集中力・継続力

“本気の勉強” を再開したい大人のための4つのモチベーション維持術。勉強場所はときどき変えなさい。

文部科学省の勉強に対する意識の調査によると、高校3年生の時点で「勉強が好きだ」という問いに「そう思う」と答えたのは、わずか4.6%だったとのこと。「確かに自分も学生のころはあまり勉強が好きではなかった……」という大人の方も多いのではないでしょう…

やる気のもと「ドーパミン」を脳内で増やす4つの方法。“やる気が出ない” は科学的に改善可能。

課題の提出、会議の書類の作成……。「大事なことをやる必要があるのに、やる気が出ない」という経験をされたことはありませんか? やる気とは、人間の脳の側坐核という部位から分泌される「ドーパミン」という脳内物質がもたらしていることが科学的に実証され…

勉強が続かない人の意外な盲点。“あたりまえに” 勉強ができる人は必ず「時間」と「場所」を決めている。

今後のキャリアのためや、業務知識の向上のため。あるいは、資格を取得するため、大学で良い成績を得るため、希望の企業に就職するため。人それぞれ理由は異なれど、「勉強しなければならない」人は多いはず。 そして、「勉強しなければならないことを頭では…

やる気を出したければ “あの色” を見ればいい。医師も推薦「色の呼吸法」が心身に効く。

新しい環境や、新たな仕事、初めて取り組むプロジェクトなど、ビジネスパーソンには、緊張をともなう機会が数多くあります。「うまくいかないなぁ」と落ち込んだり、不安になったりすることもあるでしょう。 そんな気持ちを整えてくれる運動や瞑想もいいけれ…

勉強が捗らない言い訳にしてはいけない。じつは “年齢のせいではない” 4個のこと

仕事力を上げたりキャリアアップを狙ったりするうえで、私たち大人はいつまでも勉強し続けなければなりません。でも、なかなか勉強が捗らないときってありますよね。そんなとき、その原因を年齢のせいにしてはいませんか。「集中力や記憶力が悪くなったのは…

“ちょっと失敗しても許す” のが続けるコツ。習慣化できない人が陥る「どうにでもなれ効果」を防ぐには?

早朝学習の習慣をつけるために朝5時半に目覚ましをかけたのに、目が覚めたのは5時37分。本来ならばすぐに起き上がって活動を開始するべきなのに、「5時半に間に合わなかったしもういいや」とまた眠りについてしまった…… このような経験をしたこと、ありませ…

成功のために必要なのは才能よりも「やり抜く力」。“絶対に諦めない人” は何が違うのか?

華々しい営業成績を上げている先輩。自分にも、あの人のようなセールスパーソンになれる素質はあるだろうか? 上司やクライアントから絶大な信頼を得ている同期。平凡な自分に比べて才能に溢れた彼がうらやましい。 仕事では他人との比較はどうしても付いて…

目標がいつも “机上の空論” になる人に欠けている2つの視点。

上司から「目標を決めて」と言われてとりあえず決めてみたものの、これが妥当なのかよくわからない。いつも目標を達成できずモヤモヤしている。そもそも、目標を立てることに意味なんてあるのだろうか……? そんな考えが頭のなかでグルグルと回っているビジネ…

「10秒アクション」が先延ばし癖解消に効く脳科学的根拠。脳をだませば “行動できる人” になれる!

やるべきことはいくらでもあるのに、ついつい先延ばししてしまう――。仕事でも勉強でもプライベートのことでも、多くの人に経験があることでしょう。とはいえ、長年の間に身に染み付いた行動パターンはなかなか変えられないものです。 そこで今回お話を聞いた…

欧米では定番「ZEN」のすごさ。脳科学が証明した最高のリラックス術。

数十年前から、“あるリラックス術” が欧米のビジネスパーソンのあいだで人気を博していることをご存じですか。それは、東洋の仏教の思想である「禅」をベースにしたもの。 今回は、欧米社会で独自の発展を遂げた「ZEN」について詳しく取り上げます。リラック…

デキる人がプライベートも大事にするたったひとつの理由。「続きは家で…」だと脳は疲れる。

もっと仕事の成果を上げたい、評価が欲しい、デキるビジネスパーソンになりたい……! ならば、もっともっと頑張らなければ……! こう考えて、休日や夜のわずかな休息タイムまで仕事に費やしている人はいませんか? その熱意はたいへんすばらしいものですが、プ…

名医がやっている超集中法。「見ざる、聞かざる、いわざる」で周囲をシャットアウトせよ。

社会人であれば、誰もがつねに持てる力を発揮し、最大限のパフォーマンスを上げたいと思っていることでしょう。それを阻害するものとはなんでしょうか? オフィスの環境、上司や部下との人間関係などが良くなければ、パフォーマンス向上の阻害要因となり得ま…

筋トレで鍛えられるのはカラダだけではなかった。「記憶力アップ」「メンタル改善」にも絶大な効果あり。

「資格試験のために専門用語をたくさん覚えたいが、なかなか覚えられない」 「仕事のことで悩みがあり、最近不安を感じる」 「たくさん寝ているつもりなのに、どうも疲れが取れない」 こうした学習・精神・睡眠に関するお悩みをお持ちのビジネスパーソンのみ…

目標達成のために継続できる人は1万人に1人!? 「続かない人」ができていない3つのこと。

なんとなく夢や志はあるものの、それを心に抱いているだけで、何もしない。あるいは、何か行動に移しても、結局は長続きしない。よく考えたら、いろんなことが続いていないかも……!? そんなあなたには、“あの行動”が足りていません。成功と深い関係がある「1…

“手書き” で心をゆっくり整える。名医が教える2つの「休息の習慣」

仕事で成果を出すためにはなにが必要でしょうか。持って生まれた才能や環境、意志の強さ、努力の量――。それらもたしかに重要なものでしょう。でも、なによりも心身ともに健康でなければ、本来持っているはずのパフォーマンスを発揮するどころではありません…

朝の45分でできる。心を整えて幸福感を高める「最高のルーティン」のつくりかた。

先日、「古川さんがやっている朝の習慣に興味があるのですが、詳しく書いた本はありますか?」と聞かれました。結論からいうと、朝の習慣を詳しく書いた本は執筆しておらず、それらのことはブログや連載で書いてきました。 今回は、その質問にお答えする意味…

知らず知らずのうちに脳を疲れさせている3つの最悪行動。“効率を重視しすぎ” はかえってキケン。

規則正しい生活を心がけているのに、いまひとつ気分が優れず仕事が捗らない。仕事に集中できず、考えもまとまらない……。 それは、脳が疲れているせいかもしれません。自分の脳に、無理なことを強いてはいませんか? いますぐ「脳を疲れさせる最悪行動」を改…

なにかを「じっと見つめる」だけ!? たった10秒で集中力を取り戻す “びっくりするほど簡単な” 方法

「考えがまとまらない」「集中が途切れてしまった」というとき、パソコンから視線をずらし、たとえばデスクに置いた観葉植物を“まじまじ”と眺めてみたら、「あれ? こんなカタチの葉っぱだったんだ」と気づくことはないでしょうか。 また、そのあと仕事を再…

就寝前に「いまの悩み」と「翌朝の予定」を書き出そう。安眠を手に入れるための大切な習慣

布団に入ってもすぐに眠れない……そんなときにあなたはどうしていますか? 眠たくなるまで読書をしたり、延々と考え事をしたりする方が多いのではないでしょうか。特に、翌朝に大事な仕事を控えて不安なときや、日中上司に叱られて落ち込んでいるときなどは、…

「眠いから無理」はもう卒業! 脳に最高な “朝型勉強” を続けるための3つのルール

勉強する時間が欲しいけれど、仕事や学校が終わったあとはクタクタで頭が働かない……そう悩んでいる人は、ぜひ朝の時間帯を勉強に充てるべきです。なぜならば、脳科学の観点では、朝は勉強に特に適した「ゴールデンタイム」とされているから。 なかには、「朝…

「良い習慣」を長く続けられない人が知らない大切なこと。

『人生が変わる「習慣化」』でこれまで連載してきた10回の記事でも、いろいろな習慣化の技術や思考法をお伝えしてきました。わたしはそれらのことを本やWEBなどのメディアでアウトプットし、カウンセリングやセミナーなどを実施しています。 あるとき、「古…

「集中できない…」と悩むのならば “心の知能指数” を高めよう。そのためにできる8つのアドバイス。

感情的知性、心の知能指数とも呼ばれる EI(EQ)は、企業・教育機関・公共機関など、さまざまな教育環境で活用されています。この概念を広めた心理学博士のダニエル・ゴールマン氏によれば、心の知能指数が高い管理者ほど成功を収めているそう。 また EI は…

お昼に30分も外を歩かされたライターが実感した「散歩のすごすぎる効能」

こんにちは。StudyHackerでライターをしている一橋大学の藤井です。 ライターとして四ツ谷の編集部オフィスに出勤するようになって半年、ようやく執筆作業にも慣れてきました。しかし、ここにきて少し問題が出てきたのです。 新しい記事ネタが思いつかない …

なんでも迷いたがる人は「ウィルパワー」を無駄に消費して脳を疲れさせている。

集中力がないと悩んでいる方は、もしかして、ウィルパワーを浪費しているのかもしれません。選択の機会や、選択肢を減らしていけば、グンと集中がアップするはず。その理由と、無駄な選択を減らす方法を紹介します。 集中力のカギは「ウィルパワー」にあり …

どうしてもやめられない悪い習慣。原因を「紙に書き出す」と解決策が見えてくる。

「悪い習慣をやめたいけれど、そのやめ方がよくわからない……」これこそ、多くの人がいちばん悩むポイントではないでしょうか。 たとえば、お酒の飲み過ぎ、長時間残業、夜更かしなどは、実のところ「ドミノ倒し」のように負の循環で形成されています。それら…

夕食後は絶対にダラダラしなさい。夜の過ごし方を今すぐ変えるべき本当の理由。

夜遅くまで勉強したり、仕事の続きをしたりすることが多々ある。集中できないわけではないが、実際に勉強の効果が生まれているのか、あるいは仕事の生産性が高まっているのか不安なところもある。 ――その不安、的中していますよ。実は、経済的な損害がとても…

“隣の人のランチ” に心を乱される人は要注意。「脳が疲れる」原因になっているかも。

お昼の休憩時間に、「さあ何を食べよう」といろいろ考えているうち、「何を食べるべきか?」になり、結局何を食べたいのか分からなくなってしまい、身近なところで手を打ち気分が盛り下がったことはありませんか? 誰でも経験しそうな日常の風景ですが、そん…

「勉強×運動」の組み合わせがすごい。長期記憶を鍛えたければ “静かな筋トレ” で脳を刺激せよ。

一生懸命勉強しているのに、なかなかパフォーマンスが上がらない……。そんな人は、脳の一部分だけを酷使しているせいで疲労が蓄積しているのかもしれません。そんな疲れ切った脳を活性化させれるために、取り入れてほしいのが運動です。一般社団法人 日本体育…

自律神経が乱れる3つの最悪習慣。“朝はゆっくり” で1日のパフォーマンスは劇的に向上する。

なんだか頭がぼーっとする。考えがうまくまとまらない。こんな状態に陥ったことのある方も多いのではないでしょうか。それはもしかしたら、風邪でも病気でもなく、日々の生活習慣や思考習慣に原因があるかもしれませんよ。 キーワードは『自律神経』。活動時…

脳が働かないときにやるべき10のこと。“まず笑う” のが良いという意外な事実。

近年、アメリカで新しい流行病となっているというブレイン・フォグ(Brain fog)とは、その名のとおり、脳に霧がかかったような状態を指します。なんだか頭が働かない、ボーっとする、ここまで出かかっているのに、どうしても思い出せない、集中できない、落…

生活リズムを整え、良質な1日を過ごすための「朝と夜の大切な習慣」

良い習慣とは、いわば生活習慣全体をいいリズムに導くための習慣のことを指します。よって、習慣は単体で考えるのではなく、生活リズムをつくることを中心に考えると、自分にとって良い習慣が見えてきます。 では、生活リズムを良くするためにはどうすればい…

「飽き性」から「超ストイック」に激変するために身につけたい2つの考え方。

毎朝のランニングを習慣化したいけど、頑張れたのは初めのうちだけ。なかなか続かない……。 読書をコツコツ続けたいのに、しばらくたつと飽きてしまって、やらなくなる……。 「続けたい」という思いがあるにもかかわらず、実行するのは難しいと感じている皆さ…

仕事の優先順位を「重要度」で決めたがる人が陥るワナ。

限られた時間をどう使えば効率的に仕事をこなせるのか——。ビジネスパーソンにとって永遠のテーマのひとつかもしれません。 大手化学メーカー・花王の研究開発職を経て、現在は商品開発コンサルタント、ビジネス書作家、講演家などさまざまな顔を持つ美崎栄一…

生産性は2倍、創造性は4倍に。「フロー状態」は “タイマーひとつ” で簡単につくれる。

何かに集中し没頭することは、つらい体験のフラッシュバックを軽減し、不安までも和らげるといいます。もちろん、仕事の生産性を上げるためにも不可欠です。 しかし、2015年には、人間のアテンション・スパン(ひとつのことに集中できる時間)が、金魚よりも…

「幸せの90%は『習慣』で決まる」という新常識。ポジティブ心理学が人生を変える!

習慣化が人生を変える——わたしは常日頃そう提唱していますが、今回はポジティブ心理学の「幸福の公式」をベースに、幸せと習慣化について解説していきます。「幸福の公式」を知り生活のなかで意識すれば、きっとあなたは自分の思い描く幸せに近づいていける…

「頑張りが空回りする人」4つの最悪習慣。“あきらめて寝る” が意外とおすすめなワケ。

自分ではけっこう頑張っているつもりなのに、なぜあまり結果を出せないのだろう? ――と悩むあなたは、頑張っているからこそ、悪い状況に陥っている可能性があります。さっそく説明しましょう。 1.収穫逓減の法則が働いている 経済学用語の「収穫逓減(しゅ…

お正月も「良い習慣」を崩さないための4つのポイント。

お正月や旅行など、楽しいイベントがたくさんある今の時期。一方で、これまでコツコツ積み上げてきた良い習慣が一気に崩れてしまう危険性もはらんでいます。習慣を維持するために気をつけるべきポイントをまとめました。 1. 絶対にやめない お正月など特別な…

就寝前の “たった10分” で脳の疲れを癒やす方法。やっぱり読書が最高だった。

「なんだか最近、ぼーっとしてばかり」 「仕事で小さなミスが増えた」 以前に比べて明らかに仕事のパフォーマンスが落ちたと実感しているビジネスパーソンは、今すぐに就寝前の過ごし方を変えましょう。 今回は、仕事のミスを増やす原因となる「脳疲労」につ…

「“100%” よりも重要なのは……」行動できない新人営業マンを救った上司の深すぎるひとこと。

「行動できない」「続かない」「自信がない」……。人生や仕事がうまくいかないとき、わたしはそこですべき習慣を3つに集約して考えています。 これから紹介するその3つの習慣は、それぞれ別の部分にフォーカスしたものに見えますが、すべては「今・ここ」とい…

“デスクでランチ” だとIQが下がる危険性。一生「二流」の人の最悪な昼休み習慣。

昼休みも仕事優先。食事はデスクで、おにぎりやパンで簡単に。 ランチタイムは一人でのんびりスマホを見ながらボーっと過ごす。 ビジネスパーソンにありがちなお昼の光景ですが、毎日こんな過ごし方ばかりしていたら、一生「二流」のままかもしれませんよ。…

“脳のなかの脳” を最高に元気にする、3つの「超簡単マインドフルネス」

判断力が乏しい、いつもストレスがあり、不安になったりイライラしたりする……。そんな悩みを持つ方は、脳の最高司令官「dlPFC」を鍛えましょう。ストレスを和らげて、判断力や意欲のほか、目標達成を信じる気持ちも高められるはずです。 背外側前頭前皮質(d…

夜寝る前の “たった数分” でできる疲労回復習慣。医師もすすめる「脳のストレッチ」が効く。

「以前と比べてボーっとする時間が増え、集中できなくなった」「体がだるくて、やる気が出ない」という人は、心身の疲労回復が充分にできていないのかもしれません。 疲労の放置は心身の慢性的な不調を招き、仕事が学業の妨げになります。一方で、その日の疲…

「〇〇しない宣言」がだいたい失敗に終わるワケ。悪い習慣は “3つの質問” でこう断ち切りましょう。

日常生活のなかで、「この悪い習慣をやめたいな」「この習慣をやめればもっと自分はよくなれるのに」などと思うことはたくさんあるでしょう。でも、なかなかその習慣をやめることはできない……。「自分は意志が弱いから」と開き直って、そのまま放置というこ…

「夕方のラストスパート」は脳に最悪。定時直前に焦らない人は “この3つ” をやっている。

朝の時点では、「定時までに今日の仕事を終えよう!」と張り切っていたのに、このぶんじゃ、とても終わりそうにない。焦って夕方にラストスパートをかけようとすると、今度はイライラしたり、集中力が続かなかったりする。時間が経過するほど、その状況は悪…

デキる人ほど “良い意味で” よくサボっている。あの人がいつも余裕そうに見える納得のカラクリ。

「デキる人ほどサボり上手だ」 こう言われたら、多くの人が耳を疑うでしょう。 でも、“サボる” という言葉を額面通りに捉えてはいけませんよ。ここで言う “サボる” とは、本当に大事な仕事で成果をあげるために、エネルギーを温存する工夫をしたり、不要な無…

世界の一流たちは朝に何をしているのか? “成功をもたらす朝活” たった2つの共通点。

世界で成功している人々が毎朝行っている活動は、それぞれ違います。しかし、そこには、明確な共通点があるようです。「成功するには、どんな朝活をしたらいいのだろう?」「誰の朝活を参考にしたらいいだろう?」とお悩みならば、その行動の理由と、ご自身…

なぜ行動できないのか? なぜ続かないのか? その原因は「氷山モデル」で科学的に解明できる。

「行動すれば人生は変わる」 「継続は力なり」 このような言葉には、誰も異論がないと思います。問題は、行動することや継続することを、根性論で考えている限り打開策がないことにあります。 わたしは、「行動できない、続かない」というテーマを深く考え、…

「独学で成果を出せない人」4つの致命的原因。重要なのは “何を学ばないか” を決めることだった。

AIやテクノロジーの発展により、学校で教わった知識が時代遅れな “不良資産” にもなりえる。いま、私たちは常に勉強し続けなくてはいけない時代を生きています。 そこで必要になってくるのが、自分で勉強を進めていける「独学力」です。しかし独学は、勉強を…

帰宅後19時半から始める “夜のルーティン” が仕事力アップに効く。

仕事から帰ったらスーツのままソファに沈み込み、しばらくテレビをボーっと見る。適当に夕食を済ませたら再びダラダラ。ドラマを見ているうちに遅い時間になってしまったので、シャワーを浴びて寝る……。多くのビジネスパーソンにとって、よくある帰宅後の過…

脳科学が警告。“効率悪すぎ” “脳にも危険” な4つの最悪仕事習慣。

「自分は常に仕事の効率だけを考えている」と前のめりになっていませんか? その仕事の進め方、実はかなり危険かもしれません。知らず知らずのうちに、むしろ仕事の効率を下げている可能性があります。脳科学ほか、さまざまな専門家が警告する「NGな仕事の進…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら