long blonde haired girl in bikini on beach

すっかり暑くなってきましたね。こんな時はクーラーの下でのんびり……したいところですが、学制の方はそろそろテスト勉強をしなければいけない時期ではないでしょうか。
私もそうなのですが、問題が一つ。大学の図書館ではまだクーラーがついていないんです。
暑い中では集中して勉強できませんが、かといって家に帰ると遊んでしまって集中できない……。
そんな私が編み出した、暑い中で勉強に集中できる裏ワザです。

badge_columns_1001711どうして暑いと勉強に集中できないの?

夏の暑いときには、なかなか勉強に集中できないものですよね。それは、暑さにより体の機能が一部低下してしまったり、水分が足りなくなってしまうことで脳の血流が悪くなっているせいです。
また、夜も暑い日だとなかなか寝付けず、その睡眠不足が理由になっている場合もあります。
人間が物事に集中できる最適な温度は25℃だといわれています。一方今の平均気温は28℃~30℃を超すときも。これでは集中できませんよね。

会社経営&子育てしながらでも62日でTOEIC250点アップの950点! 秘訣は正しい「学び順」と「鍛え方」
人気記事

badge_columns_1001711体温を下げよう

クーラーの使えない場所では、全体の室温を下げることはできませんが、自分の体温を下げることならできます。
まずは太い血管が通っている太もも、首筋、脇などを冷やすようにします。大きな保冷剤で冷やすのが一番効果的ですが、なかなか外ではそれもできませんよね。そんなとき私は、熱さまシートやコールドスプレーなどを使って冷やすようにしています。

次に食べ物です。夏バテでついつい冷たいものを食べてしまいがちですが、これはよくないそう。
冷たいものを食べると内臓が冷やされます。そうすると、消化吸収能力が落ち、体力が落ちます。そして食欲がなくなり、また冷たいさっぱりしたものしか食べられないという悪循環に陥ります。冷たいものは一時的に体温を下げてくれますが、それは表面温度のお話。体温を下げたければ、体の中の熱を下げなければいけません。これは汗を流すことで下げることが出来るのですが、冷たいものを食べていると、依表面温度が下がったせいで、汗が出なくなり、体の中の熱は高いままです。そうならなためにも冷たい食べ物・飲み物はなるべく控えるようにして、あったかい食べ物・飲み物を取るように心がけましょう。

bear brown grizzly portrait in the snow

badge_columns_1001711姿勢もよくしてみよう

暑さでだらんと椅子にもたれかかり、悪い姿勢で勉強していませんか?これも集中力を下げてしまっています。
熱いと冷たいものを摂取しがちで、内臓が冷やされてしまうという話をさっきしました。これを解消するべく、体は内臓に血を集めてしまい、脳になかなか新鮮な血液が回りません。血液に含まれる赤血球は新鮮な酸素を運んでくれる役割も果たしているので、新鮮な血液が回らなければ、新鮮な酸素も得られず、集中力はおのずと低下してしまいます。また、通常血流は運動によってよくなるものですが、「暑い……ダルい……動きたくない……」という状態ではそれもかないません。
ですので、せめて座るときくらいは、姿勢をよくしましょう。姿勢をただし、血流を改善することで少しでもぼうっとしてしまうことを防げます。

badge_columns_1001711それでも暑いなら……アイスを食べればいいじゃない

それでも我慢ならん!暑い!という場合は思い切ってアイスを食べましょう。ただし普通に食べてはだめです。内臓も冷やしてしまいますし、体温が下がるのも一時的です。
そのリスクを冒して食べるのですから、アイスの利点を最大限に活用します。

その方法とは……ズバリこの『集中力MAX!アイス待っててね勉強法』だ!(参照:Study Hacker『集中力MAX!アイス待っててね勉強法』)これは、問題を解く前にアイスを用意しておき、アイスが溶ける前に問題を解いてしまうという時間制限型の勉強法。

一見ワイルドすぎるこの方法、実際に私も試してみたがあなどれません。暑い図書館の中で、かばんにそっと買ってきたアイスを忍ばせ(図書館の中は飲食禁止なので、アイスを机の上に出しておくことは許されない。)、必死で論述問題を一題書き上げます。
普段なら「ここどうしよっかな~調べよっかな~めんどくさいな~」とうだうだ考えながら解くのですが、アイスがあるのでそういうわけにはいきません。自分の持てる限りの知識を尽くしてなんとか体裁を整える作業は実際のテストの予行にもなりますし、本気で考える練習もできます。
必死で答案を書き上げて、図書館の外に飛び出し、食べるアイスの味は格別です。冷たいアイスですっきりした頭で添削をすると、さっきは必死で気づかなかったミスにも気づけるようになります。
冷たいものの取りすぎはよくありませんが、自分へのモチベーションとして、冷たいアイスを活用するのはアリではないでしょうか。

(参考)
All About|集中力・気力がダウン、これって夏バテ?
情報日和|夏バテ、熱中症対策!クーラーを使わずに体温を下げる方法とは!?
日経トレンディネット|なんかダルいのは冷たいもののせい!?……免疫力UPの夏バテ対策
入浴剤の春日堂
Study Hacker|集中力MAX!アイス待っててね勉強法


京都大学法学部所属。京都教育大学附属高校卒業。高校の頃は生徒会をやりながら模擬裁判選手権で関西大会三連覇を果たす。大学ではよさこい踊りを踊るサークルに所属し、1年中お祭りに参加するために全国を駆け回っている。