ENGLISH COMPANYの新スタジオができるまで part1 物件探し編

f:id:watamin0218:20190412181901j:plain

こんにちは。StudyHacker編集部です。

2015年6月のオープン以来、2年間で8つのスタジオを展開してきた英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。 場所の発表はまだもう少し先になるのですが、あたらしくスタジオをオープンすることになりました。これもこれまで応援していただいた皆さんのおかげです。ありがとうございます。

9つ目のスタジオのオープンは、出店するテナントが決まったところから、実際にスタジオがオープンするところまでの様子を連載でお伝えしていきます。

YouTuber風にいうと、「ENGLISH COMPANYをつくってみた」という感じでしょうか。ブンブン、ハローユーチューブ。

 

物件の契約まではどんな流れ?

さっそく、物件の中身を見ていきましょう。

↓ドラッグで上下左右にぐりぐり動きます。

[cardboard id="51201"]

まずは360°画像。まだ何もありません。担当の方と打合せをして、レイアウトを決めていきます。

kokaku-newec

広角で見るとこんな感じ。まだ何もなくてガラーンとしてますね。これから英語のジムになっていきます。たのしみ。

通常、店舗や教室を出す時は、

1. 物件の場所とおおよその広さや価格の目安などの条件を不動産会社さんにお伝えする エリアだけでなく、駅からこのくらいの距離が良いとか、出入口は何時までオープンしてなきゃダメだとか(夜9時、10時くらいに完全にしまってしまうところも多いのです。)、収容人数から考えてこのくらいの広さが良いとかをお伝えしておきます。 スクールはNG、オフィスのみという物件も少なくないので注意が必要ですね。妥協は禁物ですが、あまりに厳しい条件だと該当物件がなかったりするので、その辺りのさじ加減もたいせつです。 ↓ 2.候補物件をご提案いただく お願いした内容に基づいて、物件の候補をいただきます。インターネットにはでていない情報がたくさんあるので、ここで初めてしっかり検討しはじめることになります。スクールは、場所もたいせつなのでじっくり検討します。早めにレスポンスしないと、良い物件はすぐ決まってしまいます。 ↓ 3.気になる物件の内見に伺う ご提案いただいた中から、数件見せていただきます。どの物件にもそれぞれ良いところがあるので、悩むことも多いもの。ここでも、明らかに良い物件はあっという間に埋まってしまうので、決断力が重要です。信頼できる不動産屋さんと経験がものをいいます。 ↓ 4.条件交渉 工事期間のフリーレント期間(家賃が発生しない期間)の長さや、敷金・保証金の額、保証会社をつけるかどうかなど、細かい点の交渉を、ビルオーナー側と不動産屋さんが行います。不動産屋さんの腕次第かもしれませんが、提示されている価格よりもお安くなることが多いようです。 ↓ 5.契約 契約をして引き渡しです。この段階ではほぼ決まっているので、次の工程の「現地調査」と順番が前後することも(よく)あります。 ↓ 6.内装業者さんの現地調査(←いまココ) 内装を担当する業者さんに現場を見ていただいて、細かい部分の採寸や配管・配線関係のチェックなどを行います。今回は、この段階まで進んでいます。

このあと、内装業者さんとレイアウトなどの打合せをして、実際に工事、家具搬入……とすすんでいきますが、それはまた次回以降。

今回の物件はクリアビジョン様にご案内いただきました

こちらベンチャー界隈では有名な不動産会社、クリアビジョンの上田様。イケメン。

uedasan

インタビューにお答えいただきました。

*** Q.クリアビジョンについて ベンチャー企業を中心にお手伝いしているオフィス賃貸仲介の不動産会社になります。 お客様とともに成長すること、顧客満足度を追求することを理念として設立当初よりブレずに行い、「任せて良かった!」と思って頂けるようにお手伝いしております。

一度お手伝いしたお客様が、またすぐお探しになるケースが多い為、再度お声がけ頂けるように近くにいった際は定期的にご訪問したりなど、泥臭く動き回っております。 Q.恵学社やENGLISH COMPANYとの取引について 恵比寿/有楽町/品川/新宿/市ヶ谷(学び舎東京plus)とお手伝いさせて頂き、今回で6度目になります。 建物でよく見られるポイントは、来て頂ける生徒さんにストレスがないように使用できそうな点。 また、緊急時の際の避難経路などを確認される為、ご内見時に実際にみてご判断頂いております。 (1)1Fエントランスの開閉時間(土日祝日含む) (2)共用設備(トイレ、エレベータ、避難経路) (3)事務所仕上げの物件(スケルトンからだと初期コストがかさむ為) ご決断が他のお客様より相当早く、1棟のみで決めたケースやその他でもご内見物件数を絞って2-5棟で物件を確定されていらっしゃいます。その為、ご提案時は比較できるようにし、極力見やすい資料でのご提案を心がけております。 Qこの物件をおすすめした理由 今回の物件のオススメポイントは主に4つございます。 (1)コストパフォーマンスが良い(月額及び初期費用、その他条件含めて) (2)元々前テナントさんが教室としての利用されていた(入居後トラブルになる可能性が低い) (3)駅からアクセスしやすい(落ち着いたエリア・案内しやすい立地) (4)1Fエントランスが夜遅くまで空いている(出入りしやすい) 他にも色々とございますが、コストパフォーマンスの良い点を一番重要視されますので、プロとしてお得だ!と思える物件をご紹介させて頂きました! (2)-(4)はご入居後にトラブルになる可能性を低くする為、確認してご提案しております。 *** さすがプロですね。細かいところまで考えていただいています。ありがとうございます! 物件選びはスタジオを成功させるための大きなカギ。慎重に、でも素早く、きめていきたいところです。 さて、次回は、内装のうちあわせについて。 今回のデザインコンセプトや、実際の図面もご紹介します! おたのしみに!

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら