自己啓発・マインドセット

「10秒アクション」が先延ばし癖解消に効く脳科学的根拠。脳をだませば “行動できる人” になれる!

やるべきことはいくらでもあるのに、ついつい先延ばししてしまう――。仕事でも勉強でもプライベートのことでも、多くの人に経験があることでしょう。とはいえ、長年の間に身に染み付いた行動パターンはなかなか変えられないものです。 そこで今回お話を聞いた…

どんなに「口下手」でも本気で伝えるためにできる4つの工夫。“ズバリ発想法” で印象が段違いに!

頭の中で考えていることはたくさんあるのに、いざ会議で話そうとすると言葉がでてこない。上司や取引先の人と上手に会話ができない。「あの時ああ言えばよかった」の繰り返し……。 そんな、話すのが不得意なことで悩むビジネスパーソンのために、たとえ口下手…

欧米では定番「ZEN」のすごさ。脳科学が証明した最高のリラックス術。

数十年前から、“あるリラックス術” が欧米のビジネスパーソンのあいだで人気を博していることをご存じですか。それは、東洋の仏教の思想である「禅」をベースにしたもの。 今回は、欧米社会で独自の発展を遂げた「ZEN」について詳しく取り上げます。リラック…

紙とペンを用意するだけ! 「勉強する気がまったく起きない」ときに試してほしい3つのこと。

「仕事に役立てるためにやりたい勉強はたくさんあるのに、全然はかどらない」 「今日こそ家で集中して勉強しよう! と思っても、ベッドから出られずに1日が終わっていく」 このような悩みを抱えたことはありませんか? 仕事がデキる人になりたいなら、勉強す…

“飲んで忘れる” は逆効果。「恥かいた……」と感じたときにしてほしい9つのこと。

プレゼンテーションでの喋りがグダグダだった。得意気に発言したら間違っていた、ついつい感情的になってしまった、平坦な道で思いっきり転んだ! などなど、生きていれば恥ずかしい思いくらいしますよね。 でも、“恥ずかしい”という感情は、洞察力を強化し…

すぐ誘惑に負けるのは “前頭前皮質” が弱っているから!? 「自制心」を取りもどす3つの方法

スキルアップのための勉強やレポートの作成などで、集中して机に向かわなければならないとき。「今来ない?」という友人から誘いにのってしまったり、ついスマートフォンでゲームをしてしまったりと、誘惑に負けてしまうことはありませんか? この記事では、…

パフォーマンスが上がらないのは “幸せではない” からかも。「幸福感」を高める3つの科学的アプローチ。

なんだか心が冴えなくて、どこかにストレスを抱えている。仕事あるいは勉強に関して、あまり順調だとはいえない状況だと思う……。ならば、日々の習慣を見直し、幸福感を高めていきましょう。あらゆるパフォーマンスが向上するはずです。その理由と、幸福感を…

デキる人がプライベートも大事にするたったひとつの理由。「続きは家で…」だと脳は疲れる。

もっと仕事の成果を上げたい、評価が欲しい、デキるビジネスパーソンになりたい……! ならば、もっともっと頑張らなければ……! こう考えて、休日や夜のわずかな休息タイムまで仕事に費やしている人はいませんか? その熱意はたいへんすばらしいものですが、プ…

「本音で話せない会議」なんて時間のムダ。優秀な人は “このフレーズ” で議論を前進させている。

時間が進むにつれ話題がずれていくディスカッションや、発言者が少なく話が止まってしまう会議に、もううんざり……! そんなお悩みを抱えるビジネスパーソンのみなさんに、「行き詰まった議論を一歩前進させられる言葉」を3つご紹介します。あなたが会議中に…

“個人主義” は損だらけ。仲間を集めたほうが高パフォーマンスを発揮できる脳科学的理由。

仕事熱心だし、よく勉強するし、何でも努力する自分は、結構優秀なほうだと思う。しかし、どうもいまひとつ突き抜けられない。 そう感じているあなたが、「大勢で作業するのは得意じゃない」「ひとりでやったほうが速いし確実」「足を引っ張られたくない」と…

名医がやっている超集中法。「見ざる、聞かざる、いわざる」で周囲をシャットアウトせよ。

社会人であれば、誰もがつねに持てる力を発揮し、最大限のパフォーマンスを上げたいと思っていることでしょう。それを阻害するものとはなんでしょうか? オフィスの環境、上司や部下との人間関係などが良くなければ、パフォーマンス向上の阻害要因となり得ま…

筋トレで鍛えられるのはカラダだけではなかった。「記憶力アップ」「メンタル改善」にも絶大な効果あり。

「資格試験のために専門用語をたくさん覚えたいが、なかなか覚えられない」 「仕事のことで悩みがあり、最近不安を感じる」 「たくさん寝ているつもりなのに、どうも疲れが取れない」 こうした学習・精神・睡眠に関するお悩みをお持ちのビジネスパーソンのみ…

一流外科医が「準備」に全力を注ぐ理由。成功を引き寄せられる人は何が違うのか?

仕事と切っても切れないもののひとつに、「準備」があります。出勤後、1日の仕事をスタートする準備にはじまり、会議の準備、商談の準備、プレゼンの準備……。仕事とは、準備の連続といっても過言ではありません。もちろん、誰もがその重要性は知るところでし…

目標達成のために継続できる人は1万人に1人!? 「続かない人」ができていない3つのこと。

なんとなく夢や志はあるものの、それを心に抱いているだけで、何もしない。あるいは、何か行動に移しても、結局は長続きしない。よく考えたら、いろんなことが続いていないかも……!? そんなあなたには、“あの行動”が足りていません。成功と深い関係がある「1…

“手書き” で心をゆっくり整える。名医が教える2つの「休息の習慣」

仕事で成果を出すためにはなにが必要でしょうか。持って生まれた才能や環境、意志の強さ、努力の量――。それらもたしかに重要なものでしょう。でも、なによりも心身ともに健康でなければ、本来持っているはずのパフォーマンスを発揮するどころではありません…

「何を言っているのかわからない人」にならないための “ロジカルな伝え方” 2パターン。

面接で将来やりたいことを聞かれたとき。上司に業務改善案を提案するとき。プレゼンで企画の趣旨を説明するとき。話の内容をロジカルに伝えることが難しいと感じることはありませんか? 自分の頭の中だけで考えるのとは違い、誰かにわかりやすく説明するのは…

「口下手で寡黙」なのになぜか評価が高い人は何をしているのか?

「口下手で寡黙な人」は意思の疎通がうまくいかず、周囲から勘違いされたり、職場でやや孤立ぎみになったりする——これが、世間一般的な印象かと思います。しかし一方で、皆さんのまわりには、口数はあまり多くないにもかかわらず、なぜか上司から厚い信頼を…

朝の45分でできる。心を整えて幸福感を高める「最高のルーティン」のつくりかた。

先日、「古川さんがやっている朝の習慣に興味があるのですが、詳しく書いた本はありますか?」と聞かれました。結論からいうと、朝の習慣を詳しく書いた本は執筆しておらず、それらのことはブログや連載で書いてきました。 今回は、その質問にお答えする意味…

スタンフォード大学教授が教える、「やればできる」のマインドがとても大切な理由。

みなさんはこれまで頑張って取り組んできたことが壁にぶち当たった時、「自分には才能がないからもう駄目だ、頑張っても無駄だ」と諦めてしまうことはありませんか? 「努力をすれば報われる」という言葉もありますが、頑張ったのに成果が出なかった経験が一…

知らず知らずのうちに脳を疲れさせている3つの最悪行動。“効率を重視しすぎ” はかえってキケン。

規則正しい生活を心がけているのに、いまひとつ気分が優れず仕事が捗らない。仕事に集中できず、考えもまとまらない……。 それは、脳が疲れているせいかもしれません。自分の脳に、無理なことを強いてはいませんか? いますぐ「脳を疲れさせる最悪行動」を改…

ストレスだらけのビジネスパーソンに20分間の「公園滞在」をすすめるワケ。

仕事にストレスはつきものです。ストレスは、抽象的な思考や集中力、ワーキングメモリーなどにかかわり、感情や衝動を抑制する、脳の「前頭前野」の支配力を弱めるといいます。ストレスが軽減すれば元の状態に戻りますが、慢性的なストレスにさらされると、…

なにかを「じっと見つめる」だけ!? たった10秒で集中力を取り戻す “びっくりするほど簡単な” 方法

「考えがまとまらない」「集中が途切れてしまった」というとき、パソコンから視線をずらし、たとえばデスクに置いた観葉植物を“まじまじ”と眺めてみたら、「あれ? こんなカタチの葉っぱだったんだ」と気づくことはないでしょうか。 また、そのあと仕事を再…

就寝前に「いまの悩み」と「翌朝の予定」を書き出そう。安眠を手に入れるための大切な習慣

布団に入ってもすぐに眠れない……そんなときにあなたはどうしていますか? 眠たくなるまで読書をしたり、延々と考え事をしたりする方が多いのではないでしょうか。特に、翌朝に大事な仕事を控えて不安なときや、日中上司に叱られて落ち込んでいるときなどは、…

「君の頭は腐っている」と言われたエジソンが、それでもへこたれずに成功をつかめた深い理由。

すいぶん冴えない時代、どん底の時代を経て、後に大成功をおさめた人々がいます。彼らのエピソードは、現在「あまり評価されていない」と悩む人の励みになるだけではなく、成功するための大きなヒントとなるでしょう。今回は、19世紀、20世紀、そして21世紀…

月曜日からロケットスタートを切れる人は、必ず “この4つ” をやっている。

土日ゆっくり休んだあとの月曜日。決まって気分が落ち込む人はいませんか? 友だちとの旅行や家族でのキャンプなど、とっても楽しかった土日を過ごした後だとなおさらでしょう。休暇明けの月曜日は仕事に身が入らないなんて人もいるかもしれませんね。しかし…

AI時代に大活躍できるのは「心の動き」を読める人。建前に惑わされないための大切な思考習慣

有識者は「すべてのビジネスが、“人間の心”を対象としたものだ」といいます。そんななか、感情を読みとる AI の基礎にもなっているエクマン理論が、日本人において通用しないことが明らかになりました。その事実からも、「心奥(心の奥底)に秘めた思いを感…

「眠いから無理」はもう卒業! 脳に最高な “朝型勉強” を続けるための3つのルール

勉強する時間が欲しいけれど、仕事や学校が終わったあとはクタクタで頭が働かない……そう悩んでいる人は、ぜひ朝の時間帯を勉強に充てるべきです。なぜならば、脳科学の観点では、朝は勉強に特に適した「ゴールデンタイム」とされているから。 なかには、「朝…

謙虚すぎると疎まれる。まわりから “ちょっと面倒な人” と思われがちな4大NG行動

「コンプライアンスを甘く見るとだめですよ」 「〇〇するべきです」 職場で何気なくこのような言葉を使ったことはありませんか? 一見何の変哲もない言葉ですが、もしかしたら相手を不快にさせて仕事仲間の士気を下げているかもしれません。 まわりから「面…

「良い習慣」を長く続けられない人が知らない大切なこと。

『人生が変わる「習慣化」』でこれまで連載してきた10回の記事でも、いろいろな習慣化の技術や思考法をお伝えしてきました。わたしはそれらのことを本やWEBなどのメディアでアウトプットし、カウンセリングやセミナーなどを実施しています。 あるとき、「古…

休日の朝寝坊や海外出張による “時差ボケ” を「運動」で解消できる可能性。

2018年は京都大学・本庶佑特別教授のノーベル生理学・医学賞受賞が話題になりましたが、2017年の同賞は、体内時計のメカニズム解明に功績を残した3人の米研究者に授与されました。この受賞で、体内時計の重要性が広く知られるようになったといいます。 しか…

「成功をつかめない人」は、この “4つの基本” ができていない。

テレビでよく見るあの人は、ネットで話題のあの人は、ベストセラー作家のあの人は、想像以上に出世した友人は、なぜそこまで成功できたのだろう。彼らと自分は、いったい何が違うのだろうか……? その違いは、あることを“している”か、“していない”か、かもし…

「集中できない…」と悩むのならば “心の知能指数” を高めよう。そのためにできる8つのアドバイス。

感情的知性、心の知能指数とも呼ばれる EI(EQ)は、企業・教育機関・公共機関など、さまざまな教育環境で活用されています。この概念を広めた心理学博士のダニエル・ゴールマン氏によれば、心の知能指数が高い管理者ほど成功を収めているそう。 また EI は…

お昼に30分も外を歩かされたライターが実感した「散歩のすごすぎる効能」

こんにちは。StudyHackerでライターをしている一橋大学の藤井です。 ライターとして四ツ谷の編集部オフィスに出勤するようになって半年、ようやく執筆作業にも慣れてきました。しかし、ここにきて少し問題が出てきたのです。 新しい記事ネタが思いつかない …

「深層対話力」が欠けている人は、コミュニケーションの8割を無駄にする。

どんな職業に就いている人でも、上司や先輩に口を酸っぱくして言われることのひとつが「コミュニケーション能力」の重要性ではないでしょうか。ただ、全国から5,000名を超える経営者やリーダーが集まる「田坂塾」の塾長でもある多摩大学大学院教授の田坂広志…

なんでも迷いたがる人は「ウィルパワー」を無駄に消費して脳を疲れさせている。

集中力がないと悩んでいる方は、もしかして、ウィルパワーを浪費しているのかもしれません。選択の機会や、選択肢を減らしていけば、グンと集中がアップするはず。その理由と、無駄な選択を減らす方法を紹介します。 集中力のカギは「ウィルパワー」にあり …

自分の失敗を許せない人は、知らず知らずのうちに “脳の働き” を低下させている。

誰でも失敗はいやなもの。しかし、失敗を恐れないマインドを持つことは可能です。落ち込むほどの失敗でも、自分自身がそれを許すことで、前へと進めるでしょう。心理学者が教える「失敗に強くなるマインドセット」を紹介します。 3ステップで成長できる考え…

4秒以上の笑顔は “愛想笑い” の可能性。建前に惑わされない「本音を見抜く」7つのテク。

社会生活をズムーズに送るためには、本音と建前の使い分けが必要だといいます。だからこそ、相手の気持ちが分からず、対応に悩むこともあるでしょう。 そこで今回は、相手の本音を引き出す「会話術」と、「微表情を読み取るポイント」を紹介します。 相手が…

出世する人が “絶対に使わない” 言葉。相手の愚痴に「そうですね」と同調する人は要注意。

アメリカで活躍した著述家ジョセフ・マーフィーは、世界的ベストセラー『成功の哲学』の中で、次のような言葉を記しています。 幸福な人生を歩んでいる人は、言葉の使い方を知っています。言葉は選んで使いなさい。言葉の選択一つで、人生は明るくも暗くもな…

どうしてもやめられない悪い習慣。原因を「紙に書き出す」と解決策が見えてくる。

「悪い習慣をやめたいけれど、そのやめ方がよくわからない……」これこそ、多くの人がいちばん悩むポイントではないでしょうか。 たとえば、お酒の飲み過ぎ、長時間残業、夜更かしなどは、実のところ「ドミノ倒し」のように負の循環で形成されています。それら…

「動いてくれて当たり前」は危険。人を全然動かせない人には “配慮” が圧倒的に欠けている。

仕事は個人戦ではなくチーム戦です。では、人を上手に動かしチームとして成果をあげられる人と、人を動かすのが下手で成果をあげられない人には、どこに違いがあるのでしょうか。調べてみると、「人を動かせない人」には3つの致命的な特徴があることがわかり…

夕食後は絶対にダラダラしなさい。夜の過ごし方を今すぐ変えるべき本当の理由。

夜遅くまで勉強したり、仕事の続きをしたりすることが多々ある。集中できないわけではないが、実際に勉強の効果が生まれているのか、あるいは仕事の生産性が高まっているのか不安なところもある。 ――その不安、的中していますよ。実は、経済的な損害がとても…

1日4分 “高負荷の筋トレ” で心まで鍛えられる!? 立ち直る力「レジリエンス」を高める意外な方法。

どんなに学歴や経歴が素晴らしくても、難しい仕事を任せると精神的な脆さを見せ、苦難にぶつかると耐えられず、挫折してしまう人々がいます。そうした人々は、「立ち直る力=レジリエンス」が低いのだとか。 逆に、レジリエンスが高ければ、長いキャリアで成…

“隣の人のランチ” に心を乱される人は要注意。「脳が疲れる」原因になっているかも。

お昼の休憩時間に、「さあ何を食べよう」といろいろ考えているうち、「何を食べるべきか?」になり、結局何を食べたいのか分からなくなってしまい、身近なところで手を打ち気分が盛り下がったことはありませんか? 誰でも経験しそうな日常の風景ですが、そん…

「勉強×運動」の組み合わせがすごい。長期記憶を鍛えたければ “静かな筋トレ” で脳を刺激せよ。

一生懸命勉強しているのに、なかなかパフォーマンスが上がらない……。そんな人は、脳の一部分だけを酷使しているせいで疲労が蓄積しているのかもしれません。そんな疲れ切った脳を活性化させれるために、取り入れてほしいのが運動です。一般社団法人 日本体育…

「怒ってばかりの人」は損だらけ。でも「怒れない人」も絶対に損をしている。

どんなことにもすぐに怒る人もいれば、一方で普通であれば怒るようなことにもまるで怒らない人もいます。対照的な両者ですが、ともに「人生で大きな損をしている」と、怒りと上手に付き合う心理トレーニングである「アンガーマネジメント」の第一人者・安藤…

やたらと「敵意をむき出してくる人」には “プライドくすぐり作戦” が効く。

「理由は知らないが嫌われている気がする」「やたら不機嫌な表情を見せてくる」「必ず意見や好みを否定される」――そんな人物が近くにいると困りますよね。いっそのこと問い詰めて、白黒ハッキリさせようと考える人もいるでしょう。 しかし、自分に敵意を向け…

自律神経が乱れる3つの最悪習慣。“朝はゆっくり” で1日のパフォーマンスは劇的に向上する。

なんだか頭がぼーっとする。考えがうまくまとまらない。こんな状態に陥ったことのある方も多いのではないでしょうか。それはもしかしたら、風邪でも病気でもなく、日々の生活習慣や思考習慣に原因があるかもしれませんよ。 キーワードは『自律神経』。活動時…

いつも怒っている “あの人” とうまく関わる心理テク。気分屋上司も「パターン」がわかれば怖くない。

いつ顔を合わせてもイライラしている人が、あなたのまわりにもいるかもしれません。プライベートの世界であれば付き合わなければいいだけですが、会社の人間となるとそうはいきません。そういう人とどう付き合うべきか――。 アドバイスをくれたのは、怒りと上…

怒りの感情と上手に付き合う! 欧米トップ経営者の常識「アンガーマネジメント」入門

「怒る」というのは、大きなエネルギーを消費する行動です。もちろん、怒ることで人間関係がこじれることを心配する人もいるはずですが、きっと多くの人が、なるべく怒ることなく日々を過ごしたいと考えているでしょう。 そこで、怒りをコントロールするメソ…

「苦手な人」のせいで仕事が捗らないなんてもったいない。タイプ別の対処法を考えてみた。

みなさんは、職場に苦手だと感じる人はいますか。仕事自体は楽しくても、そこで関わっている同僚や上司の中にあまり好きになれない人がいて、大変な思いをしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 苦手な人がいると、仕事をなかなか自分の思う…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら