一夜漬けのコツ教えます! 徹夜で定期テストを成功させる7つのポイント

学校の定期テスト。結局一夜漬けになってしまった経験のある人も多いはず。 本来ならよくないのだが、今回は一夜漬けを成功させるためのコツを紹介しよう。

一夜漬けをするときは「時間がない」。時間がないから、効率よくやるしかない。取捨選択が命になってくる。限られた時間でどれだけたくさんの知識を詰め込むかが勝負だ。 以下、時間効率を最大化するためのポイントをまとめてみた。

 

ichiyazuke

 

badge_Columns_1001 優先順位のリストを作る

取捨選択のためには、優先順位を決める必要がある。余裕のない一夜漬け。頭の中で思い浮かべているだけでは、優先度が曖昧になって、時間のロスにつながる。まずはToDoリストを作り、見えるところに貼っておこう。これなら何をしていいか迷うこともなくなる。

badge_Columns_1002 スマホ・PCの電源を切る

一夜漬けにおいて、「時間=点数」だ。twitterで「やばい、全然やってない」などとつぶやく時間、LINEで一夜漬け仲間を探す時間は、あなたにはない。電源を切って目の届かないところに隠そう。

badge_Columns_1003 ノートやプリントの写メは必ず印刷しておく

写メったノートやプリントは、印刷し、紙として持っておくことをおすすめする。データとして持っていると、書き込みができない、スマホ・PCを手放せない、目が疲れるなど、効率の低下につながる。印刷代をケチっている余裕も、残念ながらあなたには無い。

 

ichiyazuke02

 

badge_Columns_1004 公式を取り出して、一枚の紙にまとめておく

一夜漬けは家で終わらない。翌朝電車に乗っている間も続く。その時何もせずぼーっとしているのはもったいない。満員電車でも勉強できるように、一枚の紙に公式等をまとめておこう。まとめること自体も勉強になって、一石二鳥だ。

badge_Columns_1005 前半は問題演習、後半は暗記にあてろ

以前寝る直前の暗記は効果が高いことを紹介したが、これを一夜漬けにも生かしてほしい。 負担の大きい問題演習を先に片づけてしまえば、心理的にも余裕が生まれる。寝る直前に、覚えることはすべて覚えてしまおう。 (参照:記憶力がないと嘆く前に。昼寝を利用した科学的記憶術!

badge_Columns_1006 少し寝る

これは絶対に守ってほしい。二時間でも三時間でもいいから、必ず寝ることだ。5、で紹介した記事にもあるが、寝ることは記憶を整理、定着させることでもある。徹夜すると、暗記したことも簡単に忘れてしまうし、疲労もたまる。一夜漬けだからこそ、睡眠を大切にするべきなのだ。

badge_Columns_1007 あきらめる

成績を、ではない。理解に時間のかかりそうなこと、試験にでないと思われるところは捨ててしまおう。 時間も余裕もない一夜漬け。ひとつのことにこだわるのは命取りだ。できなければあきらめて次へ、というように、スピード感を大事にしてほしい。余裕がないのだから、難易度の高いものはあきらめ、覚えれば解答できるものに絞って勉強しよう。

*** いかかだろうか。実践してもらえば、ピンチをチャンスに変える、とまではいかなくても、なんとかテストを乗り越えられるくらいにはなる……かもしれない。


東京大学理科二類所属。県立浦和高等学校および駿台予備校出身。小さいころから自然や生き物に関心を持ち、高校時代に読んだ福田伸一の「生物と無生物のあいだ」に刺激をうけ、分子生物学を志す。テニス歴6年。AKB48の大ファン。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら