STUDY HACKERでは、勉強に関するコラムを配信しています。
コラムを読んでいるみなさんは、勉強と上手に向き合うために読んでいるのではないかと思います。
では、なぜ勉強するのでしょうか。勉強の目的は?
今回のコラムでは、勉強を「投資」ととらえ、投資から得られるものについて考えてみます。

badge_columns_1001711勉強する目的を真剣に考えたことはありますか?

勉強する目的は人によって違います。
高校生であれば志望する大学への合格が目的かもしれませんし、資格を取るために勉強している人であればその資格の取得が目的かもしれません。
でも、もっと先を見つめると、そもそも大学に合格したいのはなぜか、資格を取得したいのはなぜか、といったことを考える必要があります。
大学に入学してやりたいことがあるから合格したいのでしょうし、資格を取得することで何かを得たいから取得したいのでしょう。

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

badge_columns_1001711投資は「お金」を得ることだけではない

このように、今勉強する理由は何なのかを突き詰めて考えると、勉強が「投資」だということがよくわかります。
投資というと、「お金を出してお金を得ること」だと思いがちですが、実はそれは投資のひとつの側面にすぎません。
『投資家が「お金」よりも大切にしていること』という本の著者、藤野英人氏は「投資とは、いまこの瞬間にエネルギーを投入して、未来からのお返しをいただくこと」だと投資を定義しています。
エネルギーをやり取りするのが投資であり、お金のやり取りはその中のひとつだということです。

勉強は、みなさんの貴重な時間というエネルギーを投資する行為です。
その投資によって未来からのお返しがもらえます。それが勉強の目的だということですね。
みなさんは、どのような「未来からのお返し」を期待して勉強しているのでしょうか。


『投資家が「お金」よりも大切にしていること』
著者:藤野英人
出版社:星海社,2014年

assocbutt_or_buy._V371070157_

badge_columns_1001711リターンはたくさんある

志望大学の合格を目指す高校生の場合、勉強という投資をすることによって、大学合格だけでなく大学に通うことで得られる様々なことを「お返し」されます。
大学に関連することはわかりやすい「未来からのお返し」ですが、思わぬところでお返しがある可能性もあります。
たとえば私は勉強法に関するコラムを書いていますが、これは勉強しなければ書けないことです。
勉強したからコラムが書けて、文章を読んでもらうという喜びを「お返し」されています。
資格の勉強をしている人も、資格の勉強を通して知識を得たり視野が広がったりするという「お返し」があるだけでなく、資格を取得することで新たな仕事につながったり、より高度なレベルのことができるようになったりする「お返し」があります。それが誰かの役に立つことであれば、感謝されるという喜びも得られます。
外国語を勉強している人は、翻訳されていない文章も読めるようになり、そこから新たな知識等を得ることができます。

勉強する目的を形式的なこと(大学合格、資格の取得)だけに絞って考えてしまうと、勉強するモチベーションを維持することが難しいと思います。
勉強が大好きで全く苦にならないという人もいるかもしれませんが、つらさを我慢して未来のために頑張っている人も多いはず。
その「未来からのお返し」は、大学への合格や資格の取得だけではなく、その後の生き方によっては無限に広がるものだと思います。
勉強がつらくなって遊びたくなったとき、息抜きとして遊ぶことも大切ですが、その時間は何への「投資」なのか、一度考えてみると、勉強する意欲が湧いてくるのではないでしょうか。

【参考資料】
藤野英人、2014年『投資家が「お金」よりも大切にしていること』星海社

***


東京大学文学部行動文化学科社会学専修課程。ノートルダム清心高校卒業。大学ではセクシュアリティについて勉強している。忍者が好き。服のセンスとユーモアのセンスがほしい。