自己啓発・マインドセット

あなたがイマイチなのは “夜の過ごし方” がマズいから!? 帰宅後にしてはいけない「8つのこと」考えてみた。

みなさんは、仕事や学校を終えて家に帰ったあと、何をしていますか? 「仕事(学校)が終わって自由だ……!」と緊張が解けるのはたしかに悪くないことですが、じつは “帰宅後にしないほうがいいこと” をしてしまっているかもしれません。それが翌日のパフォー…

“精神科医の禅僧” が教える「脳が疲れる2つの原因」。現代は “脳に悪いこと” が多すぎる。

肉体的な疲労と違って、脳の疲労はなかなか自覚しにくいものです。ですが、脳が疲れていれば、仕事で大きなミスを犯してしまう可能性も高まります。そんな脳を、なるべく疲れさせないようにするにはどうすればいいのでしょうか。 お話を聞いたのは、精神科医…

あなたの脳が退化する3つの最悪習慣。気づかぬうちに “脳が刺激されない生活” を送っている。

あなたは、自分の日々の生活習慣について「脳に悪影響を与えていない」という自信があるでしょうか。脳が健康かつ活発に機能するように、気を配って生活できていますか。 じつは、少し気を抜くと、脳は老化・退化したり、機能低下したりすることがあるのです…

多忙なあなたに一番必要なのは「光」だった。“オフィスにこもりきり” がマズい理由。

秋から冬にかけて、やけに炭水化物や甘いものが食べたくなったり、気分が落ち込んだりすることはありませんか? じつはそれ、「冬季うつ」とも呼ばれる「ウィンターブルー」の症状です。多忙なビジネスパーソンに現れることも多いそうですよ。 今回は、ウイ…

朝に「1日の楽しい計画」を考える習慣が最高。気分上々でその日を過ごせる!

皆さんは、1日をどんな気分で始めていますか? 「今日も楽しみだ!」「仕事がんばるぞ!」など、前向きな上々気分でスタートさせられている人はいいですね。でも、たとえば前日の嫌な出来事を思い出して「今日も会社に行かないといけないのか……」などと暗い…

マズローの法則とは? 知っておくべき5つの「欲求」

マズローの法則とは、人間の欲求を5つの段階でピラミッド状に表現したもの。マーケティングや自分の将来設計に役立てる方法を解説します。

ウィンザー効果とは? 信頼を得るための方程式

ウィンザー効果とは、第三者による情報は信頼されやすいという心理現象。うまく使えば、信頼を得やすくなったり商品がよく売れたり。ウィンザー効果の利用法を徹底解説!

鏡に向かって○○をする。「自己肯定感が低すぎる人」が朝にするべき3つの大切な習慣。

4万5,000回。 これは、人間が1日のうちでネガティブなことを考える回数だと言われています。 ネガティブな思考は誰でも持つもの。「自分の出す企画なんてどうせおもしろくない」「自分なんかがこんな大きな契約取れっこない」といった “自信がない系” のネガ…

「私の心は絶対に折れません」は逆にキケン。心の “ちょうどいい強さ” は感情ラベリングで身につけよ。

ビジネスや教育の場では、逆境に負けない心=「レジリエンス」が注目を浴びています。くじけず何度でも立ち上がる心は、強ければ強いほどいい印象ですが、じつは強すぎるのも問題なのだそう。 何があってもへこたれないよう頑張ってはいるが、一向に状況が好…

“失敗続きの人” の残念すぎる思考。「運が悪い」と思い込むとホントに運が悪くなる。

失敗したり、チャンスを見逃したりしている自分の隣に、「やったー! ラッキー! ツイてるなぁ」などと喜んでいる他人がいたら、「あーあ、どうせ自分は運が悪いから」と言いたくなりますよね。 でもあえて、「自分は運がいい」と考え直しましょう。決して損…

「見られていると普段の実力を出せない」のはなぜなのか。“この3つ” で心が楽になる。

みなさんは、プレゼンテーションや会議で発言するとき、緊張や恐怖を感じずに思いどおりに話せますか? また、職場など周りに人がいる場所でも他人を気にせず、ひとりでいるときと同じように堂々と行動できているでしょうか? 他人に見られている状況になる…

ここぞという場面で失敗するのは「本能」のせい。簡単に「脳をだます」方法、教えます

「大事な試験の日、肩に力が入りすぎて力が発揮できなかった」「しっかり準備したはずなのに、いざ人前に立ったら頭が真っ白になって、プレゼンがうまくいかなかった」このように、緊張で思い通りに実力が発揮できなかった経験はありませんか? 緊張している…

身近にひそむ “心と脳がやられる” 3つの最悪習慣。

普段、なにげなく行なっている行動が、じつは心と脳に悪影響を及ぼしている可能性があります。たとえば、人間関係で嫌なことがあっても無理に我慢したり、べつの作業をしながら並行してメールチェックしたり……。そしてそれらは、たとえ小さなものであったと…

他人からの「迷惑な先入観」があなたの可能性を潰している。この “すごい一言” で相手を目覚めさせろ。

上司「AさんにはA案件が、BさんにはB案件が合っているね」 Aさん「ハイ! ありがとうございます!」 Bさん「……。あ、ハイ……」 自分の感覚と上司の見立てが合致しているAさんは喜々としていますが、Bさんのほうは疑問で頭がいっぱい。上司の認識と自身の意向…

「悪口ばかり言う人」とはまじめに関わる必要なし。同調すると脳が毒される。

どこの職場にも、愚痴や妬み、悪口ばかりの集団はいるものです。そして皆さんのなかにも、心では「嫌だな」と思いつつ、自分がターゲットにされたり人間関係にトラブルが発生したりすることを恐れて、惰性で仕方なく関わり続けている……なんて人もいるのでは…

集中力は「五感」から上げられる。「かわいいものを1分眺める」「ガムを噛む」が脳に効く理由

「仕事中にどうしてもほかの考え事をしてしまう」「家で勉強をしようとしても何だか身が入らない」といった経験はありませんか? 思い当たる人は、不要な思考を手放せないでいるのかもしれません。 そんなときは「五感」をうまく使いましょう。五感の使い方…

「いるだけでチームの雰囲気が良くなる人」はSQが高い。“10個の特徴” あなたはいくつ当てはまる?

「あの人は確かに優秀かもしれない。でも、言い方にいちいちトゲがあってチームの雰囲気を悪くする……」これに該当する人は、一時的に組織のトップにのし上がっても、その地位を保つのは難しいかもしれません。一方で、「この人がいると、なぜかチームの雰囲…

飽きっぽい人、じつは「ワーキングメモリ」がすごい。意外な才能が4つもあった!

「移り気である」「何をしても続かない」など、飽きっぽい性格はなにかとマイナスにとらえられがち。仕事でなかなか成功を収められない人の中には、飽きっぽい性格が原因だと自分を責めたり、粘り強い性格をうらやましく思ったりした経験を持つ人もいること…

人間関係にちょっと疲れている私が「10のしないこと」考えてみた

毎日を生きているとき、私たちはいつも「〇〇をしなければ」という思考に取りつかれています。「今日中にメール返信しなければいけない」「明日までにこの連絡をしておかないといけない」「人に嫌われないようにしないといけない」など……。 決められたことを…

「心がひどく疲れている人」が幸せを感じるための、とっても大事な3つのこと。

「最近、心から笑うことが減ったな……」「仕事で頑張って成果を出しても、どうしてか溜息がこぼれてしまう……」「収入もほとんど変わらないはずなのに、友人たちが自分より幸せに思えて遠く感じる……」こんなことをふと思ってしまう瞬間が、最近ありませんでし…

自己肯定感が低い人は “この3つ” をやりなさい。「ノート習慣」と「口癖」で人生が大きく変わる。

「きっと失敗するだろうな……」「どうせうまくいかないだろう……」このように、何事に対しても自信がなくネガティブに考えがちな人は多いのではないでしょうか。いつも悲観的でいては、実際の行動にも差し障りが出てしまうもの。ネガティブ思考に苛まれてなか…

脳のために週1回は “ノー残業デー” をつくるべき。脳科学者がすすめる「最高の夜の過ごし方」

ジョブマーケットを調査する「OpenWork」によると、ビジネスパーソンの月の平均残業時間はおよそ47時間とのこと。また、41.2%の人が1日に1~2時間の残業をしているそうです。 働き盛りのビジネスパーソンにとって、「毎日残業ゼロ」は難しいことかもしれま…

「助けてもらう」だけで好かれます。職場の人と距離を縮める超簡単な方法3選

皆さん、会社での人間関係は良好ですか? 「イマイチ職場にとけ込めない」「上司や同僚ともっと仲良くなりたいけれど、関係性が構築できていない気がする」「今さら仲良くなる方法もわからない……」 このような悩みを抱えている方は少なくなのではないでしょ…

「できない」という思い込みから抜け出す! 過去・現在・未来すべてを自己肯定する2つのテクニック

人間は、過去の出来事や記憶にとらわれてしまう生き物です。過去に何かができなかったり、大きな失敗をしたりすると、それらがネガティブな思い込みとして脳に刷り込まれ、次もまた失敗する可能性を高めてしまうのです。 そんな「できない」という思い込みを…

心がつらかったら打ち明けてしまえばいい。「心の健康」を取り戻すシンプルな方法。

みなさんは、「しんどいな……」「なんだか心が晴れないな……」と感じるとき、すぐに切り替えることができているでしょうか。 大きな仕事を任されて重圧に押しつぶされそうになったり、大きなミスをして落ち込んでしまったりすることは、多くの人に経験があるは…

「夜をどう過ごすか」が自己肯定感を左右する。明日も最高のスタートを切るための大切な夜習慣とは?

何事もなく1日を過ごしていても、夕暮れどきから夜にかけて、気分がふさぎ込みがちになることもあるでしょう。しかし、これは人間のあたりまえの生理現象で、不必要に自信を失ったりネガティブな感情にとらわれたりする必要はありません。 心理カウンセラー…

いつもネガティブな人に朗報。自己肯定感が高まる、朝イチと日中の “意外な習慣” があった。

平日の朝、起きたときに気持ちが上がらない……日中の仕事にもなかなか集中できない……そんな悩みを持つビジネスパーソンは多いのではないでしょうか? そうした毎日を送っていると、「わたしは何をしてもダメかも……」と自分に対して否定的な考え方を持つことが…

休日の寝坊は○時間まで。“休み下手” の人が知っておくべき「休み方の新常識」

「週明けは気分が乗らず、仕事が捗らない……」「いつも疲れていて、仕事から帰ると何も手につかない……」「ストレスがたまっていて気分が落ちやすい」 このような不調が続いているのは「休み下手」が原因かもしれません。仕事に力をめいっぱい注ぎたいビジネス…

クローズドクエスチョンとオープンクエスチョンの違いは? どう使い分ける?

クローズドクエスチョンとは何か、オープンクエスチョンとの違いを解説。それぞれのメリット・デメリットと使い分け方も紹介します。

幸せのために必要なのは言語スキル! 「言葉」が自分を守ってくれる “最高の武器” になるワケ。

人は誰もが「幸せでいたい」と願うものですが、そのためには社会のなかでの生きやすさを見出していかなければなりません。では、そこでなにが大事になってくるのでしょうか。 脳科学者の中野信子さんは、「言語スキル」の重要性を説きます。言語スキルが高け…

幸せをつかさどる物質「オキシトシン」が出やすくなる、いい環境といい習慣のつくり方。

幸せを感じているときに脳内で分泌される神経伝達物質「オキシトシン」(※オキシトシンの概要については『「幸せ」と感じるときに、わたしたちの脳のなかで起きていること。』参照)。では、意図的にオキシトシンを出す方法はそもそもあるのでしょうか? こ…

SHOWROOM前田社長流の自己分析を試してみたら「人生の軸」が見えてきた。

皆さんは、自分の強みは何か、将来どんな姿を理想としているか、答えることはできるでしょうか? 即答できない人も多いかもしれませんが、これからの時代、そのままでは少しまずいかも。 自分の経験や思考を整理し、強みや弱み、理想を探る手段としては、就…

「幸せ」と感じるときに、わたしたちの脳のなかで起きていること。

「幸せ」とは一体どんなものでしょうか? 幸せの価値観は誰もが異なり、明確な定義すらありません。そう思うと、実は幸せとは存在しないかもしれず、存在したとしても、一瞬で立ち消えてしまうものなのかもしれません。でも、たとえそうだとしても、「その幸…

毎日が調子いい人は朝に “この3つ” をやっている。「楽しい計画を立てる」ことから1日を始めよう。

「日中の仕事、なかなか頭が働かない……」「仕事の能率が悪い……」「なんだかイライラするなあ……」普段からそう感じることが多い人もたくさんいるはず。それはもしかしたら、“朝の過ごし方” に原因があるのかもしれませんよ。 いつも朝はぎりぎりまで寝てしま…

現代人が見過ごしている大事な「3つのゆとり」。いつも人と一緒にいなくていい。

やることが多くて忙しいと、毎日が充実しているように感じます。でも、ちょっと立ち止まって考えてみてください。どこかに「ゆとり」を置いてきてしまってはいないでしょうか。 一見すると無駄な時間を過ごしているようにも思えますが、「ゆとり」にはとても…

失敗を恐れない「実行力のある人」になるにはどうすればいいのか? 「弁護士×経営者×冒険家」の答え

なにかにチャレンジしようというとき、失敗を極端に恐れる人も多いものです。このことには、「正解主義」の教育が影響しているとも指摘されています。どうすれば、「失敗を恐れずに実行できる」ようになるのでしょうか。 お話を聞いたのは、24歳のときに一念…

南キャン山ちゃんも書いていた「嫌だったことメモ」を試してみたら、本当に効果がスゴかった

嫌な目にあったときや、嫉妬や劣等感を抱いたとき、あなたはどのような行動をとりますか? 「自分はダメな人間だ」「こんな目にあうのは自分のせいだ」などと自分を責めてしまうでしょうか。それとも、「あの人がいなくなればいいのに……」と相手の不幸を願っ…

最高年収10億円の弁護士が絶対に「忙しい」と言わないワケ。

「来週まではちょっと忙しくて……」――。今日もどこかでビジネスパーソンが口にしている言葉でしょう。 この「忙しい」という言葉は「すごく損な言葉」だと語るのは、福永活也(ふくなが・かつや)さん。24歳のときに一念発起してフリーターから弁護士となり、…

「最高年収10億円の弁護士」へ大変貌した元フリーターの興味深い仕事観。

24歳のときに一念発起してフリーターから弁護士へ。いまでは不動産会社等の複数の会社を経営し、タレントや冒険家としての顔も持つ福永活也(ふくなが・かつや)さん。「月収6、7万円」の若者は、「最高年収10億円」の億万長者へと変貌しました。 そんな福永…

「相手の気持ちがわからない」2つの大きな理由。“自分の当然” は “相手の当然” とは限らない。

普通に間違いを指摘したつもりなのに、部下を落ち込ませてしまった……。商品を一生懸命売り込もうとしたら、なぜかお客様が怒りだしてしまった……。新人をトレーニングしていると、よく泣かせてしまう......。 こんなとき、「最近の若いやつは根性がない」「あ…

夜は “できたこと” に目を向ける。気持ちがポジティブに切り替わる「最高の夜習慣」

仕事熱心なハカオくん。でも、最近よく眠れず困っているようです。いったい何があったのでしょうか……? こんなお悩みを携えて、スタディ博士のもとにやってきました。 ~ハカオくん(25歳、会社員)のお悩み~ 仕事でミスをすると、夜までずっと抱え込んでし…

1日 “たった1行” から始めて読書好きになれました。「1行読書」が未来にもたらす大きな効果。

紙の本を読んだほうがいいと、先輩や上司によく言われる。活字嫌い仲間だった同僚が、本を読み始めたと聞いて焦った。なぜか後輩は本好きが多い。それでも、本を読む気が全くしない。いったい、どうしたらいいですかね? ならば「1日1行だけでも読むこと」か…

「物事が続かない」原因は意外とシンプル。習慣化成功のカギは “近接目標” が握っている。

早起きや勉強に読書など、自らを成長させていくために習慣化したいことがあるというビジネスパーソンは少なくないはずです。 ところが、それらを習慣として定着させることはそう簡単ではありません。つい、「今日は疲れているから」「今週は忙しいから」と自…

【植木理恵さんが教えてくれた!】「ついていきたい上司」「味方につけたい部下」と距離を縮める意外な方法

ビジネスパーソンとして、個人のスキルを高めていくことはもちろん大切です。しかし一方で、企業という組織に勤める以上、有能な上司や部下を味方にしておくことも重要であるはず。そうするために、味方にしたい「ターゲット」に対してどう振る舞うべきなの…

植木理恵さん「いちど “運のせいにする” 人ほど成功する」――いつも努力頼みだとメンタルが危うい。

何かがうまくいったときには「運が良かった」。うまくいかなかったときには「運が悪かった」。このように「運のせいにする」のは、あまり好ましくないことのようにも思えます。特に仕事上のことであれば、もっときちんと勉強や研究をしたという裏づけがない…

ただの願望で終わらせない! 「紙に書く × WOOPの法則」で目標達成率を爆上げせよ。

みなさんは「目標」を持っていますか? 「こういうキャリアを築いていきたい」「将来はこんなことをしてみたい」など、仕事プライベート問わず、大なり小なり何かしらの目標があるのではないでしょうか。 でも、目標はあるけれど何から始めていいかわからな…

海外研究「“恋愛経験なし=社会不適合者” は大ウソ」――安心して勉学に励め!

日々勉強を頑張っているにもかかわらず、「デートしたこともないなんて」 「ほとんど恋愛経験がないなんて」などと他者からプライベートについて言及され、あたかも健全ではないかのようないわれ方をして落ち込んだ経験がある方―― そんな言葉を気にする必要…

「頭がいいのになぜか嫌われる人」の残念な言動。

あなたは、人から「頭がいい」と言われることがあるでしょうか。または、自分で頭の回転が速いほうだと思いますか。 もし当てはまるなら要注意。ひょっとするとあなたは、相手を不快にさせるような「嫌われる話し方」をしてしまっている可能性があるのです。…

ストレスに弱い人は○○をせよ。快適に仕事をするための3つのコツ

「ストレスに弱い」「ストレスの解消法が分からない」「仕事でストレスがたまる」など、ストレスに関してお悩みの人は多いことでしょう。ストレスに弱い人の特徴や、ストレスの解消法について詳しくご紹介します。

「ToDoリスト」は寝る前に書く。寝つきの悪い筆者がすんなり眠れたシンプルな習慣

「翌日、仕事があるのになかなか寝つけない……」「ベッドに入っても、ついつい考え事をして目が覚めてしまう……」このように、不安が原因で寝つきが悪いと困っている人も多いのではないでしょうか? 今回は、寝つきが良くなるという研究結果が出ている「就寝前…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら