自己啓発・マインドセット

服装で “なりたい自分” を演出する「外見戦略」について考える

夏の間を軽装で過ごす「クールビズ」はすっかり定着しましたが、大企業では職場の服装規定を通年でカジュアルな方向に見直す動きが相次いでいるそうです。 総合商社の丸紅では、2018年4月から各自の判断で仕事に適した服装にする「セルフビズ」を開始。これ…

ストレス対策はやっぱり「言語化」が最強だった。“自分のキモチ” を言葉にできますか?

仕事や家庭内での些細なことで感情的に怒ってしまったり、上司や同僚から嫌なことを言われて気分が落ち込んだりすることは、誰もが日常的に経験していることでしょう。 ですが、仕事や勉強に毎日のように追われている現代のビジネスパーソン・学生にとって、…

さくっと勉強を始めるための3つのアプローチ。「2分ルール」がシンプルだけど効果絶大!

必要であると頭ではわかっていても、勉強に取りかかるのは意外と難しいことです。「○時から○時まで勉強しよう!」「夜ご飯を食べ終わったら勉強だ!」と心の中で決めていたとしても、いざとなると重い腰が上がらない……なんて人も多いのではないでしょうか。 …

「断るのが下手な人」は大切なものを2つ失っている。

食事や飲み会に誘われたとき、無理をすれば行けなくもないけれどできれば行きたくない……ということはありませんか? 相手に悪い印象を与えたくないからと無理して参加した結果、翌朝の大事な仕事に万全の状態で臨めなかったり、家でゆっくりする時間を確保で…

脳の “あの部位” が弱っていると「選ぶ力」が途端に低下する。鍛えるための2つの習慣

「眼窩前頭皮質(Orbitofrontal cortex:OFC)」(読み:がんかぜんとうひしつ)という脳の領域をご存知ですか? 思考や創造性を担う脳の最高中枢・前頭前皮質の表面にあり、 眼球が収まっている、眼窩という頭蓋骨の空洞のすぐ上に位置します。 最近の研究…

なぜ人は “未完成なパズル” を埋めたくなるのか? 「ザイガニック効果」で勉強のモチベーションが上がる。

勉強しようと机に向かったものの、やる気が出ない……。そんなことってありますよね。じつはその悩み、「ザイガニック効果(別名:ツァイガルニク効果)」を利用することで解消できるかもしれませんよ。 この心理効果、物事への興味を掻き立てるのに効果的であ…

「心の乱れ」につながる3つのNG習慣。“デスク周り” 整えていますか?

あなたがしている朝ごはんを食べない習慣や、机の上にいろいろなものを置きっぱなしにしてしまう癖は、意外にも「心の乱れ」に繋がっているかもしれません。心の乱れと言われてピンと来ないあなたの習慣の中にも、もしかしたら心を乱す原因になっているもの…

夜に休まないのは自律神経に最悪。たった数分でできる「最高のリラックス法」

仕事や学校からの帰宅後の時間は限られています。ましてや長時間通勤をされているビジネスパーソンや、部活動やアルバイトといったハードスケジュールをこなしている学生は、「帰宅後は何もする暇がない……」という状態に陥っている方も多いのではないでしょ…

偏差値95・京大首席合格者の勉強法は何が違うのか? 聞いてみたら成果が出るのも当然だった。

キャリアアップのために勉強を続けているという社会人は少なくありません。でも、仕事をしながらとなると、時間的制約もあって成果を出すのはなかなか難しいのも事実。 そこで、ウェブサイト「勉強革命.com」を運営して効率的な勉強法を発信し続けている粂原…

日本人の仕事満足度は世界最下位!? 「仕事を楽しめる人」になるための4つのルール

世界最大求人サイト・Indeed社によると、『世界仕事満足度調査』で日本人の仕事満足度は世界35ヵ国中最下位だったのだそうです。今この記事を読んでいる人の中にも、「仕事が楽しくない」「今さら仕事に楽しさを求めていない」という人は多いのではないでし…

自己肯定感は “ムダな責任感” をなくすだけで一気に上がる。

能力に秀でた人がまわりにたくさんいる現代社会。「自分なんか役立たずだ……」「頑張っても無駄だ……」と、自分を卑下しながら生きてしまっている人も多いのではないでしょうか。 しかし、成功をつかみ取っている人々に共通するのは、自らを正しく肯定できてい…

仕事を楽しむ人の特徴6つ。あなたはいくつ当てはまる?

どうすれば楽しく仕事をできるようになるのでしょう? 仕事を楽しむ人の特徴、仕事を楽しむ方法、仕事が楽しくなってくる名言・本を紹介します。

「勉強さえできればいい」が危険なワケ。これからの時代は “レジリエンス” がないと通用しない。

みなさんは、勉強ができることが最も大切なことだと思っていませんか? 自分は難関大学の出身だからこの先安泰だと思っていたり、むやみやたらと資格を取ろうと必死になったりしていませんか? グローバル化が進み、仕事の現場で求められるものも多様化の一…

「コミュ力に悩む人」が話術よりも先に身につけるべきは “あの能力” だった。

コミュニケーションが苦手だ。そのせいで、上司や同僚、後輩とも良い関係が築けていない気がする。もっと話し上手になれたらよいのに……。 確かに、話し方のテクニックを身につけることは大切です。先ほど挙げた悩みのように、「コミュニケーションが苦手だか…

「仕事に全然やりがいを感じられない人」に欠けている3つの視点。なぜ “目標なし” はキケンなのか?

仕事観が多様化している現代では、「仕事に達成感は必要ない」「やりがいはいらない」という考えを持つ人も決して少なくありません。しかし、心のどこかで「それでは物足りない」と思うビジネスパーソンもいるのではないでしょうか。1日の大半を費やす仕事で…

アパホテル元谷芙美子社長の経営手腕がすごい理由。“学び続けられる人” はやっぱり違った。

ビジネスやプロスポーツの世界は栄枯盛衰。以前は隆盛を極めていた人物が現在は没落していることも珍しくありません。 そんな中で、成功してから年月が経ってもなお第一線で活躍し続けている成功者たちも存在します。 彼らは日々学習して時代の潮流に乗って…

厄介なナルシシストとどう関わればいいのか? 「自分大好き人間」をかわすには2つのコツがある。

「ナルシシスト(ナルシスト)」のステレオタイプな印象は、“自分の容姿や言動に陶酔している人”でしょうか。この言葉で形容されることを好む人は、ほとんどいないでしょう。しかし、ナルシシストには、「良いナルシシスト」「悪いナルシシスト」「隠れナル…

「根気が全然ない人」に足りないのは “あの脳内物質” だった。5つの朝習慣で執念深さが手に入る。

「根気」とは、物事を途中で投げ出さず、飽きずに長くやり続ける、心と体の活動力のこと。最新の研究では、粘り強い行動に、わたしたちがよく知るホルモン・神経伝達物質が関係していると分かりました。 そこから見出した、「科学的に根気をつくり出すコツ」…

アイデア力に悩む人に「妄想」をおすすめする納得の理由。脳の回復にも効果的!

向上心があるビジネスパーソンならば、集中力を維持・強化するために、日々さまざまな取り組みを行なっていることでしょう。なおかつ、著名人や世界的な大企業も取り入れているマインドフルネス・瞑想などを習慣的に行ない、いま現在起こっていることに注意…

「コミュ障だから…」はただの言い訳。会話が少なすぎる人は “きっかけ作り” ができていない。

皆さんは、普段いろいろな人と会話をしていますか? 「見知らぬ人に話しかけるのが苦手で、積極的に交流をしない」「職場の環境などが要因で、人と話す機会が少ない」という方も多いのではないでしょうか。 他人と会話をすると、新しい人間関係の構築や新た…

「右脳を鍛える」効果とは? クリエイティブになれる3つの方法

「右脳を鍛える」とはどういう意味でしょう。本当に効果があるのでしょうか? あなたのクリエイティビティを高める3つの方法を紹介します。

「作り笑い」がメンタル回復に効くのは本当だった。心がすさんでいる人にしてほしい3つのこと。

やる気が高まって仕事や勉強がサクサクと進んでいるとき、「今の好調をキープできたらいいのに」と、多くの人が思うことでしょう。しかし実際は、“嫌な出来事に遭遇した” “思ったように物事が進まない” といったことが引き金となり、モチベーションが下がっ…

仕事・勉強に集中できる音楽を選ぶ秘訣

仕事や勉強に集中できる音楽の選び方を科学的にご説明します。集中できる音楽を集めたアプリケーションの紹介も。

「いつも朝がつらい人」ができていない3つの早朝習慣。“じっくり思考整理” で脳が元気になる。

朝型の生活が良いとされる昨今。朝に早起きして時間を有効活用する「朝活」がブームになってから久しく、興味を持たれている人も多いのではないでしょうか? しかし、心の中では有意義な朝活をしたいと望んでいたとしても、現実では「朝がつらくて早起きでき…

「やりたいことを仕事にする」は本当に正しいのか? 仕事を選びすぎると大損する可能性あり。

今の仕事が好きというわけではない。かといって明確にやりたいことがあるわけではないから、別にキャリアチェンジする必要もない。仕事において特に努力しなくても解雇されることもないし、与えられた仕事をこなすだけでも生きていける。でも、はたしてこれ…

「ゆっくり動く」だけで前頭前野が活性化する!? 海外心理学者が提唱。

脳や体にいいらしいことは知ってるが、どうも瞑想やマインドフルネスをやろうという気にならない。経験がない自分にとっては難しそうだし、面白そうでもない。もっと気軽に取り入れられて、ものすごーく短い時間で、簡単で、なおかつ同じような効果があるも…

昇進が早い・就職に有利――「楽観主義者」が大きく得をする8つの場面

慢性的なストレスは、コルチゾールというホルモンを過剰に増やし、記憶などに関わる脳の海馬を萎縮させるといいます。しかし、心理学研究者によれば、楽観主義的なマインドセットを培うことで、慢性的なストレスから抜け出すことは可能なのだそう。あらゆる…

「超エリート」はどんな本を読んでいるのか? 愛読書を知れば思考がわかる。

メガベンチャー企業の社長や金融コンサルタントなど、自力で成功を収めた人々の多くが読書家だということは有名ですよね。そんな成功者たちの間で定番の愛読書になっている本が多数存在します。これらの本は、発売から月日が経過しているにもかかわらず、内…

「口数の多すぎる人」が信頼されない深刻理由。話す前にやるべきことがある。

職場や学校で「よくしゃべるね」「口数が多いな」と言われがちな方はいませんか? 話すという行為は、自分の気持ちを伝えるための有効な手段ですが、言葉が多すぎると相手からの信用を失うことがあります。今回は、口数が多いことを指摘されがちな方に、その…

脳力を最高に活かせる人は「朝の過ごし方」が違う。

「早起きは三文の徳」ということわざもあるように、朝から活動することは大変良いと昔から言われてきました。脳科学者の茂木健一郎氏が「朝の3時間は脳が最も良く働くゴールデンタイムである」と語っているとおり、朝の過ごし方は脳の活性化に多大な影響を及…

脳と心身をダメにする3つの最悪「夜習慣」。“バタンキュー” は危険な兆候。

職場や学校から帰宅して眠りに就くまでの時間は、自由になれる貴重な時間。「夜の過ごし方」は、人によってさまざまなのではないでしょうか。 でも、日中の活動を終えて心身ともに疲れきった「夜時間」にしてしまいがちな “あの習慣” が、脳や心身に大きな悪…

10連休後の五月病も防げる。最高の「ひとりゴールデンウィーク」の過ごし方。

2019年のGW(ゴールデンウィーク)は10連休。旅行やレジャーの計画を立てている方がいる一方で、特に予定がないというビジネスパーソンの方も多いのではないでしょうか。旅行サイトを運営する株式会社エアトリの調べによると、2019年のGWの過ごし方として最…

ヘヴィメタルは「不安解消」に効く! 手術中の外科医も好んで聴く “残酷な音楽” の力

せっかく勉強していても、ここぞというときに実力を発揮できなければその努力も実りません。とくに、ネガティブな思考や過度の不安感があると集中力が下がり、認知力まで落ちてしまうことも……。でも、そんなときに「へヴィメタル」(以下、メタル)を聴くこ…

自分の可能性を狭めかねない3つの最悪口癖。「ヤバい」で何も考えられなくなる。

どんな人にも、多かれ少なかれ「口癖」があります。その口癖が、知らず知らずのうちに “あなたの可能性を狭めている” のかもしれないのです。 ナポレオン・ヒルの世界的名著『思考は現実化する』には、そのタイトルが表しているとおり、「目標を自らが口に出…

“本気の勉強” を再開したい大人のための4つのモチベーション維持術。勉強場所はときどき変えなさい。

文部科学省の勉強に対する意識の調査によると、高校3年生の時点で「勉強が好きだ」という問いに「そう思う」と答えたのは、わずか4.6%だったとのこと。「確かに自分も学生のころはあまり勉強が好きではなかった……」という大人の方も多いのではないでしょう…

「頭が切れる」の正体は『質問力』だった。“最高の質問術” には3つの重要原則がある。

入社して数年が経ち、後輩を指導する立場になったけれど、なかなかうまくいかないと感じているあなた。最近、営業の成績や上司からの評価で同期から差をつけられていると感じているあなた。「自分は不器用だから」「アイツは頭が切れるから」と嘆き、諦めて…

アマゾン流「最強の仕事人」は “同意できない決定” にも全力を尽くす。文句ばかり言い続けるのは二流の証だ。

仕事はチームで進めるもの。自分はその歯車のひとつにすぎないから、“突き抜けた人材になる” ことなど到底できるはずはない……。そうお思いの方は、個人的な成果ばかりを追い求めることから、チームへの貢献度合いを上げることへとシフトしてはいかがでしょう…

「孤独を愛する人」が強い8つの理由。“ひとり好き” は無理に友だちを作らなくていい。

「自分はいつも独りだ」と恥ずかしがることはありません。孤独な人にしかない強みがあるのです。「孤独」のメリットを8つ紹介します。

やる気のもと「ドーパミン」を脳内で増やす4つの方法。“やる気が出ない” は科学的に改善可能。

課題の提出、会議の書類の作成……。「大事なことをやる必要があるのに、やる気が出ない」という経験をされたことはありませんか? やる気は、人間の脳の部位「側坐核(そくざかく)」から分泌される「ドーパミン」という脳内物質によってもたらされていること…

“1粒の涙” のストレス解消効果は1週間続く!? 慌ただしい大人こそ積極的に涙を流すべきワケ。

何かと慌ただしくてストレスがたまりやすい現代社会。休日明けは憂鬱な気持ちで職場や学校に行くという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実は、そんなストレスを一気に解消できるかもしれない「ある行為」が、いま話題になっています。 その行為とは…

勉強が続かない人の意外な盲点。“あたりまえに” 勉強ができる人は必ず「時間」と「場所」を決めている。

今後のキャリアのためや、業務知識の向上のため。あるいは、資格を取得するため、大学で良い成績を得るため、希望の企業に就職するため。人それぞれ理由は異なれど、「勉強しなければならない」人は多いはず。 そして、「勉強しなければならないことを頭では…

「趣味ナシ」だとお金も仕事も損だらけ。デキる人が趣味時間を死守する納得の理由。

多くの時間を仕事に費やし、自分の趣味を“ないがしろ”にしてはいませんか? 「今は仕事の成果をあげることだけで精一杯。のんびり趣味を楽しむのは引退してからでいい」と考えるのは間違いかもしれません。むしろ趣味に没頭するほうが、仕事のパフォーマンス…

「自己肯定感の低い人」が夜にするべき大切な習慣。“過小評価” 思考はペンと紙で克服できる。

あなたは普段、人から褒められたときや何かのプロジェクトで成功を収めたときに、どのように感じますか? 「たまたま運が良かっただけ」「自分は何もしていない」と謙虚に受け止める人が多いかもしれません。 謙虚さは美徳です。しかし、「褒められる価値な…

やる気を出したければ “あの色” を見ればいい。医師も推薦「色の呼吸法」が心身に効く。

新しい環境や、新たな仕事、初めて取り組むプロジェクトなど、ビジネスパーソンには、緊張をともなう機会が数多くあります。「うまくいかないなぁ」と落ち込んだり、不安になったりすることもあるでしょう。 気持ちを整えるには運動や瞑想(めいそう)に時間…

精神科医がすすめる「完璧主義」を直す方法。“あのフレーズ” を口癖にするだけで心が楽になる。

完璧主義のせいで苦しんでいませんか? 完璧主義者の特徴と、完璧主義の治し方を解説します。

勉強が捗らない言い訳にしてはいけない。じつは “年齢のせいではない” 4個のこと

仕事力を上げたりキャリアアップを狙ったりするうえで、私たち大人はいつまでも勉強し続けなければなりません。でも、なかなか勉強が捗らないときってありますよね。そんなとき、その原因を年齢のせいにしてはいませんか。「集中力や記憶力が悪くなったのは…

相手を逆なでする最悪な謝罪には “6つのステップ” が欠けている。「ごめんなさい」は最初に言わないのが吉。

私たちは様々なことを学び、多かれ少なかれ日々成長していますが、「謝罪の仕方」について深く学ぶ経験は少ないかもしれません。何かしらのミスを犯し、「どう謝罪すればいいのだろう?」と悩んだ挙句、結局うまく謝ることができず、その相手との関係がギク…

“ちょっと失敗しても許す” のが続けるコツ。習慣化できない人が陥る「どうにでもなれ効果」を防ぐには?

早朝学習の習慣をつけるために朝5時半に目覚ましをかけたのに、目が覚めたのは5時37分。本来ならばすぐに起き上がって活動を開始するべきなのに、「5時半に間に合わなかったしもういいや」とまた眠りについてしまった…… このような経験をしたこと、ありませ…

成功のために必要なのは才能よりも「やり抜く力」。“絶対に諦めない人” は何が違うのか?

華々しい営業成績を上げている先輩。自分にも、あの人のようなセールスパーソンになれる素質はあるだろうか? 上司やクライアントから絶大な信頼を得ている同期。平凡な自分に比べて才能に溢れた彼がうらやましい。 仕事では他人との比較はどうしても付いて…

“週末寝だめ” は心身に最悪。休日朝の「整える習慣」で人生が劇的に変わる。

忙しい仕事から解放される休日の朝は、まさに至福の時間です。いつもの習慣で早朝に目覚めたとしても、そのまま二度寝してしまう方も少なくないのではないでしょうか。しかし、その二度寝が大きな損になっているかも。 今回は、ちょっとだらけてしまいがちな…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら