こんにちは。STUDY HACKER編集部です。

2学期が始まり、だんだん基礎レベルの練習を卒業して応用問題の練習に移行していく季節となりました。

今回は高3生・受験生向けに、2学期のうちにやり込んで頂きたい数学の参考書・問題集を厳選しましたので、ご紹介します。2学期は何をやろうか迷っている、あるいは何をやったらいいかわからない、という方は参考にして頂けますと幸いです。

math-2ndterm

badge_Columns_100[文系/東大・京大] 東大・京大への足固め。『文系数学の良問プラチカⅠAⅡB』(河合出版)

【法人様 ご導入事例】英語パーソナルトレーナーによる「90日集中研修」で英語人材を科学的に育成!
人気記事

レビュー記事:重要かつ頻出の問題を無理なく学習できる『文系数学の良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』

東京大学・京都大学を始めとする難関国公立大学の文系数学を受験される方にバッチリ適している問題集です。11月までに1周以上して、全問題について自分で解説ができるレベルまでやり込みましょう。完璧にできたら今度は過去問をやり込んでくださいね。

badge_Columns_100[理系/東大・京大] 数学が得意な理系にオススメ『やさしい理系数学』(河合出版)

【法人様 ご導入事例】英語パーソナルトレーナーによる「90日集中研修」で英語人材を科学的に育成!
人気記事

レビュー記事:「やさしい」なんて嘘っぱち!数学が得意な人のみ求むデレツン問題集!

理系の人は『理系数学の良問プラチカ』などで基本+αの内容は押さえられたと思いますが、まだまだ応用レベルには足りません。この「やさ理」でもう一段階上の内容に触れた後に、過去問に入りましょう。

badge_Columns_100[単元別] 「ハッ確」で頻出分野を完璧に。『ハッとめざめる確率』(東京出版)

【法人様 ご導入事例】英語パーソナルトレーナーによる「90日集中研修」で英語人材を科学的に育成!
人気記事

レビュー記事:君もめざめる!!苦手な確率を得点源に!! – 『ハッとめざめる確率』

文系・理系問わず頻出分野の一つが確率です。確率の対策は夏休みでしっかりやり切れたでしょうか?

badge_Columns_100[理系/医学部・難関国公立] 悪戦苦闘が勝利への軌跡。『医学部攻略の数学ⅢC』(河合塾)

【法人様 ご導入事例】英語パーソナルトレーナーによる「90日集中研修」で英語人材を科学的に育成!
人気記事

レビュー記事:「あーでもない、こうでもない」の悪戦苦闘問題集『医学部攻略の数学 Ⅲ・C』

こちらは旧課程の理系受験者向けの参考書です。骨の折れる問題がいくつも載っていますので、2学期になって夏休みの基礎固めの成果を試すことができます。特に数学Ⅲの積分を利用した求積問題は頻出中の頻出ですから、このレベルまでやり込んでおきたいところです。 なお医学部だけではなく、東大・京大・東工大といった難関国公立大学の対策としてもオススメできます。

badge_Columns_100[理系/難関国公立] 難問の対応力を付ける。『チャート式シリーズ 数学難問集100』(数研出版)

【法人様 ご導入事例】英語パーソナルトレーナーによる「90日集中研修」で英語人材を科学的に育成!
人気記事

レビュー記事:超難関大の数学への対応力を身につける 『チャート式シリーズ 数学難問集100』

スタンダードな演習教材です。入門の部と試練の部の2部に分かれており、それぞれ55題、45題という配分になっています。タイトルに「難問集」と書いてある通り、「試練の部」では難問が勢揃いです。東大・京大・東工大・阪大といった難関国公立理系の対策としてご活用ください。

***
いかがでしたでしょうか。ここに挙がっている本は、どれも名著として昔から評判の良いものばかりです。徹底的にやり込んで数学の学力に磨きをかけてください。