試験会場に赤本? 東大生がとった意外な本番戦略。

Man studying and using smart phone at home

受験の天王山、とも呼ばれる夏ももう終わり。

受験生のみなさん、いかがお過ごしでしょうか。まだ先のことではありますが、そろそろ受験本番のことを強く意識し出す頃ですね。今日は勉強の息抜きに、受験当日のことをちょっと考えてみましょう。

筆者は受験生時代、受験当日必ず持っていくものがありました。 それが「赤本」。驚かれる方も多いかと思います。赤本とは入試の過去問。当日にもなってそんなものを持ち出してきても、なんの意味もないじゃないか、むしろ緊張しちゃうよ。

なんていう声も多そうですね。 ですが、筆者は逆に受験当日は赤本以外の勉強道具を持って行きませんでした。

今日は一見奇妙にも思える方法をご紹介しましょう。

badge_columns_1001711本番直前に何をするか

受験に限らず、本番直前に何をするかということは非常に重要になってきます。 音楽を聴いたりしてリラックスする人。おまじないをしきりにする人。

いろんな人がいますが、筆者がおすすめするのが「ギリギリまで本番のシミュレーションを重ねる」という方法です。

本番直前というのは、非常に緊張するものです。これは筆者個人の意見にすぎませんが、そんなときに落ち着け、と言われても正直無理。緊張するものは緊張しますし、ドキドキはなかなか収まりません。

あがり症の人ならなおさら。落ち着こう、落ち着こうとするほど、緊張は高まってしまうでしょう。

それなら、ギリギリまで手を動かしましょう。頭を働かせましょう。本番だったら自分はどうするか、今までどんな準備をしてきたか、どんなハプニングが起こりうるか。イメージトレーニング&シミュレーションを徹底的に行うのです。

ソチ五輪で四回転ジャンプを成功させたあのフィギュアスケートの羽生結弦選手も、会場に向かう10時間のフライト最中、ジャンプのイメージトレーニングを徹底的に行ったんだとか。

「目をつぶると(4回転)サルコウとトウループのことしか頭にありませんでした。そのまま寝たので、ジャンプを跳ぶ同じシーンが永遠に繰り返されて、全部跳べていました。機内で身体を休ませながら、やるべきことをやったという感覚です」

(引用元:Number WEB|羽生、プルシェンコ、チャンが火花。 ライバル意識と敬意が混じる緊張感。

すると練習では、驚くほどにジャンプがすんなり跳べたんだとか。徹底的に本番の状況を想定する。それが実際の成功に結びついた良い例でしょう。

Young couple holding hands in meadow

badge_columns_1001711受験本番に、赤本を持っていく!?

冒頭でもご紹介した通り、筆者は大学受験本番、必ず赤本を会場に持って行きました。 そして、本番直前の休み時間、それを手に本番のシミュレーションを重ねました。

赤本を持っていく、というのは何も一度解いた問題を解き直すというわけではありません。 そんなことを始めたら、短い休み時間で終わるはずありませんしね。

実際にやるのは、今までどういう風に過去問を解いてきたかを再確認し、本番どの順番で解こう、まずどこに目を通そう、と本番をイメージすることです。赤本の文字自体を読む必要はありません。ページをめくりながら、「第1問の次は、第3問、それがわからなかったら途中でやめて最後の問題に移動する…」なんて具合に、ざっくり考えればいいのです。

試験当日、赤本のページを素早くめくりながらブツブツ言う筆者の姿は、いかにもアブナイ人だったかもしれません。

badge_columns_1001711シミュレーション、だけじゃない。努力を実感するためにも

赤本、といえば大学受験生の相棒。何時間も苦楽を共にし、様々なことを書き込み、付箋をはり、ページを折り、マーカーを引いたものです。

努力の証、激戦を共にしたまさに戦友です。それを受験会場に持っていけば、必ず今までの努力を実感できるでしょう。

ああ、俺、今まで頑張ったんだなぁ…と。 緊張がほぐれ、自信につながるはず。

自分だけの相棒を本番に連れて行くことで、きっと自信が湧いてくるはずです。

***

参考 Number WEB|羽生、プルシェンコ、チャンが火花。 ライバル意識と敬意が混じる緊張感。


東京大学理科二類所属。県立浦和高等学校および駿台予備校出身。小さいころから自然や生き物に関心を持ち、高校時代に読んだ福岡伸一の「生物と無生物のあいだ」に刺激をうけ、分子生物学を志す。テニス歴6年。AKB48の大ファン。

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら