英会話が苦手な人に贈る、中学英語でできる英会話

girls looking at smartphone in cafe on the beach

生まれも育ちも日本。留学経験無し。リーディング・リスニングはそこそこだけど、ライティング・スピーキングができない典型的日本人の私が、単身海外を旅して感じた使えるフレーズ5選をご紹介します。 これから紹介する言葉は、どれも「中学生で習った!」と思うような初歩的な言い回しです。誰もが聞き覚えがあるでしょう。ところが学校で文法として習う時には、意味や細かい文法の差異などが中心で、「外国のこんな場面ではこういう意味合いになる」「こういうシーンではこの言葉が万能に使える」などは習いません。

以下に紹介した5つは、筆者が不安を抱えながら一人で行った海外で実際に使えたフレーズばかり。「こんなこと知ってる!」と言わずに、読んでみてください。

badge_columns_1001711Can I ……?

発音は「けない」。許可を求めるとき、何かをお願いするとき、飲食店で注文するときなどに使える。

badge_columns_1001711Could you……?

発音は「くぢゅ」。人にお願いをするときはcanを過去形にして丁寧さを出す。同じお願いするのでも、上記のCan I〜?に比べると、「◯◯して頂けますか?」「◯◯をお願いできますでしょうか」というとても丁寧なイメージ。

badge_columns_1001711Excuse me?

日本人はすぐ「すみません」というけれど、人に話しかけるとき、上手に英語を話せないとき、人混みをかき分けたいとき、ちょっと肩がぶつかって謝りたいときなど、汎用性高し。相手の言っていることが聞き取れないときにも使える(=Pardon me?)。チャイナエアラインでCAさんに中国人に間違えられて中国語で話しかけられた時も“え……,excuse me?”でいけました。

Girl walking down the street with her phone.

badge_columns_1001711I think (that)……/……,I think.

意見を求められたときに使う。“I think so.”で相手への同意・共感を表すことができる。反対するときは“I don’t think so.”。日本語の説明(翻訳)を求められたときに良く使っていた。文頭でも文末でもOK。

badge_columns_1001711I’m 感情を表す形容詞

仲良くなるにはリアクションをすることだと思って感情はよく口にしていた。「すっげー!」というような意味合い。日本ではお目にかかれないような色の食べ物、文化の違いに“I’m suprised!”

いかがでしたか。これはあくまで筆者が良いと思ったフレーズと言い回し。厳密には正しくない意味が含まれてるかもしれませんが、伝わればOK。大事なのは、積極的に話してみること。尻込みしないことです。中学英語でも全然会話はできます。まずは自分の知っている英語を使ってみてください。

 

また、こちらから一方的に話しても、相手の言う事がまるで分からなければ意思疎通はできません。渡航前にはぜひこちらでヒアリングの勉強を。 英語が聞けないのはルールを知らないから! 人気トレーナーが教える『英語の耳』の作り方 第一回 第二回 第三回

*** せっかく海外へ行く機会があったら、「旅の恥はかきすて」と色々チャレンジしてみて、ぜひあなたなりの英会話攻略法を見つけてください。

参考:渡航前に勉強していた本 イ・グァンス、イ・スギョン『英会話超リアルパターン500+』コスモピア


東京大学法学部第2類(公法コース)所属。ノートルダム清心高校出身。面白いもの楽しいことは何でも好き。中高6年間軟式テニス部、6大学大会にも出場。元バンドマン。調理師免許保有。世界を飛び回りながら言葉を紡いで生きていきたい。

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら