物忘れはこのせいかも? 記憶力を低下させる「隠れ時差ぼけ」の罠

Exhausted woman sleeping in front of computer

世間は朝活ブーム。 でも、夜型人間にとっては夜活も悪くない、というコラムも書かれています。 (「朝活」ブームの波に乗り遅れたあなたへ ~夜活のススメ~) 朝活にも夜活にもメリットとデメリットがあり、「結局、朝と夜、どっちがいいの!?」と混乱してしまいます。 人それぞれライフスタイルが違うため、どちらが良いか一概には言えませんが、ぜひみなさんに知っておいてほしいことがあります。 それは、【「時差ボケ」は記憶力を低下させる】ということです。

badge_columns_1001711日本にいても「時差ボケ」は発生する

海外にはめったに行かないから自分に時差ボケは関係ない、と思っている人もいるかもしれませんが、時差ボケは日本でも起こります。 なぜなら、テストは昼に行われるからです。 夜型人間で、夜に勉強するのが習慣になっている人は、テストのたびに昼型に変える必要があります。 これが、海外旅行の「時差ボケ」のようなものなのです。

badge_columns_1001711「時差ボケ」は記憶力を低下させる

時差ボケになると、海馬の細胞が少しずつ死に、記憶力が低下するという文献があります。 起きる時間が日によってバラバラな人は、脳科学の観点からも、生活リズムを見直してみると良いでしょう。

Difficult journey

badge_columns_1001711朝活ができなくても大丈夫!

それでも夜型生活は変えられない、という人もいると思います。 ここで注意してほしいのは、「朝型人間にならなければならない」と言っているわけではない、ということです。 朝活をする必要はありません。 時差ボケにならなければいいのです。 普段から昼間のテストに間に合う時間に起きていれば、時差ボケにはならないですよね。 夜型人間で、朝活にチャレンジしてみたもののすぐに挫折してしまった、という人は、テストに間に合うぎりぎりの時間まで寝ていても問題はないのです。

朝活に関する情報を集めてみると、朝4時から5時くらいに起きることがオススメされています。 でも、テストがあるのは早くても9時くらいから。 それなら、すぐに出かける準備ができる人や、家から試験会場までの距離が短い人は、8時頃起きても間に合いそうですね。 起きて1時間後にテスト、というのはあまり良くないかもしれませんが、無理に朝活をする必要はないということがわかっていただけたのではないでしょうか。

自分に合ったリズムで勉強することが、長期的にみても大切です。 時差ボケにならないように、リズムよく毎日を過ごしましょう!

【参考資料】 池谷裕二、2014年『受験脳の作り方 脳科学で考える効率的学習法』新潮文庫 Cho, K. Chronic ‘jet lag’ produces temporal lobe atrophy and spatial cognitive deficits. Nat Neurosci 4, 567-568 (2001).


東京大学文学部行動文化学科社会学専修課程。ノートルダム清心高校卒業。大学ではセクシュアリティについて勉強している。忍者が好き。服のセンスとユーモアのセンスがほしい。著書に「数学嫌いの東大生が実践していた『読むだけ数学勉強法』(マイナビ、2015)」

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら