自己啓発・マインドセット

“あの7文字”を言えるか言えないかで、ビジネスパーソンとしての未来が変わる

ビジネスパーソンとして成長していくために重要なものはなんでしょうか? その答えは「教えてください」という言葉だと語るのが、自己実現法「宝地図」によって人生を大きく変え、ビジネス書や自己啓発書でヒット作を生んでいるベストセラー作家でもある望月…

「退屈」と向き合うと人生が好転する。あえて “何もしない時間” をつくるべき理由

やるべきことはたくさんあるのに、毎日がぱっとしないと感じていませんか? 私たちは「退屈」を嫌い、せかせかと忙しく過ごして「充実しているふう」を演出しがち。しかし、ふとしたときに虚しさが湧いてきたり、「自分の人生は本当にこれでいいのだろうか?…

「0.2秒の脳の判断」が目標実現の邪魔をする。“行動できない自分”を変える2つの方法

私たちが生き物として生命を維持できるのも、ほかの動物にはない高度な知能をもっているのも、すべては脳のおかげです。人間を人間たらしめているものこそ、脳だと言えるでしょう。ところが、その脳の働きに対して注意を促すのが、自己実現法「宝地図」によ…

ルーティンとは? 意味と効果を把握して仕事・勉強を効率化しよう

仕事・勉強を効率化できるルーティンとは何か、意味と効果をわかりやすく説明します。

究極の自己実現ツール「宝地図」。繰り返し見るだけで“夢”が叶う、その根拠とは

みなさんには「夢」がありますか? 夢だけに、「どうせ叶いっこない……」と最初から諦めている人もいるかもしれません。でも、「書き出した夢を繰り返し見るだけで、夢は叶う!」と言われたらどうでしょうか。その自己実現法「宝地図」によって人生を大きく変…

自己肯定感を高めてくれる「10の質問」に答えてみた。“自分の過去” を書き出してわかった大切なこと

「いつもネガティブに物事を考えてしまう……」「自分にいいところなんてあるのだろうか……」 こういった悩みを抱えている人には、自己肯定感を高めてくれる「10の質問」に答えることをおすすめします。自分をなかなかポジティブにとらえられない筆者が、実際に…

孤独も意外と悪くない。ひとり時間が一気に充実する「3つのノート術」やってみた

「あまり外に出られなくて、友だちにもなかなか会えない」「在宅ワークになって、1日のほとんどを家で過ごすようになった」こんなふうに、孤独な時間が増えている人は多いはず。孤独をストレスに感じているのならば、要注意ですよ。 ストレスが過度にたまる…

在宅続きで成長実感がない人におすすめ。「日記」を書けば、単調な毎日でも充実感を得られます

新型コロナウイルスの影響で、気軽に外出することが難しくなりました。仕事もテレワークになり、毎日に変化がなくなった気がする人もいるでしょう。 そんな、どこか閉塞感のある日常を充実したものに変える可能性があるのは、「日記をつける」という習慣です…

仕事と勉強の効率が上がる! チャートですぐわかる「あなたに最適な “脳の活性化” の方法」

「なんだか脳がうまく働かなくて、気づけば時間が経っている」「作業を始めようとすると、ぼーっとしてしまって、何も頭に入ってこない」このような悩みを抱える人は、多いのではないでしょうか? そんなときは、仕事や勉強を始める前に、脳を活性化する作業…

自己肯定感とは? 自己肯定感が低いとどうなるの?

自己肯定感とは何か、自己肯定感が低い原因、自己肯定感を高める方法を具体的に紹介します。

散らかった部屋で在宅勤務してない? デキる人になれるかは「自宅時間の過ごし方」で決まる

新型コロナウイルスの影響による外出自粛で、自宅で過ごす時間はまだ続きそうです。「この時間を有効活用したいけれど、自宅でやることがなくて退屈……」と悩んでいませんか? ジムにも図書館にも行けないからといって、ゴロゴロしているわけにはいきません。…

相手の本音を引き出せない理由は“勝手な仮説”にあり。大事なのは「答えを決めつけない」こと

議論を深める場や日常的なコミュニケーションの場で、相手の「本音」を引き出したい――。どんなに時代が変わっても、ビジネスではコミュニケーションこそが大切だとも言われるなか、相手の本音を引き出す対話術を身につけておきたいものです。哲学をビジネス…

あなたにおすすめの「朝の習慣」をチャートで教えてあげる

朝起きたはいいものの、意味もなくスマートフォンを触ったりテレビを見たりして、時間を無為に過ごしてしまう……そんな人はいませんか。ゆっくり過ごすのもいいですが、できることならば、1日の始まりの朝時間を有意義に使いたいものですよね。 とはいえ、早…

脳は “この2つ” を嫌う。せっかくの努力が逆効果になる「残念な行動」

「仕事で努力しているつもりなのに、成果がなかなか出てこない」「ほかの人より頑張っているはずなのに、うまくいかない理由がわからない」努力の方向性について、こういった悩みを抱えてしまうことは少なくありませんよね。その原因は、いったい何なのでし…

相手の心をずる賢く支配する厄介者「マニピュレーター」に、あなた自身がなっているかもしれない

職場でもプライベートでも、他者の心をコントロールして利益を得ている “厄介者” がいます。アメリカの心理学者ジョージ・サイモン氏は、そういった特徴を持つ人を「マニピュレーター」と定義しました。 しかし、他人事ではありません。もしかしたら私たちも…

我慢するのが当たり前……つい自分を犠牲にしてしまう人に知ってほしい「1:2:7」の法則

職場で「この仕事お願いできる?」と声をかけられたとき。あなたは、本当は余裕がないのに仕事を引き受けて、疲れてしまうことが多くありませんか? もしくは、相手の力になりたいからと無理をして引き受けたせいで、雑な仕事になって相手に迷惑をかけたり、…

知らず知らず「ゆでガエル」になっている人が、今日から変えるべき3つのこと

みなさんは「ゆでガエル理論」を知っていますか? カエルを水の中に入れて水温を少しずつ上げていくと、温度変化に気づかないため逃げ出そうとせず、最終的には熱湯の中でゆであがって死んでしまう――「状況変化が緩やかだと、それに気づかず手遅れになる」と…

仕事の愚痴は言わないほうがいいの?

仕事の愚痴は言わないほうがよい、と考える人も多いでしょう。しかし、愚痴を言うことにはメリットもあるのです。仕事への愚痴をどうするべきか解説します。

悩む自分を否定しすぎてはいけない。優しく受け入れる「ACT」という方法で心が楽になる

たとえばこんな苦痛を感じ―― ぜんぜん「いいね」がつかず悲しい 頑張っても仕事が速くならないのでつらい ほかの人に比べてあまり評価されないのでつらい ほとんど意見を取り入れてもらえないので悲しい ――徐々に、「自分はダメな人間だ」「周囲に見下されて…

【保存版】「勉強」の基本と応用をまとめてみた。

勉強に関するあらゆる情報をまとめました。やる気・集中力の出し方、おすすめ勉強法、勉強に関する名言など。

外出自粛で退屈……「家にいながら」退屈を解消する方法はコレだ!

新型コロナウイルスの影響から、世間は外出自粛ムード一色。 外出がほとんどできず、日々のストレスを発散する手立てがない……自宅で毎日同じ生活を続け、もう飽きてしまった……。そんな方は、ちょっとした行動の変化で、退屈な日々を一掃できるようになるかも…

相手の気持ちが読み取れないときに試してほしい3つのこと

どうも、あの人の本心がわからない。このまま企画を進めていいものだろうか?――そんな不安をお持ちなら、「相手の気持ちがわからないときに役立つ3つのこと」を試してみてはいかがでしょう。専門家の説明をもとに紹介します。 相手の気持ちを読む方法とは? …

「伸びしろ」だらけの大人の脳。何歳になっても、鍛えることを諦めてはいけない

ほとんどの人が、30代、40代に差しかかるにつれ、肉体的な衰えを感じるものです。それと同じように、脳も衰えると思っていませんか? でも、テレビやラジオ等の各種メディアでも活躍する脳神経外科医の菅原道仁(すがわら・みちひと)先生は、「何歳になって…

形容詞ばかり使っていると説得力ある話なんてできない。

自分の考えを述べたものの思うように伝わらなかった……。自分の意図とは違ったかたちで受け取られた……。そんなふうに悩んでいる人はいませんか? もしかするとその原因は、知らず知らずのうちに使いすぎている「形容詞」にあるかもしれません。形容詞を多用す…

ビジネスパーソンの「正しい怠け方」。成長を止める“悪い怠け癖”はこうして改善する

「大事な案件を抱えているのに面倒くさくてやる気が出ない……」「集中すべき仕事に取り組んでいてもすぐに飽きてしまう……」。私たちは、ついつい怠けてしまいがちです。やるべきことはわかっているのですから、その「怠け癖」さえ解消できれば、ビジネスパー…

あの人より優れていたい……その「不健全な優越性」があなたをむしばんでいる可能性

他人からの目を気にして生きていませんか?友人より自分のほうが優れている点があったとき、勝ち誇ったような気持ちになりませんか?当てはまる方は、もしかしたら「不健全な優越性」にむしばまれているかもしれません。 今回は、この「不健全な優越性」とい…

「自宅に1人だとやる気が出ない」を解消する4つの方法。15分に1回 “コレ” をしてみて。

あなたは、新型コロナウイルスの影響による生活の変化に戸惑っていませんか? これまではオフィスやキャンパスで、仲間と一緒に仕事や勉強をしていたのに、突然自宅でのテレワークや自主学習に切り替わり、なかなかモチベーションが上がらなくて悩んでいない…

すぐ挫折する人に朗報。「習慣化シート×三日坊主シート」の組み合わせが最強だった

何かを新しく始めようと思った。前から興味はあったけれど手を出せていなかったことに、今度こそ挑戦するぞと発起した。でも、やっぱり続かない。 もしかして、「継続しなければならない」という意識にとらわれていませんか? 自分の気持ちだけでは、自発的…

困難を乗り越えられない人には “この3つ” が欠けている。つい感情的になる人、要注意です

失敗をいつまでも引きずってしまう……。挫折からなかなかはい上がれない……。このようにお悩みの方はいないでしょうか。少なくとも、この記事に興味を持って読み始めた方であれば、そういった悩みを抱えていることかと思います。 「少しでも早く逆境から立ち上…

不安すぎて「もう限界」と感じたら……この3ステップで心を落ち着かせて

仕事や日常生活における大きな失敗や損害、世界的な経済危機にパンデミックなど、私たちが突然不安やパニックに陥る可能性は決してゼロではありません。 そんなときは、自分のなかにいる【大人の自分】を呼び戻すといいそうです。さっそく説明しましょう。 …

外出自粛のストレスはこうして発散! 「最高のリフレッシュ」で仕事に備えよう

新型コロナウイルスの流行により、日本全国で不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。テレワークの導入も進み、きっと多くの人が、大部分の時間を家で過ごしているのではないでしょうか。 しかし、生活がこうも縛られると、ストレスがたまるのも事実。…

「運が悪いから」はただの思考停止。自分で引き寄せられる運が2つある

自分の夢や仕事がうまくいかないことを、「運の悪さが原因だ」と悩んではいませんか。「運は自分では変えられないから、悪くても仕方がない」と考える人もいるかもしれませんね。 しかし、早稲田大学ビジネススクール教授の杉浦正和氏によれば、なんと「自分…

心を消耗させる “心配事”……でも「97%」は実際に起こらないから安心して

「上司への報告が少し遅くなってしまった。なにか言われないだろうか……」「今日のプレゼン、万全の準備をしたつもりだけれども大丈夫かな……」「友だちと喧嘩してしまった。もう会ってくれないかもしれない……」 私たちはこのように、日々なにかしらの心配事を…

現代人は抱えがち。脳の海馬を破壊する「慢性的な○○」の正体

仕事の内容がいまいち合っていないような気がして、少しつらい……。苦手な人と一緒に仕事をしなければならず、心が疲れる……。このように、「慢性的なストレス」に悩んでいる人はいませんか? その状況を放置し続けると、脳は多大なダメージを受けてしまうかも…

ミスが減らないのは能力ではなく「脳」のせい。“自分のタイプ”、わかれば失敗は防げます

「ケアレスミスが多く、上司や取引先からの信頼を損ないそうだ」「失敗続きで、職場での居心地が悪い」 このように、仕事の失敗・ミスが原因で落ち込んだ経験はありませんか? なかには「もう、会社に行きたくない」「今の仕事を辞めたい」と思いつめるほど…

“自分なんかたいしたことない” と思うなかれ。挑戦心を持ち続けるための「10のしないこと」

「資格試験、挑戦してみようか。でも難しそうだし、自分には無理かな」と考える人と、「資格試験、難しそうだけど挑みがいがあるな。たとえ落ちても学んだことは無駄にはならない」と考える人……。 今後、どちらがビジネスパーソンとして飛躍的に成長するかは…

育児でド定番の “あの3つ” がスキルアップにも役立つ!? 「子どもと料理」で仕事力が上がる納得の理由

育児に仕事に日々忙しく、スキルアップのための勉強ができないと焦りを感じたり、ストレスを感じたりしていませんか? 意外にも、子育て中のあなたが “いつも普通にやっていること” が、いい突破口になるかもしれません。脳科学や教育学の観点から、3つの行…

「面倒くさい、楽したい」そのとき脳はどうなっている? “感情系優位” の放置はあまりにも危険

「つい楽をしたくなり、挑戦や努力を避けがち」「イライラしてカッとなることが多い」「なかなか決断ができない」 こういった傾向があるのであれば、あなたの脳は「感情系」が優位になっていて、「思考系」が十分に機能していない状態だと言えそうです。 思…

「働いたあとのビールはうまい」科学的根拠。努力はきっと報われるからこそ “努力の方向” だけは間違えるな

「そんなに頑張ってもいいことないよ。もっと適当にやればいいのに」などと言われ、モヤモヤしている努力家さん、頑張り屋さんの皆さま、朗報です。あなたの努力は報われるかもしれません。 最新研究をもとに、「頑張って働くといいことがある」科学的根拠を…

嫌われる人の話し方「いや、でも……」。その “否定癖”、あなたも直さないとマズいかも

会話の中で、相手に「いや、そうではなくて」「でも、私は違うと思うな」などと否定されてばかりいると、嫌な気持ちになりますよね。なにかと否定してくる人というのは、少なからずいるものです。 では逆に、あなたにはそんな否定癖はないでしょうか。じつは…

「すぐキレる人」は、“許容ゾーン” を広げる努力ができていない。

ビジネスの場では、「怒る」という行動はなかなかとりづらいですよね。とりわけ、職場でのキャリアがまだ浅く強気で出られない人や、取引先やお客さん相手に下手(したて)に出る必要のある人であれば、なおのこと。いつも「自分が我慢すればいいや……」とい…

「漠然とした不安」に襲われる? 将来や仕事についての漠然とした不安感を解消する方法。

自分の将来や仕事について漠然とした不安に襲われることはありませんか? 漠然とした不安感を解消する、科学的な3つの方法をご紹介します。

「空気が読めない」は脳科学で克服できる。自己嫌悪に陥ったとき試してほしい3つのこと

「自分の発言で場が静まり返ってしまった」「相手が迷惑そうな顔をしている。話しかけるタイミングを間違えてしまったようだ」 こんなとき、「自分はなんて空気が読めないんだろう……」と自己嫌悪に陥った経験はありませんか? もちろん思い過ごしの可能性も…

「コンパッショネイト・レター・ライティング」を実践してみたら、自分を許せるようになった話

「失敗をすると、長い間引きずって、自分を責め続けてしまう」「挫折すると、なかなか立ち直れない」「自分はダメな人間だ……と劣等感を感じる」 このように、自分を責めてしまう傾向がある人は、自分に対する寛容さが必要かもしれません。 「セルフ・コンパ…

「話を聞いてもらえず」「人を動かせない」人の残念すぎる特徴。“いつも否定ばかり” は圧倒的に損だ

「部下が思うように動いてくれない」「最近パートナーと喧嘩ばかり……」。人間関係の悩みを抱える人はたくさんいます。でも、人間を心理学の観点から紐解けば、そこにはおよそどんな場合にも通じる、コミュニケーションを改善するシンプルな原則が存在します…

「10年後になりたい姿」が明確だと強い。今、人生を振り返ってみるべきワケ

「10年後になりたい姿」を問われて、すぐに答えられますか? ただ漫然と働いているだけで、やりたいことも、なりたい姿もない……。そんなビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。 しかし、「グロービス学び放題」BtoC事業責任者の下道陽平(しもみち・…

負の感情を「消そうとする」のは間違い。やっぱり「紙に書き出す」が最強だった

誰しもが感じる「不安」「緊張」「恐れ」といった負の感情は、大切なときに限って、あなた本来の力を失わせる可能性があります。できることなら、そんな感情をうまく手なずけて、自分ができる最大限の実力を発揮してことに臨みたいですよね。 そこで、ベスト…

ゆでガエルの法則とは? 5年後まで生き残る3つの方法

日本の経済や社会を表すためよく使われる、ゆでガエルの法則(ゆでガエル現象)。ゆでガエルを避けるため個人ができることを解説します。「ゆでガエル世代」の説明も。

思考は現実化するからこそ「無理だ」と思うなかれ。“使う言葉” を変えれば人生はうまくいく

新しいことに挑戦しようとしても、つい「自分には無理なんじゃないか」「失敗したらどうしよう」などと感じて思いきった行動を起こせない……そんな悩みを持っている人はいませんか? なかには「自分はメンタルが弱いのではないか……」と落ち込んでしまう人もい…

自己肯定感が低い人は「口癖」がネガティブすぎる。いい意味で脳をだませる “最高のフレーズ” 教えます

あなたは、「自分のことが好きだ」「自分に満足している」などと、自分自身を肯定的にとらえることができていますか。もしそうでないとしたら、知らず知らずのうちに「自己肯定感」が下がっている可能性があります。自分の価値を素直に感じられず、いつも否…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら