記憶

旅する自分を “空想” するだけで脳にも心にもメリットいっぱい。休日こそ「空想旅行」に出かけよう!

休日は意識的に、仕事に役立つ本を読んだり、運動したり、美術館に行って教養を深めたり、可能であれば、経験を増やすべく旅行に出かけたりする。でもときどき、有意義な時間を過ごしていても、まったく別のことを考えてしまう。たまには家でボンヤリ過ごし…

手書き「100文字日記」が脳にもたらす大きな効果。記憶力も鍛えられる!

いまひとつ文章をうまくまとめられない。仕事中に「えーと、何だっけ?」と何度も確認してしまう。日々さまざまなストレスを感じている。 こうした悩みを抱えているならば、ぜひ手書きの「100文字日記」をつけてみてください。脳が活性化し、ストレスが軽減…

思考力は “遊び感覚で” 楽しく鍛えられる。「後出し負けじゃんけん」は最高の脳トレだった!?

勉強や仕事をしていて「記憶力が落ちた……」と悩む人のなかには、「ほかの人の何倍も頑張らなければ!」と必死になって自分を追い込んでしまう人も多くいます。しかし、この頑張りすぎる姿勢が、かえってマイナスになっているかも。 記憶を司る脳の海馬を酷使…

認知機能低下につながりかねない「脳血流を悪くするNG習慣」。“手書きしない” が危なすぎるワケ。

頭が働かない、スッキリしない、勉強や仕事が捗らないとお悩みの方はいますか? これから紹介する4つの「最悪習慣」が当てはまっているのかもしれません。 この記事で紹介する4つの「最悪習慣」は、どれも脳の血流状態を悪化させるものばかり。 脳血流の低下…

記憶力も要約力も身につく! ノートを3分割「コーネル式ノート術」が勉強に最適すぎる3つの理由

学校や資格試験の勉強に適したノートの取り方を模索しているけれど、なかなか良い方法が見つからないという方は多いのではないでしょうか? 「あとから見返したときにわかりづらい」「どの範囲までメモをしたらいいのかわからない」「資格勉強に役立つノート…

やっぱり読書記録は “手書き” がいい。「読書ノート」で本の要点が記憶に残る!

小説やエッセイなどであれば、内容を楽しみながら読むこと、じっくりと感じ入りながら読むことこそが読書の醍醐味です。感情が動かされやすいので、記憶に残りやすいのではないでしょうか。 一方でビジネス書や実用書などの場合は、感情が介入しないので、即…

あなたは文字派? 聴覚派? 6つの「認知特性」ごとに最適な勉強法教えます!

みなさんは、「これは絶対に効果がある!」と信じてやってみた勉強法が、実際には自分にあまり合わなかったという経験がありませんか。ノートに単語をひたすら書き続けても全く暗記できなかったり、色を分けて図式化してみても内容がいまいちピンと来なかっ…

「休憩なし」は本当に非効率。“たった10秒” 休むだけで学習が加速する。

仕事や勉強のパフォーマンスを高めるには、小まめな休憩が必要だといわれています。最新の研究によると、新しいスキルを習得する際の短い休憩は、トレーニングそのものに匹敵するのだそう。 「パソコン作業の生産性を上げたいので、速くタイピングできるよう…

ストレスまみれの大人こそ絵を描くべき理由。“30分ぬりえ” のリラックス効果がすごい。

あなたは最近、絵を描きましたか? 小さい頃は誰もがよく描いていた絵。高校生までは美術の授業で絵を描いていた人もいるかもしれませんが、大学生・社会人になると趣味でもない限り絵を習慣的に描く人はかなり少ないのではないでしょうか。 すっかり遠ざか…

たった3回 “合計17分”! 記憶が1ヶ月も続く「最高の復習タイミング」があった。

「直前に覚えないと忘れてしまうから」「前日までやる気が起きなかった」このような理由で、一夜漬けをしてはいませんか? 翌日のテストではかろうじて点数が取れるかもしれません。しかし一夜漬けでは、記憶を長期的に定着させるのは難しいですよ。 せっか…

「脳トレ」って本当に効果あるの? 最新研究で真実が明らかに

かつて、クロスワードパズルや数独などの認知トレーニング(脳トレ)が、記憶力や思考力の改善に役立つと考えられ、一世を風靡(ふうび)したことがありましたね。しかし2018年には一転、脳トレには記憶力・思考力を改善する効果がないという研究が発表され…

世界トップクラスの “記憶アスリート” たちも実践する「連想結合法」が万能すぎる。

突然ですが、以下の言葉をご覧ください。 ベッド、魚、カーペット、ドレス、犬、車、テレビ もしも、「この7つの言葉を記憶してください」と言われたらどうでしょうか? よっぽどの記憶マニアでない限り、「うわあ、面倒だなあ」と思いますよね。仮に頑張っ…

根気にはセロトニンを、記憶力にはイリシンを。仕事力に直結する「4つの脳内物質」を増やす方法。

わたしたちの心と身体のパフォーマンスを左右しているのは「生理活性物質」です。ビタミンやミネラルのほか、脳内物質と呼ばれている「ホルモン」や「神経伝達物質」も生理活性物質のひとつ。 今回は、自分に足りない力を補うには、どのような生理活性物質(…

記憶力をアップする方法5つ。今日から変えられる生活習慣

仕事や学業に役立つ、記憶力がアップする方法をお教えします。簡単なトレーニングを日常に取り入れてみましょう。

本番前に「頭が真っ白」になったときにするべき3つのこと。

試験当日まで必死に勉強をした、あるいはプレゼン当日まで完璧に準備を行ったにもかからわず、いざという本番で頭の中が真っ白になってしまった……。 そんな経験がある方は、決して少なくないでしょう。なぜならば、ストレスと記憶には切っても切れない複雑な…

年齢を重ねると脳の得意分野も変わる。大人脳のトレーニングに「暗算」と「そろばん」がいいワケ。

ワーキングメモリとは、学習・理解・推論といった複雑な知的操作を含め、何かをする際に情報を一時的に保持して行動につなげる脳のシステム。仕事や勉強だけではなく日常生活のパフォーマンスにも大きく影響します。 しかし、ワーキングメモリの資源は限られ…

暗記効率が上がる “ユニークすぎる” 勉強法。ロザン宇治原も実践「エアー授業」がおもしろい。

読者の皆さまはこれまで、色々な勉強法を取り入れてきたと思います。ですが、「いまいち自分には合わない」とか「この勉強法では効率的ではない」などと感じている方もおられるでしょう。これから紹介する“少しユニークな勉強法”の中に、あなたに合う方法を…

電子書籍では不十分。「紙の本」でこそ脳と想像力が鍛えられるワケ。

同じ国の言語を使う人同士でも、なかなか意思疎通できなかったり、同じ言語を話せなくても心が通じ合えたりする場合があります。「愛に言葉はいらない」などといいますが、わたしたちが想像する以上に、「言語」は大きな役割を担っています。 脳生理学者・東…

「耳栓+音読」の効果がすごい。ノートもペンも必要ない、4つの “脳科学的” 勉強法と暗記術

勉強したいけれど、忙しくてじっくり机に向かう時間がない。そうお悩みならば、机に向かわないで済む方法を使って、効率よく勉強してみてはいかがでしょうか? 机に向かってペンを握らなくても、勉強の成果を出すことは可能ですよ。今回は、「ペンを持たない…

「ゆっくり動く」だけで前頭前野が活性化する!? 海外心理学者が提唱。

脳や体にいいらしいことは知ってるが、どうも瞑想やマインドフルネスをやろうという気にならない。経験がない自分にとっては難しそうだし、面白そうでもない。もっと気軽に取り入れられて、ものすごーく短い時間で、簡単で、なおかつ同じような効果があるも…

覚えたければ「いったん忘れる」のが吉。記憶力向上に効く “ちょっと意外な” 4つのこと。

もし、朝日が昇ったら起きて、本能のまま食べて飲んで、日が沈めば寝て……というサイクルを繰り返すだけならば、「生命にかかわることだけを記憶しやすい」脳の特性に任せておけばよいでしょう。しかし、高度に発展した人間社会で暮らしていくには、「意図的…

“落書き” するだけで脳血流が増える!? 賢い脳をつくる3つの習慣。

賢い脳ほど、血に飢えている――。そう聞くと訝しく思う人もいるかもしれませんが、実はこれはれっきとした事実。『海外研究「賢い脳は “血” に飢えている」——脳血流を増やす最高の3習慣』で伝えられている通り、2016年に発表された海外研究において、人間は進…

筋トレで鍛えられるのはカラダだけではなかった。「記憶力アップ」「メンタル改善」にも絶大な効果あり。

「資格試験のために専門用語をたくさん覚えたいが、なかなか覚えられない」 「仕事のことで悩みがあり、最近不安を感じる」 「たくさん寝ているつもりなのに、どうも疲れが取れない」 こうした学習・精神・睡眠に関するお悩みをお持ちのビジネスパーソンのみ…

脳をダメにする最悪習慣、賢い脳をつくる最高習慣。

20代からの生活習慣で「脳」は変わります。若いからまだ大丈夫という考えは大間違いですよ。あとで「しまったー!」と青ざめないよう、今すぐ「健康な脳をつくる生活習慣」を始めましょう。最新の研究をもとに説明します。 20代からの食事が認知機能に影響 …

海外研究「賢い脳は “血” に飢えている」——脳血流を増やす最高の3習慣

脳がいかに血を欲しているか、脳の進化にはいかに血が必要かご存知ですか? 知的なビジネスパーソンを目指すなら、血に飢えた脳を満足させる「脳の血流・代謝アップ」習慣を取り入れましょう。ちょっとヴァンパイア的なタイトルで発表された研究とともに、説…

記憶力が抜群に上がる「東大式ノート術」。蛍光ペンの使い方が普通とは全然ちがった。

将来のステップアップのため、普段の仕事のほかになんらかの勉強をしている社会人はたくさんいます。その勉強に欠かせない作業といえば、「暗記」です。そして、暗記に長けた人というと、東大合格生を思い浮かべる人も多いことでしょう。 東大合格生は暗記の…

口呼吸を「鼻呼吸」に変えれば記憶力が上がる!? 海外研究で明らかに。

【記憶術】には、思い浮かべた場所に記憶したい対象を置いて覚える「場所法」や、物語に記憶したい対象を登場させる「物語法」、記憶したい対象の頭文字を取り出して覚える「頭文字法」に、別のものに置き換えて覚える「置換法」など、様々なものがあります…

記憶力低下の原因は年齢ではなかった。今日からできる「記憶力を高める」4つの習慣。

「社会人になってからの資格勉強や語学学習は難しい。加齢とともに記憶力が落ちるから」 こう考える人は少なくありません。しかし、“年齢を重ねると記憶力が低下する” という考えは間違いであることが、複数の研究によって明らかになっています。 エビングハ…

脳科学が警告。勉強効率を大きく下げる4つの最悪習慣。

限りある時間の中で、いかに無駄なく効率的に勉強ができるかーー。この問題は、多くの大学生やビジネスパーソンにとって悩みの種になっているはずです。もちろん「自分は効率重視で勉強の計画を立てて実行している」と自信をもって言える人もいるでしょう。 …

記憶定着に効果大! 「三色ボールペン」で勉強が一気に効率化する納得のワケ。

みなさんは、勉強する際にボールペンを使うことはありますか。普段ノートを書くのに使うのは黒のシャープペンシルが基本で、色を使うときにだけボールペンを使う。「勉強においてボールペンは脇役だ」と考えている方は多いのではないでしょうか? 実は、筆記…

「勉強×運動」の組み合わせがすごい。長期記憶を鍛えたければ “静かな筋トレ” で脳を刺激せよ。

一生懸命勉強しているのに、なかなかパフォーマンスが上がらない……。そんな人は、脳の一部分だけを酷使しているせいで疲労が蓄積しているのかもしれません。そんな疲れ切った脳を活性化させれるために、取り入れてほしいのが運動です。一般社団法人 日本体育…

「よく噛む」と記憶力が上がる!? “ゆっくり食事” はやっぱり脳に最高だった。

食欲を制御する満腹ホルモンは、体重維持に役立つだけではなく、脳と記憶にも影響を与えるそうです。食事をサッと終えて仕事に取りかかるより、しっかり栄養をとり、ゆっくり食事するほうが、仕事を捗らせるかもしれません。その根拠を探ります。 満腹ホルモ…

「7回」が理想!? やっぱり勉強は “繰り返し” が最高の近道だった。

仕事に趣味に人付き合い……日々忙しく過ごしているビジネスパーソンにとって、まとまった勉強時間を確保することは難しいですよね。また大学生であっても、いかに勉強時間を短縮して効率の良い時間の使い方ができるか、試行錯誤している人も多いのではないで…

「あなたの脳はゴミだらけ」睡眠を軽視しがちな人が知らない3つの真実。

「ちょっぴり生活が不規則かも」「いつも睡眠時間が短い」「寝る間も惜しんでバリバリ仕事中」――そんなふうに睡眠を疎かにしていると、脳がゴミだらけになってしまいます。ゴミだらけの脳は、あなたの人生を台無しにしてしまうかもしれません。さっそく説明…

1ヶ月で4,000単語を覚えた男の「最強の暗記術」がすごかった。

これからの時代には「暗記力」以上に「考える力」が必要だとされ、アクティブ・ラーニングの導入など、教育現場ではさまざまな改革が推し進められています。とはいえ、各種の資格を取得するにも、語学力を伸ばすにも、欠かせないのはやはり「暗記力」。 そこ…

“極貧” から東大とハーバードに合格した男の「最強の独学術」

向上心の強い人であれば、種々のビジネススクールに通っているという人もいるでしょう。ただ、時間の制約もあり、社会人の勉強はどうしても「独学」になりがちです。ところが、これまで「先生に教えてもらう」という勉強しかしてこなかった人にとって、独学…

脳科学が証明。“勉強が捗る” 3つの黄金比「3:7」「25:5」「1:5」がすごすぎる。

勉強を効率よく行うためには、知っておくべきルールが存在します。例えば、「インプットよりもアウトプットのほうが大切である」「集中できる時間には限りがある」「復習するタイミングが大切」といったルールをご存じの方は多いでしょう。 そして、これらの…

“たった5分” で脳が生き返る「視覚トレーニング」。勉強中にやるだけで効果絶大!

書類や本を読むスピードが遅く、仕事で細かい数字を見落すことが多い。最近は物忘れも多いし、外出も億劫になってきた……。これらの悩みは、視覚を鍛えることで解消できる可能性があります。目の疲れや頭痛、肩こりもいいはずですよ。さっそく説明しましょう…

脳科学で明らかになった「記憶力アップ」に効く11個の習慣。

以前から“記憶の形成”に深いかかわりがあるとされてきた「脳のシータ波(θ波)」と、脳内物質の「アセチルコリン」。最新の研究では、“記憶の検索(想起)”にも直接的な関連があると示されました。それらに関する新旧の研究と、記憶力アップに役立つ「アセチ…

“たった17分間の工夫” で記憶を1ヶ月キープできる魔法のテクニック。

みなさん、復習のタイミングはつかめているでしょうか。「勉強では復習が大事」という話はよく聞くけれど、具体的にいつどうやればいいかわからない。そんなことはありませんか? 実は、脳科学を利用した最適な復習方法があるのです。効率的かつ効果的な記憶…

「いちごパンツの織田信長」で忘れない。イラストと一緒に覚える楽しい暗記術

「絵」を付加することによって、暗記力が飛躍的に高まることをご存知ですか? もしも、あなたが絵を描くことが好きならば、なおさらその「好き」を活用しない手はありません。絵が苦手な方でも、イラストや写真をコピーすれば大丈夫。その効果の理由と、方法…

「腹が減っては戦ができぬ」が科学的にウソである理由。

仕事や勉強の最中、お腹がすくとイライラしてしまう。かと言って、空腹を避けようと食事をたっぷりとると、食後の眠気に襲われて作業が手につかない。このようなことでお悩みではありませんか。 「腹が減っては戦はできぬ」という言葉がある通り、三食きちん…

「覚えたい」と意識しすぎるのは逆効果!? 記憶力を強化する3つのワザ。

なかなか覚えられない……。せっかく覚えたのに思いだせない……。そんなふうに自分の記憶力に対して自信をなくしている方に、『脳が認める外国語勉強法』の著者であるガブリエル・ワイナー氏からのアドバイスと、最新の研究から得た耳寄りな情報をご紹介します…

記憶効率を上げる黄金比は「3:7」だ。勉強に脳科学を取り入れるべし。

勉強はしたいけれど、日々の仕事に追われてなかなかその時間をつくれない——。そんなジレンマを抱えるビジネスパーソンも多いでしょう。であれば、勉強の効率を上げるしかありません。 その秘訣を聞いたのは、樺沢紫苑(かばさわ・しおん)先生。脳科学にも詳…

脳の「ワーキングメモリ」を鍛える方法。仕事の能力、勉強の効率アップには、ワーキングメモリの強化と解放が効く!

ワーキングメモリを鍛えると、仕事の能力、勉強の効率をアップさせることができます。そのカギとなるのは、ワーキングメモリの強化と解放。ワーキングメモリとは何なのか、ワーキングメモリを効果的に鍛えるにはどうすればよいのか、詳しく解説します。

最速で確実に結果がついてくる「7回読み」勉強法——東大首席卒・NY州弁護士 山口真由さんインタビュー【第1回】

「毎日忙しくて勉強する時間がない」 「効果的な勉強方法がわからない……」 ビジネスパーソンのなかには、将来のために勉強に励みながらもなかなか結果が出ないもどかしさを感じている人も多いことでしょう。 そこで今回は、独自の勉強法を編み出し数々の難関…

“記憶の糸” を上手に手繰る! 犯罪捜査ドラマ風に楽しむ「想起トレーニング」

あらゆる知識や情報が頭に詰め込まれているはずなのに、どうも思い出せないことが多いと感じている方のために——楽しみながら練習できる、「犯罪捜査ドラマ風の想起トレーニング術」をご紹介します。

チョコレートは勉強のお供! 学習能力がアップする科学的理由

チョコレートが勉強に効果的なのは、科学的に説明がつくことです。おすすめのチョコレートの種類を紹介します。

脳の萎縮は30代から? 10年後も20年後も知的に働きたいなら「脚力」を強化せよ

以前より、身体活動が「脳」に有益な効果をもたらすことが示されていましたが、新しい研究では、「脚の力」を鍛えることで知的機能の後退的変化を防げることが示されました。 ストレスを強く感じている方や、デスクワークが中心で運動不足を心配されている方…

脳年齢までも逆行させる? 驚異的な「思い込み」パワーの活用術

以前より、“思い込み”は驚くべき力を発揮することで知られていますが、最新の研究では脳年齢までも若返らせる可能性が示唆されました。もしも「いつも自分だけうまくいかない」「自分より周りの人のほうが運に恵まれている」と感じているならば、思い込みが…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら