東大生が実践していた、勉強効率をちょっとだけあげる4つの工夫

勉強がはかどらない時、あなたはどうしますか?リラックスしてみたり、新しい文房具を使ってみたり、いろいろな方法がありますね。

でも、あなたの勉強方法が実は効率の悪いものだったら? もっと効率を良くする方法を知らないだけだったとしたら?

今回は、拍子抜けするほど簡単に勉強の効率をあげる、シンプルな方法をご紹介します。

 

 

badge_Columns_1001、ノートに日付をつける

ルーズリーフやノートの右上に小さくついている”DATE”の欄。みなさんはこれ、使ったことありますか?せっかく無料でついてくるものを、利用しなかったらもったいないとは思いませんか。日付をつけることによる実際の効果は二つ。

一つ目は、ルーズリーフがバラバラになってしまったとき、順番がすぐにわかるということ。ファイルを落としてしまって中身がばらけてしまった経験、誰しもあるはず。そんなときに日付がついていればすぐに並び替えられます。その日の中でページ番号をつけておけば、さらにわかりやすいですね。 二つ目はその日一日を意識できるということ。ノートを一ページ使うたび、ルーズリーフを一枚消費するたび、今日という日を意識します。「ああ、もう夏休み終わるんだ、気を引き締めないと」「センターまであと二か月、追い込むぞ!」勉強に集中すると忘れがちな時間のリズムを、取り戻すことができます。

badge_Columns_1002、消しゴムケースに切れ込みを入れる

消しゴムを思いっきり使っていて割れてしまったこと、誰しも一度は経験があるはず。実はこれ、ちょっとした工夫で防ぐことができるんです。それは、消しゴムケースの四つの角を小さく切り落とすこと。消しゴムが使われるとき、その圧力はケースの角一点に集中します。そのせいで消しゴムに大きな力がかかり、ぱっくり割れてしまうのです。割れるのを防ぐためには、その圧力を分散させてしまえばいいのということ。とても小さな工夫に見えますが、実践するとかなりの効果が得られます。

 

badge_Columns_1003、ストップウォッチとタイマーで時間を計る

時間を計るなんて、そんなの当たり前じゃん!という声が聞こえてきそうですが、今回ご紹介したいのは、単に総勉強時間を計るだけの方法ではありません。用意してほしいのはストップウォッチとタイマーの二つ。どちらもスマホにはいっているものですね。タイマーには、一日の合計で取っていい休憩時間をいれておきます。受験直前期だったら一日1.0~2.0時間ほどが適当でしょうか。そして勉強をスタート。ストップウォッチで時間を計りはじめます。そして大事なのが、「席を立つときにはストップウォッチを停止させる&タイマーを始動させる」こと。トイレに立つとき、ごはんを食べに行くとき、ちょっとリフレッシュしたいとき。必ずやってみてください。そうすれば、「今自分は大事なフリータイムを使っているんだ」という意識がうまれます。タイマーを使って時間を意識させるだけで、ダラダラとテレビを観てしまうことも、友達とおしゃべりしすぎてしまうこともなくなります。休憩が終わり、席にもどったら、タイマーを停止、そしてストップウォッチをスタートさせてください。こうするだけで、勉強のメリハリがだいぶちがってくるとおもいます。

badge_Columns_1004、ノートを縦に二つで区切る

こちらはやっている人も多いかもしれません。新しいページに移ったら、まずはまっさらなページに縦線を一本入れるのです。

そんなことしても、結局書く量は変わらないじゃん、という人がいるかもしれません。ですがそれは間違いです。ノートを普通に一枚で使っているとき、両端には以意外と無駄なスペースが生まれてしまっています。かなりもったいないですよね。半分に区切るだけで、きっちりと詰めて書くことができます。スペースを有効活用できるんですね。筆者の感覚だと、普通に使った時の1.2~1.5倍の情報量を書くことができます。

さらに、半分に分けて書くことによって、ノートを必然的に縦に展開するようになります。縦に展開すれば、流れを一目で追うことができて、数学などで式を長く展開していくときには、かなり見やすさが違ってきますよ。

いかがでしょうか。今ご紹介した4つの方法を実践すれば、勉強の効率がぐんぐん伸びて、志望校へぐっと近づく・・・かも?


東京大学理科二類所属。県立浦和高等学校および駿台予備校出身。小さいころから自然や生き物に関心を持ち、高校時代に読んだ福田伸一の「生物と無生物のあいだ」に刺激をうけ、分子生物学を志す。テニス歴6年。AKB48の大ファン。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら