勉強するなら椅子にもこだわりたい! 最適な椅子選びのための3つのポイント。

「椅子は靴だ」

これは糸井重里さんの本の中で見つけた言葉です。 「靴は一日中履いているものだから、足にフィットしていることが大事だとみんな知っていますが、靴以上とも言えるほど長い時間腰を掛けている椅子については、靴ほど神経質に選んではいません。」 なるほど、と思いました。 普段みなさんが使っている椅子は、最適な椅子だと言えるでしょうか。 今回のコラムでは、椅子について考えてみたいと思います。

 

Startup Stock Photos

 

badge_columns_1001711「立ったまま」は厳しい

長時間勉強する人ほど、椅子との相性は大切になってきます。 そもそも、長時間座ったままでいることは健康に良くありません。 (海外で話題に!記憶と健康に効く「立ったまま勉強法」

このコラムでも、長時間座ったままでいることの弊害が述べられています。 でも、ずっと立ったまま勉強できるかと言えば、なかなか厳しいのが現状だと思います。 私もこのコラムを読んで「立ったまま勉強法」を実践してみましたが、三日坊主どころか、1日で挫折してしまいました。やはり勉強に椅子は欠かせません。 ではどういう観点で椅子を選べばいいのでしょうか。 ポイントは3つあります。

badge_columns_10017111.身体との相性

長時間座っていることが健康に良くないことを上述しました。 少しでもマイナス面を減らすには、自分の身体と合っている椅子を選ぶことが大切です。 身体と合っていないと、姿勢が悪くなってしまいます。 自分では合っていると思い込んでいても、改めてチェックしてみると合っていない可能性もありますので、特にずっと同じ椅子を使っている人は見直してみてください。

badge_columns_10017112.座り心地

いくら身体に合っていても、座り心地が悪かったら座りたいと思えません。 やはり座り心地の良い椅子を選びたいものです。

また、快適さだけを追及した椅子を用意するのもアリだと思います。 しっかりと座って勉強するだけが勉強ではありません。 “たまには”だら~っと、ゆる~く勉強してもいいですよね。 ふわふわの、寝そべることができるソファーで本を読む、というのはいかがでしょうか。 幸せな時間になりそうです。

 

 

chair2

badge_columns_10017113.デザイン

実用的な側面だけでなく、デザインも椅子を選ぶポイントになります。 気に入った色や形の椅子があれば、勉強するモチベーションにつながると思います。

実際には、この3点すべてが完璧な椅子が見つかるとは限りません。 座り心地は100%だけどデザインは80%、というように、どこかで譲歩しなければならないケースもあるでしょう。 その際には、自分がどれを一番重視したいのか、考えてみてください。 優先順位が決まっていれば、一番大切だと思うポイントは必ず満足できる結果になります。 どれも中途半端になってしまわないようにしたいですね。

【参考資料】 糸井重里、2014年『インターネット的』PHP文庫


東京大学文学部行動文化学科社会学専修課程。ノートルダム清心高校卒業。大学ではセクシュアリティについて勉強している。忍者が好き。服のセンスとユーモアのセンスがほしい。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら