「メタ認知」を意識する!試験に強くなる科学的な方法

テスト開始。答案をめくると全く予想もしていなかった問題が。まずい。こんなのやってない。話が違うぞ。どうしよう。焦ってはだめだと分かっているものの、落ち着かせようと思えば思うほどに冷や汗が。結局何もできないまま試験終了のチャイムが鳴る・・・

これ、入試で一番やりたくない失敗ですよね。いわゆる「アガってる」状態なわけですが、今回はそんな緊張をコントロールしたり、自分の普段の勉強をブラッシュアップしたりするのに役立つ方法をお伝えします。その名も「メタ認知勉強法」。「暗記数学」などを提唱し、受験界では有名人でもある和田秀樹氏も、自身の著書の中で「メタ認知」について触れています。

 

exam

 

badge_Columns_100「メタな」自分をつくること

「メタ」ってちょっと聞きなれない言葉でしょうか。Wikipediaでは、

メタ(meta-)とは、「高次な-」「超-」「-間の」「-を含んだ」「-の後ろの」等の意味の接頭語。ギリシャ語から。

と紹介されています。 ……ちょっとこれでもわかりにくいですね。

ざっくり言ってしまえば、「メタ認知」とは「自分の思考を認知する」ということ。自分がどのように考えて問題を解いているか、それを自体を考えてみるのです。 自分を客観的に見ることのできる「メタな自分」を手に入れれば、本番思わぬ問題が来ても動じません。

「いま見たことがない問題に出会って、自分は動揺しているな。この動揺は試験の邪魔になる。冷静に類似の問題を思い出すのが得策だ。」

このように、自分を客観的に俯瞰することで、心に余裕が生まれてくるはずです。

また、ある問題で行き詰ったときに、がむしゃらにトライするのではなく、ちょっと冷めた目で自分を観てみるとよいでしょう。そうすることで「自分の状態」を把握して、どうすればいいのかがわかります。違う方法を試してみるのか、次の問題に進むのか、それとも今は休憩をとるべきなのか。自分を客観的に見つめることって、とても大事になってきます。

 

selfie

 

badge_Columns_100「メタ認知」を手に入れるには

「メタな」自分を手に入れる裏ワザは、残念ながらありません。「メタ認知」がどういうものなのかを知り、少しづつ自分のものにしていく必要があります。ブラウンという認知心理学者によると、メタ認知とは

1、自分の限界を予測する 2、自分にとって今何が問題なのか明確にする 3、問題の解決法を立てる 4、自分の思考を点検・モニタリングしてみる 5、結果と目標を照らし合わせ、方法を実行するか決める

という5段階に分かれるそうです。普段勉強する時から、上の五段階に分けて問題を考えてみることが大事です。

一つの問題に、わき目も振らずがーーーっと集中する。それも大事かもしれませんが、少し冷めた目で自分を見つめ、ちょっと斜に構えて問題に取り組むのも、大事なことかもしれませんよ。


東京大学理科二類所属。県立浦和高等学校および駿台予備校出身。小さいころから自然や生き物に関心を持ち、高校時代に読んだ福岡伸一の「生物と無生物のあいだ」に刺激をうけ、分子生物学を志す。テニス歴6年。AKB48の大ファン。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら