Desperate man for his baldness

「おい、そこの新人、一発芸」

…なんていう言葉は、最近は聞かれないのでしょうか。

筆者の父(51)の時代は、何かとあれば新人が駆り出され、やれ一発芸だの、やれモノマネだの、散々な扱いを受けたんだとか。

筆者も高校の部活時代、新入生が合宿で芸を披露するのが恒例になっていました。

いわゆる「無茶振り」ですね。

「無茶振り」が大好き!なんて人はそうそういないでしょう。
緊張するし、ウケることなんてそうそうないし、頼むからやめてくれ!!っていう人の方が多そうですね。

でもそんな無茶振りには、驚きの効果があったんです。
この記事を読めば、みなさんも明日から無茶振りを積極的に受けたく……はならないか。

badge_columns_1001711茂木健一郎氏が語る「無茶振り」のすごいパワー

脳科学者の茂木健一郎氏は自身の講演で、脳を活性化させるには神経伝達物質である「ドーパミン」の働きが重要であると訴えました。(参考:神戸新聞NEXT|「無茶ぶり」で脳の学習効果アップ 脳科学者茂木さん講演 西脇 )

さらに、ドーパミンを分泌するためには「驚いたりすること、サプライズが必要」と述べ、そのためには「無茶振り」の効果が高いと言うのです。

その場で講演に来ていた中学生に無茶振りをする、なんていうパフォーマンスを披露したんだとか。

80日でTOEIC885点に! 繁忙期の激務をこなしながら230点アップできた "パーソナル学習戦略"
人気記事

badge_columns_1001711無茶振りを考える

そもそも茂木氏のいうドーパミンとは、神経ネットワークが情報を伝達するときに必要な物質。その「メッセンジャー」とも言える物質は、神経の種類ごとに違っています。

中でもドーパミンをメッセンジャーに使っている神経はやる気などの感情を伝達する物質。

特に「報酬系」と呼ばれる脳の部位では、何か目標を達成したときの「気持ちいい!」という感情を伝えています。

茂木氏が言っているのは、「無茶振り」という状況に立たされ、それを乗り越えることでドーパミンが放出される…ということでしょう。

(そもそも無茶振りの経験がある人自体、少ないのかもしれませんが)
無茶振りをされて、それが成功したとき。やった、という達成感を感じる人も多いと思います。それがドーパミンの出ている証拠。

では、無茶振りの効果を高めるためには、どんな工夫ができるでしょうか。
それを一緒に考えてみましょう。

Excited business man jumping with energy colourful lines

badge_columns_1001711無茶振りされたら、逃げちゃダメ!!

茂木氏が言っていたのは、無茶振りをされたときにドーパミンが放出、それが脳を活性化させるということでした。

ドーパミンは、何かを達成したときに放出されるもの。そう、お判りですね。
無茶振りされたら、決して逃げてはいけないのです。

宴会の場でも、巧妙な言い訳を使って、芸達者な仲間に助けてもらったり、話をそらしたりする人、いますよね。そういう人の脳内にはドーパミンは放出されません。

どもりながらでも、人の前に出てやりきった人だけが、ドーパミンの恩恵にあずかれるのです。

いつもはササッと物陰に隠れてしまう人でも、今度から人前に出てみてはいかがでしょう。

badge_columns_1001711失敗しても、問題なし!

でも、もし失敗したら…と不安な方もいるでしょう。
心配しないでください。

失敗する、という経験はドーパミン放出のためのなくてはならないプロセスだからです。

人間の脳というのは失敗を前提にして作られているといえます。

そもそも記憶は、神経細胞が新たなネットワークを形成することで誕生するんです。

例えば実験用のラットに、迷路をぬけさせることにしましょう。始めは何もわかりませんから、行き止まりにぶつかってしまいます。でも次は、その失敗の経験を生かしてきちんと正しい道を進むでしょう。行き止まりにぶつかり、正しい道を知り……

「これなら成功する」「こうすると失敗してしまう」という試行錯誤を繰り返して初めて、脳の中で神経ネットワークが形成され、正しい手順を踏めるようになるのです。

むしろ、失敗を経験しないでたどり着いてしまった成功は、ただの偶然。その一回はドーパミンが放出されるかもしれませんが、それ以降は未知数。成功できるかわかりません。

無茶振りも同じ。失敗と成功の体験を繰り返すことで、初めて脳が活性化するんですね。

失敗を恐れず、とりあえず無茶振りに乗ってみる。すごく大事なことかもしれません。

参考
神戸新聞NEXT|「無茶ぶり」で脳の学習効果アップ 脳科学者茂木さん講演 西脇


東京大学理科二類所属。県立浦和高等学校および駿台予備校出身。小さいころから自然や生き物に関心を持ち、高校時代に読んだ福岡伸一の「生物と無生物のあいだ」に刺激をうけ、分子生物学を志す。テニス歴6年。AKB48の大ファン。