音読 vs 黙読。 記憶に定着しやすいのはどっちだ!

Young Woman Working at Home, Small Office

あなたは暗記するとき、音読する派ですか?それとも黙読する派ですか?実は、音読と黙読は暗記の目的・暗記の内容によって使い分けるべきなんです。以下でその根拠となる実験をもとにご紹介します。

badge_columns_1001711黙読と音読の効果

福岡教育大学・森敏昭教授の「文章記憶に及ぼす黙読と音読の効果Effects of Silent Reading and Vocal Reading upon Memory for Prose」という論文で両者における文章の記憶の違いについて述べられています。 大学生を被験者とし、文章を黙読or音読した後、その文章をどれだけ記憶しているかなどの実験がなされました。

音読することは、文章を逐語的に記憶する場合には有効であるが、その効果は一時的であることがわかった。これに対し、黙読することは、文章を逐語的に記憶するというよりも文章の内容を体制化して記憶する場合に有効であり、その結果は音読の場合よりも永続的であることがわかった。

つまり、 ・音読=短期記憶、黙読=長期記憶 ・音読=逐語的記憶、黙読=内容の記憶 に適しているということです!

badge_columns_1001711音読で暗記すべき場面

・短期記憶に生かす ex.)本番直前の総チェック ・逐語的記憶に生かす ex.)用語、英単語などの暗記

badge_columns_1001711黙読で暗記すべき場面

・長期記憶に生かす ex.)普段の勉強に ・内容の記憶に生かす ex.)資料の全容把握、数学の解法の暗記など

Stressed woman with exams

badge_columns_1001711結局長期記憶には反復が大事

上で述べた場面は私が勝手に考えたものなので参考程度に。ここまで散々「音読=短期記憶、黙読=長期記憶」と言ってきましたが、それが絶対なんてことはありません。もちろん、音読で学習しても何度も繰り返したら長期記憶になりますし、黙読をしたからといって一回で全部覚えられるわけではありません。なので、私はどちらかといえば「逐語的記憶」「内容の記憶」の違いだけを考えて黙読・音読を使い分けたらよいと思います。「逐語的記憶」を定着させたいときは音読で、「内容の記憶」を定着させたいときは黙読で、それぞれ「反復して」学習していきましょう。

音読派の方も黙読派の方も暗記の目的・内容によって音読・黙読を使い分けてみてはいかがですか?

(参考) 森敏昭(1980),「文章記憶に及ぼす黙読と音読の効果Effects of Silent Reading and Vocal Reading upon Memory for Prose」,教育心理学研究 28(1), 57-61, 1980-03-30


京都大学法学部所属。鳥取県立米子東高校卒業。大学ではテニスサークルに所属。たこ焼きが大好きで日々たこ焼きに囲まれて過ごしたいと思っている。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら