文章術

今求められているのは「速く」書く力。スピード文章術の4つの極意

文章を速く書くことができず、悩む人は結構多いのではないでしょうか。なぜならば、今は多くの場で「書く」ことが求められる時代だから。「伝わる文章」や「きれいな文章」はもちろん大切ですが、速く文章を書くことも重要です。速筆になるため日々奮闘する…

文章力はTwitterで磨け! 東大生がすすめる「Twitter文章力トレーニング」3つのコツ

みなさんは、文章力に自信がありますか? ビジネスパーソンに必須な文章力は、簡単なメールを送るにも書類を作成するにも文章力は問われます。しかし「読みやすい文章が書けない」、「書きたいことは決まっているのにうまくまとまらない」と感じることもある…

人に惚れられる文章を! 文章がみるみる上達する「セルフ校正校閲術」

「文章に間違いが多い、誤字脱字の癖が治らない、どうにも文章が落ち着かない」 そんな経験はありませんか? 本を読んでいるときは何の違和感もなく受け入れられる表現が、自分で書くとなんだか気持ち悪く感じられることがありますよね。間違った表現をして…

生涯給与は “文章力” で決まる!? 「できる社会人」の「できる文章」5つのコツ

文章を書くのが苦手。そうお悩みの方はいませんか? 読みづらい文章は、不快感をもたらすだけではありません。 ひとつやふたつのタイプミスなら仕方がないかもしれませんね。しかし、書くのが苦手で、言いたいことを明確に伝えられないとしたら、あなたの職…

Study Hackerのライターが教える、“人に伝わる” 文章を書くための3つのポイント。

あなたは文章で自分の考えを伝えられますか? 会話と違って書く側も読む側も時間を使えるのだから、会話よりも正確に内容を伝えられるだろう。そう思っていらっしゃるかもしれません。 しかし、メールや資料、エントリーシートなどで自分の考えを正確に伝え…

『伝わる文章』を書くために。絶対に押さえておきたい4つの “きほん” 。

メールや企画書、レポートに論文など、日常的に文章を書く機会はたくさんあります。文章を書くことが苦手な方は、 さぞかし憂鬱でしょう。そこで今回は、「相手に正しく伝わるような文章が書きたいけれど、具体的にどうすればいいのか分からない」という方の…

理系東大生がWEBライターを4年やったら、コミュ力が100倍になった話。

こんにちは。StudyHacker編集部です。 今回はいつもの記事とは少し趣向を変えて、StudyHackerのライターとして活躍する本橋さんに、インタビューを行いました。本橋さんは東京大学農学部の4年生。StudyHacker初期の頃からライターとして活躍し、300本もの記…

「とりあえず書いてみる」が究極のコツ。文書作成は "書き出し" にこだわるな!

「良い出だしが思い付かない」「まだ構成がまとまっていない」ちょっとしたコラムや手紙、メール、ビジネス書類まで、文章作成というものは、なかなか思うように進まないですよね。その際に、ほとんどの人がパソコンを使用していると思いますが、ライティン…

理系こそ「伝える力」を身につけよう! 発信力アップのためのTwitter活用法

理系学生の皆さん、「コミュ力(コミュニケーション能力)」に自信はありますか?「リケジョ」「理系男子」といった言葉が一般的になり、スポットライトの当たりやすい存在になった理系。以前に比べてだいぶ身近になってきた一方で、そのスポットライトの中…

紙一枚でまとめる「トヨタ式」ドキュメント。無駄をなくして本質を伝える。

みなさんは、報告書や議事録などの書類づくりがはかどらない、苦労して作った企画書の提案が通らない、このような経験はありませんか? 今回は、そんな悩みを一気に解消する、画期的な書類作成法をご紹介します。 説得力のある書類をすばやくつくることがで…

入社3年目でプロジェクト責任者に。メッセージが届き、心が伝わる「強い企画書」の作り方

やりたい企画があるけれども、なかなか通らない。経験や知識があまりなくて、企画書が通るか不安。仕事をしていて、そう思ったことが1度はあるのではないでしょうか? しかし、経験豊富でなくても、デザインが分かりやすくなくても、通る企画書を書くことが…

報告には "能力" が表れる! 1分で正確な報告をするための『報告の台本』

仕事をしていれば日常的に発生する「報告」という作業。しかし、日常的であるが故に何となくで済ませてしまってはいないでしょうか? 報告の質というのはビジネスパーソンとしての評価を左右する重大なファクターなのです。 漫然と要領を得ない報告をしてい…

しゃべりのプロ、お笑い芸人に学ぶ『トーク力』の磨き方。コツは日常の "小ネタ" にあり!

その場その場に応じた、思わず聞きこんでしまうような話をいつもしてくれる人。そんな「トーク力」に恵まれた人が、あなたの周りに何人かいることと思います。相手を飽きさせない話のテクニックにしても、面白おかしい話の内容にしても、よくそんなに引き出…

文章の質は論点が決める。クリアで知的な文章を書くための「論点の定め方」

皆さんは文章を書く上で最も大事なことは何だと思いますか? 鋭い切り口や鮮やかな比喩、はたまた流れるような論理構成。書き手によって多種多様な意見があると思います。 しかし多くの編集者や論文を執筆する教授など文章のプロは、ライティングで最も重要…

「話が長い」は嫌われる! ひとことでまとめる『要約力』を鍛える3つのトレーニング

「ひとこと」でまとめる。簡単なようでいて、実は案外難しいことではないでしょうか。 「この企画書のポイントは?」「御社の商品の魅力は何ですか?」「要するにどういう問題を解決したいの?」 仕事をする中で、こんな風に「要するに何なのか」と尋ねられ…

一目置かれる資料がすぐできる。資料作成三つの心得。

うまい企画書が書きたい。説得力のある資料を作成したい。でもなかなか難しい……。そんなことで悩んでいませんか? 企画書や顧客への提案資料などには、ある種の独特な規格のようなものが存在しています。 先輩が作成した前例を参考にできるならまだ良いほう…

ビジネスの基本スキル "文章力" はTwitterで鍛える! Twitterで文が上手くなる4つの理由。

皆さんは、文章を上手に書けなくて困ったことはありませんか? 業務メールや営業資料、企画書に報告書。一生懸命書いたのにも関わらず、上司から「もっと簡潔に書いて」「読みにくいから書き直して」などと言われ、突き返された経験はないでしょうか。働く上…

読まれるタイトルはどう作る? タイトル付けの極意「短歌形式」をマスターせよ!

仕事の企画書を書く時や文章を書かねばならない時、タイトルやキャッチコピーに悩んだことはありませんか? 広告マンやコピーライターでなくとも、ブログや企画書のタイトルを考えたり、プレゼンの決め台詞を作ったりする機会はあるでしょう。しかし、短い言…

「気になる」を作り出す。セールスライティングに学ぶ、人の心をつかむ "4つのU"

せっかく多くの時間をかけて営業資料や記事を作ったのに、なぜか反応が良くない。あるいは読んですらもらえなかったという経験はありませんか? もちろん辛いと思いますが、その原因は単にあなたの付けた見出し(タイトル)に魅力がなかっただけなのかもしれ…

日記が続かなかった私も継続できた。『10年日記』の続けられるしくみ

みなさんは日記をつけていますか? 毎日書くのは大変ですが、それでも日記をつけていると自分を振り返る良い機会にもなりますし、そういうことの積み重ねは就職活動や社会に出てからの信頼獲得の場面において強い味方になってくれますよ。さらに、日記にはス…

「だから文系は……」と言われないために。卒論執筆で鍛える、ビジネス基礎力講座。

大学生にとって、悩みの種のひとつであるのが、大学での学びの集大成でもある卒業論文。しかし、これに対して、文系学生はこう考える人が大多数だと思います。「卒論が社会で働く上で何の役に立つの?」「時間の無駄だからサクッと終わらせよう」確かに多く…

文章術の基礎の基礎。"書ける人" は必ず知っている「3つのマインドセット」

文章を書くのって、難しいですよね。学生の方なら、レポートや論文に追われます。社会人だって、メールに報告書に企画書と、文章を書く作業だらけではないでしょうか。文章を書く機会は多いのに、なかなか相手に認めてもらえるような文章が書けない。レポー…

タイトル付けにはコツがある。コピーライターに学ぶ、目を引くタイトルの作り方

SNSやブログの見出し、企画書のキャッチコピー、レポートの表題、メールの件名など、職業に限らず、今や学生や社会人であっても誰かに何かを伝えようとする時には、常にタイトルというものが存在しています。 そして、強い言葉のないタイトルは見逃され、忘…

"伝わりやすく" "知的に" 話すための3つのキーワード

1度の説明で、難しいこともたやすく理解させてしまう人がいます。その一方で、そこまでややこしくないことでもなかなか理解してもらえないという人もいます。この両者の違いは、頭の中で話の論理を整理できているかが大きく関わっています。論理のきちんと整…

「了解」は本当にダメ? 間違えやすい敬語の真実

日本語を母語としていてもなかなか難しい、敬語を使った表現。特に学生の場合、目上の人と接する機会が少ないので、とっさに敬語が求められたときにしどろもどろになってしまう人もいるでしょう。また、社会人の方の中にも、「これで大丈夫かな……」と不安に…

あなたがライティングを学ぶべき理由と、たった一つの方法論。

みなさんは文章を書くのは得意ですか? 筆者は、Study Hackerでライターを始めて2年が経過しましたが、2年前は全くの素人で短いコラムを完成させるのも精一杯でした。今ではすらすらと文章を書くことができるようになり、ネタ探しや執筆も段々と効率化されて…

思考を言葉にできますか? 考えを深めるための『twitter言語化トレーニング』

問題の解決策が浮かばない、もやもやしていて上手く考えがまとまらない、という状況は誰しも経験があると思います。そういう時、皆さんはどうしていますか? 私がオススメしたい解決策は、とにもかくにも「言語化」を行うことです。

セクシーできれいな字を書くための、今日からできる大人の文字練習法

「文字は人の性格を表す」昔から言われ続けている言葉で、耳にしたことがある方は多いかと思います。確かに上品で優しい性格の人ほどキレイな字を書くイメージがありますよね。また、キレイな字で書かれた文章を見ると心が温かくなります。逆に汚い文字を目…

文章力は "箇条書き" で鍛える! 伝わる文章を書くための『箇条書き文章術』

レポートや資料作り、報告書など、学校や仕事で文章を書く方は多いと思います。しかし、何から書けばいいのかわからなかったり、書いていたらまとまりがなくなってしまったり、とまどってしまうことも多いのではないでしょうか。いきなり書き始めるととても…

【書評】『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

上司に送るメールから、企画書、大学での期末レポートに至るまで、私たちは文章を書くことから逃げられません。ひと昔前までは、手紙といえば年賀状、なんて時代があったというのに。こんな世の中、「文章を書くのが苦手」は最悪ですね。今日ご紹介する本は…

文が下手だと評価が下がる! 正しく、読みやすい文章のための5つのコツ。

「あなたの文章はわかりにくい」こんな台詞、今までに一度くらいは言われたことがありませんか?

文章を書くのが苦手? わかりやすい文章をつくるための "論理展開" の基本

学生・社会人問わず多くの方が課せられる、レポートの作成。学生の方なら読書感想文や授業のレポート、社会人の方なら研修の報告書やセミナーのレポートなどが代表的なものでしょう。こうした書き物の課題では、ある程度長い文章を書くことが求められますよ…

「感想文の書き方」まとめ。会社でも学校でも使える!

社会人や大学生向けに、実習・研修・仕事で使える感想文の書き方のコツを説明します。

若手社会人必見! 『伝え方が9割』の佐々木圭一氏に聞く、 伝わる言葉 "2つのレシピ"

2013年の発売以来大きな支持を得て、6か月連続でビジネス書1位を記録し史上初3年連続でビジネス書のトップテン入りを果たした『伝え方が9割』。2015年4月には新たな伝え方の技術や実況中継型のワークショップを加えた続編も発売し、さらなる反響を呼んでいま…

【書評】『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』

「何を書けばいいかわからない」 会社の企画書からブログやFacebookの投稿に至るまで、そう嘆く人は多い。どうしてだろうか。 それは、書く準備をしていないからだ。 今日ご紹介するのは、「何を書けばいいかわからない」人のための一冊。 この本を読めば、…

【書評】『だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』

メールやLINEなどできちんと情報を伝えたはずなのに、相手には意図が全く伝わっていない。こんな経験ありませんか? 相手の顔が見えないうえ、すぐに反応が確認できない文章でのコミュニケーションにおいて、伝えたいことをすべてきちんと伝えるのは難しいで…

手紙の書きかた いまさら人に聞けない基本的なマナー

最後に手紙を書いたのはいつですか? 2016年2月に20〜50代の男女800人を対象に行ったアンケートでは、半数以上が「最後に手紙を書いたのは5年以上前」と答えています。これを2、30代に絞ったら、さらに人数が増えることでしょう。だからこそ。滅多に届かない…

文豪たちのラブレター。 美しく気持ちを届ける、手紙の力。

みなさんは、ラブレターを書いたことがありますか? 一度くらいは書いたことがあるという人も、そんなもの書こうと思ったこともないという人もいるでしょう。 今でこそLINEもFacebookもあるけれど、ほんの20年くらい前までは、想いを伝える手段としての手紙…

美しいプレゼン資料はこうやって作る! 超簡単スライドテクニック「三分割法」とは。

会社でプレゼンをする時にネックになるのが「スライド」です。プレゼン前日に徹夜で作ったのに、なんだか野暮ったい。箇条書きのテンプレにそのまま当てはめたものだし、格好悪い……。自分で作ったスライドに対し、そんな風に感じたことはありませんか? 人間…

検証してみた! TwitterやSNSで文章力が上がるってほんとう? 

最近、「Twitterで文章力が伸びる!」という記事を見かけることが多いですが、果たしてどうなのでしょうか。動画を除けばほぼすべてが文字媒体であるインターネットの普及は私たちに毎日膨大な量の文と触れる機会を生み出しました。また、ブログやSNSの流行…

呼吸するように本を読む。年間700冊の本を読んでも脳が疲れないためには

読書することは大切です。本から得られる多くの情報は、私たちの創造性の向上にもかかわっています。しかしながら、なかなか多くの本を読めないという方もいらっしゃると思います。あまり本を読めない、また速く読めないという方は、もしかしたら情報量の多…

webライター求む! STUDY HACKERではライター・編集ライター・リモートライターを募集しています。

「これからの学びを考える」勉強法のハッキングサイト STUDY HACKERでは、あたらしくライターを募集します。 2014年6月にスタートした当サイトも、記事からスマホアプリがうまれたり、リアルで「英語のジム」をオープンしたり、出版社様と一緒に電子書籍を…

潜在意識を利用して、眠っている知識を根こそぎ引っ張り出す! 「マンダラート」という考え方

試験の勉強においては、日々の学習から知識を増やしていく、インプットの作業が大切なのは言うまでもありません。しかし、インプットした知識を本番で正しく生かすという、アウトプットの方法となると、あまり意識されていないものです。

うっかり助詞が抜けていませんか? 大人だからこそ正しい日本語づかいを

言葉は時代によって変化しうるもの。 とはいうものの、正式な文章を書くときやビジネスシーンではそんなことは言い訳にはなりません。SNSやメールの発達の為か、最近では話し言葉をそのまま書いてしまうことが多いように感じます。 ということで、今回は話…

1日1分。「天声人語」「編集手帳」で文章力を身に付ける

人生の様々な場面で要求される、文章力。学生なら受験やレポートに就職活動、社会人なら毎日のビジネスメールや資料作成など、文章を書かない日はありません。そんな中、文章力が無く日々悩んでいるという人はいませんか? 書籍やインターネットを探すと、…

文章がうまくかけない? 上手に文章を書くための「型」の身に付け方。

国語の作文でも、道徳の記述でも、読書感想文でも、なんでも構いません。小学校時代、学校の先生から文章を書くとき、どのように教わったか思い出してみてください。「感じたまま、思った通りに書いてみなさい」「考えたことをそのまま書いてみましょう」こ…

東大生ライターが教える「それっぽく」見えるライティング技術講座

あなたはかっこいい文章を書けますか? 今の世の中、文章を書かずに生きていける人なんていないでしょう。上司への報告書に始まり、就活生のES、大学受験生の小論文試験に至るまで。様々な立場の人が、さまざまな種類の文章を書いています。 今や文章は、公…

ビジネスメール、正しく書けていますか? 感じの良いメールにするちょっとしたコツ

今の時代、SNSが充実し、チャット形式で気軽に会話ができるようになりました。しかし、SNSでのやりとりに慣れすぎて、正しいメールの書き方を忘れてはいませんか?

東大生も大絶賛。論文・レポートを書く時はこれを読もう!『論文の教室』

文章を書くのは得意ですか? 論文を書くのは好きですか? 小学校の読書感想文から始まり、入試の小論文、大学の期末レポート、社会人でも資格試験や昇格試験など、論文を書く機会は多いもの。苦手だからと言え「文章を書く」ことからは逃げ出せない、と言っ…

言葉にできないもやもやを解決! 頭を整理する「言語化」の技術。

さっきニュースで見たこと、本で読んだこと、授業中に何となく聞いたこと、どこかで流れていたラジオ……。ネットを始めとし、私たちの周りにはたくさんの情報があふれています。これらの情報に触れることで色々なことを知っている「気」になりますが、いざ誰…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら