模試の判定に凹んだら

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

受験勉強には必ずついてまわる「模試」というイベント。今回はそんな模試について、「受かる受験生の模試」と「受からない受験生の模試」について考えてみようと思います。

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

模試、ときいてアナタはどう感じるでしょうか?

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

「長時間拘束されてめんどくさいなぁ…」

「判定悪かったら凹むな」

「日々の勉強の目標になってメリハリがつくから重要だと思う」

色々な感想を持っているでしょう。

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

moshi_1

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

ただひとつ、これは絶対だと言えるのは

「模試をどのように利用するかで受験の結果は大きく左右される」

ということです。

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

間違わないでくださいね、「模試の判定で受験の結果が左右される」のではないのです。

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

多くの受験生は模試の判定ばかりに目がいきがちです、もちろん結果を真摯に受け止めることは良い心構えだと思います。A判定の受験生がE判定の受験生より合格しやすいのも事実でしょう。

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

しかしそれと同じくらい重要、にも関わらずあまり多くの受験生が気づいていないことがあります。

それは「模試はあくまでも通過点であり、受験勉強の材料である」ということです。

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

最初に述べた「受かる受験生」と「受からない受験生」の模試の利用法の違いを一言で言うなら、この「模試はあくまでも通過点であり、受験勉強の材料である」であることに気づいているかどうかなのです。

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

さあこのあたりで「結局、模試をやりっぱなしにしないで復習しましょうっていう話ですかぁ~?そういう話聞き飽きてるんですけど」という受験生のみなさんの声が聞こえてくるようですね!

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

それでも、ここで声を大にして言いたいのは、

模試という100%の本気を出した場面で自分が間違えた問題は他のどんな参考書よりも勉強する必要性が高い

ということです。

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

「受験する試験とは形式が違うから」

その気持ちも大いに分かります、それを理由にして模試の復習をおろそかにする人は実際に多いもの。

しかし、逆に言えば難関大を受ける受験生が「形式が違っただけで答えられない」というのはあまりにもお粗末でしょう。もっと言えば、受験する年に問題形式が変わらないなんて誰も保障できないはずです。

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

ですから、模試の判定に一喜一憂するのも良いですが、

なぜ間違ったのか、同じ分野の問題も苦手ではないか

など自分で多角的に分析をし、最大限にその間違いから学び吸い取ることが「受かる受験生の模試の使い方」なのです。

海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

どんな判定が出たとしてもめげずにこの学びを積み上げていけば必ず、その努力は日の目を見るはずです!


京都大学法学部OB。大阪府大阪市出身。大阪府立高津高校卒業。中学高校時代は陸上部で活躍し大学でも持久走同好会に所属する一方、4歳からピアノを習い大学入学後はオーケストラでバイオリンを担当するなどマルチな才能を発揮している。