使って身に付く英会話!英会話カフェのすすめ。

「英語力を向上させたい」その思いを実現させるためにはどんな方法があると思いますか? やはり効果的な方法は、実際にネイティブと会って英語を使ってみることだと思います!

でも、日本にいると外国の方を街中で見かけることはあっても、実際に話してみる機会はあまりない、という人が多いのではないでしょうか。 そこで、今回は日本にいながら外国の方と英語で会話することができる「英会話カフェ」について紹介します。

 

coffee-386878_1280

 

badge_Columns_100英会話カフェとは

普通、カフェといえば友人とゆっくりと語り合ったり、1人でじっくりと本を読んだりする空間ですが、英会話カフェは、普通のカフェとは違って、少し特徴的な空間です。

カフェによっても多少異なりますが、基本的にはカフェに常に英語を話せる外国人がいて、 その外国人たちと一緒に英語で語り合う、という空間です。 だから、1人でカフェに行っても、つねに話し相手がいるんです。

badge_Columns_100料金やシステムは?

私が実際に行ったことがある、おすすめのカフェを紹介します。

「英会話喫茶ミッキーハウス」

というカフェで、高田馬場駅の近くにあります。 このカフェは入場料をいったん支払えば、何時間でもカフェにいてもいいし、飲み物の代金もかからない、というお財布に優しいシステムです。 入場料は 一般1900円、学生は1500円です。 この料金は特に学生の方にとってはお手ごろな値段ですね。

 

Startup Stock Photos

 

badge_Columns_100積極的に参加して英語力を伸ばそう

たいていの英会話カフェは、英会話教室などとは違って、特定のカリキュラムがあるわけでもなく、順番に発言の機会がまわってくるわけでもありません。 1つのテーブルに何人もお客さんがいる場合もあるので 積極的に参加しないとただただずーっと黙っていることになってしまいます。 勇気を出して発言してみましょう。いったん発言してみると、意外と英語を話すことに抵抗がなくなるかもしれませんね。

badge_Columns_100一回だけじゃもったいない!定期的に通ってみよう!

英会話カフェのいいところは、自分が行きたい、と思ったら好きな時に行けるし、 宿題を出されるわけでもないし、帰りたいと思えばいつでも帰ることができるように、とにかく自由な点にあると思います。 英会話教室などとは違って、ハードルも低そうだし、気楽に参加できそうですね。 せっかく気楽に参加できるのだから、みなさんもぜひ定期的に通ってみてはいかがでしょうか? 最初は苦手だった英語もいつしか楽しいものに感じられるようになると思いますよ。


東京大学法学部に所属。長崎東高校卒業。大学では法律よりももっぱら語学の学習に精を出している。長期休暇の海外旅行や自転車旅行が日々のモチベーション。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら