皆さんは今まで見た夢を覚えているでしょうか。
とんでもなく強烈な夢は覚えているかもしれませんが、その多くは驚くほどキレイサッパリ忘れてしまいます。
しかしせっかく毎日見ている夢なのですから、記録をつけてみませんか?
かく言う私も人に勧められて最近始めたばかり。
それでも実感ベースで日々の学習や仕事に生かせるポイントがあるので、いくつかご紹介します。

dream-diary01

badge_columns_1001711自分が忘れていることのリマインドになる

夢では自分が潜在的に気になっていることが掘り起こされることが多々あります。
うろ覚えなはずの初恋の子の顔が夢だとはっきり見えたりしますよね。
さて私が最近夢日記で役に立ったことがあります。
それは人にお金を借りていたことを思い出させてくれたことです。
他の場面を思い出しながら日記をつけたとき、芋づる式で「お金を返すシーン」がそのまま出てきたんですね。
これが無ければ、借りたままの男になってしまっていました。
夢は自分の無意識に貯めている記憶のストックを見せてくれる機会です。
せっかくのチャンスも2分もすれば完全に忘れてしまうとしたら、こんなに勿体ないことはありません。
学習記憶の箱をもう一つ増やすつもりで始めてみて下さい。

80日でTOEIC885点に! 繁忙期の激務をこなしながら230点アップできた "パーソナル学習戦略"
人気記事

badge_columns_1001711早起きにも役立つ

さて具体的な夢日記の取り方ですが、スマホが断然オススメです。
スマホのアラームを取ったその手ですぐに打ち込みます!
それなら一番忘れないまま即座に記録できるというわけです。
Evernoteやメモ帳をすぐに開けるような位置に置いておけばよろしいかと思います。
何が素晴らしいかというと、なんとすっかり目が覚めてしまいます。
これは夢日記を始めると分かることですが、一つの夢を思い出して書くとどんどんその晩に見た夢が蘇ってきます。
そして書いた夢はすごく鮮烈かつ鮮明です。
朝が弱い人でもこのプロセスを通じて、「起きられる人」にチェンジできるかも!

dream-diary

badge_columns_1001711右脳を活性化

普段論理的に「考え」、働いてくれているのは左脳です。
一方で夢は右脳の活動だと言われています。
夢を見た直後活性化した右脳の状態を記録することでレアな右脳の発想を残せます。
自分の右脳活性化の思考のパターンを把握することで、普段からヒラメキに導くヒントになります。
行き詰まった時に思い出してみてはいかがでしょうか。
同時に自分を知るきっかけになればと思います。


東京大学文科一類所属。東大寺学園卒業。現在は一般社団法人Bizjapanにて海外戦略と国内渉外を担当。とにかく面白いことが好き!教育問題全般に興味あり。