受験と恋愛を両立したら成績があがった話

受験生の間に恋人ができると、周囲の目は冷たくなります。「あー、あいつ落ちたな」と後ろ指をさされ親切な顔をした人たちが「いまは勉強に集中したら」という頼んでもいないアドバイスをくれます。

しかし。しかしです。受験と恋愛の両立は本当に不可能なのでしょうか? ぼくはそんなことはないと思っています。

 

couple

badge_Columns_100十代ゆえの若さに負けない

たしかに、こんな迷言も存在します。 「受験は来年もできるけど、この恋は今しかできないんだ!」 「恋には落ちても、試験には落ちないぜ(爽やかスマイル)」 など。

けれど、何かに注力することと恋愛をすることは必ずしも矛盾しません。 もし恋愛が必ず悪影響をおよぼすものだとしたら、一生恋愛などせず、部活に受験に仕事にと自分のことだけに集中し続けることが人生の最適解になってしまいます。成功者は恋愛しない?そんなことはないでしょう。

受験と恋愛を両立させようとしてうまくいかないことがあるとしたら、原因は恋愛そのものではなく十代ゆえの若さです。 ならば、若さに翻弄されるのではなく、そんな自分とうまく付き合い成長していけばよいのではないでしょうか。 そのために有効だったコツは大きくふたつ。

 

badge_Columns_100デートの時間とメールの量にひと工夫を

1. デートは朝に

朝、普段より早く登校して一緒に予習をする。夏期講習に早めに行って予備校のラウンジで一緒に勉強をする。など、デートが勉強をする時間を増やすようにしましょう。 たいていのひとは「夏休みだし毎日早く行って勉強しよう」という目標を三日坊主で終わらせます。けれど、恋人が待っているなら「寝坊なんてだらしのないところは見せられない」と毎日続けられます。早朝の勉強はとても効率が良いことは、よく知られていますね。(link:早朝の勉強で恋人ができる科学的な理由。)

 

2. メールとSNSは電池が持つ分だけ

現実問題として、効率のいい勉強ができなくなってしまう主な原因はメールやSNSで邪魔が入ることにあります。それに、夜中ついつい無料通話をして夜更かししてしまったり。 そういうときは、「携帯電話は充電が持つ分だけしか使わない」とお互いに決めておくといいでしょう。恋人とのやりとり以外にも連絡を取る必要があるので、相手との無限に続く会話は自然と抑えられます。もしも、それでも「相手との会話で時間が取られてしまって」と思う人にはこんな記事が参考になります。 「僕が東大に合格した”LINE勉強法”」

特に古文には恋の想いを詠んだ和歌がたくさんあります。和歌に想いを込めて相手に届けるのも、古語辞典を引きながら、相手から届いた和歌の意味を想像するのも悪くありません。自然と教養が深まります。

胸がキュンとした和歌を紹介しておきます。

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを (小野小町) 思いながら眠りについたから、あの人は夢に現れてくれたのだろうか。 夢と知っていたならば、目を覚まさなかったのに。

恋愛で勉強が手につかなくなることもあれば、相手への想いがゆえにがんばれることもあるのです。自分をきちんと律することができれば、自分だけでなく恋人も同時に成績アップするでしょう。

いろいろなことを諦めて、受験勉強に徹する? それとも、成長しながら受験を乗り越える?


東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻 表象文化論 修士課程。私立武蔵高等学校卒業。19世紀から20世紀にかけての美術とグラフィック・デザインを研究する傍ら、自らもデザインの仕事を手がけている。東京大学立花隆ゼミ+立花隆『二十歳の君へ』など。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら