英語で海外ベストセラーを読む。心の健康を保つシンプルな方法

Free Happy Woman Enjoying Nature. Beauty Girl Outdoor

なんだか心に疲労がたまってる、と感じること、よくありますよね。 このような状態になると無気力になってしまって、仕事や勉強に悪影響がでます。 しかも、この「心の疲労」は単に体を休めるだけでは回復しない場合もあります。厄介ですね。

海外のベストセラー『Happy for No Reason』(著Marci Shimoff)では、心がけるだけでちょっとハッピーになれるアドバイスを紹介しています。 今回はその内容から、「心の健康」を保つために毎日できるシンプルな方法について考えていくことにしましょう。

badge_columns_1001711何にもないけど幸せ

心が健康な状態ってなんでしょう? それは本のタイトルにもなっている「Happy for No Reason」つまり、「理由はないけど、なんだかハッピー」な状態のことだと私は考えています。

『Happy for No Reason』

Merci Shimoff 著 Atria Books 2008年

assocbutt_or_buy7

 

 

 

 

 

では、そんな状態を実現するための方法とは何なのでしょう?

badge_columns_1001711自分の心をアクティブにする

『Happy for No Reason』ではその方法について様々なものを紹介しています。

そして、それを一言で表すならば「心をアクティブに保つ、インスピレーションに従う」こと。 自分のインスピレーションに素直に生き、自分の行動に責任と情熱を持つのです。

インスピレーションに素直に生きると言っても、そんな自由人みたいな生き方ができたらストレスなんかたまらないよ、と言う人もいるでしょう。 でも、ここで言われているのはそんな大それたことではないと思います。

例えば、お昼ご飯を買うときになんとなくコンビニに行って「そこにあるもの」から適当に選んでいませんか? そうする代わりに、カロリーやその日の気分、値段などを真剣に吟味して、本日のマイベストランチを出来る限り追求してみましょう。

小さい場面であっても、真剣に「自分がしたいこと」を追求すること。 こんな些細なことも、心をアクティブに保つヒントなのです。

なんだか心が疲れたな、と思ったらどんなに小さいことでも構いません、 自分がしたいことって何だろう、と思いを巡らせて、追求してみてください。 そうすることで、単調な毎日の中であっても情熱を取り戻すことができるはずです。

*** 『Happy for No Reason』には簡単で、ちょっとしたハッピーになるための心がけが、平易な英語で記されています。 和訳バージョンとして茂木健一郎氏の本も出版されていますが、個人的にはオリジナルを読むことをオススメします。

<参考資料> Marci Shimoff(2009)『Happy for No Reason: 7 Steps to Being Happy from the Inside Out』


京都大学法学部所属。私立神戸女学院高等部卒業。合氣道同好会と美術部に所属。京都大学のiCeMsやカラスマ大学の活動にも参加。オンライン塾講師も経験。

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら