文章術

若手社会人必見! 『伝え方が9割』の佐々木圭一氏に聞く、 伝わる言葉 "2つのレシピ"

2013年の発売以来大きな支持を得て、6か月連続でビジネス書1位を記録し史上初3年連続でビジネス書のトップテン入りを果たした『伝え方が9割』。2015年4月には新たな伝え方の技術や実況中継型のワークショップを加えた続編も発売し、さらなる反響を呼んでいま…

【書評】『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』

「何を書けばいいかわからない」 会社の企画書からブログやFacebookの投稿に至るまで、そう嘆く人は多い。どうしてだろうか。 それは、書く準備をしていないからだ。 今日ご紹介するのは、「何を書けばいいかわからない」人のための一冊。 この本を読めば、…

【書評】『だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』

メールやLINEなどできちんと情報を伝えたはずなのに、相手には意図が全く伝わっていない。こんな経験ありませんか? 相手の顔が見えないうえ、すぐに反応が確認できない文章でのコミュニケーションにおいて、伝えたいことをすべてきちんと伝えるのは難しいで…

手紙の書きかた いまさら人に聞けない基本的なマナー

最後に手紙を書いたのはいつですか? 2016年2月に20〜50代の男女800人を対象に行ったアンケートでは、半数以上が「最後に手紙を書いたのは5年以上前」と答えています。これを2、30代に絞ったら、さらに人数が増えることでしょう。だからこそ。滅多に届かない…

文豪たちのラブレター。 美しく気持ちを届ける、手紙の力。

みなさんは、ラブレターを書いたことがありますか? 一度くらいは書いたことがあるという人も、そんなもの書こうと思ったこともないという人もいるでしょう。 今でこそLINEもFacebookもあるけれど、ほんの20年くらい前までは、想いを伝える手段としての手紙…

美しいプレゼン資料はこうやって作る! 超簡単スライドテクニック「三分割法」とは。

会社でプレゼンをする時にネックになるのが「スライド」です。プレゼン前日に徹夜で作ったのに、なんだか野暮ったい。箇条書きのテンプレにそのまま当てはめたものだし、格好悪い……。自分で作ったスライドに対し、そんな風に感じたことはありませんか? 人間…

検証してみた! TwitterやSNSで文章力が上がるってほんとう? 

最近、「Twitterで文章力が伸びる!」という記事を見かけることが多いですが、果たしてどうなのでしょうか。動画を除けばほぼすべてが文字媒体であるインターネットの普及は私たちに毎日膨大な量の文と触れる機会を生み出しました。また、ブログやSNSの流行…

呼吸するように本を読む。年間700冊の本を読んでも脳が疲れないためには

読書することは大切です。本から得られる多くの情報は、私たちの創造性の向上にもかかわっています。しかしながら、なかなか多くの本を読めないという方もいらっしゃると思います。あまり本を読めない、また速く読めないという方は、もしかしたら情報量の多…

webライター求む! STUDY HACKERではライター・編集ライター・リモートライターを募集しています。

「これからの学びを考える」勉強法のハッキングサイト STUDY HACKERでは、あたらしくライターを募集します。 2014年6月にスタートした当サイトも、記事からスマホアプリがうまれたり、リアルで「英語のジム」をオープンしたり、出版社様と一緒に電子書籍を…

潜在意識を利用して、眠っている知識を根こそぎ引っ張り出す! 「マンダラート」という考え方

試験の勉強においては、日々の学習から知識を増やしていく、インプットの作業が大切なのは言うまでもありません。しかし、インプットした知識を本番で正しく生かすという、アウトプットの方法となると、あまり意識されていないものです。

うっかり助詞が抜けていませんか? 大人だからこそ正しい日本語づかいを

言葉は時代によって変化しうるもの。 とはいうものの、正式な文章を書くときやビジネスシーンではそんなことは言い訳にはなりません。SNSやメールの発達の為か、最近では話し言葉をそのまま書いてしまうことが多いように感じます。 ということで、今回は話…

1日1分。「天声人語」「編集手帳」で文章力を身に付ける

人生の様々な場面で要求される、文章力。学生なら受験やレポートに就職活動、社会人なら毎日のビジネスメールや資料作成など、文章を書かない日はありません。そんな中、文章力が無く日々悩んでいるという人はいませんか? 書籍やインターネットを探すと、…

文章がうまくかけない? 上手に文章を書くための「型」の身に付け方。

国語の作文でも、道徳の記述でも、読書感想文でも、なんでも構いません。小学校時代、学校の先生から文章を書くとき、どのように教わったか思い出してみてください。「感じたまま、思った通りに書いてみなさい」「考えたことをそのまま書いてみましょう」こ…

東大生ライターが教える「それっぽく」見えるライティング技術講座

あなたはかっこいい文章を書けますか? 今の世の中、文章を書かずに生きていける人なんていないでしょう。上司への報告書に始まり、就活生のES、大学受験生の小論文試験に至るまで。様々な立場の人が、さまざまな種類の文章を書いています。 今や文章は、公…

ビジネスメール、正しく書けていますか? 感じの良いメールにするちょっとしたコツ

今の時代、SNSが充実し、チャット形式で気軽に会話ができるようになりました。しかし、SNSでのやりとりに慣れすぎて、正しいメールの書き方を忘れてはいませんか?

東大生も大絶賛。論文・レポートを書く時はこれを読もう!『論文の教室』

文章を書くのは得意ですか? 論文を書くのは好きですか? 小学校の読書感想文から始まり、入試の小論文、大学の期末レポート、社会人でも資格試験や昇格試験など、論文を書く機会は多いもの。苦手だからと言え「文章を書く」ことからは逃げ出せない、と言っ…

言葉にできないもやもやを解決! 頭を整理する「言語化」の技術。

さっきニュースで見たこと、本で読んだこと、授業中に何となく聞いたこと、どこかで流れていたラジオ……。ネットを始めとし、私たちの周りにはたくさんの情報があふれています。これらの情報に触れることで色々なことを知っている「気」になりますが、いざ誰…

今日から伝える達人に。読みやすい文章を書く3つのコツ

手紙やメールを書いたのに、相手に言いたいことがうまく伝わらなかった、そんな経験ありませんか? 普通の人は美文や名文を目指す必要はありません。わかりやすく、読みやすい文章が書ければ十分です。でも、それが結構難しい……。そこで今回は誰にとっても読…

ビジネス書より文学作品。大人こそ文学を読むべき3つの理由。

読書というと、みなさんはどんなジャンルの本を読むことをイメージしますか?小説、それともビジネス書でしょうか。漫画と答える方もいるかもしれませんね。 今回はその中の1ジャンル、文学作品を読むことについて紹介したいと思います。 良い文に触れ、表現…

三島由紀夫に学ぶ、インターネットで美しい文章を身につける方法。

最近ではSNSの普及から、文章を人に披露するという機会が増えてきました。Facebookの友人の投稿など、思わずその文章力に心を奪われてしまったという経験はないでしょうか。学生や社会人、定年者に関わらず、文才というのは非常に大切です。では、実際に美し…

情報を効果的に扱おう! 情報を正しくつかみ、効果的に伝えるための方法。

学生時代には読解力の向上や小論文対策として、社会人になってからは世の中の動向を知るために「ニュースを見ろ」「新聞を読め」とはよく言われること。しかし、ただ何となく読んでいたのでは、大切な情報はしっかり把握できません。読解力を深めるための読…

今さら人に聞けない! 正しい文章のための基本のルール。

社外へのメール、教授に提出するレポート、友人とやり取りするLINE、SNSでのコメント……。私達は毎日、何かしらの文章を書いています。ところで、あなたが書いているその文章は「正しい文章」ですか? 今回は、日本の出版業界で使用されている文章ルールをご…

話すだけがコミュ力ではない! 書いて伝える技術を鍛える『縮約』という方法

コミュニケーション力、略して「コミュ力」。今、学生社会人問わずに注目されている力の一つですよね。本屋に行くと人気ビジネス書のコーナーには、数多くのコミュニケーション関連の本が並んでいます。それだけ、社会人に共通した悩みであり課題であると言…

あなたの英語をちょっとオシャレにする『大人英単語』

STUDY HACKER人気コンテンツの”大人英単語”です。今回も論文や英作文、ビジネスライティングにも使えるちょっとお洒落な単語を紹介したいと思います。

やっぱり読書はメリットだらけ。改めて、本を読むことを考えてみた。

みなさんは普段から本をよく読みますか? 僕は中学生の頃は小説ばかり読んでいたのに、高校生の時は漫画しか読みませんでした。今ではもっと色々な本を読んでおけば良かったと後悔しています。というのも、「読書」には一般的に知られている以上に多くのメリ…

『6才児に説明できなければ、理解したとはいえない byアインシュタイン』を科学的に検証してみた

『6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。』アルベルト・アインシュタイン 現代物理学の父とも呼ばれるアインシュタインは、非常に多くの名言を残したことで有名だが、その中のひとつ。 物理学の広い範囲で様々な功績をあげたアインシュタイン…

テストやビジネス文書では気をつけたい。10の間違えやすい日本語。

文化庁の調査だと、「現代の日本語は乱れている」と感じている人は80%にも及んでいるそうです。そこで、今回は間違いやすい日本語を10個ほどリストアップしてみました。特に国語や小論文の入試、公的な文書で使うときは注意したいですね。

使うだけで英作文の見栄えがぐっと良くなる! 5つの"大人英単語"

かっこいい英語を書けるようになりたい。誰もが一度はそう思ったことがあるでしょう。ぼくもあります。しかし、往々にして学校の先生はこう言います。「英作文は、できるだけ簡単な英語で書け」

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら