『困難は分割せよ byデカルト』を科学的に検証してみた。

Businessman pushing a boulder

『天才とは99%の努力と1%のひらめきである』トーマス・エジソン 『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず』福沢諭吉

偉人の名言、あなたはどう思うだろうか?確かに立派だけど、なんか偉そうだしちょっと信用ならない……。そんな人も多いのでは?

Study Hackerはそんな偉人たちの名言を脳科学的の観点から徹底分析。ほんとうにその名言が正しいものなのか調べてみた。間違ってるもの、ちょっと言い過ぎなもの、意外にいいこと言ってるもの…。あなたの学習に役立つものを紹介したい。

まずは第一弾。

『困難は分割せよ。』ルネ・デカルト

この名言、聞いたことのある人も多いのでは? これは近代哲学の祖とも言われるデカルトが、著書『方法序説』の中で述べた言葉だ。

どんな難しいことも、すこしずつ分割していけば達成できる。そんなところだろうか。まさに、スローガンの中のスローガンといった感じ。

では、これは科学的にみてどうなのだろうか。

badge_columns_1001711レッツチャンキング!小さいと覚えやすい。

何かを記憶する時、小さく分けると覚えやすかった経験はないだろうか? 電話番号はそのいい例だ。多くの場合、電話番号は数字何個かずつハイフンで分けられていることが多い。07012345678ではなく、070-1234-5678のように。これは、人間がより覚えやすいようにするための工夫だ。

これを、脳科学の分野では「チャンク化」と呼んでいる。 文章を暗記する時も、まるごと一気に覚えようとする人はいないだろう。意味の切れ目、段落の切れ目で分けて覚えようとするはず。

分割することで、よりスムーズに記憶できるようになるのだ。

konnnan

badge_columns_1001711分割することで試行錯誤を減らす。効率よい学習のために

東大薬学部教授である池谷氏は、自身の著書の中でこんな実験を紹介している。

「画面が赤く点灯している時にボタンを押す」と、ジュースが出てくる装置を用意する。その前にサルを座らせる。はじめはもちろん、サルには何もわからない。

でもあるとき、たまたま画面が赤い時にボタンを押し、サルはジュースを手に入れる。するとサルはまず「ボタンを押すとジュースが出る」と学習し、ボタンを連打する。試行錯誤を繰り返した結果、そのうちサルは「ディスプレイが赤いとき」にジュースが出ることに気付き、ジュースを効率よく手に入れるようになる……。

学習には試行錯誤が必要なことを示す実験だ。池上氏はさらに、

「この学習を、ボタンとジュース、画面点灯とボタンの二段階に分けて行うと、ずっと素早く学習が完了する」と述べている。

つまり、まずはボタンを押せばジュースが出てくるようにして、その課題をマスターできたらレベルアップ、「画面が赤い」という条件を追加する。つまり課題を分割することで、ずっと早く学習が完了するというのだ。

何もわからない状態では、手探りで作業を進めなければならない。でも、ひとつの課題を分割することで、効率がぐっと向上する。

まさに「困難は分割せよ」のいい例と言えるだろう。

***

いかがだろうか。さすがデカルト。デタラメなことは言っていないとわかっていただけただろうか。

『困難は分割せよ。』

みなさんも困った時には思い出してみてほしい。

参考 池谷裕二著『脳の仕組みと科学的勉強法』『受験脳の作り方』 wikipedia 「記憶」 記憶の三段階について

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら