!

企画書や報告書の文がスラスラ書けない……。必要な情報は盛り込んでいるつもりだけど、なぜかいつもわかりづらい文章になる……。このように文章力が低いことで悩んでいるあなたに欠けているのは、じつは「構成力」かもしれません。 文章力アップに必要な要素に…

文章力をトレーニングできるおすすめアプリ6選

「文章力をトレーニングしたい!」という人に、おすすめのアプリを6つ紹介します。

「読書家」なのに「文章力がない」人がすべき正しい本の読み方。“この3つ” であなたの文はうまくなる

ビジネスでも勉強でも、文章力は大事ですよね。メールに企画書にレポート。文章を書く力が試されるシーンはいくらでもあります。 さて、文章力を鍛えるには読書が有効だと聞いたことはありませんか? そして、自分はよく本を読むほうなのに、なぜかうまい文…

「これだと言語能力が低くなる…」3つの原因。“便利な表現” に頼りすぎてない?

報告書やレポートの作成、私生活ではSNSの更新やメールのやりとりなど、言語能力を問われる場面は日常のなかにあふれています。たとえいいアイデアをもっていたとしても、言葉でうまく表現できないと、その魅力を伝えることはできません。できることなら、言…

「うまい文章を書ける人」は “この5つ” を自然とできている

「文章力」は、社会生活を送るうえで基本的かつ重要なスキルです。きれいで伝わる文章を書ける人はやはり信頼したくなりますし、逆に文章がめちゃくちゃだと「この人は大丈夫かな……?」と敬遠したくなるもの。メールやチャットがコミュニケーションの主流と…

究極の “13文字要約” に挑んでみたら、「要するに何?」がしっかり見極められるようになった話

文章がどうしても長くなる。意見はあるのに、うまく伝えられない。「私の話、ちゃんと聞いてましたか?」と言われる……。あなたが抱えるこのような問題は、要約力が足りないせいで起きているのかもしれません。 今回は、「13文字要約」という究極の要約トレー…

一流はこうやって賢く「言語化」している! “言いたいことがわからない” ときにすべき3つのプロセス

「周囲に対して説得力のある話し方ができない」「何かを説明しようとしても、まわりくどい言い方になってしまう」このように、言語化がなかなかうまくいかないと悩んでいる方はいませんか? ビジネスの場面では、「頭で考えていることを最適な言葉へ変換でき…

「文字で伝えるのがうまい人」は “この6つ” を意識している。

新型コロナウイルスの影響で、仕事のデジタルシフトが急加速しています。オフィスで顔を合わせて気軽に会話する機会は減り、メールやチャットなどテキストでコミュニケーションする場面が増えてきたのではないでしょうか。 相手の表情が見えず文字だけでやり…

「PREP法」なら誰でも論理的な文章が書ける!

PREP法のやり方・具体例・練習法をわかりやすく解説。就活やプレゼンで役立つ文章術です。

「文章力がない」はセンスの問題ではなかった! 文章力がない人に ”致命的に欠けている” 3つのこと

「文章をうまく書けないのは、自分にセンスがないから......」「文章のセンスは生まれつきのものだから、自分はきっと手遅れに違いない......」このような悩みを抱えて、文章力を磨くことから逃げていませんか。 「上手な文章を書くにはセンスが必要」という…

箇条書きとは? 超定番テクニックの活用例3選

箇条書きとは、情報を整理し簡潔に伝えられる便利な手段。箇条書きの活用法を、具体例とともに紹介します。

難しい言葉ばかり覚えるのは逆効果? 真の語彙力を鍛えるには◯◯◯を捨てなさい

みなさんは、語彙力に自信はありますか。なんでも「すごい」「やばい」で済ませてしまってはいないでしょうか。 今回は、ビジネスパーソンに語彙力がないとどうなるのか、そして語彙力を鍛えるためにはどうしたらよいのかをお伝えします。 語彙力とは「言葉…

“言語化能力の高い人” が必ずやっている「インプットとアウトプット」基本中の基本

ここ最近、注目を集めている「言語化」というキーワード。ヤフー株式会社のマーケティング本部長である井上大輔氏は、「言語化」について次のように述べています。 ①事象・具象(世の中のできごと)をよく観察すること。そこから、②複数の事象の共通点を見つ…

形容詞ばかり使っていると説得力ある話なんてできない。

自分の考えを述べたものの思うように伝わらなかった……。自分の意図とは違ったかたちで受け取られた……。そんなふうに悩んでいる人はいませんか? もしかするとその原因は、知らず知らずのうちに使いすぎている「形容詞」にあるかもしれません。形容詞を多用す…

いい文章を書けない人は「6つの基本」ができていない。“形容詞封印” で文章の解像度が格段に上がる!

いったい何を伝えたいのだろう……。言葉足らずでなかなか理解できない……。そんな「わかりにくい文章」は、ビジネスの世界では敬遠されます。それはわかっているけれども、文章を書くのがどうも苦手……そう悩んでいる方はいませんか? 最近では、メールやチャッ…

論理的な文章の書き方まとめ【例文アリ】

論理的な文章とは何か、例文を挙げながら解説。論理的な文章の書き方・論理的思考を鍛える方法も紹介します。

文章力とは何か徹底解説! 頭の良さとは関係ある?

文章力とは何でしょうか? 文章力がある人の特徴や、文章力の基本が分かる本、文章力がない人でもできる向上トレーニングを紹介します。

文章が書けない4つの原因と解決策

文章が書けないと悩む人のために、書けない原因とそれぞれの対策法を解説。『マジ文章書けないんだけど』など人気書籍の紹介も。

読みやすい文章、書けてる? 悪文の例と文章改善方法教えます

「読みやすい文章」を書いている自信はありますか? 小説からSNSの投稿文にいたるまで、世の中には「読みやすい文章」と「読みにくい文章」が存在しています。読みやすい文章の違いを例文と共にご紹介し、読みやすい文章の書き方をご説明します。

「なんか惜しい文章」はどこがマズイのか。“あの言葉” の使いすぎに要注意。

どんな仕事にも「プロならではの視点」があります。一般人は気にもしない細部の違いの積み重ねが、結果的には一般人にもわかりやすい「プロの仕事」となるのです。では、文章におけるプロは、どんな細部にこだわって違いを生み出しているのでしょうか。 お話…

文章がうまい人は “たった3行” で相手の心を動かせる。

文章を書くことに苦手意識が強い人の場合、「よし、書くぞ!」と思ってデスクに向かったものの、「どう書き始めればいいのかわからない……」と固まってしまうというのもよくある話です。 その書き出しの重要性を強く説くのが、コラムニストの尾藤克之(びとう…

「文章力が全然伸びない人」が知らない重要原則。うまい下手は “書く前” から決まっている。

依頼状や企画書など各種のビジネス文書にメールなど、ビジネスパーソンが日々の仕事のなかで文章を書く機会は少なくありません。ですが、「昔から国語だけはからっきし……」というような、文章を書くことがとにかく苦手だという人も多いでしょう。 そこで、ア…

手書き「100文字日記」が脳にもたらす大きな効果。記憶力も鍛えられる!

いまひとつ文章をうまくまとめられない。仕事中に「えーと、何だっけ?」と何度も確認してしまう。日々さまざまなストレスを感じている。 こうした悩みを抱えているならば、ぜひ手書きの「100文字日記」をつけてみてください。脳が活性化し、ストレスが軽減…

「文章が書けない」を根本解決できる『9マス自問自答法』がすごい。すべては “書く前” に決まる!

「いざ企画書を書こうとしたものの、何を書けばいいのかわからず前に進まない……」「報告書や挨拶文を書くときに、文章が思いつかず必要以上に時間がかかる……」こんな経験、ありませんか? その原因は、センスや発想力が足りないからではなく、“書くための情…

使える言葉がどんどん増える! 5分でできる「9マス類語変換ゲーム」で楽しく語彙力アップを。

「文章がうまく書けない……」「書いても書いても上達しない……」と悩むみなさん。語彙力、足りていますか? 巧みな構成や優れた発想があったとしても、人に伝わる文章を書くには、やはり語彙力が必須です。もしかしたら、文章がうまく書けない原因は、言葉の引…

「ムダに文章が長くなる人」はどこがいけないのか? 書く前に “何もしない” のが絶対NGなワケ。

「つい長文メールを書いてしまう……」「2枚にまとめる予定の資料が5枚を超えていた……」というように、長い文章を書く癖がある人は、ビジネスシーンで2つの損をしています。ひとつは、文章の要点を相手に伝えられないこと。もうひとつは、仕事がデキない人と評…

「文章が下手な人」ができていない4つの大事なこと。“文を書く前” にやるべきことがある。

文章の上手・下手は、才能や頭のよさによるものだと思い込んでいませんか? よい文章を書くのに必要なのは、ちょっとしたテクニックとコツです。テクニックさえ使えば、誰でも一定水準を超える文章を書くことが可能だといえるでしょう。 今回は「どうしても…

新聞の「100文字要約」が文章力と読解力のトレーニングに最高なワケ。

文章の論旨や要点を短くまとめて表現する要約文。学生の頃、レポート作成などで書いた経験があるものの、それ以降はまったく書いていないという人は多いことでしょう。 しかし、文章作成が苦手な人や、文章がわかりにくいと指摘される人、自分の考えが相手に…

プロが教えてくれた文章力最速習得法——え、たったこれだけでいいんですか!?

「文章に苦手意識を持ったまま大人になってしまった……」 「文章力って、生まれ持ったセンスがものを言うのでは……」 こんな悩みや疑問をお持ちの方も多いはず。今から文章力を伸ばしたいと思ったところで、本当に伸ばしていくことはできるのでしょうか。 答え…

名言は作れる! 人気コピーライターが語る、“心を動かす” 言葉とアイデアの生み出し方

インターネットが普及し、誰もがメディア側になれる現代。自分の言葉やアイデアに自信がない人は、“情報の洪水” とも呼ばれるこの世の中に、自信をなくしたり辟易したりしているかもしれません。

あなたの能力を最大化させる東大式 “1冊7回読書法” の効果がすごい

「Don’t think. FEEL (考えるな、感じろ)!」とは、世界各国で大ヒットを記録した1973年の映画『燃えよドラゴン』のなかで、少林寺の高弟を演じていたブルース・リーがいった言葉。精神論のようにも聞こえますが、最新の研究ではその言葉通り、身体感覚が…

文章の書き方をプロに学ぶ! 『文章力を最速で習得! 文章がすらすら書けるようになるライティング講座』開催決定!

私たちは、日々さまざまな場面で文章を書いています。仕事であれば、ビジネスメール、上司への報告書、社外向けの企画書など。あるいは仕事以外でも、ブログやSNSなどを通して情報発信をしている人もいるはず。それに、プライベートのメールだって、立派な文…

伝えたいことを “書ける” 人になる。文章力を鍛える3つのトレーニング方法。

みなさんは、自分の文章力に自信がありますか。学生ならレポートや卒業論文、社会人の方であれば企画書や報告書など、文章を書く機会はきっとたくさんあるでしょう。筆者も学生でありまたライターのはしくれ、自分の文章力を高めたいと努力の日々を送ってい…

「言葉を知らない」では深い思考ができぬ。語彙力を伸ばす大切な習慣――“文章術のプロ” 山口拓朗さんインタビュー【第4回】

文章を書くうえで、そして人とコミュニケーションを取るうえで、必要とされるスキルが「語彙力」です。当然、語彙を知っているに越したことはなさそうですが……具体的にどう役立つのでしょうか? 伝える力【話す・書く】研究所所長 山口拓朗さんへの全4回にわ…

「とにかく書きまくる」はNG!? 効率的に文章力を伸ばすための4つのヒント――“文章術のプロ” 山口拓朗さんインタビュー【第3回】

「文章は書けばうまくなる」 どこかでこう伝え聞き、文章力アップのためにとにかく量をこなし続けている人もいるかもしれません。でも、この方法では文章力は思うように伸びていかないと、“文章術のプロ” 山口拓朗さんは指摘します。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら